メルカリに弁護士!?メルカリで活躍する岡本杏莉さんは、日米の弁護士資格を保有する存在だ。なぜ岡本杏莉さんは弁護士→メルカリというキャリアを歩んだのか。そこには岡本杏莉さんが大切にする、資格や職種にとらわれない仕事観があった。 … 立命館大学経営学部 2015年 株式会社メルカリ入社 2014年 NY州司法試験合格

大阪府立春日丘高校 2008年 司法研修所修了・弁護士登録 … メルカリで活躍する岡本杏莉さんは、日米の弁護士資格を保有する存在だ。 岡本紫苑(姉) 慶應女子高校→慶應義塾大学法学部→3年次に司法試験に在学中合格→森濱田松本法律事務所 真野 恵里菜(まの えりな、1991年 4月11日 - )は、日本の女優、歌手。 元ハロー!プロジェクトメンバー 。 本名は柴崎 恵里菜(しばさき えりな)。愛称はまのえり、真野ちゃん 。 イメージカラーは赤 。. 2008年 西村あさひ法律事務所入所 自信があるから、リスキーな選択をできるわけではないと思います。むしろ自信よりも大事なのは楽観主義。失敗しても何とかなるかと思えるようになってからは、恐れることはなくなりました。 ※ バリバリバリューにでていた文明堂双子令嬢は慶應法でともに司法試験を一発合格して . 2005年 旧司法試験合格 きっとキャリアのスタートとなる弁護士になった頃から、自分の意志をもって人生を切り開いてきたんだろう。そう思って岡本さんに話を聞いてみたら、「全くそんなことはなくて」と首を横に振る。 「正直なところ、弁護士になったのも明確な目的意識があったわけではないんです。司法試験に向けて予備校に通い始めたのも、周りの皆が行ってるからというだけで。自分の長期的なキャリア設計なんて、当時は全く考えて … 2007年3月 慶應義塾大学法学部卒業 自分の選んだ道が成功か失敗か。その判定を下すのは世間でも他人でもない。私の人生のジャッジをするのは、私だけ。そう開き直れたら、「失敗もリスクも恐るるに足らず」な気がしてきた。, 岡本さんをはじめ令和の時代を担う若者の意識改革とグッドアイデアでもって4騎士Gafaをも凌駕する日本を、世界に再度知らしめて欲しいものです。, 「シベリア生まれ仙台育ち、日本初のロシア人弁護士 ベロスルドヴァ・オリガさんの素顔」, 氏名 前田 徹 2017年12月 法律事務所ZeLo参画 2014年 Stanford Law School (LL.M)卒業 1951年5月18日生 カステラの文明堂の岡本圭祐社長(慶應経済卒)の双子の娘

『A LIFE~愛しき人~』の『竹内結子』30半ばでこの可愛さ! | ひっぷのぶろぐ, 女優竹内結子さん自殺か 都内自宅で縊死(首吊り)状態で死亡発見 ‼ | ひっぷのぶろぐ, 空手初段の美人女優『山本舞香』は元ヤン?性格悪い?兄弟・彼氏も | ひっぷのぶろぐ. 嗜好品:セブンスター・珈琲 大学のテニスサークルの活動やアルバイト等もしていましたし、大学の授業にも真面目に出席していました。, 何かを選択するとき、私たちは漠然と失敗やリスクを恐れ、安全・無難な道を選ぶ。 周りからは『どうしたの?』と心配されました。『履歴書が汚れるよ』なんていう人もいましたね(笑)。法律事務所からスタートアップへの転職は相当なレアケース。当時はメルカリを知っている人もかなり少なかったですし、今考えたらかなり思い切った選択ですよね。, けれど、岡本さんに迷いはなかった。新しい環境に対する恐怖よりも、もっと本気でワクワクできることをやってみたいという好奇心が勝った。だが決して岡本さんは最初からチャレンジャー気質だったわけではないという。, たぶん留学する前の私だったら、知名度の低いベンチャーに行くなんて超リスキーだと思っていたはず。でも、留学先での経験を通じて、キャリアに対するリスクの捉え方ががらっと変わったんです。 大学においては資格を取るなどして有意義な時間を過ごしたいと考えていました。 日本の弁護士は約3万人ちょい、そのうち、女性は約5千人ちょい(女性医師の約10分の1)とまだ少ないです。 実家:未公開(カステラの文明堂?) ※ バリバリバリューにでていた文明堂双子令嬢は慶應法でともに司法試験を一発合格して . e-mail:hip_alfalfa@jazz.zaq.jp. 京都信用金庫  大阪府高槻市内在住 内部進学だった私は高校3年間を遊んで過ごしてしまったので、 そんな自分をつまらないと心の中で思っていても、そう簡単に生き方は変えられない。だって、一度道を外れたら二度と正規のルートには帰ってこられない気がするから。, 彼女は慶應義塾大学在学中に旧司法試験に合格。卒業後は、“BIG4”とも呼ばれる四大法律事務所の一つ、西村あさひ法律事務所へ。さらにスタンフォードロースクールに留学。現地でニューヨーク州の司法試験に合格した。, ここまで聞けば、完璧過ぎるほど完璧なキャリア。失敗やリスクとは対極の立ち位置に見えます。 メルカリには日米の資格を持った若き弁護士、岡本杏莉さんがいる。弁護士→スタートアップというキャリアステップを選んだ理由とは? そこには資格や職種にとらわれない仕事観があった。, メルカリには、日米の資格を持った若き弁護士がいる。岡本杏莉さんだ。以前「会社は誰のもの?クックパッドの株主提案にみるコーポレート・ガバナンス」というnoteを、ふむふむと読んだ人もいるのでは?, 岡本さんは慶応大学在学中に旧司法試験に合格。その後、国内大手法律事務所にて勤務し、スタンフォード大学のロースクールでの留学を経て、現地で弁護士資格を取得した。, …と、ここまで聞くと弁護士エリートしての道を突き進んできた印象を受けるが、その後、2015年に選択したのは「メルカリにてリーガルやファイナンスを担当する」という道だった。, 弁護士として順風満帆なキャリアを歩んでいた岡本さんが、なぜ新天地にメルカリを選んだのか。なぜ、弁護士という職種の枠外へ一歩踏み出し、スタートアップの「中の人」になったのだろうか? 岡本さんに話を伺った。, ― 岡本さんがメルカリへジョインするまでのキャリアについて詳しく教えていただけますか?, 最初のキャリアは、西村あさひ法律事務所でした。すごく規模が大きく、トップファームであるがゆえに、大規模な案件から中小企業、ベンチャーに関係する案件など、弁護士としてさまざまな経験を積める環境でした。在籍している人たちもみんなプロフェッショナルで尊敬できる人たちでしたし、刺激的で面白かったです。, リーガルのプロフェッショナルとしての道を突き詰めていくのであれば一流ローファームにいることがベストだと思います。でも、私の場合は、数年間働いてみて、少し物足りなさを感じるようになってきたんです。, たとえばM&Aを担当する場合、クライアントから依頼された買収対象企業を調査し、契約書を作って交渉、そしてクロージングまで担当します。ですが、「なぜこの企業を買うのですか?」といった経緯など、リーガル面以外の経営戦略の部分に深く関わる機会はあまりありませんでした。, これは、弁護士の給料がタイムチャージ制で、時間をかけるほど支払額が高くなってしまうということも影響しているかと思います。クライアントは「リーガルのことだけ集中してやってくれればいい」となりますよね。そういった背景もあり、クライアントとの距離を埋められず、いちアドバイザーでしかないことに寂しさを感じていました。, ― 岡本さんは西村あさひの社内制度によってアメリカへ留学し、ニューヨーク州の司法試験にも合格しています。やはり、毎日勉強で大変だったのでしょうか?, もちろん勉強もするのですが、日本に比べてさまざまな国から来た人たちと交流し、話せる機会が多かったですね。授業だけでなく、シリコンバレーで活躍する起業家やVC、スタートアップの内部で働く法律家が行うセミナーや講演にも参加していました。, ― とくに印象に残っているエピソードはありますか?カルチャーショックを受けたこととか…。, いろんな人の話を聞いて印象的だったのは、みんなミッションドリブンだったことです。本当にやりたい、解決したい課題を事業にしている人が多くて、今までの私の働き方とは全然違うと思いました。, たとえば留学先のロースクールで出会った友だちには、弁護士とは違う「2番目の顔」を持っている人が多かった。フィリピン人の友だちは、弁護士でありながら、エナジー関連のスタートアップを立ち上げるための勉強をしていました。弁護士だけど音楽系スタートアップをやっている人もいましたね。, 実は、私が弁護士というキャリアを選んだのは「どうしてもやりたい」があったわけではありませんでした。, 「手に職があるといいな」とか、三段論法のようなロジックがある法律の思考方法や勉強方法が自分に合っていたことがきっかけだったりします。あと、ちょうどテレビなどでも企業を支える弁護士が取り上げられるようになった影響もあったり(笑)。なので、仕事に対して「自分にとってのミッションとは」と考えたことがあまりなかったんですね。, ― 日本とは職種の捉え方が違うんですね。弁護士であることより「自分であること」を大事にする感覚というか。, 海外では「弁護士」はあくまでも資格であり、それだけやっていればいい雰囲気ではないんですね。1つの武器にすぎない考え方でした。, 逆に、日本では仕事に対する考え方が硬直化しているように思いました。最近では私も含め、企業内に属するスタイルや、そのほかいろんなキャリアを選ぶ人が増えていますが、やはりまだ弁護士=法律事務所の発想が強いですね。, そうですよね。留学先の友だちやスタートアップの人たちと触れ合う中、改めて「社外アドバイザーではなく、事業の中からサポートできる存在になりたい!」と思いました。自分のリーガルスキル以外の部分をどんどん広げたいし、ビジネスの当事者になりたい思いが強まりました。, スタートアップが面白そうだと思っていたこと、それに加えて、インターナショナルな仕事があり、留学での経験も活かせそうだと思ったからです。, そもそもスタートアップの社内にリーガルを置く考えを持っているところはすごく少ないです。その点メルカリには、CtoCサービスを進めるため、早い段階から「リーガル体制を整えたい」という考えがありました。訴訟が多いアメリカでビジネスを展開するためにも、社内にリーガル体制はあったほうがいいですし。, スタートアップがおもしろそうだと思った理由として、、これからメルカリが成長していくにつれ、いろんなステージに応じてサポートできそうだし、自分のキャリアにおいても貴重な経験になる、と感じたからです。, 会社の規模が大きすぎると、大企業の法務部にいるのと変わらないですし、スキルも広がらない気がしました。, 日本とアメリカのリーガルを見つつ、ファイナンス関連も担当しています。特にアメリカの子会社にはリーガル担当者がいないので、メンバーとはもちろん、現地のローファームともやりとりしています。, この資金調達では「なぜ調達するのか」から投資家へのプレゼンまで、CFOとともにゼロから関わることができました。プレゼンのため、社内のいろんな部署でヒアリングもしたのですが、このプロセスを通じて、以前より会社への理解が深まりましたし、ますます好きになりました。, ― リーガルとファイナンスの両方を担当されたんですね。これは、岡本さんのキャリアやスキル面でどのようにプラスだったのでしょうか。, ファイナンスは、今までのリーガルのキャリアとは異なる経験でした。でも、実際にやってみると、隣接する領域でもあるなと感じました。たとえば私の場合、契約書作成・交渉やデューデリ対応ではリーガルでのスキルを活かしつつ、一方で、ファイナンスの分野としては新たに学んだ部分もたくさんあったんです。, 転職をするのであれば、今までの経験やスキルを活かしつつ、新しく学んでいける環境を選ぶのがいいと思っています。私にとってメルカリへの転職は、まさに今までのスキルを活かしつつ、新しいことに挑戦できています。資金調達のときは、そのバランスがうまくとれていました。, ― 日本では「弁護士なのにスタートアップへ行くの?」と感じる人も多い気がしています。, 「弁護士=安定」の印象はまだまだ強いです。実際に法律事務所で働いている弁護士たちもキャリアの観点では"守り”に入っている人も少なくないかもしれません。, でも、私は仕事をするのが好きなので、自分が面白いと思って打ち込めることをやりたいんです。メルカリを選んだのも、その考えが中心だったからかもしれません。, 留学時代の友だちは、失敗をリスクと思わない考え方を持っていました。むしろ、失敗は経験だと考えていましたし、起業するなど新しいことをしないと何も得られないと思っています。だからみんな、リスクを避けて大企業へ入ろうとしないんですね。, うまく言えませんが…(笑)。人生の中で大きな時間、要素を占めているものであり、自分の中ですごく大事なものであることは間違いないですね。大変なことも辛いこともありますが、仕事が充実していると楽しい。常にそうありたいなと思っています。, ― ありがとうございました。新たなキャリアへ踏み出すのは、いつだって勇気と覚悟が必要です。でも「自分は何をしたいのか」を軸に考えてみると、高く感じていたハードルも超えられるのかもしれません。, 新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。, 「新型コロナウイルス対策」に動き出すベンチャー・スタートアップ・テック企業を特集。コロナ対策としていま、僕らにできること、取り組み、新たな挑戦についてご紹介します。, 時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に, 「言葉が雑な人は、いいリーダーになれない」yutori 片石貴展の「言葉」との向き合い方を変えた一言, 月経・妊娠・更年期…女性を悩ますタブーをワクワクに変える。 フェムテック専門ファンド設立に込めた思い, note『弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった』で、作家人生がはじまっちゃった話|岸田奈美, よきリーダーでありたい。そんな願いを一つでも叶えるために。櫻本真理さんの、リーダー育成に込めた思い, 「何でやってるんだろう」は危険信号。やりたいことで人生を埋め尽くす、井上一鷹のキャリア論, まるでそこにいるかのように。吉藤オリィ氏と考える、ウィズコロナ時代の「分身ロボット」コミュニケーション, コロナで進路を閉ざされる若者を救え。日本初奨学金プラットフォーム『Crono My奨学金』の取り組み, 「従業員シェア」でリストラ回避を。従業員の成長&雇用維持に向けた「従業員シェアプラットフォーム」構想, 人は孤独が続くと死んでしまうから。家族型ロボット『LOVOT』に見るアフターコロナを生きるための癒やし, 「希望を持てる脳」を育てるために|脳神経発明家・青砥瑞人と考える、AIと2020年以降の世界, ドローンはスマホ化し、生活と混ざり合う|Drone Fund千葉功太郎が見る2020年以降の当たり前, ブロックチェーンの社会実装は、すでに不可逆|bitFlyer Blockchain 加納裕三, エン・ジャパンが総力を挙げて取り組む、人材採用・活躍支援プロジェクトの紹介ページ。, 日本最大級の転職・求人情報サイト。エンの社員が100%独自取材した転職・求人情報満載!, エンジニア向けWebメディア『エンジニアHub』から派生したエンジニア専門求人サイト。, 「エン転職」、「[en]派遣のお仕事情報」等、エンの求人を、職種・雇用形態・年収など様々な条件で検索!, 年間5,000万ユーザーが利用。会社の口コミや年収・残業時間などが、すべて無料で閲覧出来ます。, 日本No.1のインターン掲載数!大学生向け長期実践型の有給インターンシップ求人サイト. けれど、岡本さんの王道キャリアは、ある日突然、大きく軌道を変えるのです。, アメリカから帰国した岡本さんは、“BIG4”を飛び出し、当時まだ認知度の低かったメルカリに入社。昨年、IPOを果たしたメルカリの躍進をリーガル面などから支えます。さらに今年2月にメルカリを退社。今度は、社員数約30名のヘルスケアスタートアップ企業、トリプル・ダブリュー・ジャパンに活躍のステージを移したのです。, ハイステータスな法曹界から未知のスタートアップへ。周囲の多くが「なぜ?」と首を傾げた異端の転身。どうして彼女は人と違う道をこんなに堂々と歩めるのだろう。彼女の話から見えてきたのは、人生における失敗とリスクについての捉え方だった。, 正直なところ、弁護士になったのも明確な目的意識があったわけではないんです。司法試験に向けて予備校に通い始めたのも、周りの皆が行ってるからというだけで。自分の長期的なキャリア設計なんて、当時は全く考えていませんでした。, 当時の岡本さんは、皆と同じ安心な道を特に疑問に感じることもなく歩んでいた。周りがやっているから、自分も司法試験を目指す。合格したから大手のローファームに入る。「何となくレールに乗っかっている感じだった」と岡本さんは当時を振り返るのです。, そんな「皆と同じ安心な道」を選んでいた彼女を変えたのは、留学だった。社内制度を活用し、アメリカに留学。スタンフォードロースクールへ通い始めた。そこで数々の起業家と交流を持つようになり、曖昧だった岡本さんの働く意識は一変したそうです。, スタートアップに関わるような人たちって、ものすごく問題意識が強いんです。『今、世の中にはこんな課題がある。それを解決するためにはこんなビジネスがあったらいいよね?』というような会話が至るところで繰り広げられていた。当時の私には、何か問題を解決するためにビジネスをするなんて発想はゼロ。ミッションドリブンな彼らの姿勢は、とても新鮮でした。, 同世代の人間がキラキラとした目で自分の夢や使命を語っている。その姿を目の当たりにした岡本さんは、自分がキャリアを通して実現したいことは何なのかを初めて真剣に考えたのでした。, 大手のローファームにいると、クライアントの事業へリーガル以外の面での関わりはどうしても限定されることがあります。そこに物足りなさを感じてはいました。できるなら、もっとビジネスの当事者になりたい。スタンフォードで過ごすうちに、徐々にそんな想いが膨らんでいきました。, それが、岡本さんが“BIG4”を辞め、メルカリを選んだ理由だったのです。そして今、そのメルカリを離れて創業5年目のトリプル・ダブリュー・ジャパンにジョインしたのも、留学時代に見つけた働くことの意義が、彼女を突き動かしたからなのです。, 仕事に使っている時間は、人生の大部分を占める。だったら自分が楽しいと思える仕事をやりたいというのが、留学を経て見えてきた私のポリシー。自分のやったことが社会にどれだけインパクトを与えられるか。それこそが、私が仕事に求めるものだと分かったんです。, 入社当初は従業員80名程度だったメルカリも、今や連結で約1600名の大企業に成長した。企業規模が拡大すると、その分、個人が会社に与えられる影響は低減する。ならば、メルカリでの経験を活かして、メルカリに続くスタートアップを自ら作り出していく方が、もっと社会にインパクトを与えられるんじゃないか。そう考えた岡本さんの想いを最大限に発揮できる場所が、トリプル・ダブリュー・ジャパンだった。, 同社は、世界初の排泄予測デバイス『DFree(ディー・フリー)』を開発し、世界各国から最新のエレクトロニクス製品が集まる展示会『CES 2019』にて4つのアワードを受賞するなど、今注目のスタートアップ。代表の中西敦士さんとは留学時代からの知人で、当時から事業アイデアを熱く語られ、法律顧問という立場で継続的なサポートを行っていた。, トリプル・ダブリュー・ジャパンがやっていることは、大きな社会問題の解決につながる事業。それも日本だけじゃなく世界中の人々の役に立つ事業です。社会にインパクトを与える仕事がしたいと思っていた私にとっては、非常にチャレンジングな環境でした。 岡本杏莉(妹) 慶應女子高校→慶應義塾大学法学部→3年次に司法試験に在学中合格→西村あさひ法律事務所, 紫苑:私には、正直なところ、法曹を目指した立派な理由があるわけではありません。 昔の私にとって、将来の見通しが立たないことは不安材料でしかなかった。でもスタートアップに身を置いていると、5年後10年後はおろか1年後のことだってよく分からない。それをビクビクと怖がるんじゃなくて、『どうなるか分からないことをいかに面白がれるか』と考えるようになりました。リスクを楽しめるようになったのも、大きな変化の一つです。, いろんな人がいろんなことを言うけれど、正解は人それぞれ。誰かが決めることではないと思います。別に人と違う道を選ぶことがカッコいいとも思わないし、もしかしたら今も私の選んだ道を失敗だと思っている人がどこかにいるのかもしれない。でも、そればかり気にしていても仕方ないですよね。この道を選んで良かったと自分が納得していることが、いちばん大切だと思います。 2019年2月 トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社 CCOに就任, 日本の弁護士は約3万人ちょい、そのうち、女性は約5千人ちょい(女性医師の約10分の1)とまだ少ないです。, 実家:未公開(カステラの文明堂?) 今の時代の弁護士のお手本そのもののメルカリ岡本さんのキャリアと、ここからやりたいことがめっちゃいいので、弁護士の皆さんはぜひお読みくださいませ。 4年務めたメルカリを退職し、社員30名のベンチャーでチャレンジしたいこと|Anri|note(ノート) rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="003734d3.092f182c.15933ccb.673cd244";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="200x600";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on"; Copyright (C) 2020 ひっぷのぶろぐ All Rights Reserved. そして、「法学部といえばやっぱり司法試験かな」ぐらいの軽い気持ちで、司法試験を受けることにしたのです。

趣味:エレキ・ギター演奏 三菱東京UFJ銀行