→ 名言 (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9). 思い出のマーニー When Marnie Was There (KODANSHA ENGLISH LIBRARY) ジョーン.G・ロビンソン . 5つ星のうち4.8 254. 『思い出のマーニー』(おもいでのマーニー、原題:When Marnie Was There)は、イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品。かたくなに心を閉ざした少女アンナが、海辺の村に住む少女マーニーとの交流を通じて心を開いていく様子が描かれる[1]。初版は1967年にイギリスの出版社コリンズより出版され25万部を売り上げた[2]。1968年にカーネギー賞の最終候補にノミネートされ[3]、1971年にはBBCの長寿番組であるJackanoryでテレビ化された(全5話)。日本では1980年に岩波少年文庫(岩波書店)より刊行された[4]。, スタジオジブリ制作・米林宏昌監督により長編アニメーション映画化され、2014年7月19日公開。米林にとっては2010年公開の『借りぐらしのアリエッティ』以来、4年ぶりの監督作品。第88回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされている[5][6]。, 幼いころに孤児となったアンナは、養女として育てられている。内気で友達ができないアンナは、自分が目に見えない「魔法の輪」の外側にいるのだと感じており、母や祖母が自分を残して死んだことも憎んでいる。養母からは実の子のように思われていると感じていたのだが、養母がアンナの養育費を市から受給しており、それをアンナに隠していると知ると、アンナは養母の愛にまで疑問を感じるようになってしまう。無気力になったアンナは喘息まで患い、療養のために海辺の村で過ごすことになる。, 村を訪れたアンナは、入江の畔に「これこそずっと自分が探していたものだ」と直感的に感じる古い無人の屋敷を見つける。"湿地屋敷"と呼ばれるその屋敷を、なぜかアンナは特別な存在だと感じ、この屋敷に住むことになる人は特別な人のはずだと夢見るようになる。屋敷は長いこと無人だったはずだが、屋敷に長く住むという不思議な少女マーニーとアンナは出会う。マーニーを「まさしく自分のような子」だと感じたアンナは、彼女と友達になり、悩んでいた養育費のことも打ち明けるようになる。アンナは、恵まれた子だと思っていたマーニーが孤独を感じていることも知り、やがて友情を深めた二人は永遠に友達でいる誓いを立てる。, ある日アンナは、マーニーが小さなころに風車小屋に閉じ込められそうになったことがあり、それからは風車小屋を恐れ続けていることを知る。その日の夕方にアンナが風車小屋を見にいくと、中にはすでにマーニーがいた。マーニーは勇敢になろうと思って風車小屋の二階に登ったが、怖くて梯子を降りられなくなったのだという。風雨の音に怯えたマーニーは、その後も動けず、日も暮れてしまい、疲れ果てた二人は風車小屋で寝てしまう。すると誰かがマーニーを迎えにきたような気配があり、アンナが目を覚ますと真っ暗な風車小屋にはアンナだけが取り残されていた。アンナは、初めてできた親友に裏切られたと激しく怒り、悲しんだが、アンナが湿地屋敷へ行くと、窓の内側にいるマーニーから突然の別れを告げられる。マーニーは部屋に閉じ込められており、明日になるとどこかに連れていかれるのだという。マーニーが、アンナが大好きだ、置き去りにするつもりはなかったと叫ぶと、アンナは、やはりマーニーは自分を大好きなのだと感じて彼女を許し、マーニーが大好きだ、絶対に忘れないと叫び返す。激しい雨が降り、窓の向こうにいるマーニーは見えなくなる。するとアンナには、まるで屋敷が最初から無人であったかのように見えた。, マーニーと別れたあとのアンナは、少しずつ人に心を開くようになり、湿地屋敷に引っ越してきたリンジー家の人々と友人になる。マーニーのことは自分が想像で作り上げた友達だと思うようになっていたが、アンナはリンジー家の少女から、アンナの"秘密の名前"を砂浜に書いたので見てほしいと言われる。アンナが見にいくと、そこには「マーニー」と書かれていた。少女は湿地屋敷でマーニーの日記を見つけており、引っ越してくる前にアンナが屋敷の門から出てくるところを見たことがあったので、日記を書いたのはアンナだと思い込んでいたのだ。不思議なことにマーニーの日記は50年も前のものだった。少女の母であるミセス・リンジーは、湿地屋敷のことを昔から知っている老婦人のギリーならば、すべての答えを知っているかもしれないという。, その後、アンナの養母が村を訪れ、アンナに養育費のことを打ち明ける。彼女はお金をもらっていることでアンナが傷つくかもしれないと恐れ、アンナには黙っていたのだという。アンナは大きな心の荷を降ろし、いつしか自分でも知らないうちに、母と祖母への憎しみが自分の心から消え去っていたことにも気づく。, 後日、アンナたちが老婦人のギリーにマーニーの日記を見せると、彼女は湿地屋敷に住んでいたというマーニーの過去を語り始める。大人になったマーニーは結婚して娘が産まれ、孫娘もできたが、マーニーの娘は交通事故で亡くなり、マーニーも孫娘を引き取ってからすぐに亡くなったのだという。その話を聞いたミセス・リンジーは、その孫娘とはアンナのことではないかと思いあたる。ギリーの話が、アンナの養母から聞かされていた、幼き日のアンナの話と一致したのだ。孤児院に入れられたアンナは湿地屋敷の写真を持っており、その写真から手を離そうとはしなかったという。, アンナはリンジー家のような大家族の子供ですら、時々「輪」の外側にいると感じていることに気づく。それは、近くに誰かがいるかどうかとは関係がなく、心の中の問題だったのだ。ミセス・リンジーは、雨の日にずぶ濡れで屋敷の中に入ってきたアンナを見て、こんな日に外にいたのかと驚く。するとアンナは、自分はもう「中」にいるのだと言って笑うのだった。, この小説の舞台は、イングランドのノーフォーク州にある海辺の村リトル・オーバートンであるが、この村は実在せず、同じくノーフォーク州にある海辺の村バーナム・オーヴァリーがモデルとなっている。作者のジョーン・G・ロビンソンは生涯を通じてノーフォーク州との結びつきが強かったが、特に1950年からはバーナム・オーヴァリーとの結びつきが強くなり、ジョーンと家族は毎年夏をその地で過ごした。この小説の着想もジョーンがこの海辺の村で体験したことが元になっている[8]。, ある日の夕方、ジョーンが湿地の小道を通っていると、青い窓とドアを持つレンガ造りの屋敷が湿地の畔に見えた。しかし少し目を離してから再び彼女が振り返ると、その屋敷は景色に溶け込み、まるで消えてしまったかのように思えた。そして数分後に夕日が再び屋敷を照らし出すと、金色の髪を梳かしてもらう少女の姿が、その窓の中に見えたという。この不思議な体験から着想を得たジョーンは、夏の間に何冊かのノートにアイディアをまとめ、その後約18か月をかけて小説を完成させた[8]。, ジョーンの長女であるDeborah Sheppardは、主人公アンナの描写(ふつうの顔、輪の外側にいること)にはジョーンの子供時代の記憶が色濃く反映されていると語っている[8]。彼女によると、ジョーンの母(Deborahの祖母)は非常に厳しい人で、ジョーンは愛に飢えた子供時代を過ごしたという[7]。また中央大学の名誉教授である池田正孝が1990年代末ごろにBunham Overyの民宿で聞いた話によると、ジョーンは毎夏2人の娘を伴ってBunham Overyを訪れていたが、下の娘はアンナのような境遇の養女だったという[7]。, 2014年7月19日公開。米林宏昌にとっては2010年公開の『借りぐらしのアリエッティ』以来4年ぶりの監督作品となる。アニメ版では舞台を現代日本に置き換え、主人公のアンナは日本人少女の杏奈(あんな)に改変されたが、マーニーの外見は金髪に青い目の白人少女のままである[12][13][14]。, 宮崎駿・高畑勲の2人が一切制作に関わっておらず、プロデューサーの西村義明はスタジオジブリの次代を担うことになる最初の作品になる旨をコメントしている[15]。鈴木敏夫は公開後の8月、スタジオジブリによる長編アニメーション制作を小休止すると語った[16][17]。, 2012年、宮崎も推薦しているイギリス児童文学の古典的名作『思い出のマーニー』を、米林が鈴木から「これを映画にしてみないか」と手渡されたことから制作が持ち上がる[18]。米林は「『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』の両巨匠のあとに、もう一度、子どものためのスタジオジブリ作品を作りたい。この映画を観にきてくれる「杏奈」や「マーニー」の横に座り、そっと寄りそうような映画を、僕は作りたいと思っています」と述べている[18]。, 企画の初期段階の打ち合わせに参加した宮崎は、舞台を瀬戸内海でイメージしていたが、宮崎の描く絵が『崖の上のポニョ』に似ていたため、イメージが違うと米林が舞台を北海道の湿地に決めた[14][20]。釧路(釧路湿原)・根室・厚岸(藻散布沼)などでロケハンを行い、それらを基にした架空の海辺の町と設定されている[21]。北海道を舞台、モデルにした初のジブリ作品である[14]。米林は「原作に『真珠色の空』という表現がある。本州よりも北海道のひんやりした空がぴったりかなと感じた」と話している[22]。またマーニーの住む「湿っ地屋敷」のモデルは複数あるとされるが、制作初期におけるイメージスケッチの参考にされた、軽井沢にある別荘『睡鳩荘』 が特に有名である[23] 。, 札幌に住む12歳の少女佐々木杏奈は、実の両親と祖父母を幼少期に失い、里親である佐々木頼子に育てられている。しかし、ある出来事から頼子のことを「おばちゃん」と呼び、感情を表に出さなくなっている。ある日、学校の写生の授業でひとりスケッチをしていた杏奈は、持病である喘息の発作を起こし、そのまま早退して主治医の山下医師に診断してもらう。そこへ鞄を届けに来た同級生たちの態度から、頼子は杏奈が学校で孤立していることを察する。不安を隠しきれない頼子に山下医師は、杏奈を環境のいいところでしばらく療養をさせることを提案する。, 数日後。夏休みの間だけ、頼子の親戚である大岩清正・セツ夫妻の家で過ごすことになった杏奈は、札幌から特急列車で海辺の田舎町へ向かう。大岩家に着くと、杏奈は荷物の中に複数枚のハガキと「何でもいいので、あったことを書いて下さい」と書かれた頼子からの手紙が入っていることに気づく。仕方なく手紙を書いた杏奈は、ハガキを出すため郵便局へ行くが、人が近づいてくるのを見てその場から走り去る。逃げた先の入り江で、杏奈は古い屋敷を見つけなぜか「知っている気がする」と直感的に感じる。「湿っ地屋敷(しめっちやしき)」と呼ばれるその屋敷は廃屋に見えたが、杏奈はその後、夢の中で何度も屋敷を訪れ、隅の部屋の中に金髪の少女を目撃する。, 翌日、セツの紹介で近所に住む杏奈の一つ年上の信子とともに七夕祭りに参加することになった杏奈だが、内心では余計なおせっかいだといら立っていた。その祭りで、願いごとを書くように渡された短冊に、杏奈は「毎日普通に過ごせますように」と書く。その短冊を見た信子から「普通」の意味を必要以上に聞き立てられたことと、目の色について聞かれた杏奈は腹を立てて思わず、信子に向かって「太っちょ豚」と叫んでしまいハッと我に帰るも、直後に信子から「普通なんてない。周りはあなたが思ってるように見えているだけ」と言われて焦った杏奈は怒りから短冊を払い除け、湿っ地屋敷がある入り江へと逃げ去る。そこにあったボートで屋敷を目指していた杏奈だが、途中でオールが動かなくなってしまう。それを助けたのは、杏奈の夢の中に出てきた少女だった。湿っ地屋敷に住んでいるというその不思議な少女は、自分たちのことを永久に2人だけの秘密にしてほしいと杏奈に懇願する。杏奈も笑顔でそれを引き受け、2人は仲良くなった。それ以来、杏奈はマーニーと名乗るその少女とともにピクニックやパーティーを楽しむ。普段は感情を表に出さない杏奈でも、マーニーといるときだけは表に出すことが出来るのだった。, しかしある日、突然マーニーは杏奈の前から姿を消す。さらに、湿っ地屋敷には東京から新たな住民が引っ越してくる。杏奈は引っ越してきた住人の1人である赤い眼鏡を掛けた好奇心旺盛な少女、彩香から「マーニー」であると勘違いされる。杏奈は、なぜ彩香がマーニーのことを知っているのかと問うと、彩香からこの家で見つけたというマーニーの日記を見せられる。しかし、なぜか日記の一部が破り取られていた。自分が体験したマーニーとの思い出が書かれたその日記を見た杏奈は、マーニーとの約束で「自分とのことは人には話さない」という約束もあり、マーニーのことを自分が想像で作り上げた友達なのだと彩香に言い、自身もそのように思うようになる。, 杏奈はマーニーの正体を疑問に思いながらも、ふたたびマーニーと出会い、互いの悩みを打ち明けあう。そして杏奈はマーニーが幼少期のトラウマからサイロを恐れていることを知ると、それを克服するために、嵐が来る中2人でサイロに行く。しかし、その道中でなぜかマーニーは杏奈のことを「和彦」と呼び始める。サイロに入ると間もなく大雨が降り出す。屋根が壊れている為にサイロ内にも雨が降り込み、マーニーは酷く怯えて取り乱す。その間も杏奈のことを「和彦」と呼び、杏奈に指摘されてようやく杏奈だと認識する。サイロの中に入るも、大雨が降り出し、いつしか2人は疲れ果てサイロの中で眠るが、杏奈が目覚めるとそこには既にマーニーの姿は無かった。夜のサイロに置き去りにされてしまった杏奈は怒り悲しみながら、嵐の中を走り続ける。サイロから帰る途中に転んで気を失い、道端で彩香たちに発見されるも、暴風雨の中に長い時間晒され続けていたせいで高熱を出していた。熱にうなされながら見た夢の中で杏奈はマーニーに再会出来たものの、一方的に突然の別れを告げられることになる。そしてマーニーはサイロで杏奈を置いていかなければならなかった状況(実はあの時、マーニーからも杏奈がサイロから忽然と姿を消したように映っていた)についてを詫び、最後に許して欲しいと涙ながらに懇願した。悪気は無かったのだと悟った杏奈は彼女を許し、永久にマーニーの存在と、彼女と一緒に過ごしたことを忘れないと約束する。するとマーニーは、微笑みながら白い光の中へと消えていった。, サイロのことを何も覚えていない杏奈に、彩香が日記とともに見つけたという「to Marnie from Hisako」と書かれた湿っ地屋敷の絵を見せる。久子とは、以前に杏奈が知り合った画家の老婦人の名だった。杏奈は、マーニーの友人だったという久子の話から、マーニーの生涯を知る。, 幼いころから両親や家政婦に冷たく接されていたマーニーは、その後、札幌に移り住み、幼馴染の和彦と結婚した。2年後、一人娘の絵美里が生まれるも和彦が病気で亡くなり、マーニー自身も心身を壊してサナトリウムに入る。そのため絵美里は物心つくころに全寮制の小学校に入れられ、その影響で13歳で戻ってきたときには母のことを恨んでいた。その後、絵美里は家出をし、結婚した彼女は子供を産むが、夫婦揃って交通事故で命を落としてしまう。絵美里の娘は年老いたマーニーが引き取り、たくさんの愛情を注いで育てていたが、翌年にマーニーは絵美里を失ったショックから立ち直れず、病気で亡くなる。, マーニーの生涯を話し終わった久子は、「あなたもマーニーに逢ったのね」と杏奈に囁くのだった。, 大岩家に杏奈を迎えにきた頼子は、杏奈の療育費の補助が自治体から出ていることを杏奈に話し、2人は解り合う。そこで杏奈は、頼子から幼い杏奈を引き取る際にずっと大事に握り締めて離さなかった、祖母から渡されたという一枚の古い写真を受け取る。写真の風景には紛れもなく湿っ地屋敷が写っており、その写真の裏に「私の大好きな家 マーニー」と書かれていたことから、マーニーが自分の実の祖母であったことに気がつき、涙を流す。, その後、頼子とともに札幌の自宅へと帰るため、岸崎別駅[24]に向かう車中から、杏奈は湿っ地屋敷の窓から自分に向けて手を振るマーニーの幻影を遠くに見た気がした。, なおこの話の真髄は、幼い頃に祖母(マーニー)から聞かされたマーニー自身の体験談を元にして杏奈自身が想像した空想に入り込みそれを追体験していくことにより、過去のトラウマや心無い周囲の人間たちによって荒みきった杏奈の心の再生を描いている意図があり、決してタイムスリップや心霊現象などのSFではないとする見解が多い。[要出典], 実写映画作品で美術監督を担当してきた種田陽平が初めてアニメの美術監督として参加[30][31]。『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』の作画監督だった安藤雅司が13年ぶりにジブリ作品に参画(実際は2013年に『かぐや姫の物語』に作画で参画している)し[30]、作画監督を務める(脚本も担当)[32]。脚本は『借りぐらしのアリエッティ』などで(共同も含め)脚本を手がけた丹羽圭子が参加している[33]。音楽は村松崇継が担当[30][34]。そのほか、プロデューサー見習いとして川上量生が、協力として三浦しをんらが、製作担当として奥田誠治、藤巻直哉らが参画している[10]。また、主題歌は、プリシラ・アーンの「Fine On The Outside」となった[35]。, 2015年3月18日にBD (VWBS-8216) とDVD (VWDZ-8216) が発売された。, なおこの話の真髄は、幼い頃に祖母(マーニー)から聞かされたマーニー自身の体験談を元にして杏奈自身が想像した空想に入り込みそれを追体験していくことにより、過去のトラウマや心無い周囲の人間たちによって荒みきった杏奈の心の再生を描いている意図があり、決してタイムスリップや心霊現象などのSFではないとする見解が多い。, 原文では'ordinary' faceと表記されており、岩波書店版と角川文庫版では「ふつうの顔」と訳されているが、新潮版では「つまらなそうな顔」と訳されている。, 公式サイトや劇中でのテロップでは名前のみ表記されているが、苗字は自宅の表札および大岩夫妻らへの挨拶などで判る。, 作中で頼子に宛てて出すハガキに宛先として記載されている。しかし、ドアの表札に記載されている部屋番号は「201」となっている。なお、札幌市内に青葉区は存在しない。モデルは, 日本テレビ「ZIP!スピンオフ ~ジブリ最新作「思い出のマーニー」秘密を探るイギリス絶景旅~」 2014年8月10日(日)放送, 和彦が比較的そのポジションに近いが「現在」の登場人物ではなく、台詞も無いため、主役級の男性キャラという立場には当てはまらない。, 回想で幼い杏奈が晩年のマーニーから同じヘアピンを貰っている描写があるが、形見なのかは不明。, 序盤の写生で公園を描いていた絵でも誰一人描かれておらず、唯一描いていた滑り台の子供の事も消しゴムで消していた。, エンディングテロップでは声優の名前しかクレジットされておらず、公式サイトにも紹介欄がないため、演じた声優は不明。, 信子から杏奈がカッターをちらつかせていたと怒鳴っていたが、当人は鉛筆を削るために持っていただけなので、悪口を言われた信子が誇張して言った可能性がある。, 日本テレビ「一億人の大質問!?笑ってコラえて!ジブリ最新作「思い出のマーニー」は公開直前!スタジオにはイケメン大集合!もうすぐ夏休み2時間スペシャル~!