奇しくも谷口さん... https://tenon.site/wp-content/uploads/2019/06/09fb71b3eb855811ada4e9ea82fca86e.png.

その大きな要因が、徴兵による労働力の低下と、戦地で戦っている兵士に食料を送り続けなければならなかったからです。農家は食事に困ることは少なかったようですが、戦争が長引くにつれ、次第に食生活が苦しくなってきました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Follow @kagoshima_tenon まず玄米を炒ってから、たっぷりの水に浸けて一晩置いておきます。朝になると玄米は水を吸って2倍ほどの量に膨れますので、通常通り炊き上げます。カサが増えた玄米は柔らかく、水を吸ってブヨブヨの食感になってしまいます。この他にも、白米をたっぷりの水でおかゆにしたり雑炊にして食べていました。, 戦時中の代用食を彷彿とさせます。 pic.twitter.com/6SRXUXCc5r, 代用食とはその名の通り、手に入らない食べ物を何かで代用する戦時中の知恵です。まだ余裕があった頃は小麦粉を米の代わりにしていましたが、戦争が長引いてくるとさつまいも、じゃがいも、かぼちゃが主食代わりに食べられていました。 戦時中は、衣類や日用品などありとあらゆるものが不足しましたが、本記事では戦時中の食事事情に注目し解説していきます。戦時中の食生活はどのようなものであったのか?さらに戦時中の食事を再現したレシピも紹介します。, 戦時中の食事は今とは比べ物にならないほど貧しいものでした。戦時中は何を食べていたのか?配給制度とはどのようなものであったのか解説していきます。, かぼちゃの煮物ハチミツかけ。今日は長崎に原爆が落とされた日。心からご冥福をお祈りもうしあげます。戦争中は甘いものは貴重で食べるものは配給制。かぼちゃはご馳走でした。かぼちゃを煮て最後にハチミツをかけたシンプルな食事。戦時中、これが食卓に出ただけで家族が最高の笑顔になった。 pic.twitter.com/Cfvt3KqxNa, 映画やドラマで戦時中の暮らしを見たことはあるでしょう。実際、当時の日本人はどのような食生活を送っていたのでしょうか?戦争がだんだん激化してくると、これまでの生活が一変し、食生活も困窮を極めるようになります。 戦時中は野草や野菜を生で食べることも多く、代用マヨネーズは少しでも美味しく食べるために考えられた、苦肉の策でもあったようです。, 戦時中は冷蔵庫など食料を保存するための家電などありません。そこで日常的に行われていたのが、野菜などを天日干しする干し野菜作りです。切った野菜や山菜などを干して保存性を高め、食料が無駄にならないよう工夫しました。, 戦時中のかぼちゃポスター… 今でこそ ハロウィンだなんだといった時代になってますが… あの頃を必死に生きてこられた方々に 敬礼(`・ω・´)ゞビシッ。 pic.twitter.com/MEGJHGYTpU, かぼちゃやさつまいも、じゃがいもは痩せた土地でも育てやすく、戦時中は多くの家庭で作られました。貴重な働き手が戦争に駆り出され、女性や老人だけになったことで米の収穫量は少なくなってしまいます。そのため育てやすく、米の代わりに食べられるかぼちゃやさつまいも、じゃがいもが多く作られたのです。 科学的な食生活して「食糧になる虫」を紹介している。これはすごいなぁ。天眼鏡?で拡大して解説少し書き出してみた。なお、 はどうしても読み取れない文字です。 『此方では 昔から案外いろいろな蟲を食用にしてゐます。有名な孫太郎蟲は捉へると首を回して手にかみつく蛇蜻蛉の幼蟲。

料理に欠かせない調味料も、不足してくると代用品で賄われるようになってきます。塩水で大豆と昆布を煮込み、取れた液体を醤油の代わりにした代用醤油や、代用マヨネーズ、代用ピーナッツバターなどさまざまな代用食が考えられました。 戦時中は隣組という制度があり、配給の手伝いなどを順番に行なっていたようです。初めは米や砂糖、魚なども配給されていましたが、戦争が長引くにつれて、配給もあてにならなくなってきます。次第に米の配給は行われなくなり、大豆や麦などに変わっていきました。, 戦時中のお弁当も完成です #この世界の片隅に pic.twitter.com/LV7jPeeavF, 戦時中、物資が少なくなってくるとお金の価値もどんどん下がっていきます。お金があっても食料が手に入れられるとは限らず、農家で衣類や日用品と交換してもらうこともありました。闇市では食料が手に入りましたが、砂糖など貴重なものは何十倍もの価格で売られていたようです。 かぼちゃやふかし芋を食べられる子供はまだ恵まれていて、お弁当を持ってこれない子供も多くいました。お弁当がない子供は水で空腹を紛らわし、昼食が終わるまで校庭などで時間を潰すしかなかったのです。, 戦時中は少ない食料でも満足できるよう、さまざまな知恵と工夫が取り入れられていました。どのような知恵と工夫で食料危機を乗り越えたのか見ていきましょう。, #卵不使用 #乳不使用お米が二合しかなかったので、さつまいもとしめじでカサ増し!昆布だしとお酒と塩でシンプルに炊きました。 pic.twitter.com/NaiauXADgu, 戦時中はとにかく食料が手に入らないため、少しの食材でいかに多くの食事を作れるか工夫していました。白米はとても貴重だったので、麦や大豆、さつまいも、大根などを混ぜて、カサ増しして炊飯します。さらに白米ではなく玄米をカサ増した、楠公飯(なんこうめし)という食べ方もありました。 そして、農家以外の家庭には「腹一杯は勿体ない・・」と節食を呼びかけているのです。, 母の話に戻ります。 残りの2/3は家庭での食事でしっかりとりましょう。 学校給食は、家庭で不足しがちなカルシウムなどの栄養素を補うためのメニューや、薄味の習慣化、脂肪を多くとりすぎないようにするなど、生活習慣病などの予防にも配慮しています。 これら3つの野菜は、デンプンを多く含み保存も効きます。この3つの作物があったおかげで多くの餓死者が出なくて済んだのですが、中には毎日食べていたせいで、すっかり嫌いになってしまったという方も多くいます。, 戦時中の食事を再現したレシピを3つ紹介します。当時は薄味か味付け無しで食べることも多く、現在のように美味しく食べられることは少なかったようです。, 今では食べられることなく捨てられるさつまいものつるも、戦時中は立派なおかずになりました。とはいっても、戦時中は調味料も手に入りづらく、今のように美味しく食べられていたわけではありません。醤油やみりんで味付けすればクセもなく美味しく食べられますが、味付けせずに食べることもあったようです。, すいとんの歴史はとても古く、郷土料理として日本各地で食べられていました。しかし戦時中になると、味付けも具材もない、質素なすいとんが米の代わりに食べられるようになります。小麦粉が手に入らないことが多くなると、大豆粉やとうもろこし粉で代用することもあったようです。, お菓子や砂糖の配給が滞ってくると、甘味の代わりに里芋でおはぎが作られるようになります。米やもち米はとても貴重なものでしたので、里芋でカサ増しし、おはぎを作りました。現代では砂糖は当たり前にありますが、当時はやはり砂糖無しのきな粉で食べることが多かったようです。, 昭島、フォレストイン昭和館、豆ご飯と赤だしの味噌汁!!!!!(笑) pic.twitter.com/zELbNQVv6x, 戦時中の日本の食事は、敵国アメリカとは比べ物にならないくらい貧しいものでした。食事回数も、今のように必ず3食を食べられた訳ではありません。育ち盛りの子供もご飯が食べられず、ひもじい思いをしていたことでしょう。しかし、少しでもお腹いっぱいになれるように、戦時中には多くの知恵と工夫が取り入れられました。