《29:00》 バレンシア vs レアル・マドリー, ラ・リーガ第8節、レアル・マドリーvsウエスカが10月31日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、ホームのマドリーが4-1で勝利した。なお、ウエスカFW岡崎慎司はコンディションの問題で招集外となった。 30秒で天国から地獄へ…!試合終了間際、決死の攻撃参加から劇的ゴールを決めたGKを悲劇が襲う!

アザールの昨年10月のグラナダ戦以来となる約1年ぶりのゴールで先手を奪ったマドリーは、前半終了間際にも相手を突き放す2点目を奪い切る。45分、右サイド深くでボールを持ったルーカス・バスケスのファーを狙ったクロスをDFマフェオが手前で被ると、冷静に胸トラップしたベンゼマが角度のないところから左足のシュートを流し込んだ。 しかし38分、劣勢のエイバルが先制する。左CKからニアサイドのパウロ・オリベイラがうまくヒールで逸らし、ファーサイドのブルゴスが押し込んだ。 【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで! 《29:00》

乾貴士が神トラップ&岡崎慎司に友情の平手打ち!? これにより勝利を確信したジダン監督はすでに投入したメンディに続き、60分過ぎにはアザール、アセンシオ、バルベルデを下げてロドリゴと共に、ここ最近何かと話題のヴィニシウス、イスコを投入。さらに、出ずっぱりのカゼミロに代えてクロースを投入し、試合終了まで20分余りを残して交代枠5枚を使い切った。

▽11/7(土) 武藤嘉紀との“ロシアW杯組”3ショット写真も photograph by Daisuke Nakashima, 現地時間7日に行われたウエスカvsエイバルは1−1のドローで勝ち点1を分け合った。両チームには岡崎慎司、乾貴士と武藤嘉紀がそれぞれ所属している。しかし負傷から回復し、戦線復帰が予測された岡崎はこの日メンバー外。リーガ初となる日本人3選手の同時出場はならなかった。, ただエイバルでは乾が先発出場し、武藤も後半から途中出場するなど、出場機会を得ている。また、試合前の会場では“ほっこりシーン”もあったという。試合撮影で足を運んだ現地日本人フォトグラファー中島大介氏のオリジナル写真を掲載する(※NumberWeb以外のサイトの方は関連記事「【新着写真】岡崎に“友情の平手打ち”する乾&神トラップ、岡崎と武藤の“ロシアW杯組”の嬉しそうな再会を見る(計14枚)」よりご覧ください)。, エイバルの先頭でアップに飛び出してきたのは乾。一方でベンチ外の岡崎はスタンドでの観戦となった。, アップの最後には細かいステップを踏んでから、ロッカールームにダッシュで戻っていくという。ちなみに「マドリー時代のC・ロナウドも同じようにダッシュでロッカーに戻っていきました」と中島氏は撮影時の経験談を教えてくれた。, なおアップの終わりのこと。「お互いに近づいた……と思ったら、乾選手が“平手打ち”。ベンチ外になった岡崎選手に対して“なにやっとんねん”的な、愛ある檄を飛ばしているのかな!?

その他では4強を抑えて首位に立つ絶好調のレアル・ソシエダがホームに6位のグラナダを迎える上位対決。リーグ3連敗の中、直近のCLでFCクラスノダールに数的不利を撥ね返す劇的な逆転勝利を掴んだセビージャがオサスナ相手に連敗ストップを目指す一戦に注目だ。

《26:30》

レバンテ vs アラベス 岡崎慎司が前半19分に得点。モスケラのポジショニング。右SHが今の問題の1つ。無失点にできた理由は? この試合で1得点して岡崎の今季の得点数は「8」に。東京五輪代表のOAに大迫も岡崎も? 【 ウエスカ vs フエンラブラーダ 】 岡崎慎司は「重要なピース。不在が響いている」とスペイン紙。日本人対決で復帰なるか? 2020年11月02日(Mon)18時15分配信 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 1910年、ウエスカCF(Huesca CF)が生まれ、サントス・ソラーナが会長に就任した。1922年にはスペインサッカー連盟(RFEF)に加盟したが、ウエスカCFは1926年に解散した。. 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

対するエイバルは前節、序盤戦で主役となりつつある昇格組カディスを相手に0-2の敗戦を喫し、4戦ぶりの黒星となった。開幕からスタメン出場を続けている乾は同試合でも先発を飾ったが、チームのシステム変更の煽りを受けて前半終了時にベンチに退く悔しい一戦に。武藤に関しては試合終盤に途中出場も、見せ場を作れず、ポジション奪取に向けてはもの足りない一戦となった。乾と岡崎の出場が濃厚な中、武藤に早い段階で出番が訪れれば、ラ・リーガ史上初となる日本人3選手によるピッチ上の競演も期待されるところだ。 この診断どおりなら、岡崎は中断明けの出場も微妙な状況に。ウエスカは18日にホームで行われるラ・リーガ第6節のバジャドリー戦が代表ウィーク明けの初戦となる。, 【動画】新生アンチェロッティ・エバートンの完璧なピルドアップからの崩しをキャルバート=ルーウィンがフィニッシュ!【チーム・ゴールズ】, 乾フル出場&武藤途中出場のエイバル、岡崎欠場のウエスカに劣勢もドロー《ラ・リーガ》, 【ラ・リーガ第9節プレビュー】岡崎復帰で乾&武藤と日本人対決へ! ▽11/6(金)

ラ・リーガ第9節、ウエスカvsエイバルが7日に行われ、1-1で引き分けた。ウエスカのFW岡崎慎司は欠場し、エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀は65分から出場している。 5分け3敗のウエスカと2勝2分け4敗のエイバルによる日本人対決。 【超WS選定週間ベストイレブン/J1第27節】18戦ぶり勝利の仙台エースが古巣相手に圧巻のハットトリック! オープンな展開で立ち上がった中、ウエスカは12分にFKの流れからミケル・リコがネットを揺らすも、その前にシオバスにハンドがあったとしてノーゴールに。 久保建英もランクイン! 直近4戦未勝利と苦しい船出となっている12位のバルセロナは、7位のベティスをホームに迎え撃つ一戦で5戦ぶりの白星を狙う。前節のアラベス戦では後半半ばに退場者を出したアラベスの粘りの守備をこじ開けられず、痛恨の1-1のドローに。また、CLではディナモ・キエフ相手に2-1の勝利を収めたものの、ホームゲームとしてはもの足りない内容での辛勝となった。ここまで4勝4敗と出入りは激しいものの、確かな実力を持つベティスとの試合では流れの中でノーゴールが続くエースFWメッシの活躍に期待したい。 前節、ウエスカを破ってリーグ連勝中の2位マドリーは、直近3敗1分けで13位に低迷するバレンシアとのアウェイゲームで3連勝を狙う。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のインテル戦ではFWロドリゴ、FWヴィニシウスの若手ブラジル人コンビの活躍により、2度のリードを追いつかれた接戦を3-2 昇格組相手に圧倒する入りが期待されたホームチームだが、開始7分にボックス右へ抜け出したラファ・ミルに際どいファーストシュートを許すなど、序盤はイーブンの戦いを強いられる。 で勝ち切って初白星を挙げており、チーム状態は良好だ。その勢いに乗って敵地メスタージャで不振の相手を撃破したい。

開幕から5戦未勝利と苦戦が続くウエスカは、前節のレアル・マドリー戦でも前半30分過ぎまでは格上を相手に堂々たるパフォーマンスを見せたものの、個の力の差を見せつけられて最終的に1-4で敗戦。内容面はそこまで悪くないだけに生みの苦しみが続いている。そういった中、今節ではチームに泥臭さとゴールをもたらすことが期待される岡崎の戦列復帰が見込まれる。先月の代表戦前のエルチェ戦でハムストリングを負傷して以降、直近3節を欠場してきたが、現在はチームトレーニングに復帰しており、満を持してこのエイバル戦で復帰することになる。 《ラ・リーガ第9節》 エルチェ vs セルタ 岡崎慎司選手がマラガcfに在籍していたのは、たったの1か月 。 いくら何でも短すぎますよね…?!. “のぞき”は許されない、VARを盗み見たスアレスがスポーツマンシップに反してイエローカード, 圧巻バイシクル!若手を牽引する39歳イブラヒモビッチのリーダーシップ「残りの面倒は俺が見る」, ラ・リーガ第9節、ウエスカvsエイバルが7日に行われ、1-1で引き分けた。ウエスカのFW岡崎慎司は欠場し、エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀は65分から出場している。 ヘタフェ vs ビジャレアル 岡崎はラ・リーガ開幕から5試合連続で先発出場が続いたが、3日に敵地で行われたラ・リーガ第5節のエルチェ戦で左足の太もも裏を負傷して40分に途中交代した。 今シーズン未勝利のウエスカは、キックオフ前にサブメンバー、ベンチ外の岡崎やスタッフなど全メンバーで気合の円陣を組んでいた。 この日、乾は珍しくトップ下の位置でキックオフ。左サイドハーフは19歳のブライアン・ヒルが務めた。 《29:00》 photo Getty Images マドリーは前節、敵地でバルセロナとのエル・クラシコを3-1のスコアで制し、公式戦連敗をストップ。だが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではボルシアMGを相手に、終盤の連続ゴールで辛くも勝ち点1を持ち帰る低調なドローに終わった。 65分に武藤が2トップの一角に入り、キケ・ガルシアとコンビを組んだエイバルに対し、ウエスカが67分に同点とする。右サイドからのペドロ・ロペスのクロスをラファ・ミルがヘディングシュートで決めた。

「不条理」「本当に不快」「フットボール史上最悪」…リーズFWバンフォードへのVARオフサイド判定に苦情殺到, ヒメネスやロサーノ、オチョア、H・エレーラ!

20歳以下のサッカー選手市場価値ランキングトップ50はこれだ!

 岡崎は10月3日に行われたエルチェ戦で負傷し、日本代表への参加を辞退するとともにウエスカでもその後の3試合を欠場。先週末のレアル・マドリード戦で復帰できる可能性もあるとみられていたが、結局は間に合わなかった。, 岡崎に加えて、ベテランMFのミケル・リコも新型コロナウイルス感染により同じく最近3試合を欠場中。チームは直近2試合でレアル・ソシエダとマドリーにいずれも1-4の大敗を喫しており、「2つの重要なピースを取り戻すことが必要。ウエスカには日本人(岡崎)とバスク人(リコ)の不在が響いている」と『アス』紙は現状について伝えている。, 34歳の岡崎と35歳のリコは「不動のレギュラーであり、最近2試合では非常に不在が惜しまれた。2人は昨年の昇格に欠かせなかった存在であり、今季のメンバー内でも昨季と同じくらい重要だと感じられる」と評されている。, 今週末の7日に行われる次節の試合では、ウエスカはホームでエイバルと対戦。乾貴士、武藤嘉紀との日本人対決となることも見込まれる試合に向け、岡崎の復帰が待望されている。, 『フットボールチャンネル』は、サッカー専門のネットメディアです。弊サイトに記載されている、コラム、ニュース、写真、その他情報は、株式会社カンゼンが報道目的で取材、編集しているものです。ニュースサイトやブログなどのWEBメディア、雑誌、書籍、フリーペーパーなどへ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)の無断での一部引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。無断掲載にあたっては、個人・法人問わず弊社規定の掲載費用をお支払い頂くことに同意したものとします。, 岡崎慎司は「重要なピース。不在が響いている」とスペイン紙。日本人対決で復帰なるか?. 《22:00》 《24:15》 new!

【ユーロ2020】出場24カ国の最新データをチェック!初出場は2カ国、グループFは死の組に.

迎えた後半開始3分、エイバルはCKの流れでボックス内のパウロ・オリベイラがモスケラに倒されてPKを獲得しかけるが、VARの末にファウルはなかったとして判定が覆った。 「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけ」21世紀で最もPKを外したのは誰?トップは同数で、やはりあの2人…! 2020年最後のインターナショナルマッチウィークを控える中で開催される今節はFW岡崎慎司擁するウエスカと、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁するエイバルの日本人対決に注目だ。 高校サッカー 組み合わせ決定 発売中の『フットボリスタ第80号』では、主要リーグおよびチームの2019-20シーズンを戦術面から分析するとともに、海外日本人選手の1年について総括的にプレイバックしている。今回はスピンオフ企画として、特に印象深い活躍を披露した日本人選手のプレーぶりについてより深く考察する。, 1人目は岡崎慎司。ウエスカの1部昇格に大きく貢献したストライカーが初挑戦となるスペインの地でチームにフィットし活躍できた理由を、木村浩嗣さんに分析してもらった。, シーズン開幕当初、岡崎は3番手のCFだった。マラガでのプレシーズン中に年俸総額オーバーで移籍話が破談。ウエスカに加入したのは9月初めですでに3試合を消化していた時点だったからだ。1番手のクリストは、上背はない(178cm)がレアル・マドリー出身らしくポストプレーとコンビネーションの両方がある程度いける万能タイプ。2番手のラバは大型(184cm)でポストプレーに長けた典型的なCFタイプ。岡崎はこの誰とも似ていない。最も小柄(174cm)でCFというよりも2トップのセカンドトップ型で、コンビで打開できるだけでなく、周りの選手も使える。この攻撃的MF的な特徴はライバルの2人にはない。この三者三様のFWのうち誰がレギュラーに定着するかは、チームのプレースタイル次第、ミチェル監督の要求するもの次第だったが、最もフィットしたのは来るはずではなかった岡崎だった。これはミチェルにもうれしい誤算だったろう。3人のシーズン通算成績を紹介しておく、岡崎:プレー時間2454分12ゴール。ラバ:1356分4ゴール。クリスト:1295分5ゴール――。……, 高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち, 編集者を経て94年にスペインへ。98年、99年と同国サッカー連盟の監督ライセンスを取得し少年チームを指導。06年の創刊時から務めた『footballista』編集長を15年7月に辞し、フリーに。17年にユース指導を休止する一方、映画関連の執筆に進出。グアルディオラ、イエロ、リージョ、パコ・へメス、ブトラゲーニョ、メンディリバル、セティエン、アベラルド、マルセリーノ、モンチ、エウセビオら一家言ある人へインタビュー経験多数。, いきなり日本人対決実現。ビジャレアルはチーム作り途上、変わらないウエスカのサプライズもあるか, [PR]現地在住カメラマン・ムツ・カワモリが選ぶ、2020-21ラ・リーガの注目選手, 将棋・渡辺明名人(棋王・王将)に聞く、将棋の進化の最前線とサッカーの進歩との類似性_後編, 将棋・渡辺明名人(棋王・王将)と解き明かす、将棋の進化の最前線とサッカーの進歩との類似性_前編, 「ウイイレ」最新作『eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE』 [今月のプレゼント(Issue081)]. 実はこれ、どうやら お金の問題 とのこと。 当初はマラガcfと1年の契約を発表していたんですが、 岡崎慎司選手の年俸はリーグが規定している金額よりも高額だったことが発覚 …!

相手の質の高いビルドアップに対してなかなかボールの奪いどころを定め切れず、マイボール時も中央をきっちり固める相手に攻め手を見いだせない。そのため、前半半ば過ぎまではミドルシュートやセットプレーからのセルヒオ・ラモスのヘディングシュートなど、チャンスは限られた。 5分け3敗のウエスカと2勝2分け4敗のエイバルによる日本人対決。負傷からの復帰が噂された岡崎が今節も欠場となった中、乾が[4-2-3-1]のトップ下で開幕から9試合連続スタメンとなった。

武藤嘉紀との“ロシアW杯組”3ショット写真も.

しかし、3日に行われた第5節のエルチェ戦で39分に左足を痛めてピッチを後に。結果、今月の代表ウィークでオランダ遠征を実施する日本代表不参加も決まった。 Copyright (c) Bungeishunju Ltd. All Rights Reserved. これでクリーンシートを逃がすことになったが、試合終了間際にはマルセロの左クロスをファーのロドリゴが頭で折り返したところを、ゴール前のベンゼマがワンタッチで流し込み、ドブレーテを達成。



MF久保建英を擁する3位のビジャレアルは、ファウルを辞さないハードなプレーと堅守が売りの8位ヘタフェとのアウェイゲームで連勝を狙う。前節のバジャドリー戦では今季未勝利の格下相手に前半奪った2点のリードを最後まで守り切り、危なげない勝利に。また、直近のヨーロッパリーグ(EL)では豪雨によるピッチコンディション不良でキックオフが1時間遅れるアクシデントに見舞われた中、マッカビ・テルアビブを相手に4-0の圧勝。その試合で先発フル出場した久保は正確なクロスで2点目をアシストするなど、上々のパフォーマンスを披露した。ただ、中2日でのランチタイムキックオフということもあり、途中出場の可能性が高そうだ。