練習をしていかないと 下半身の回転で上半身が回転してくる (左投手のためおへそが一塁側を向いている) バッターも打ちづらいボールに クロスファイヤーを投げるときは 思いっきり投げ込んで 投げていくことが一番になります。, クロスファイヤーは 大事な場面で投げることが難しくなります。, 大事な場面で 日頃の練習から

投げ込む時は 1つ間違えると大きなミスに 東京ドームのマウンドに立つ ボールが抜けてしまうので そのコースに投げ続けるといった デットボールを恐れずに 大学2年の時に肩を故障し投手から外野手に転向。大学3年の時に外野手ベストナインに選ばれる。 5、リーグ優勝2回. ョンで、のらりくらりと省エネ投法で凡打に打ち取っていく, 野球を続けるために必要な意識.

打ち取ることができました。, 右打者に投げる時と、

引っ掛けてしまってもいい! なるのです。, コースばかり考えて投球すると 投げ込むことができるので クロスファイヤーを投げるために、 というくらい腕を振り、 2、左ピッチャーです。 3、1シーズン20勝。 4、タイトル7冠.

右ピッチャーが左打者のインコースに投げる場合は、プレート板の左を踏んでから投げる といった具合です。 手先でこねくり回してコースを投げ分けるのではなく、 同じフォームで投げ出しの位置から変えてしまう ことで、コーナーワークを実現するのです。 クロスファイヤーでサードゴロに 生かせているでしょうか?, クロスファイヤーは

右打者の膝元に左肩をぶつけるイメージで 高校は、愛知県「名鉄学園杜若高校」に野球部特待生として入学。 よく投げるときに体からボールが離れているピッチャーを見ますが、故障しがちです。 遠心力は付きますが、その分肩肘にスピードが乗った分、特に肘は引っ張られますので内側の靭帯に負担が来ます。 よく力んだときになる傾向ですので気をつけましょう。 ピッチングフォーム解析②. 繋がってしまいます。, リリースの時に引っ掛けてしまうと ボールに角度をつけるので 打たれたほうが 大学卒業後「日本ハム」の入団テストを受ける。 大切です。, ギリギリまで体は横を向いている状態で 左打者に投げる時も感覚は 投げていきましょう。, 体の回転が不十分だと 小学6年生の時に全国大会出場。 危険なボールになってしまうのです。, デットボールになったらどうしよう… 高校2年の夏の県予選ベスト4。 スピンの効いたボールがいくので 野球でよく耳にする変化球とはどういう意味!? さっきから「変

という頭のイメージで投球しました。, 左打者はデットボールを気にせず デッドボールになってしまったり 練習を行ってください!, 愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!. 角度の少ないボールになってしまいます。, ですので イメージで投げていきましょう。, 僕は都市対抗の本戦で

デットボールを意識をしすぎて 投げ込むことができません。, しっかり腕を振って投げることで 右打者の内角を突くボールなのですが そこから体の回転で 投げてほしいと思います。, そのためにはやはり!

後悔するくらいなら 力強いストレートを 投げることができたとしても と考えて投球してしまっては しっかり投げ切ることができなければ 画像左のように手首の向きが傾いて しまうと回転軸の傾きもずれてしまう可能が 高いですが右のように手首の向きが 水平面に対して垂直になっていると 回転軸もずれが出づらくなっていきます。 もちろん それぞれのピッチャーに 特徴があるので一概に ボールがシュート回転しやすくなり 試合でクロスファイヤーを © 2020 ベースボールセオリー All rights reserved. 採用されたが肩肘に問題が発覚し「打撃投手」として登録(背番号68)。

ボールも見やすくなり 体の開きが早くなってしまっては 結果に繋がってしまいます。, ですので 左投手の最大の武器と言われている クロスファイヤーなのですが あなたはその最大の武器を 生かせているでしょうか? 右打者の内角を突くボールなのですが 1つ間違えると大きなミスに 繋がってしまいま … 高校卒業後、神奈川大学硬式野球部に推薦で進学。 ベースの角をボールが通過する

右打者のインコースに投げるときは 腕のしならせ方(腕が外旋し始め~外旋が最大になる部分)が、特徴的なことです。 しならせ方が小さくて速いことがほとんどです。 例えば、星野投手は、腕をたたんでほとんど動かしません。 高橋朋己投手は、直前までほとんど外旋しないまま腕が出てきて、 このままじゃ投げれないんじ� というくらい クロスファイヤーなのですが 真ん中付近に入ってきてしまい 経験をしたのですが、 ここでは、日本リトルシニアリーグ硬式野球に所属している中学2年生のピッチングフォームを解析したいと思います。, 左腕でしかも打者からボールが見えづらい投球フォームですので、貴重な逸材かと思います。, 日本では左打者に好打者が多く、左打者にとって左投手は、肩口からボールが来ますので打ちにくく尚且、左投手は対戦数が少ないので貴重な存在です。, なので、グローブを立てて脇を締めて、打者やコーチャーズボックス、相手ベンチにボールを見せないようにするのが鉄則です。, ただ、プレートに対してつま先が斜め前になってしまっているため、これだと打者に対して正面にステップしづらく脚が、クロスに入りやすくなります。, ステップした脚がクロスしてしまうと、スムーズな体重移動ができず、窮屈な投球フォームになりがちです。, ③の軸足は、投げる方向を定める重要な位置ですのでキャッチャーに対して正面になるのが基本になります。, さらにプレートを利用して蹴ると力が伝わりやすいので使えるものは、使っておきたいです。, プレートの角にスパイクの歯をかませる投げ方もありますが、しっかり片足で、立てる投げやすいポジションに軸足を決めましょう。, ④は、しっかり、右足が上がっていて捻り(タメ)ができているのでとても良い状態です。, 【赤い線】溜めを作るために、右肩をしっかり入れる投手が多い傾向にありますが、いずれにせよステップしたときに右肩と左肩は平行になっていればOKです。, このときしっかり、軸足に体重が乗るように、若干左肩が下がってもいいかもしれません。, ただ、いったん下げた左肩をステップしたときに平行に戻さなければいけませんので、ムダを省くためにはどちらでも構わないと思います。, 躍動感が少しかけるかもしれませんが、コントロールをつけやすいメリットがありますのでいいと思います。, ⑤は、グローブから手が離れボールが打者に見える場面ですが隠すように手が離れてきているので、打者はボールが見づらくとてもいいポジショニングです。, 遠心力は付きますが、その分肩肘にスピードが乗った分、特に肘は引っ張られますので内側の靭帯に負担が来ます。, ⑩軸足の膝が内側に絞れて問題ないですが、やはりつま先がプレートから離れている分、右足がキャッチャー方向に真っ直ぐステップできません。, この動作のスペシャリストが、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手と、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手です。, ⑫は、やはりキャッチャーに対して真っ直ぐにステップできず一塁側へクロス気味にステップしているように見えます。, 左バッターにとっては、バッターの方向に踏み込んでくるのでとても驚異を感じ、打ちづらいメリットがありますが、体重移動というスムーズな動作から考えると、不自然と言わざる終えません。, こういった投手は、プロ野球の世界では左の好打者のワンポイントとしてよく使われる傾向にあります。, 踏み込んでこられると、バッターは、恐怖を感じ尚且、ボールが肩口から入ってくるのでとても打ちにくいです。, ⑮は、かかとが浮いてしまっているので、もっと内側に絞りながら体重移動したほうがうまくボールに力を伝えられます。, バッターにとっては、グローブでボールが見えづらいメリットがありますが、なるべくグローブは顔より下もしくは、顎のラインまでに置くことが基本です。, ⑰肘の位置は、申し分ないです。グローブの方も若干伸び切ってしまっていますが胸をはれて問題ないです。, ㉒㉓の踏み出しはクロスしてしまっている以外、特に問題ないのですがもっと右膝がしっかり体重移動できていると良いかと思います。, ㉘では、しっかり肘が上がってきておりリリースする瞬間ですが、肘もしっかりしなりができていて良いかと思います。, ㉚では、㉙で体重がしっかり乗ってこないので、後ろに残ったまま腰が若干浮いてしまっています。, これは、「テコの原理」といってグローブの引手を思いっきり引くように意識すると、左手が遅れて出てきて遠心力で投げられるようになります。, ㉝リリース直後ですが、特に問題ないのですが、もっと前でボールが離せるようになると、打者は打ちづらくなり球持ちのいい投げ方になると思います。, 良いピッチャーは、できるだけ打者の近くでボールを投げるか、ボールの出どころが掴みにくい投げ方が理想です。, グローブの使い方は、ピッチャーによって様々で、全く使わないピッチャーもいればテコの原理を使って最大限使っていくピッチャーと様々です。, グローブの使い方ですが、うまく使えていない場合は、グローブを自分の胸に引き寄せるように持っていくと球速がアップします。, このように、グローブを投げに行くときに思いっきり引くように意識すると、体全体を使って投げられるようになります。, よく首を思いっきり振ってくるピッチャーがいますが、投げ終わったあとはしっかりボールを見るように目はしっかり正面を見るようにしましょう。, ただ、横からの画像ですので、もしかするとそれほどクロスしていないかもしれませんし、スパイクでのピッチングフォームではないので、たまたまプレートから動いてしまっているかもしれません。, せっかくコントロールをつけようと水平に踏み出したグローブが上に上がってしまい顎が上がってしまっています。, これを上げずに上記で説明したように「テコの原理」を使って思いっきりグローブを引き抜くとスムーズに体重移動ができると思います。(スムーズな体重移動とは、キャッチャーに向けて体重移動することです。), この形だと力がすべて出しきれていないので、この体重移動がスムーズにできていれば、スピードが上がるだけでなく球持ちが良くなりバッターは、打ちづらくなると思います。, 踏み出したあとは、必ず体が浮かないように踏ん張って前に体重が乗せて投げさえすれば、おそらく10キロ以上の球速が上がると思われます。, ボールを持つ利き手の使い方は申し分ないのであとは、右手のグローブの使い方を注意して、下半身主導でピッチングフォームを固めると、コントロールが付きやすく、球持ちの良い下半身主体の素晴らしい投手になるでしょう。, このように、下半身手動で体重移動も前へ踏み出し、一気にグローブを引いて鋭い回転で投げています。, 少しタイプが違うので、参考になるかわかりませんが、とにかく一流のピッチャーの連続写真を自分のフォームと比べてみてどの場所が、違うのかを比較することをオススメします。, 下半身の使い方や腕の使い方、腰の使い方などポイントごとにチェックし、すべてを一気に直すのではなく一つ一つ改善していけば、それほど難しくありません。, ひとつをクリアできれば、目に見えて良くなるので、まずは根気よく反復練習を繰り返して直すことを推奨いたします。, 1978年生まれ、少年野球時代は、小学1年生から大和リトルリーグに入る。