お問い合わせ / サイトマップ©Copyright2020 格安SIM初心者教室.All Rights Reserved. 発売ごとに毎回進化を遂げるiPhoneですが、今回発売となるiPhone11にはどのような新機能が搭載されているのか多くの注目を集めています。 2019年に発売されたiPhoneは、過去2台で搭載していたデュアルカメラからさらに進化し、3眼を搭載するようになりました。これにより標準、望遠に加え広角カメラを使えるようになり、撮影の幅が広がった一台と言えます。, スペック面では順当進化と言えますが、機能が増えているからか、重さが5.8インチで188gとかなり重くなってしまっている点が懸念点です。.

“全3機種”がiPhone11シリーズとして登場し、新機能を搭載したiPhoneシリーズの最先端をいく型となっています。, しかし、iPhone11に乗り換えを検討されている方は、iPhone11とiPhone11Proはどこが違うの?と疑問に思っていると思います。, そこで今回は、iPhoneシリーズの新型となる「iPhone11」と「iPhone11Pro」の“違い”をリストアップしてご紹介していきたいと思います。, 更に、発売されたiPhone11シリーズ全3機種の値段も比較し、人気カラーは何色なのかも合わせてみていきましょう。, 新型「iPhone11・Pro」乗り換えるならどちらが良いのか迷われている方は、是非iPhone11とProの違いを参考にしてみてくださいね。. (+1,600円), 121,085円 「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」が、2019年9月20日に発売された。超広角を加えた3眼カメラをはじめ、バッテリー駆動時間の増加や豊富なカラーバリエーションなど、新モデルとしてさらなる進化を遂げている。発売前から機種変更を考えていた人もいるだろう。, そこで、本記事では新モデルの機能を紹介しながら、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」「iPhone XS」「iPhone XR」といった過去機種からどんな進化を遂げているのかを比較してみた。ぜひ、検討する際の参考にしてほしい。, iPhone 11シリーズは、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの背面の3眼カメラが目をひくだけでなく、CPUの強化やバッテリー駆動時間も伸びるなど、その性能は大きくアップデートしている。, iPhoneのモデルを選ぶとき、ひとつの基準になるのはカメラ性能だろう。iPhone 7 Plus以降のデュアルカメラは広角+望遠という構成だったが、iPhone 11シリーズには超広角カメラが加わった。カメラをよく使う人や、表現力が増したカメラを楽しみたい人は乗り換えを検討してもよさそうだ。, 画面サイズは、iPhone 11が6.1インチ、iPhone 11 Proが5.8インチ、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチで、それぞれiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxの関係と変わってはいない。解像度もそのままだ。, ただ、まったく同じディスプレイを使っているわけではなく、iPhone 11 Proと11 Pro MaxはSuper Retina XDRディスプレイへと進化した。輝度を数値で表すと通常時の最大は800nit(ニト)で、従来の625nitから大きく向上。屋外の日光下でも画面をはっきり見ることができる。これに加えて、HDRコンテンツの表示時には最大1,200nitまで輝度を上げられる。より明るく、見やすいディスプレイになったと言っていいだろう。, iPhone 11 Proと11 Pro MaxはiPhone XS、iPhone XS Maxと比べると、液晶サイズは変わらないものの、若干大きく重くなっている。また、iPhone 11シリーズとiPhone XS、iPhone X、iPhone 8を比較すると、やや厚みが増えているため、手にしたときに違和感があるかもしれない。しかし、横幅はそれほど変わらないため、それほど持ちにくいとは感じないだろう。, 数字上は、iPhone 11 ProはiPhone XSより11g、11 Pro MaxはiPhone XS Maxより18g重量が増しているが、実際に手にしてみた筆者の体感としては、そこまで気にする必要はないというところだ。また、iPhone 11については、iPhone XRとサイズ・重さともに変わっていない。それでも最軽量となるiPhone 8と比べると46gも重いので、小さく軽いiPhoneがほしい人はiPhone 8を選ぶのもいいだろう。, iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxはそれぞれ、ミッドナイトグリーン、ホワイト、スペースグレイ、ゴールドの4色展開。フレームにはステンレススチールが採用され、背面のガラス部分はiPhone XS、iPhone XS Maxの光沢感のある処理と異なり、曇りガラスのような落ち着いた印象になっている。, iPhone 11はパープル、イエロー、グリーン、ホワイト、ブラック、(PRODUCT)REDの6色展開。こちらはフレームにアルミニウム、背面はiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxと同じくガラス素材を採用。また、パープルやイエロー、グリーン、レッドの色味としては、iPhone XRよりもやや薄く、抑えめの発色が特徴だ。, iPhone 11シリーズでは、iPhone XRから搭載されていた「Haptic Touch(ハプティックタッチ)」と呼ばれる“触覚タッチ”に対応し、「3D Touch」は非搭載となっている。, 3D Touchは画面を強く押し込むことで圧力を検知し、ショートカットなどの操作が可能になる機能だが、触覚タッチは圧力を検知せず、長押しした際に軽く振動することで、押し込んだかのような感覚を得られる。ロック画面や通知センターに表示された通知ポップアップを長押しするとプレビューできるなど、新たな機能もあるが、基本的にはどちらも使い方としては変わらない。3D Touchを多用していた人は、少し違和感があるかもしれないが、すぐに慣れるだろう。, また、iPhone 8まで搭載され、iPhoneの特徴でもあったホームボタン兼用の指紋センサー「Touch ID」も、iPhone 11シリーズには非搭載となっている。顔認証の「Face ID」でも問題はないのだが、花粉症の時期にマスクを着けている人などにはやや不便に感じるかもしれない。なお、現行モデルでTouch IDに対応しているのはiPhone 8のみとなった。, iPhone11シリーズでもっとも大きく変わったのがカメラだ。iPhone 11 Proと11 Pro Maxは広角、超広角、望遠のトリプルカメラで、焦点距離13mm~52mm相当をカバーする。, また、iPhone 11も広角+超広角のデュアルカメラを搭載し、シングルカメラのiPhone 8やXRでは人物の背景しかぼかせなかったポートレートモードも、iPhone 11では人物以外でも利用できるようになった。あわせて、従来は望遠を使ってポートレート撮影していたため、画角が狭い印象があったが、iPhone 11では広角でのポートレート撮影が可能となっている。一眼レフカメラのような、被写体を際立たせる印象的な写真をより手軽に撮影するなら、iPhone 11シリーズが向いているといえるだろう。, また、夜間撮影で威力を発揮する新機能「ナイトモード」も搭載された。明るさが足りない場所で撮影する際、自動的にオンになり、フラッシュを使用せずに自然な色味で明るい写真を撮影することができる。, iPhone 11シリーズは、最新プロセッサ「A13 Bionic」を搭載。従来製品と比較すると、CPUの処理速度は20%速く、グラフィックを司るGPUも20%高速になっている。, 発表イベントでは他社ハイエンドモデルと比較し、高性能であることが大きくアピールしていた。とはいえ、iPhone XSやiPhone XRに搭載されていた「A12 Bionic」も十分に高速かつ強力なCPUのため、通常操作や動画視聴、ゲームプレイにおいては、その差をダイレクトに体感することはないだろう。, では、A13 Bionicにアップデートされた意味はないのかといえば、もちろんそんなことはない。まず、処理性能が上がっているにもかかわらず、電力効率は大幅にアップしており、高速コアは消費電力を最大30%削減。高効率コアで40%、GPUでも最大40%削減された。結果として、iPhone 11はiPhone XRと比べて駆動時間が1時間長く、iPhone 11 ProはiPhone XSより4時間、iPhone 11 Pro MaxはiPhone XS Maxより5時間も伸びている。またiPhone 8以降、対応しているワイヤレス充電についても、iPhone 11シリーズは対応している。, どの機種も最低限の防水性能は搭載しており、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxは表記としてはIP68でiPhone XS、iPhone XS Maxと変わらないが、「水深2mで最大30分間の耐水性能」から「水深4mで最大30分間の耐水性能」に強化されている。また、iPhone 11はiPhone XRのIP67(最大水深1mで最大30分間の耐水性能)からIP68(最大水深2mで最大30分間の耐水性能)に強化された。, ほかにも、iPhone 11シリーズには3機種とも、これまでにない機能が採用されている。, まず、超広帯域チップ「U1」。これは超広帯域(UWB= Ultra Wide Band)無線システムに対応したもので、空間認識のため超広域帯テクノロジーを使い、U1チップを搭載したほかのApple製デバイスの場所を正確に認識できるようになっている。, たとえば、AirDropを使う際に役立つ。現在は、AirDropを有効にすると、周囲の対応端末の名前がすべて出てきてしまい、目的の送信先を見つけるのが面倒なこともある。しかし、U1チップを搭載したiPhone 11以降なら、iPhoneを向けた先にあるiPhoneを優先的に認識し、リストの先頭に表示するといったことが可能になる。, さらに、新しい無線規格である「Wi-Fi 6」こと「802.11ax」に対応している点も見逃せない。ダウンロード速度は最大38%高速になり、実行スループットで1Gbpsを超える高速通信が可能と、これまで以上に高速で多接続な通信が実現する。対応した無線ルーターも徐々に増えてきており、iPhone 11シリーズなら、その性能を最大限に体感できるだろう。, カメラ性能に重点を置くなら、間違いなくiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxがおすすめだ。望遠は必要ないが、少しでも安く、またバッテリー持ちがよい端末がほしいというユーザーならiPhone 11でも十分に快適に使用できる。iPhone 11シリーズを選ぶか、それ以前の機種にするかは、超広角カメラに魅力を感じるか、数時間伸びたバッテリー持ちをどう評価するかが大きなポイントになりそうだ。, iPhone 7以前からの買い替えなら、CPUは1ランク下がるが、iPhone XRもまだ十分に現役だ。できるだけ小さいiPhoneがほしい、あるいはTouch ID対応のモデルがいいなら、現行モデルでいちばん小さいiPhone 8を選択してもいいだろう。, さらなる進化を遂げたiPhone 11シリーズはもちろん、現在発売されているモデルは、どれも機能としては充実している機種ばかり。この記事を参考に、ぜひ自分に合ったモデルをセレクトしてほしい。, ※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。, TIME&SPACEの最新情報やイチオシ情報をメルマガで!

iPad用WEB定規.

WEB定規・ピクセル定規とは画面モニター上に表示された定規です。サイズのわからない画像やコンテンツの縦横サイズを測る事ができ、ピクセル・インチ・センチメートルなど単位を変更する事ができます。「斜めものさし」「Ruler」やChromeアプリのEdge: The Web Ruler、Windows向け「JRuler」など …

月々のお支払い目安は、24か月目までの端末価格、プラン料金、初期費用、特典・割引を基に算出しています。, 110,380円 もっと詳しく. iPhone11ProMAX ⇒ iPhoneXS MAXの後継機, しかしながら、後継機だからと言って、サイズも同じという訳ではないので注意が必要なんです。iPhone11シリーズと2018年発売の旧モデル(XS/XR)のケースとフィルムの互換性を一覧にしてみました↓, 【iPhone11/11Pro/11ProMAXのケース&フィルムの選び方まとめ】, ちなみにiPhone11とiPhone11Proはカメラのレンズの数が違うので流用はできません。(以下は11と11Proのサイズ&レンズの違いです↓), センサーの位置は若干変更があったものの、保護フィルムに関しては前モデルのフィルムでも使えます。, iPhone11のフィルム ⇒11用でもXR用でもOK (+39,480円), 170,734円 iphone7用WEB定規.

iphone7Plus用WEB定規. iphone8用WEB定規. iPhone11 Pro MAXのケース ⇒iPhone11 Pro MAX専用のケースを!(XS MAXのケースはNG), なのでiPhone11シリーズは専用ケースを購入する事になりますので、Amazonや楽天などで人気のケースをチェックしてみるのもいいと思いますよ↓(キャッシュレスで5%還元で狙い目), 店舗より通販の方が品揃えが遥かに多いですし、iPhoneケースって意外と安くないので、購入者のレビューとか見て事前確認するのが無難ですよね♪, iPhone11シリーズ(11/11Pro/11ProMAX)のサイズは以下のように、対応する前モデルと比べてもそこまで差がありません。, しかしサイズはほぼ同じでもレンズの数が違うので、前モデル用のケースだとカメラレンズ部分が合わなくなるので、互換性がありません。, 廉価版として販売されるiPhone11とiPhoneXRは本体のサイズも重量も同じですが、カメラのレンズが違うため、ケースに互換性がないです。, iPhone11 Proと1モデル前のiPhoneXSは本体のサイズも重量も若干異なりますが、こちらもレンズの数が異なるためケースを流用する事が出来ません。, なのでiPhone11Proには「iPhone11Pro用のケース」を準備しましょう。, 最後に最も大きなサイズのiPhone11ProMAXと1モデル前のiPhoneXS MAXですが、こちらもレンズの数の関係からケースに互換性がありません。, なので、iPhone11ProMAXには「iPhone11ProMAX用のケース」を準備しましょう。, ケースは「iPhone11」「iPhone11Pro」「iPhone11ProMAX」とも1つ前のモデルと互換性はありませんでしたが、保護フィルムに関しては全て互換性があります↓, iPhone11シリーズと前モデルはセンサーの位置は若干違いますが、画面サイズは完全に前モデルと同じなので、2018年発売の旧モデルの保護フィルムでも利用可能です。, ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです, 機械音痴ですが、ソフトバンクから格安スマホに乗り換えて毎月のスマホ代が大幅に下がった事をきっかけに格安SIM・格安スマホに目覚めました。, 同じく家計が厳しい人にスマホ代からサポート出来ないかと、できる限りの情報を仕事の合間に配信しています。. 2019年秋から遂に発売が解禁となる新型「iPhone11」。 iPhone 11 Proの最安値や月々のお支払い目安、スペックを紹介! データ量や通信事業者を指定して、大手キャリア・MVNOの人気プランを比較・検討できます。最新ニュースや満足度・レビュー評価・クチコミも掲載しています。 iphone11pro用WEB定規. 用定規をダウンロードできるサービスもございます。, 定規とものさしについての知識はこちら, ※PC・Android(アンドロイド)のブラウザでは正しく表示されません。, →角度を図りたい場合はWEB分度器をご利用ください.

iPhone12 Pro MAXレビューの概要(ポイント) イメージセンサーが大きくなったiPhone iPhone12 Pro MAXはシリーズの中でも最もカメラに力を入れているモデルです。iPhone12シリーズの中で唯一イメージセンサーが大きいモデルを採用し、さらにセンサーシフト光学手振れ補正を搭載しています。 さらに光学ズームが2.5倍(最大ズームが12倍)に増えており、ズームを使う人向けのモデルと進化しました。 ただし、後述しますが実際のところイメージセンサーによる差は小さいため、カメラだけで買 ... iPhone12 miniレビューの概要(ポイント) 2020年の小型iPhone iPhone12 miniは数年ぶりに発売された手の平に収まる小型のモデルです。端から端まで手が届くため、片手でも扱いやすく、本体重量は無印と比べてさらに30gほど軽いため、これまでとは別物の感覚で使えるモデルです(iPhoneSE2よりも小型になっています)。 これまでのiPhoneが持ちづらい、ポケットに入らないなどと感じている人はmini一択とも言えるモデル。なお、2020年発売モデルの中で最も安いため手に入れやすい ... Galaxy A7レビューの概要(ポイント) コスパに優れた廉価Galaxy Galaxy A7は2020年に発売された同メーカーモデルの中でも特にコストパフォーマンスに優れたモデル。本体価格は2020/11/09時点で2万円を切っている上、楽天モバイルでの購入によりポイント還元を受けられるためさらに安く購入することができます。 値段が安いだけでなく、本体性能もミッドレンジとして十分な性能を持っており、かつ静電容量式の指紋認証を搭載することで普段から使いやすいモデルとなっています。 また、6.0インチの大 ... iPhone12 Proレビューの概要(ポイント) 2020年のiPhone Proモデル 2020年に登場したiPhone Proモデルの2機種のうち、5.8インチ版にあたるのがiPhone 12 Proです。基本的にこれまでの機能を継承しつつ、本モデルからMagSafeを搭載したことで、充電に新しい価値を付与しています。 また、デザインは大きく変更されiPhone4sに回帰したようなエッジの効いたデザインに変更されました。 iPhone 12 Proでは超広角カメラでもナイトモードが使えるようになり、 ... iPhone12レビューの概要(ポイント) 大幅に軽量化された廉価iPhone iPhone12は、2020年に発表されたiPhone12シリーズの中で、「大きめディスプレイ」と「軽量化されたボディ」の2つを兼ね備えているバランスの取れたモデルです。 前モデルでは液晶ディスプレイ(Liquid Retina)だったところが、OLEDに変更されよりコントラスト比の高い画面に変わったり、MagSafeが付くことで充電のバリエーションやアクセサリーの選択肢が増えています。 廉価グレードになることもあり、価格は控 ... Rakuten Miniレビューの概要(ポイント) 楽天モバイル専売の超ミニスマホ Rakuten miniはMNOとなった楽天モバイルが出す世界最小・最軽量のスマートフォンです(発売時)。小さいながらも手に取ると質感が高く、おもちゃのようなサイズながら、安さを感じない端末になっています。 また、超小型でありながら顔認証、Felicaに対応しているため意外と実用性が高いことも特徴。価格が安く、ポイント還元も充実しているため楽天モバイルを第二回線として使いたい、かつ大きなスマホは2台目を持ち歩きたくない、と ... スマートフォン、パソコン、Wi-Fiといったデジタル製品を同一レビュアーにより評価し、できるだけ客観的に比較できることを目指したサイトです。, 楽天モバイルのキャリアが始まりました。300万名まで1年間無料で使えるのでお気軽に試しましょう。詳しくは.