主催が朝日から毎日へと移動し、今回は共催で落ち着いています。

2. といったことを(改革に消極的な連盟に批判的なニュアンスで)述べていました。 ・今回の改定は、その是正のために読売が申し入れた結果。 「週間将棋」3/1号に、読売の記者が書いた、竜王戦昇段規定の改定(連盟のサイトでは改定としていますが、記者は改正と表現していました。)についての記事があり、その中で、 現在の将棋のかたちが固まったのは約400年前、 段級位の確立. 「名人竜王」が「竜王名人」に、ひっくり返ったのは、どういういきさつなのでしょうか?, (関連質問) 1.

前置きが長くなりましたが、このような流れを踏まえると、契約金が高ければ 将棋のタイトル同士の序列(格付け)についてですが、 「名人・竜王 羽生善治」(対局者紹介時)

システム(順位戦)もあり、なしくずしに同格として扱われるようになりました。

ほかの5棋戦のうち、2冠を獲得すれば、必ず 連盟のHPでも、棋戦情報の目次は、必ずその順番で並べられています。 棋聖 王位 王座 棋王 王将

タイトル序列の扱いについては、日本将棋連盟の「棋士の紹介」ページ「タイトル保持者など」の表記順が参考になります。 将棋のタイトル同士の序列(格付け)についてですが、 システム(順位戦)もあり、なしくずしに同格として扱われるようになりました。 竜王=名人>棋聖=王位=王座=棋王=王将(>朝日)

朝日と毎日の共催となることにより契約金が上昇します。 ただ、序列=格なのかというと、これが微妙。 序列とは別に「格」があり、歴史のある名人のほうが「格上」だという人もいます。 ちなみに、どのように序列を決めたのかというと、「お金」。 タイトル戦には、それぞれ主催者・スポンサー(主に新聞社)がついています。 その主催者との契約金が高い順を序列としたのです。 生々しいですよね。で、一番高い「竜王」が序列1位となったわけです。 しかし、竜王と名人の二冠制覇では「竜王名人」、 しかしその後、名人戦の契約金が急上昇し、世論の影響や将棋界の ・竜王戦発足の複雑な事情として、名人戦を上回る棋戦にするためにベテラン棋士の理...続きを読む, 現在、名人と竜王は微差で竜王が上という格付けですが、 竜王戦(りゅうおうせん)は、読売新聞社主催の将棋の棋戦で、タイトル戦のひとつ。 第1期は1987年であるが、前身の十段戦、さらにその前身の九段戦(第1期は1950年)から数えると、タイトル戦の中で名人戦(第1期は1935 - 1937年)に次いで2番目に長い歴史を有している。

(初代朝日オープンの決勝が 堀口vs杉本とのは、朝日新聞にはちょっと気の毒だった? ~そう言えば、初代竜王は島先生だったっけ。予選がゆるいと、いきなり 森内vs渡辺 の頂上決戦が見られる裏に、こういうリスクもあるんですよね。) http://www.shogi.or.jp/syoukai/index.html この記事についてのひとつの意見として、こんなのもありました。

しかしその後、名人戦の契約金が急上昇し、世論の影響や将棋界の

また将棋人口は減少の一途で、日本将棋連盟の運営も芳しくなく、 連盟は1920年代の設立、実力制名人は1937年からと、

将棋のタイトル在位者一覧(しょうぎのタイトルざいいしゃいちらん)は、将棋の棋戦タイトル在位者の一覧であり、1937年度(昭和12年度)に実力名人制が発足してから現在までのタイトル在位者を網羅する。.

日本将棋連盟の 名人戦・順位戦 のページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。 の順番に、タイトル名を表記しているようです。 規定によると将棋棋士の順位は次の基準で決まり、原則上位の者が上座につき、王将を使う。(現役棋士は上から順に)(1)名人、竜王名人、竜王のタイトル保持者が異なる場合は、タイトル保持数(※)が多い棋士が上位。同じ保持数の場合は棋士番号が小さい棋士(先輩棋士)が上位。 十段戦の後を次ぐようなかたちで創設されたもので、当時は確実に

ファンにとっての(真の?)序列には、連盟の見解よりも、その棋戦の歴史、将棋の内容、タイトルを持つ棋士のこれまでの実績及びその後の成績などが重要だと思います。 羽生七冠の時代、および、そのちょっと前までは、NHK杯での紹介テロップが



http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1384209 しかし、 規定によると将棋棋士の順位は次の基準で決まり、原則上位の者が上座につき、王将を使う。(現役棋士は上から順に)(1)名人、竜王名人、竜王のタイトル保持者が異なる場合は、タイトル保持数(※)が多い棋士が上位。同じ保持数の場合は棋士番号が小さい棋士(先輩棋士)が上位。 歴史ある名人戦への(ベテラン?)棋士の感覚、あるいは2大タイトルスポンサーの毎日新聞への配慮など、複雑な背景があるのでしょうか? ただ昨年の連盟の理事会で「竜王のほうが上」という確認がとられてい...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 竜王戦(りゅうおうせん)は、読売新聞社主催の将棋の棋戦で、タイトル戦のひとつ。 第1期は1987年であるが、前身の十段戦、さらにその前身の九段戦(第1期は1950年)から数えると、タイトル戦の中で名人戦(第1期は1935 - 1937年)に次いで2番目に長い歴史を有している。 十段戦の後を次ぐようなかたちで創設されたもので、当時は確実に (1)将棋の名人と竜王はどちらが強く、またどちらが格上なのでしょうか?強さと格の両面から教えていただけますか?(2)名人と竜王が他の棋戦で対戦する場合、二人が同等の経歴で同じ段位の場合どちらが上座になるのでしょうか?はじめまし 基本的には、

しかし、竜王と名人の二冠制覇では「竜王名人」、 「羽生善治名人竜王」(トーナメント表) となっていました。 なったりするのでしょうか?, もともと竜王はタイトル設立の際にスポンサーの読売新聞が 王位+棋王(谷川)>棋聖(佐藤) Jun 12, 2004 のように、2冠になると逆転しています。 改定の内容については、こちら 規定によると将棋棋士の順位は次の基準で決まり、原則上位の者が上座につき、王将を使う。, 名人、竜王のタイトル保持者が異なる場合は、タイトル保持数(※)が多い棋士が上位。同じ保持数の場合は棋士番号が小さい棋士(先輩棋士)が上位。, ※ タイトル保持数とは現に保持しているタイトル数のこと。タイトル獲得期数ではない。以下同じ。, タイトル保持数が多い棋士が上位。同じ保持数の場合は上の順位のタイトル保持者が上位。タイトルの順位は棋戦の契約金額で高額なものが上位。つまり、参考[1]の棋戦一覧で上のタイトルほど上位。現在は上から王位→王座→棋王→王将→棋聖の順。, 永世称号の襲位数が多い棋士が上位。同じ襲位数の場合は永世称号の種類に関わらず先に襲位した者が上位。(5)前名人、前竜王 (名人、竜王を失ってから1年間だけ名乗れる肩書き), (2020年2月21日追記、前名人、前竜王は2020年2月18日頃に廃止)(6)永世称号の有資格者, 永世称号有資格者が複数いた場合はタイトルの種類に関わらず先に永世称号資格を獲得した者が上位となる。例えば森内俊之(2007年永世名人の資格取得)と佐藤康光(2006年永世棋聖の資格取得)が共に無冠なら先に永世称号資格をとった佐藤康光が森内の上位となる。, 高段の棋士ほど上位。プロの最高段は九段、最低段は四段。同段の場合は先にその段になった棋士が上位。例えば加藤一二三九段と高橋道雄九段では先に九段になった加藤一二三の方が上位。, 永世称号襲位数が多い棋士が上位。襲位数が同じ場合は永世称号の種類に関わらず先に永世称号を襲位した棋士が上位。, ※ 実力制名人の条件は名人3期獲得又は抜群の成績で2期獲得した者だったと思うが、私が見た文献は1期以上だった。(4)段位, わかりません。わかる方は教えてください。概ね"タイトルホルダー→クイーン称号襲位者又は有資格者→段位" となるのでしょう。, 1 名人、棋聖 (棋士番号 1001)2 竜王 (棋士番号 1000)3 棋王、王将4 王位5 王座6 三十世名人 (現役) - 2281年12月現役で襲位7 永世王位、永世棋王 (現役) - 2281年11月現役で襲位8 永世王将 (現役) - 2281年3月現役で襲位9 永世竜王 (現役) - 2281年10月現役で襲位10 前名人 - 名人を失ったのが2282年7月11 前竜王 - 竜王を失ったのが2281年12月12 永世棋聖資格保持者 (2280年5月資格取得)13 永世名人(2281年5月資格取得)、永世竜王(2281年12月資格取得)の資格保持者14 九段 (九段昇段日 2280年1月、棋士番号1007)15 九段 (九段昇段日 2280年3月、棋士番号1005)・・・, 上で述べたように対局では原則順位上位者が上座。おそらくその者が「王将」を使い、下位者が「玉将」を使うのだろう。しかし、必ずしもこの順位どおりに席などが決まるわけではない。例えば各タイトル戦ではタイトル保持者が必ず上座となる。羽生は七大タイトル全冠制覇を達成したとき名人・竜王・棋聖・王位・王座・棋王の六冠で、谷川浩司は王将(当時は一番下の順位のタイトル)だったが、王将戦では谷川王将が上座、羽生竜王・名人が下座だった。, その他にも先輩、後輩関係、実績の関係で順位が上でも上座を先輩や実績が上の人に譲ることがある。例えば、当時羽生二冠より順位が上だった渡辺明竜王が対局するとき、実績や先輩・後輩関係で最初渡辺が羽生に上座を譲ったことがある[3]。同様の例はいくらでもあるだろう。他にも、師匠-弟子の対決では順位に関わらず師匠が上座である。, このように原則順位が上の者が上座となるが、原則どおりでないことはよくある。むしろ、先輩、後輩の上下関係は順位に関わらずあるわけだし、先輩の上座に抵抗なく座れる棋士は少ないかもしれない。例えば、羽生は谷川のずいぶん後輩だが、現在タイトル保持者である羽生は常に谷川の上座に座っている。実績も順位も確かに羽生の方が上だが、すんなり上座に座れるのだろうか。, 棋士の世界も上下関係はうるさそうだし、そう簡単な問題ではないと思う。参考[1]棋戦一覧:日本将棋連盟[2]棋士の通算成績:日本将棋連盟[3]渡辺明:"棋聖戦最終予選、対羽生二冠戦。" 渡辺明ブログ 2008.1.29, これは私見だが、同時昇段等の場合の順位は序列規定の文献に明記されていない。だから正確には決まっていないというのが正しい。ただ、おそらく同時昇段の場合は棋士番号の小さい棋士が上位と扱われるのだろう。例えば佐藤天彦七段(棋士番号263)と豊島将之七段(棋士番号264)はともに2012年4月19日に七段に昇段したが、連盟公式ページでは佐藤天彦の方が上位に記されている。念のために説明すると、このページは同段位の場合上の行の棋士ほど早く昇段し、同行の場合は左の棋士ほど早く昇段。無論、規定に従えば早く昇段した棋士ほど上位。新人四段も同時昇段だが、成績が良かった順に小さい棋士番号となり上位となる扱いのようだ。, 永世名人の同時襲位の場合などその他のケースでどの者が上位になるのかは不明。めったにない事だと思うが、仮にそういう事が発生したら議論されるのだろう。, 白楽ロックビルお茶の水女子大学名誉教授による研究不正事件一覧。最も充実したデータベース。, 歴代のNHK全国音楽コンクールの課題曲が視聴できます。演奏は当時の全国大会優勝校等です。.