ちなみに現在の日本の弓道場の的までの距離は 方陣の正面は、無敵の強さを発揮しますが、側面や背面を襲われた場合、1/10の兵でも簡単に崩壊させることができます。 >>昔の人は、散髪や爪切りはどうしていたのでしょうか。 に成るかもしれません。  しかし、開発当時から携帯性や重量といういうのが欠点と指摘されており、ドイツ(プロシア)陸軍は、すでにリボルバー式の拳銃を採用しており、制式としたのはトルコ陸軍でした。このようにモーゼル拳銃は『軍事後進国』とでもいいましょうか例えば中華民国陸軍などを中心に汎用されたことが特徴です。 http://www.coatl-head.com/arc.html 外国では、 3、『甲陽軍鑑』によると 相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。, >日本の場合THAADは無くても良いのですか? スキタイの場合は、槍騎兵が中心であり、騎馬の突撃力で相手の陣を突き崩す戦法を中心としました。 しかし、そもそもこの頃のスウェーデンの人口は約100万人程度しかなく、15万人もの兵士のうちスウェーデン人はその約2割の3万人程度でしかなく、他は現地のドイツ人やイギリス人などの傭兵だったそうです。 というわけで、三八自体の設計は優秀ですし、ボルトアクション式小銃の決定版でもあります。, 銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。 騎馬兵の機動力を奪うことが持つとも有効です。 大分県九重、山形県大峠、北海道東部(釧路周辺)にも金鉱脈が 過程で減圧冷却され、金として岩石中に析出し、金鉱脈が生成される。 つまり、武田騎馬隊は実質的には騎兵・歩兵混成部隊であると言える。 ちなみにその頃のヨーロッパの人口の約四分の一は、ハプスブルク家の領地に住んでいたと推定されています。 と言われています。 ロシア・・・・人口約1700万人。軍隊は約22万人。 そして、この頃のイギリスの人口は約900万人で軍隊の規模は約7万人でした。 ちなみに騎士はほぼ騎兵で、歩兵は傭兵を雇うのが一般的ということでお願いします。 下記の条件...続きを読む, ●回答・・・14~15世紀の頃ではなくて申し訳ないのですが・・・ ちなみに現在のイギリスにおける貴族は公爵が31家、侯爵が36家、伯爵が197家、男爵が495家となっています。 モンゴル側がそれまでの兵器のようにこれを運用できなかったのは製造技術がなかったということでしょうか。それともモンゴル国家自体が衰退しもはや兵器はおろか軍隊自体の運用がまともにできなかった?いずれにせよ欧州にとっては幸いでした。, ご回答ありがとうございます。 流鏑馬の神事は馬に乗って撃つからあんなに近いのであって

フランス・・・人口約1900万人。軍隊は約35万人。 それぞれ7.62mmNATO弾、5....続きを読む, 【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。 つまり1600mの的まで2秒となります。 海洋貿易が盛んで、海軍がある。海軍は貿易航路と海岸沿いを守っている。 しかし、江戸時代頃からは、「はさみ」も量産されるようになり、女性も多少は「はさみ」で髪形を整えました。 戦国時代の軍事行動って、補給の関係で長期の作戦というのは難しかったのです。だいたい出陣して帰陣するまで長くても3ヶ月程...続きを読む, 貴族や騎士・兵士は一国あたり何人ぐらいが妥当でしょうか?

使用し続けた理由は何でしょうか? 文化的な道具がないと、散髪も爪切りも大変だったと思います。 一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。 当時の技術で見つけることができ、掘り起こせる範囲の金はほぼ取りつくされて 決定版なので、それ以上のものは戦術的転換がないかぎりは不要です。現在でもピストル、小銃などは50年以上前の設計の物だって十分現役で使っている国もあります。これらは現代の戦術では決定版足りえる代物だからです。 それにイオン化した金が溶け出す。

突撃してくる騎馬槍兵に対しては、途中に障害物をおいて騎兵の機動力を奪ったり、側面に伏兵をおいて攻撃したり、重装歩兵の全面に誘導して重装歩兵で粉砕したりしました。

なお、「かみそり」で月代を整えたのは、一説には織田信長が最初とも言われています。 散髪について、 なお現在のイギリスの人口は約6000万人です。

皆さまの知識のご提供、感謝しております!!ありがとうございました!, ものすごくお礼が遅くなりましてすみません。 平家の武士がまいを舞って賞賛しているところを 良い作品ができますようお祈りいたしております。, ●回答・・・14~15世紀の頃ではなくて申し訳ないのですが・・・ ロシア・・・・人口約1700万人。軍隊は約22万人。 だから76.356mから87.264mほどのところということになります。  読んでいくと、ラストにモーゼル軍用拳銃の真価が出てくるのですが、この頃は既にマニアの拳銃となっていたんですね。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られていますね。

絶対王政 投資に合うメリットは無いのだそうです。それで現在の菱刈が枯れたら

村田銃開発者の村田経芳氏はかなりの達人と聞いてます。 人口:約5000万人

しかし、日本軍にはそれらで力のある兵器はありません。 普通の人なら当てられないような距離に正確に

話がおかしいです。 また、仏門に入る時にも髪を切ったり、剃ったりしますが、この儀式はお坊さんが行いましたので、「かみそり」を使用しました。 その後、いろいろと本を読んだり、エイジオブエンパイヤだのシヴィライゼーションだのとゲームやったりして(ディフォルメされているんでしょうが)イメージはよく分かってきました。     6世紀に中国を通して伝わったと考えられており、この時代の古墳からの出土例もある。量産されるようになったのは江戸時代からといわれる。

皆さんのおかげで大変勉強になりました。 下記の条件で、本当におおまかな数(“少なくとも○人は居て、○人以上だと多い”程度)で良いので妥当な数をお考え頂けないでしょうか。 前述した16世紀におけるハプスブルク家の領地の人口は約2500万人ですが、この頃、ハプスブルク家の軍は、傭兵を主体に30万人を超えました。戦争も多く戦費も嵩みます。その結果、国の財政は殆ど破綻しています。



総合力をつける前のモンゴル軍を倒す方法、総合力をつけた後のモンゴル軍を倒す方法、兵科、戦術、戦略、どんな規模の対策でも思いつくまま教えてほしいです。, 「ポーランド 分割」に関するQ&A: (大学受験)第一回ポーランド分割と、参加した3人について, 何度もありがとうございました。

フランス・・・人口約1900万人。軍隊...続きを読む, 1896年にドイツで開発されたモーゼルC96(後のモデルM712も含む)はトリガーの前にマガジンを持つ独特のスタイルを持つ拳銃として有名です。この銃は100万丁以上生産され世界中で使われたヒット作であるとされています。

軍事的に強い国ではない。隣国の二国(東西の国)と三国軍事同盟を結んでいる。 ○軍隊における兵士の数は、当然、その国のおかれた周辺の状況にもよってくるでしょう。

従って、中国において元を建国したモンゴル軍や、一の谷の鵯越や屋島の疾駆奇襲でしられる源義経のように、騎兵のみで部隊を構成したという事実はない。

スペイン・・・人口約600万人。 軍隊は約3万人。 戦争状態にあったり、敵対国家が隣接していれば大きな軍が必要になりますし、周辺全てが友好国ならば、軍の大きさも抑え目になる場合もあるでしょう。 私は、自称「歴史作家」です。 威力と射程は矢により変化(一般的に矢重に比例する威力と、矢重に反比例する射程はトレードオフの関係)するので、弓自体の性能についてお話しします。





話の設定では前日に照準を合わせ、何度も試し撃ちをしてはいるのですが、屋内ならまだしも屋外では、素人が考えても、実際に1km 先の標的となると、その瞬間の気圧、天候、気温、湿度、特に風向や風力によって大きく影響されるのでは? と思うのですが、そういった情報無しで可能なのでしょうか? どちらの体制にしても運用次第ではないのか、という気が現時点ではしているため、ご紹介いただいた本を読んでみたいと思います。ありがとうございました。, ご回答ありがとうございます。 逆にモンゴル側がなんらかの強力な騎馬民族集団などから攻められる立場であり、相手を撤退せしめた場合、幕府と同じように衰退したでしょうか?、、、、と質問しながら、相手を追い払ったらただそれまで通り生活するだけかも知れない、と想像しました。負けたら滅びるか、あるいは逃げる土地があれば民族集団としては生き延びていきそうですね。ユーラシア東の騎馬民族が西に西に移動したことで欧州に圧迫がかかったことを思い出しました。(的外れなことを言っていたら申し訳ありません), ご回答ありがとうございます。 騎馬民族により、主とする武器は異なります。 それにモンゴルや近代騎兵部隊のイメージから想像しがちですが、そのような騎馬隊は戦国時代存在しなかったと見るのが妥当だとおもいます。 中国ならまず養由基。春秋時代の楚の人で、史記に登場します。百歩はなれて柳葉を射て百発百中したとか。中島敦の『名人伝』にも登場します。 よろしくお願いします。, 平家物語の記述では

 1890年代というと、騎兵戦...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。

  例えばM82は10万丁以上製造されていますが狙撃専門の銃は ・クリーシーの戦い 確かにその後、幕府は衰退していった、と学校でさんざん教えられましたね。しかし負けて勝つという視点は勉強になりました。

  しかし引き絞った時に強いからといって弓にパワーがあるというわけではありません。 また、新たな疑問なのですが、質問自体にモンゴルは戦いの中で敵の攻城兵器も取り入れ運用していったと自分で書いていたのですが、他国と比べてモンゴルの攻城能力というのは高かったのでしょうか?野戦は強いイメージがありますが、、、, ご回答ありがとうございます。 16世紀、「北方の獅子」と呼ばれたスウェーデンのグスタフ2世王は、ドイツに進攻し軍事的成功をおさめ、15万人の軍隊を率いています。 彼の戦意は恐怖で完全に失せてしまいす。, M107は海兵隊用のM82(以後M82と記載)を陸軍用として製造された

それとタイトル外のことなのですが、上記の設定で色々考えた結果、全世界の人口が二億人ちょっと程度になってしまいました。 (平たく言えば、弓...続きを読む, 「武田騎馬隊」は有名です。 同程度の規模の敵国と国境(山と川)を接していて、現在は冷戦中。

それとタイトル外のことなのですが、上記の設定で色々考えた結果、全世界の人口が二億人ちょっと程度になってしまいました。 狙撃手は1.6km先にいて見えません。 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm

次の鉱区を開発する予定だそうです(直接聞いた話)。 「はさみ」も使用されましたが、江戸時代中期までは「はさみ」は高級品であったため、武士やその家族は主に「短刀」で切りました。

さらには、精密機械技術が発展途上でして、とにかく精度が悪い(戦前の日本兵器において「統一規格」はありません。というより作れなかったのです。精度が維持できないのですね)。そのため小銃ですら調整しないと命中精度が維持できない上、部品の互換性がない。これは前線において問題です。 1、武田軍は騎馬隊の内訳は山県昌景300騎、馬場信春500騎など、主だった武将の騎兵数を合わせても約4000騎、出来うる限り多く見積もっても約6000騎であり、武田軍1万3千人のうち半分ないし2/3は歩兵であると思われる。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E8%BB%BD, 歴史について 幕府軍は鳥羽伏見の戦いで薩長軍に敗れたのですが兵力で大きく上回る幕府軍のはずの幕府軍の. 騎士の突撃を避けるため、イギリス軍陣地の前方に尖ったクイを立てて、そこで立ち止まるフランス軍騎士に矢の雨を降らせることにより、フランス軍壊滅 2、イエズズ会のルイス=フロイスがヨーロッパに書いた『日本覚書』によると、 モデルとなる時代は14~15世紀ごろです。銃やプレートメイルが普及し始めたぐらいで、船は帆船が主流という設定です。 日本なら、鎧射貫き等の源義家、百足退治の藤原秀郷、鵺退治の源頼政等の伝説が有名ですね。 そもそも上記の条件の時点で無理があるという場合は、そちらもご指摘いただけたらと思います。

火山国で地震国である日本には、当然金鉱脈が多く、それも比較的

これは、ゲルマン人の騎兵も同じです。

■そういうわけで、知恵を絞り、歴史に学び、工夫すれば、かなりの軍を作品内で動員する事が可能になるかと思います。 時代は第1次大戦、火器は「小銃による打ち合い(砲は補助的)」から「重砲と機関銃(小銃は補助的)」による戦術に「転換」しました。   米国政府の許可において限定数しか製造されません。 ただ、傭兵を雇えばお金がかかります。

騎兵対歩兵の戦いで、百年戦争の場合の事例です。 特に傭兵を雇う場合、資金があればかなりの軍を維持できます。 あとは孔子も名手だったという話があります。 当時、日本の技術力はとにかく欧米に追いつけということでタッチアップを図っていましたが、まだまだ追いついていません。 軍の形は海軍が無いこと以外はA国と同じ。 しかし、最近、武田騎馬隊は存在しなかったという説をよく聞きます。 マントルの高熱で地下深くに閉じ込められた水が高温高圧になり、 紀元前1000年ごろの古代ギリシアのものとされるはさみが発見されており、古代から使われていたと考えられている。 >どんな銃だと、聞きかけたので「一九三二年型のモーゼルだ」と教えた。彼にしてはひじょうな驚きの表情なのであろう。表情が凍りついた。「あのでかいやつ? レバーを切り換えると全自動になる、あれか?」「そうだよ」彼はわずかに片方の眉をあげ、片方をさげた。私の正体が読めたらしい。私自身の銃に関する信念の一端を見せてしまったようだ。とんでない信念ではある。「トレイラーに乗せてひっぱっていくのか?」~ わたしはニャッと笑った。俗に「箒の柄」といわれたその旧式のモーゼル銃、特に全自動切り替え装置をつけた一九三二年型にまずい点は多々ある。目方は三ポンドもあって全長一フィートもある。握りの部分が不安定で、全自動で発射すると怒った猫のように手の中で跳ね廻る。しかし、長所もあるのだ。認める、認めないのは当人の勝手である。 騎乗中であれば、駆けながらでも矢を番えることは可能です。

そして、この頃のイギリスの人口は約900万人で軍隊の規模は約7万人でした。 しかし発射音は4.7秒後に届きます。

1800mとされています。 最近有力な説は次の様なものです。 モンゴル兵の場合は、各人数頭の乗り換え馬を従え、馬糧の豊富な草原を移動するし、生まれたときから乗馬に鍛錬していたのと、馬上戦が得意でしたから高速で移動し攻撃できましたが都市や城塞を攻撃する場合は歩兵として戦いました。  また征服した土地の住民を歩兵として使用したのです。