弓道には射法八節と呼ばれる基本的な動作があります。足踏み・胴造り・弓構え・打起こし・引分け・会・離れ・残身です。この内の「会」という動作は、具体的に弓を引いた後の矢を放つ前の動作になります。よく、弓道といったらこの動作をイメージする人が多い 基本的にゆっくりした動作を行う弓道では、呼吸に合わせた動きをすることがとても大切になります。, 会のときの呼吸によっては、離れや的中が変わるのでぜひ身につけておきたい呼吸法です。, この呼吸法が身に付いているかいないかで上達率も変わるわけですが、ではなぜ射法八節中特に会での呼吸が大切なのか。, もう少し言い方を変えれば、会では離れに備えて左右に伸びる力をずっと加え続けているためです。, よく運動を行う前にストレッチを行いますが、ストレッチの時に息を止めてしまっては筋肉や筋がほぐれません。, これは会にも当てはまることで、呼吸に合わせることで伸長し続けることができるのです。, 会での呼吸というと、会のみのことのように思えてしまいますが、実は呼吸法というのは射法八節のすべての動作につながるものですので、ピンポイントでの会得は難しいのです。, 足踏みの場合には、左足を踏み出すときに息を吸い、吐くときに右足を踏み固める、といった具合です。, 次に全体を通しての呼吸法が身に付いたら、2つ目のポイントとして、引分けから会にかけての呼吸を身につけます。, 引分けに入るときに勢いよく息を吸うやり方ではなく、引分けに入るときにはいつも通りに息を吸うようにします。, この時に何回呼吸をすればいいといった回数指定はありませんが、人間の身体はすぐに伸長できません。, 人間の体は緊張状態などになると、すぐに動けるように呼吸を浅く短いスパンで行うようになります。, 動作に慣れるほどおろそかになる呼吸法ですが、今一度見直してより弓道を上達させていきましょう。, 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組. 平付けとは射法八節の「会」にあたる部分で、馬手が前に向く形になってしまう事。弓道初心者に多くある射癖の一つと言えます。そんな平付けの直し方をみてみましょう。 平付けにならないようにするためには大三で馬手の甲を空を向く程度に捻ります。 Copyright (C) 2020 弓道が上達する練習方法 All Rights Reserved. 弓道の悪癖の中でも早気はもっともやっかいな病気。 一度なるとなかなか治らない。 でも会の気持ちよさを覚えると早気は治るし二度と早気になることはないと思う。 弓道の体配において、座る姿勢時に跪坐と呼ばれる膝を立てた姿勢をとることがあります。 これは主に坐射の時の姿勢なのですが、弓道を始めたばかりの頃などはこの跪坐の習得が難しいものです。 今回は跪坐のやり方とコツについて解説し・・・ 入学や就職の試験を受ける場合に、皆さんは正装で会場に行かれるのではないでしょうか。 段位を取得するための審査は、言い換えれば試験であります。 弓道においても色物や柄物の着物は着用せず、男性の方は黒の紋付、女性の方も黒の紋付に紺色、もしくは黒色の袴で臨みましょう。 日本

この内の「会」という動作は、具体的に弓を引いた後の矢を放つ前の動作になります。よく、弓道といったらこの動作をイメージする人が多いと思います。, この会は基本的に7秒程度あるのが理想です。理由はいろいろありますが、長くなるのでここでは省略させていただきます。この会が何秒も持たない場合やまったくない状態のことを早気といいます。, 私は早気にかなり悩まされていました。早気になると、的中率が安定せず結果にバラツキが生じてしまいます。, 団体戦のメンバーだったので、毎日不安定な結果でメンバーにもかなり迷惑をかけてしまいました。, 早気は、体力的な課題というよりかは精神的な課題です。弓を引くわけですから多少の筋肉は必要ですが、ある程度あれば大丈夫であって、大事なのはメンタルコントロールです。, そもそも早気になる原因はいくつかありますが、私の場合、会を持たなくても的中するということが分かったからです。, 会を持とうと思えば持てる気はするけど、会を持たなくても中るならいいかという気持ちが最初の原因です。, 他に考えられる原因は、「会そのものが怖い」などがあります。私の場合、最初は会を持たなくても中るのですが、徐々に的中率が下がりメンタル面に影響を及ぼします。, なんで私って周りの人みたいに会を持てないんだろう…。会を持てといろんな人に言われて分かってるんだけど、いざ的を目の前にすると持てない。どうしよう…と、こんな感じでメンタル崩壊しかけていました。, いつまでたっても早気が治らないのも辛かったので、外部指導の先生がいらっしゃった時には徹底的に指導を受けました。, それまでは、先生や仲間に自分の射を見られるのが恥ずかしくて嫌でしたが、そんなことをいつまでも気にしていたら何も成長できないと思い、積極的に先生に相談しました。, 具体的な練習方法としては、まずは的前に立たずに普通のところでゴム弓で会を持つ練習をしました。, ゴム弓とは、棒にゴムをつけた、いたってシンプルな道具です。ゴムなのであたってもさほど痛くはなく、練習場所も問わないのでとても便利です。, それでしばらく練習した後、巻き藁で練習しました。巻き藁は、至近距離で矢を打つことができます。射形を意識しながら、会を持つ練習をしました。, 自分で会が持てないと思ったら、誰かに秒数を数えてもらい、意識的に改善するようにしていました。, 巻き藁でも会をもてたら、いざ的前で練習します。先生に見てもらいながらではありますが、会を持てるようになっていきました。, 心の中で秒数を数えると焦ってしまうので、好きな食べ物を5種類唱えてみたり、昨日の夜ごはん何だったけ?みたいに考えたりしました。また、自分の射をだれかに動画で撮ってもらったりしました。, 他には、メンタルコントロールも大事だと思っています。自分がなぜ今、会を持つことができないのか。それを毎日毎日ノートに書いてました。, どういう気持ちの時に会が短くなってしまうのかその日の的中率はどうだったのかなど。もちろん、先生や仲間からのアドバイスも書き留めておきます。 弓道の奥深さにのめり込み、本や掲示板で知識ばかりつけまくる。 その知識を共有しようと思い、サイトを立ち上げました。. 会を持つようにいろいろ努力していますが、3~4秒しか持てません。会を持つのは何ともないという人もいますが羨ましい限りです。私がいろいろ試行した中で、唯一つ持てる方法は、「放したくなったら射を止める」ことです。そうすると6秒くらいはなります。 Copyright© 弓道9 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 絶対忘れないようにするためにもそのノートは大事です。, 先生の指導の下で、成果として初めは的中率関係なしに会は持てるようになりました。しかも、継続的に。, ただ、弓道は競技なので中らなければ意味がありません。的中率を向上させるためにも、会を持てたら次は的中率に視点をあてて練習しました。, そこからは、日々の練習量だと思っていたので、誰よりも練習したくさん弓を引きました。. 弓道を始めて今年で2年になります。弓道が面白くなってきた時期です。ところがなかなか“会”がもてないのです。引き分けて口割があったらすぐ離してします。いけないと思うのですが・・・どうしたらよいのでしょうか?大学時代の4年間弓 会から離れの呼吸法が”息合い”といい、これが正しく行われないと弓道にとっては悪影響、もっと言えば上達から遠のいてしまいます。 なぜそこまで気を付けたい呼吸法なのか。 それは、会が左右に伸び続ける動作であるためです。

弓道の審査で落とされた。 悪いところは特になかったし、先生にも褒められたのに、なぜ? 私もこんな経験がある。 実は弓道の審査で落とされる理由には理不尽なケースが多い。 その裏事情を探るべく、弓道の審査で落とされた人の体験談等を集めてみた。

最近同じ時期に弓道始めた人が弓返りし始めた。 でも自分は弓返りしない。   原因はなんだろう?   弓返りは弓道の中級者以上向けの技術。 でもできるとめっちゃかっこいいので早くでき ... 早気といえば精神的な原因がある場合がほとんど。 でも実は技術面に問題があるケースも少なくない。 今回は早気の技術面の原因と克服方法を解説する。 目次(クリックで飛びます。)1 早気の技術面の原因は?2 ... 「弓道で的中率を上げる方法なんてない」 「正射必中だ。」   弓道の世界で的中率を求めるとそんなことを言われたりする。 しかしそれは一つの考え方に過ぎない。 徹底的に的中率を求 ... 細身の女性に多いと言われる猿腕。 弓道に猿腕は有利という意見と不利という意見が混在する。 しかしそもそも猿腕の人は教科書通りに弓を引けない。   まず猿腕の人は猿腕用の弓の引き方を覚えないと ... 弓道において、離れはもっとも習得が難しい技術の一つと言われている。 なんでも無意識の世界で行われていることなので、意識して改善するのが難しい。 今回は弓道で鋭い離れを出すコツを紹介する。 的中率9割目 ... 高校の時に弓道部に入り、弓道を始める。 的に中る感覚に脳が快感を覚えて弓を引いたらすぐ離すように体が反射的に動くようになって起きるケースが多い。, でも2番目に気持ちいいのは会で弓を引ききって弓の力と自分の力が拮抗してるときだと思う。, 知らない人にはわからないだろうし、知ってる人は知ってると思うけど、この会が充実してる状態はすごく気持ちいい。, だから初心者のときにこの気持ちのいい会のやり方をきちんと覚えた人は早気になりにくい。, 今早気の人のも会の気持ちよさを覚えれば確実に早気が治る近道になるし、治ったら二度と早気が再発することはなくなる。, 体の中心に近い部分の筋肉を一番多く使い、体から離れた肘から拳までの筋肉はほとんど使わない。, 体で引いて会まで弓を引ききったとき、その会はバッチリハマり、充実したものになるだろう。, ピンと張った糸の両端を持っていて、離すとき、糸は最後まで引っ張り続けてないと緩んでしまう。, それと同じで会に入った時に弓を引く力を少しでも弱めれば弓の弦も緩んでしまい、いい離れはできない。, といってもこれはさっき説明した体で弓を引くことが実現できていれば自然にできてるはずだ。, 両肩ががっちりハマり、背中の筋肉や肩甲骨もしっかり固定されて離れを出す準備が整った状態を作ること。, 縦方向にも伸び合うことで三重十文字、五重十文字ができて、会がさらに充実し、鋭い離れが出せる。, 縦方向への伸び合いは頭のてっぺんに糸をつけられてぶら下げられて引っ張られてる感覚を意識するといい。, こうして上下左右に伸び合いながら会を保ってる状態ができていると、会がとっても気持ちのいいのだ。, もしくはアニメとかで主人公が必殺技を出そうとしてパワーを貯めている状態をイメージするとわかりやすいかもしれない。, ここまで気持ちのいい会を覚える方法について解説したが早気の人がいきなりこれを的前でやろうとしてもなかなか難しいと思う。, 「やばい!会気持ちい!」と感じられるくらいになって、それを体が覚えた頃には的前に立っても会が保てるようになってるだろう。, 早気を根本的に治すには気持ちのいい充実した会を覚えることがもっとも効果的だと思う。. 弓道の基本動作をうまく行うためのコツは呼吸法です。 基本的にゆっくりした動作を行う弓道では、呼吸に合わせた動きをすることがとても大切になります。 射法八節中で特にこの呼吸法が大切になるのが、会のときです。 会のときの呼吸・・・