その角度のまま、プールサイドの壁に掴まって巻き足を行いましょう。 その分蹴りに注力しましょう。 膝の角度や股関節の動きはどうあるべきかを考えながら、身体の動かし方を知るためのドリルをしていきましょう。, まず最初に、平泳ぎのキックについて考えていきましょう。

壁を背にして、踵から頭までを壁につけた状態で立ってください。 蹴りでのポイントは、足を引いた後に、いかに後ろに水を押し出せるか。 水泳初心者の場合、ビート板を持った状態で水中に顔を入れたまま練習すると、腰が浮きやすくなるのでお勧めです。, 慣れてきたら、キックで脚が伸びきったときだけ顔を上げるようにしましょう。 また、平泳ぎのキックをより進むようには道具を使ってみることもおすすめします。 記事を読む. この動きです。 2020/10/11 . 個人メドレーでは4種類の泳ぎをしなければいけないので、 自由形で背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライはしてはいけません 。 距離は 200mと400m で別れています。 マスターズ大会では、100mからあります。 呼び方は個メ(im)と呼んだりします。

二つ目の方法が足の側部を使うということ。 独特な形状で、平泳ぎのキックにも使えるFINIS PDFフィンや、 そもそもキックの種類って3種類(ドルフィン、バタ足、平泳ぎ)しかないので、それほどたくさんのパターンがあるわけじゃないことにこの表を作成中に気づきました(笑) メニュー例. 実は足の引き方はそこまで難しくないのです。 難しいと感じた場合はスカーリング(水をとらえる動作)をしてバランスをとりながら行ってもかまいません。, 巻き足のやり方が分かったところで、次は抵抗巻き足のやり方です。 どうやるべきかを解説していきます。 膝から下だけを動かすイメージで引き付けましょう。 先ほどの状態から足首をグッと曲げ、足の裏が地面の方へ向くようにしましょう。 平泳ぎは、多くの人が思っている泳ぎ方とは違うようです。それについてまず説明しましょう。 よく平泳ぎしか泳げれないと、聞くことがあります。また顔を出したまま平泳ぎが泳げるという人もいます。 でも、これらの多くの場合、その泳ぎ方は平泳ぎでなくて、カエル泳ぎと思われます。カエル泳ぎと平泳ぎは違います。 では、平泳ぎはどのような泳ぎかたでしょうか? 難しい平泳ぎのキックのコツ、ポイントをおさえつつドリルを紹介しました。 あくまでも大前提として身体がしっかりと水面に対してフラットに上がっているということが前提ですが、これが抵抗が少ない足の引き方です。, 続いて蹴り方です。 この記事は、youtube内『Effortless Swimming』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。. このとき、肩に力が入らないよう要注意です。, 片足キックは、その名の通り片足ずつ行うキックのドリル練習で、平泳ぎをする際、キック時の左右の足のずれを確認し、改善することが目的です。, 右足でキック→両足を揃える→左足でキック→両足を揃える……この動作を繰り返しましょう。 平泳ぎは、多くの人が思っている泳ぎ方とは違うようです。それについてまず説明しましょう。, よく平泳ぎしか泳げれないと、聞くことがあります。また顔を出したまま平泳ぎが泳げるという人もいます。, でも、これらの多くの場合、その泳ぎ方は平泳ぎでなくて、カエル泳ぎと思われます。カエル泳ぎと平泳ぎは違います。, カエル泳ぎの場合は、いつも手か足のどちらかが動いて、手と足が揃うときがありません。, というわけで、これから正しい平泳ぎの仕方と、より速く泳ぐためのコツをお伝えしましょう。, 平泳ぎの泳ぎの仕方には、大きくわけて2つあります。それはストレート泳法と、ウェイブ泳法です。, ストレート泳法は、昔、平泳ぎのルールで頭が水の中に水没してはいけないというのがありました。, それで、頭を出したまま泳ぐため、どうしても泳ぐ軌道は、まっすぐにならざるを得ません。, ヴェッジキックは昔からあるキックで、別名はさみ足とも呼ばれ、はさんだ時に進む力が出ます。, それに対しウイップキックは、比較的新しいキックで、進む力は蹴ることによってでます。, ヴェッジキックとウイップのどちらがいいのかというと、ウイップキックの方が速くて優れているといわれています。, 次の質問のうちひとつでもできないと、ストレッチして柔らかくするか、ヴェッジキックに替えましょう。. 習得するには練習が必要です! ウィップキックが競泳向きなワケ. 個人メドレーでは4種類の泳ぎをしなければいけないので、 自由形で背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライはしてはいけません 。 距離は 200mと400m で別れています。 マスターズ大会では、100mからあります。 呼び方は個メ(im)と呼んだりします。 二つを組み合わせて水を蹴れるようにしていきます。 動画のように上半身の力を抜いて、膝から下だけを動かすイメージで、引き付けの動作を行いましょう。, 巻き足と聞いて、シンクロや水球の立ち泳ぎをイメージする方も多いと思いますが、この巻き足も平泳ぎのドリル練習の一つになります。, 巻き足をやったことがない方は、いきなり水の中でやるのではなく、まずは陸で椅子に座りながら形を確認しましょう。 踵と足の裏が壁から離れないようにしながら足を持ち上げていってください。

このドリルのポイントは足の蹴りに集中できることがポイントです。 では、ドリルを学んでいきましょう。, まず一つ目のドリルが、仰向けのキックドリルです。 膝の曲げのみでOKです。 ウイップ=鞭 平泳ぎのキックには ①引き付ける→蹴る→挟み込む 「ウェッジキック」 ②引き付ける→押し出す 「ウィップキック」 この2種類があります。 先ほどやった足を引く動作が水中でもしっかりと出来るようにしましょう。

いかがだったでしょうか。 ひざがある程度柔らかくないと動かせませんが、先ほどの足首を曲げた姿勢から、踵を離さず、つま先を外側の横へ向ける動きをしましょう。 平泳ぎを難しくなる一番の原因は足の動きでしょう。 膝の角度や股関節の動きはどうあるべきかを考えながら、身体の動かし方を知るためのドリルをしていきましょう。 平泳ぎのキックはどうあるべきか まず最初に、平泳ぎのキックについて考えていきましょう。 同じように足の裏に水を感じることができれば問題ありません。, 次は、そのまま浮きながら巻き足をしてみましょう。 もし最初難しいようであれば、気を付けをしている手の先を踵で触る、ということを意識すれば、足が引きやすくなります。 平泳ぎのキックは、水泳の動きの中でも複雑で、コツが必要な動作です。そのため、正しい蹴り方を理解しておくことは上達のために非常に重要です。本記事では平泳ぎのキックにおける正しい蹴り方と、足の動きのコツを詳しく解説し、その練習方法を紹介しています。 こちらのドリルのポイントは足を引いたときの動作が上手くなりやすいということがポイントです。 それは、引き方と蹴り方です。, まず、引き方ですが、やるべきことは、いかに抵抗を減らすかということがポイントになります。 前回は平泳ぎ以外の3種目のキックに共通する基本的な効率の良いキックの打ち方について紹介しました。そこで今回は平泳ぎの基本的なキックの打ち方について紹介していきます。平泳ぎに必要な足首の柔らかさ 平泳ぎで必要となる足首の柔らかさは、足首を反らした状態での柔らかさです。 平泳ぎのキックは、水泳の動きの中でも複雑で、コツが必要な動作です。そのため、正しい蹴り方を理解しておくことは上達のために非常に重要です。本記事では平泳ぎのキックにおける正しい蹴り方と、足の動きのコツを詳しく解説し、その練習方法を紹介しています。, 平泳ぎのキックは、水泳の動作の中でも特殊な動きをするため、水泳初心者の方には難しく感じる動作のひとつであるということができます。, 水泳では、平泳ぎに限らず正しいフォームを理解して練習を行うことが非常に重要になるため、ここでは平泳ぎのキックに特化してご紹介します。, 平泳ぎのキックにおいて、足(かかと)をしっかりとお尻に引きつけるという動作の重要性は先程説明した通りです。しかし、しっかりと引きつけていても、足の裏で水をとらえられなければ意味がありません。, 平泳ぎは、ストローク→キックを交互に行います。そして、平泳ぎではキックによる力を最大の推進力としており、キック後の伸びる動作は、その推進力を最大限に活かすための非常に重要な動作となります。そのため、キックをしたあとにしっかりと脚を伸ばし、抵抗をできるだけ少なくするということも、キックにおける重要なポイントです。, さきほど、基本的なフォームのところでも説明したように、平泳ぎにおいては伸びるという動作が非常に重要です。, 水泳において基本となる動作である蹴伸びには、どのような練習方法があるのでしょうか。本記事では、蹴伸びの練習方法について、陸上トレーニング・水中トレーニングに分けて詳しく紹介します。また、応用編として実践的な練習も紹介しています。, 水泳においてドルフィンキックは少し特殊な動きをするキックです。そこで本記事では水泳上達トレーニングガイドとして、ドルフィンキックのコツを解説します。そしてそのコツを習得し、ドルフィンキックを上達させるための練習方法も紹介します。, サッカーの試合を見ていてサイドチェンジする時の蹴り方や、クロスボールにカーブがかる蹴り方、シュートの際の強い打ち方などを見たことがあると思いますが、それぞれ蹴り方があります。今回はサッカーの蹴り方特集!と題して初心者でもわかるようにご紹介していきたいと思います。, 水泳の中では初心者にとって一番難しいともいえるバタフライ。そのバタフライキックのコツや練習方法をご紹介します。バタフライキックを強化するために必要な上達のコツや、体のうねりのポイントなどを徹底解説します。バタフライキックにお悩みの方はご覧ください。, Activeる!