独特かつ壮大な世界観・音楽性で人気のアーティスト、平沢進。そんな彼は、2019年7月28日のフジロックフェスティバル最終日に参加することが決定しました。そこで、平沢進の楽曲を、あまり知らない人にも楽しんで頂けるよう、ランキング形式でアルバムを紹介します! 平沢進・公式サイト Susumu Hirasawa Official Web Site. 平沢進・公式サイト Susumu Hirasawa Official Web Site. 確か平沢進氏の楽曲だったと思うのですが、てーれーれーれれれれれれーみたいなギターが流れるのってなんの曲でしたっけ? - 邦楽 | 教えて!goo θ=7 β=3. 要bgm(ナーシサス次元から来た人) 見よ、男が今路上で果てようとしている。空腹ゆえに。その男、平沢進25歳は今、道端に仰向けに転がり、幸福そうな薄笑いを浮かべて動かない。 平沢進 - テクノ実験工房 第15回(1994年10月14日放送) P-MODEL - Corrective Errors〜remix of 舟 (1995年9月30日) 吉川晃司 - GOLDEN YEARS VOL.III(1996年03月20日) 平沢進+会人 会然trek2k20 03 20200314 @zepp tokyo ... 14.looping opposition 15.speed tube 16.phonon belt ... 変幻する平沢進のギター。 曲に彩を加える、会人の奏でるエレクトロニック・アコースティック。 発送のお知らせ, 「会然TREK 2K20▲03」イケベ楽器 ライブレポート掲載!, 『会然TREK 2K20▼04 GHOST VENUE』 360°カメラ映像:8月15日より配信開始!, 『会然TREK 2K20▼04 GHOST VENUE』 ダイジェスト映像公開, インタラクティブ・ライブ特設サイト. ピックにはさまざまな種類がありますが、どんなピックを選んだら良いか分からない方も多いと思います。 あれこれと試して自分にあったピックを探してみることをお勧めしますが、その前にまず基本となる形、厚み、素材をご案内しますので参考にしてください。 2020/11/6 会然TREK 2K20 03 メモリアルパッケージカード配信日のお知らせ 2020/10/29 平沢進/P-MODEL作品 LP盤リリースのお知らせ 2020/8/25

見よ、男が今路上で果てようとしている。空腹ゆえに。その男、平沢進25歳は今、道端に仰向けに転がり、幸福そうな薄笑いを浮かべて動かない。そして、ほんの数秒前に「死よ、やって来るなら今だ。人生はめっちゃ面白かったぞ」と、か細くつぶやいたところだ。, 飛ぶ鳥も落とす勢いのおまえが餓死などという生臭い理由で果てるとは。愚か過ぎてあくびが出る。おまえは最後の600円で食い物を買い、私はその600円で「食べられる雑草」の本を買って命を繋いだ。おまえは愚かな上に不運だったということだ。他のメンバーがバイトで食いつないでいる時も、面がわれているゆえにバイトもできないとはな。しかし、飛ぶ鳥を落とす勢いのP-MODELがバイト?いかにも音楽業界らしい。ムカつくほどバカバカしい。私は全て振り払ったぞ。私の周りにはもう、業界人など1人も居ない。それを知らせようと思って覗いてみれば、そのザマか。しかし、私とて40歳までは生きられないと思っていた。いずれ今のおまえのようにのたれ死ぬのは確実だと思っていた。おい、聞いてるか?, 私は600円でおまえの人生を買った。途中40歳までは生きられないとは思ったものの、この歳になるまで生き延び、今では多くの他の人々より長く生きるだろうと確信している。幸い私は、食い物に執着しないタチなのでね。600円の分岐。おそらくここに来る途中にも分岐はあったに違いない。40歳前にのたれ死んだ私も居るはずだ。しかし、それはもうどうでも良い。これだけ標準から外れた人生は面白すぎる。, 私がどこから話しかけているか、おまえには想像もつくまい。Phuketだ。遠浅の海に浮かんだボートの上だ。遠くには聴衆が居る。何の聴衆かって?話しても分からんだろう。私は今外国に居て、美女達と仕事をしているところだ。想像できまい。その美女達は普通の女性とは違う。おまえがあるスタジオに向かって道を歩いている時、突然おまえの足首をつかみ「お兄さん足細ぉーい」といった女性を覚えているか?深夜の博多で1人裏路地巡りをしている時、おまえの前に立ちはだかり、「お話したい」と言った長身の女性を覚えているか?御徒町の信号待ちで、おまえが運転する楽器車の助手席に勝手に乗り込んできた女性を覚えているか?確かにおまえは何故このタイプの女性に縁があるのか疑問に思った。しかし、その後この国で起こったことを誰が予想し得ただろうか?今私の周りに居る美女たちも皆同じタイプの女性達だ。私は彼女達をSP-2と呼んでいる。かくも大勢のSP-2に信頼され、この国の何処へ行っても彼女達から丁重な扱いを受け、充分過ぎるほど親切にケアされている。この意味において、私はおそらく、世界でただ1人の存在だろうと思う。何故そうなったのかは正直よく分からない。この国を歩けば歩くほど、そうなってゆく。この66億分の1の確率を私の身の上で成就させたのは誰だ?彼女達が私に強靭なマイノリティーの匂いを嗅ぎつけ、共感を覚えるからだという説明は充分ではない。私は常に何かの布置を正確に踏んで歩いているのだと思う。私はこの才能を「ノイズ」と呼ぶ。, 寝坊したおかげで7万円の機材をタダで入手したことを覚えているか?自分の大きな不可能性を店のおばちゃんに告白した次の瞬間それは可能性に転じ、2時間後には成就したことを覚えているか?私がプロのミュージシャンになったのは、修理に出したギター・アンプの上にあの男が座っていたからだ。アイツがあの日、スポーツ観戦に夢中になっていなければ、私は一生人前で歌など歌わなかっただろう。全ては、想像を絶する低い確率で起こり得る複数の出来事が、正確な順番で成就した結果だった。, 意識が遠ざかるおまえに説教はすまい。だが、私を見ろ。おまえのフィナーレにとって充分に面白い出し物だ。ハイブリッド・カーに乗り、フリップ・スタルクのLED時計を腕にはめ、クローム仕上げのギター、クローム仕上げのリュック、服は上も下も黒、そしてこの美女たち。今のおまえには想像もつかないものに囲まれている。おまえなら楽しんでくれるだろう。私はこの全てを600円で買ったのだ。生きることの前には天文学的な数の選択肢がある。だが、愚かにも最良の選択肢を心得ていると錯覚したおまえに今、死が訪れようとしている。おまえは私の恥だ。しかし、死は厳粛だ。それは、おまえがノイズへと帰還する最後の手段。さあ、そろそボートが桟橋に着く。ここから”看取る”者をおまえに送ろう。突風のワゴン車で間もなくおまえの元に着く。おまえを看取るのはSayaだ。, 平沢進・公式サイト Susumu Hirasawa Official Web Site. 平沢進・公式サイト The official site of Susumu Hirasawa, a musician who is well known as the leader of the band P-MODEL.

平沢進さんの曲を色々聞いているうちにあの人はネーミングセンスもあるなと思ったのですが皆さんはいかがでしょうか。私は「論理空軍」、「庭師king」など独特な熟語の組み合わせが好きです。 そもそ … the spotnicks (スウェーデン語版) 区桜丘町16-12 桜丘フロントビル 2F, ■Godin Grand Concert Duet Nylon Ambiance, ■FLORIDAコントロール&平沢ピック, ■Ludwig 60s PSYCHEDELIC RED HOLLYWOOD MODEL, ■Ludwig 70s Supraphonic LM402&WFL 40’s Buddy Rich "Be-Bop Model", ■Ludwig 60's "Speed King" Bass Drum Pedal. 独特かつ壮大な世界観・音楽性で人気のアーティスト、平沢進。そんな彼は、2019年7月28日のフジロックフェスティバル最終日に参加することが決定しました。そこで、平沢進の楽曲を、あまり知らない人にも楽しんで頂けるよう、ランキング形式でアルバムを紹介します!, 平沢進は、1960年代に活動を開始し、79年に音楽グループ『P-MODEL』のリーダー・ボーカルとしてメジャーデビューしたミュージシャンです。現在はグループとしての活動は休止していますが、ソロで現在も活動を続けており、活動開始当時から大きく変遷しながらも、独特かつ不思議と引き込まれてしまう世界観を表現し続けています。また、今年のフジロックフェスティバルの最終日(2019年7月28日)に出演することが決まっています。そんな平沢進ですが、あまりよく知らないという人も多いと思います。また、少し興味があったとしても、何から聴いてみればいいか分からないという人も多いはずです。そこで、初心者におすすめのアルバムをランキング形式で紹介してきたいと思います!, 今回は、聴いたことがない人向けに、聞きやすさ、インパクトの強さ、壮大さを基準にランキングを作成しています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/517kdIQDYBL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00q0726.mdmqrd0a.g00q0726.mdmqs126/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F3836003%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F11631326%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00NJ1MQ72?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00NJ1MQ72"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fesdigital%2F10489330.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 本アルバムは、タイの文化や国民性に影響を受けて作られたもので、後に『BANGKOK三部作』と呼ばれる3つのアルバムのうち、最初に作られたものです。平沢の後の作品の基となる楽曲が多く収録された1枚です。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆3"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆3"},{"key":"壮大さ","value":"☆3"}], 東南アジアを旅行していると仏像にネオンの装飾をしていたり、日本人としてはキッチュなSFみたいな風景があります。この作品にはそのイメージがあります。ただそれだけでなく、3曲目のLotusみたいな平沢進の代表的な名曲もあります。この曲、まさに平沢の代表曲ではないでしょうか。7曲目の月の影もしんみりとした名曲。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51L38Oe%2BYpL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00qo036.mdmqr377.g00qo036.mdmqs13f/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsurprise-web%2Faznupcy-6930%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsurprise-web%2Fi%2F12255848%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0045DFGZC?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0045DFGZC"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsoundace%2Fupcy-6930.html"}], 本アルバムでは、平沢自身の歌を重視した選曲になっています。また、『トピラ島』は13分半の長曲で聴き応えがありますが、それでも聴きやすさが維持されています。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆3"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆3"},{"key":"壮大さ","value":"☆4"}], 自分が生まれるより前に生まれた音楽だとは思えない。 大抵の音楽は長く聞いていると飽きるが師匠の音楽は本当にいつまでも聞いていられる。心に深くはいりこんでくる素晴らしい曲ばかり。どのCDを買うか迷っている人にはこれをおススメしたい。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/5144IF1kzFL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00qo036.mdmqr377.g00qo036.mdmqs13f/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsurprise-web%2Faznchte-51%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsurprise-web%2Fi%2F12700390%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0045DFGZC?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0045DFGZC"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdss%2Fchte-51.html"}], 本アルバムは、平沢進のソロの楽曲のリアレンジされた曲が7曲収録されています。 弦楽器を多用しても、その音色に負けない澄んだ歌声を楽しめます。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆5"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆2"},{"key":"壮大さ","value":"☆4"}], このアルバムは、是非とも遅れてファンになった人に聴いてもらいたい。そう、オリジナルアルバムを手に取る前に、先にこちらを聴くべきだ。この贅沢な聴き方…"原曲"という余計な足枷がない状態で聴けるのは、遅れてやってきたファンだけの特権だ。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/215DBNFXBSL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17dd6263.51efd5f2.17dd6264.20bd79f6/?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FBLUE%2BLIMBO%2B%25E3%2583%2586%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2588%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FBLUE%2BLIMBO%2B%25E3%2583%2586%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2588%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B000084TOG?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B000084TOG"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Fchte-25.html"}], 本アルバムは、ディストピアな世界観でまとめられた最初のアルバムで、『ディストピア三部作』と呼ばれる3つのアルバムの第一弾です。独特な世界観でありながらも、より現実の世界に隣接した歌詞の内容になっています。初めて聞く人にも聞きやすいメロディーも特徴の1つ。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆4"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆4"},{"key":"壮大さ","value":"☆3"}], さぞかしガツーン!とくるのかと思いきや、しょっぱなから荘厳なコーラスと音楽世界、メジャーコードの曲が多いのには、驚きました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51CaWbtqQlL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00q0726.mdmqrd0a.g00q0726.mdmqs126/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5963884%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F13119755%2F 画像"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B001QDMRQU?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B001QDMRQU"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdss%2Fchte-46.html"}], 本アルバムは、ディストピア『点呼する惑星』が舞台となるディストピア3部作の最後のアルバムになります。全体を通してSFの要素がより色濃く現れています。お経のような音声を作り出すシンセサイザー『ディレイラマ』を用いるなど、より音のバリエーションも増しています。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆3"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆4"},{"key":"壮大さ","value":"☆4"}], 勢いのある曲、壮大な曲、ゆったりした曲、と色々な作品が楽しめます。それなのに統一性があり、ゲシュタルト(Gestalt→緊密なまとまりと相互関連性を帯びた全体としての構造)って、こういう構成のことをいうのだと思います。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51cRasgzsTL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00q0726.mdmqrd0a.g00q0726.mdmqs126/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14381909%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F18131997%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01JLTD8R2?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01JLTD8R2"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdss%2Fchte-79.html"}], こちらはTVアニメ『ベルセルク』に提供された楽曲が1つのサウンドトラックとしてまとめられたアルバムで、『ベルセルク』のダークな世界観を表現しているのが特徴です。2016年に放送された『ベルセルク』に提供された『灰よ』『Ash Crow』も収録されており、ファンなら満足すること間違いなしです。, 地の底から湧き上がるようなパワーみなぎる重厚な音楽、低音域から高音域まで高らかに歌い上げる平沢進の歌声に、聞いているこちら側も力が開放される気がしてきます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/513xgLZDizL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00qtaz6.mdmqr34d.g00qtaz6.mdmqsc50/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhmvjapan%2F1221043%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fhmvjapan%2Fi%2F10329342%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B000JLSVSI?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B000JLSVSI"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Fchte-38.html"}], 本アルバムは、原作・筒井康隆、監督・今敏の映画『パプリカ』に提供された楽曲が集結したサウンドトラックになります。劇中に何度も登場する『パレード』や、エンディング曲『白虎野の娘』が収録されている他、『白虎野』のアレンジ曲となる『媒介野』も収録されており、テクノを得意とする平沢進ならではの曲を楽しめます。, 『パプリカ』を見てない人にも十分楽しめる作品だと思います。摩訶奇怪な『パレード』や爽快さとしなやかさを醸し出す『白虎野の娘』もいいですが、個人的オススメは二曲目『媒介野』です。白虎野のインストルメンタルアナザーヴァージョンですが、テクノの巨匠に相応しい師匠ならではのアレンジに繰り返し聴いてしまいました。映画のBGMなので『白虎野の娘』のアレンジが多いですが、これだけ多彩だと実に聴きごたえがありますよ。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61bJXBz-ltL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00q0726.mdmqrd0a.g00q0726.mdmqs126/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12846224%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F17027172%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00LSYYIWS?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00LSYYIWS"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Fupcy-6911.html"}], 平沢進によるソロアルバムの3作目となる本アルバムでは、評価の高い『バンディリア旅行団』の他、『心の嵐』など壮大な曲調の曲が多く収録されているのが特徴です。ファンの間では『初期三部作』と呼ばれる3つのアルバムの一つで、その特徴として、初心者が聴いても聴きやすいことが挙げられています。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆4"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆3"},{"key":"壮大さ","value":"☆4"}], とても聴きやすい曲が多く、平沢さんの曲を聞いたことがない人でも初見で楽しめるCDかなって思います, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61yj36yCJWL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00q0726.mdmqrd0a.g00q0726.mdmqs126/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12846222%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F17027151%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00LSYYGSE?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00LSYYGSE"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988005844873.html"}], 先ほど紹介した『ヴァーチュアル・ラビット』と同様、『初期三部作』の最初のアルバムになります。『初期三部作』は、「科学と祈りの狭間」にあるリアリティがテーマになっています。そんな壮大なテーマとは裏腹に、人気曲『金星』はアコースティックギターによる穏やかな音色が用いられており、初心者には抜群に聞きやすい曲に仕上がっています。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆5"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆3"},{"key":"壮大さ","value":"☆3"}], 特に1,2,10は色あせない名曲。捨て曲なしの初々しい清新な楽曲の群れ。通して聞くと、昨今の産業音楽に汚れた耳が活性化する。ヒラサワソロの原点。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51uN0l9aiXL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00qo036.mdmqr377.g00qo036.mdmqs13f/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsurprise-web%2Fazncocp-35524%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsurprise-web%2Fi%2F12758287%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B001PM0CFA?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B001PM0CFA"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdorama%2Fm4988001115601.html"}], 本アルバムは、『BANGKOK三部作』と呼ばれるアルバムの第2作目です。『Mermaid Song』などテクノながらもゆったりとしたテンポな曲調が多く収録されており、クセも少ないことから初心者におすすめできるアルバムの1つです。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆4"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆4"},{"key":"壮大さ","value":"☆4"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51aDrfrfdWL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00q0726.mdmqrd0a.g00q0726.mdmqs126/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13436074%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F17650658%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B016CAHRJI?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B016CAHRJI"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fesdigital%2F10380773.html"}], 平沢進の13枚目のアルバム。弦楽器を多用しつつ、電子音やドラムもふんだんに用いたサウンドが特徴です。『ホログラムを登る男』や『アヴァター・アローン』など、重厚ながらもスローテンポな曲が多く、聞きやすさと聴き応えが両立した楽曲が揃っています。, 生来ギラついた毒々しいアップテンポの曲が好きなのですが、このアルバムはそういった挑発的で扇情的な作品ではありません。しかし、ぐいぐいと吸い込まれる。強引でなく、大いに赦されたような寛容さに身を委ねてしまいました。平沢さんの作品だからこそなのか、このアルバムに因って新たな可能性に気付いたのか、まだどちらか判然としませんが、いずれにせよ胸の芯が温かくなる『好きな』作品です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/21HXEF60HCL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00q0726.mdmqrd0a.g00q0726.mdmqs126/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F7257522%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F14466412%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B000E0VQK4?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B000E0VQK4"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Fchte-34.html"}], このアルバムは、ディストピアをテーマにした『ディストピア3部作』の2作目のアルバムです。『白虎野』や『パレード』をはじめとする、上下の激しい落差にもかかわらず安定した歌声や、ボーカロイド『LOLA』や多重録音による迫力あるコーラスなど、声の合成による様々な表現をふんだんに使った曲が収録されています。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆3"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆5"},{"key":"壮大さ","value":"☆4"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/312M0XBJY5L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00qtaz6.mdmqr34d.g00qtaz6.mdmqsc50/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhmvjapan%2F94112%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fhmvjapan%2Fi%2F10321170%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00005IWBL?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00005IWBL"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Fchte-1.html"}], 本アルバムは、錬金術をテーマにしたストーリーをもつアルバムです。曲同士のつながりが強いことと、平沢進の楽曲の中でもテンポやリズムが分かりやすいのが特徴です。一気に聴いても、拾い聴いても楽しめるアルバムとなっています。, 未聴の方は是非通しで聞いて、平沢錬金術の世界に浸ってもらいたく思います。ゆったりとした曲が続いて退屈だ!とか思って飛ばすなんて勿体無いです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41khjbJhUvL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00q0726.mdmqrd0a.g00q0726.mdmqs126/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5963723%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F13119628%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B001PM0CFK?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B001PM0CFK"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fvanda%2Fc-cocp-35525.html"}], 「全き人格の回復」は、『P-MODEL』時代から平沢が続けているテーマです。圧倒されるような迫力であるにもかかわらず、不思議と優しい歌声は聞きやすく、哲学的な平沢音楽の醍醐味を初めて体感するにはうってつけです。タイトル曲「救済の技法」をはじめ、「庭師KING」、「MOTHER」、「BELSERK-Forces-」など人気曲を多数収録しています。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆4"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆5"},{"key":"壮大さ","value":"☆6"}], 全体的に曲の世界観がすごい!曲だけでここまで広大な世界観を出せる人がいるんだと知り、感動しました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/510H-p6sSDL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/g00qpdu6.mdmqr5d2.g00qpdu6.mdmqs761/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Ffelista%2F00001249315%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Ffelista%2Fi%2F18659835%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00LSYYFSU?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00LSYYFSU"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fvanda%2Fp-upcy-6912.html"}], 本アルバムは、『金星』や『バンディリア旅行』など、これまで紹介してきたの平沢進の聞きやすい曲が1つのアルバムに凝縮されています。『世界タービン』や『夢見る世界』など、平沢らしさが前面に出た楽曲も収録されており、これから平沢進の曲を聴いてみようと思う人に対して、幅広い入り口を提供しています。, [{"key":"聴きやすさ","value":"☆5"},{"key":"インパクトの強さ","value":"☆5"},{"key":"壮大さ","value":"☆5"}], このベスト盤に入ってる平沢さんの曲は、どんな曲を作るのか知るのにピッタリなものばかりです。, 価格も手頃なので、これから師匠の作品に触れる方にもレアトラックを入手したい方にもお勧めです♩, 以上、15枚のアルバムを紹介してきましたが、具体的にどうやって選べばのでしょうか。聴きやすさ、インパクトの強さ、壮大さの3つの要素に分けて見ていきましょう。, 好みの楽曲が人によって異なるのは当然ですが、平沢進のアルバムは、1つのアルバムの中で大きく曲調が異なることが多いですから、初心者が選ぶ際には、人をあまり選ばない聴きやすい曲がいくつか入っている方がいいでしょう。, 変化が抑えられたアルバムとしては、『時空の水』『ヴァーチュアルラビット』の他、『Sim City』『SIREN』、『賢者のプロペラ』がオススメです。いずれもゆっくりとしたテンポの曲が多く収録されています。 全体を通してメッセージ性が強い印象ではありますが、歌詞の考察は多岐にわたりますし、難解な曲も少なくありません。まずは音を楽しんでみるのがよいでしょう。, 例えば、『ヴァーチュアルラビット』に収録された『バンディリア旅行団』は、平沢進のソロの楽曲の中では最高傑作とも呼ばれており、聴きやすさに加えて壮大さも持ち合わせており、何度でもリピートすることができます。, 平沢進のソロ楽曲には、テクノ系の楽曲が多く収録されていますが、アルバム『時空の水』ではアコースティックギターが多用されています。また、『変幻自在』のアルバムは、弦楽器によるアレンジ楽曲がまとめられており、クラシックが好きな人はこのアルバムから入るのもオススメになります。これら2つのアルバムに収録されている『金星』は、平沢進のソロ曲の中でもダントツで聴きやすいものとなっています。 また、アレンジされた『バンディリア旅行団』は、誰もが聴きやすいだけでなく、壮大さもより増して抜群の聴き応えとなっています。, アニメや映画好きには、『パプリカ オリジナルサウンドトラック』や、アニメ『ベルセルク』のサウンドトラックとなる『Ash Crow』がおすすめです。どちらも劇中やオープニング・エンディングで使用されていた曲がまとめられており、通して聴けば作品の全体の雰囲気を味わうことができます。, 『パプリカ』は、サスペンスファンタジーのアニメ映画です。映画を見た人も、見ていない人も、そのサウンドトラックである『パプリカ オリジナルサウンドトラック』は、その映画の持つ世界観に引き込まれる1枚となっています。ダークファンタジーアニメである『ベルセルク』のサウンドトラックである『Ash Crow』は、重厚な世界観で、重々しい曲調の楽曲がまとめられています。『灰よ』は得に人気が高く、『ベルセルク』の世界観を象徴する楽曲です。『ベルセルク』のファンやダークファンタジーが好きな人にはお勧めできます。, 楽曲が持つインパクトの強さも、曲選びの重要な指標です。平沢進の楽曲は咀嚼するのが大変なので、思わず何度も聞き直すことになるでしょう。繰り返し聞くには、曲のキャッチーさといったインパクトの強さの要素も、世界観にどっぷり浸かるための重要な入り口になるでしょう。, 平沢進の楽曲は強烈なメッセージを込めることが多いです。特に『ディストピア三部作』と呼ばれる『BLUE LIMBO』『白虎野』『点呼する惑星』がオススメになります。 メッセージ性や世界観の輪郭がはっきりしているだけでなく、それを実現する平沢の高い歌唱力が楽しめます。これら3つは、異なる3つのディストピア世界を表現しており、SF的なストーリーを持つ楽曲なのですが、他人事とは思えないような絶妙な現実世界との距離感があります。, メロディのインパクトを重視するなら、『ホログラムを登る男』がおすすめです。このアルバムのタイトル曲である『ホログラムを登る男』のほか、『アヴァター・アローン』は、平沢進らしい独特な曲構成になっています。また、歌詞や世界観の壮大さも一級品で、圧倒されること請け合いです。, また、アルバム『点呼する惑星』『白虎野』は、「LOLA」「ディレイラマ」といった海外の音声合成ソフトによる独特なサウンドに加え、自身の声を多重録音(平沢自身が「バカコーラス」と呼んでいます。)することで迫力ある楽曲が揃ったアルバムになっています。, 加えて、聴きやすい曲をそろえたアルバムである『変幻自在』に収録された『夢みる機械』は、1つの楽曲で明確なストーリー性をもっており、それにあわせてメロディーも他のアーティストの楽曲とは一線を画したものとなっています。なんと楽曲中にナレーションが入っており、ミュージカルを見ているかのような錯覚に陥ります。, 平沢進の楽曲は、なんと言っても構築された世界観の広大さや、音の重厚さが作り出すサウンドの壮大さです。そこで、この2つの要素を重視したい場合には、どのような曲のラインナップとなるのかをみていきましょう。, 世界観が壮大な楽曲には、『ホログラムを登る男』『ヴァーチュアルラビット』『AURORA』のどれかをオススメします。特にオススメのアルバムは、『ホログラムを登る男』です。 このアルバムに収録されているのは、平沢進のライブ『world cell 2015』に使用された楽曲です。このライブは、ホログラムの断崖を現実と思い込んで登り続ける男の救済がテーマとなっているライブです。このストーリーの最終的な目標は、「ワールドセル」を起動するというSF的なものですが、その中では、思い込みによる恐怖を取り払うというメッセージ性の強いものとなっています。また、『ヴァーチュアルラビット』に収録されている『バンディリア旅行団』も是非一度は聞いて欲しい楽曲です。, サウンドの壮大さを楽しむなら、『Ash Crow』『点呼する惑星』がおすすめです。『Ash Crow』は、何度も紹介しているように、アニメ『ベルセルク』に提供された楽曲がまとめられたサウンドトラックになります。壮大なダークファンタジーな世界観にどっぷりつかりたい人なら、『ベルセルク』を知らない人にもお勧めできる1枚となっています。また、『点呼する惑星』も、ランキングで既に紹介したとおり、多重録音や、音声合成ソフトを駆使した重厚なサウンドが特徴で、壮大なサウンドを楽しむには最適なアルバムの1つです。, このほか、ランキングで紹介していないアルバム『突弦変異』をリリースした2010年以降の平沢進のソロ楽曲は、弦楽器による表現を多用しています。弦楽器によって作られる壮大なサウンドが好きな人は、2010年以降にリリースされたアルバムを選択するのがよいでしょう。, そんな人には、『救済の技法』がおすすめです。ランキングでも紹介しましたが、本アルバムは、「全き人格の回復」がテーマになっており、「庭師KING」が全き人々の崩壊を救済するというストーリーをもっています。 平沢進が長きにわたって大事にしている「全き人格の回復」は、「ユング心理学」と親和的で、哲学のようなテーマです。これらのテーマが難解で分からないとしても、サウンドの重厚や壮大さは他のアルバムとは一線を画しており、アルバムのタイトル曲である『救済の技法』や『庭師KING』など、是非一度は聞いて欲しい楽曲ばかりです。, 以上、聴きやすさ、インパクトの強さ、壮大さの要素から、手に取りやすいアルバムをピックアップしてきましたが、聴いてみたい楽曲が違うアルバムに入っていたり、複数のアルバムが候補になってしまい、結局どれから聴いたらいいのか分からなくなってしまった人もいるかもしれません。, そんな人には、平沢進のソロ楽曲のベスト盤的な位置づけである「Archetype|1989-1995 polydor years of HIRASAWA CD」がオススメです。このアルバムは、平沢進のこれまでの集大成であり、初めて聴く人にも十分に聴きやすい楽曲もあり、インパクトの強い楽曲もあり、壮大な楽曲もあるという全部揃ったアルバムになっております。まずはこのアルバムから入って、気になる楽曲があれば、その楽曲が収録されているアルバムを手に取り、その世界観に存分に浸る、というのが、もっともオススメです。, 平沢進のアルバムは、多くがしっかりとしたストーリー性を持っていますから、初見で1から体験したい!と言う方は、このランキングを参考にしつつ、是非まずは1つ、アルバムを手にとっていただいて、その音楽を味わって頂きたいと思います。, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2019年05月21日)やレビューをもとに作成しております。, Archetype | 1989-1995 Polydor years of Hirasawa.