代表的な抗生物質を8種類に分類してご紹介いたします。ペニシリン系抗生物質、セフェム系抗生物質、マクロライド系抗生物質、テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系抗生物質、抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗原虫薬 大部分の注射薬は単独で使用されることを前提 に,安全性,安定性,施用方法などの観点から製 剤化されている.しかし,医療現場では頻回の注 射による患者の苦痛の軽減,医療スタッフの注射 薬投与に係わる業務の省略化などを考慮して,複 単独投与 が望ましい注射剤とは。セルシン注射液・ホリソン注射液などは、水に溶けにくいため、可溶化剤としてアルコールなどの有機溶剤が入っているので、これらの薬剤を他の薬剤と混合してしまうと可溶化剤の効果が低下していしまい、沈殿を起こすこともあるんですよ。 こんにちは。初歩的なことだと思うのですが、教えてください。皆さんは様々な抗生剤の静注・点滴を扱っていると思います。その中で、「この抗生剤は単独ルートでなければいけない」というものはありますか?先日、プリセプターとの面談で「もっと抗生剤について勉強する」という思えば曖昧な学習目標を上げてしまったのですが、それに対してプリセプターから「副作用は大体アナフィラキシーなどショック症状に注意が必要。あとはルートを確認しておくと良いかもしれないね。中には単独ルートでないと駄目なものもあるから」というような話をされました。それで、辞書や製薬会社の添付文書で投与方法を調べてみたのですが、「単独ルートでなければいけない抗生剤」が見つけられませんでした。実際、私が春からこれまでに実施した抗生剤でも、「単独ルート」の指示をされたものはなく、全て側管から投与していました。勉強不足で申し訳ないのですが、「単独ルートでなければならない抗生剤」を教えてください。また、抗生剤以外でも「これは知っておいたほうが良い単独ルートの適応薬剤」がありましたら併せて教えてください。よろしくお願いします。, 抗生剤で単独施行をする物はすみませんが解からないのですが、一般的に単独施行をする事を考える場合PH変化が起こるか?漏れたときのリスクが大きいか?などを考えます。PH変化の大きな物の代表はセルシンやホリゾン。血管からの漏れを注意しないといけないものとしては抗がん剤(ただし、全てではありません。抗がん剤は3段階に大きく分かれているので、そこは本で簡単に調べられると思います)後は、特殊なDIVルートが必要なものとしてはニトロール製剤ですね(ミリスロールやニトロール)が挙げられると思います。それと、単独施行(別ルートでの施行)が好ましいものとしてはアレビアチン、グリセオールなどと思います。グリセオールは脳浮腫出現時や、その対策の為に施行される製剤ですよね、それを200MLといって2時間近くかけて施行しては何の為のグリセオール施行と指摘を受けます。要は、何の為にこの製剤が患者に施行されるかを考えてみるといいと思いますよ。また、看護師では、やはり薬剤に関しての知識が未熟ですので病院内の薬剤師に聴くなどしてみるのも良い方法だと思います。インターネットは検索は早いですがいい加減な情報も多いので、そこは選別をして確かな情報のみを取得する必要があります。, NO1で回答したものですが、抗生剤で単独施行はやはり解からないですね。しかし、セファム系の抗生剤と鉄剤の併用は鉄イオンと難吸収性の化合物形成なので行えません。あとは、マクロライド系と喘息治療薬、抗てんかん薬、免疫抑制剤、抗不整脈薬などでは色々な副作用がでてきますよ。薬の相互作用などで検索されるといいと思います, 単独ルートもしくは抗生剤投薬前後に生食でフラッシュしなければならない薬品はパズクロス.シプロキサンという薬品です。, ロセフィンも、単独が望ましいです。Caと反応して結晶化する可能性があるので…。たとえば、ラクテック、ソラクトD、アミグランドなどとは、同時投与は避けたほうが良いと思います。, クラビットも単独ではないですがヘパリンと混合をしてはいけません。ヘパリン生食でロックはできませんし、ヘパリン持続投与中の方であれば別ルートをとる必要があります。あとグリセオールを2時間投与は適応があればします。脳梗塞で脱水注意の方とか。エビデンスは探せませんでしたが、脳出血と脳梗塞で医師の考え方が違います。薬剤部が投与注意の薬一覧をまとめている資料がないか探してみてください。, このサイトはリンクフリーです。好きなページにリンクを張って頂ければと思います。 しかも、登録は無料なのでとりあえず登録する、というスタンスでもいいかもしれません。, 強アルカリ性(pH9.5~11.0)。他剤との混合で着色、懸濁、結晶析出または含量低下, 配合変化を起こしやすい(特にアミノ酸や高カロリー輸液との配合では含量低下が著しい). 記事の内容. 一緒に勉強してスキルUPを目指して行きましょうね♪

1 回答:基本は1種類、例外的に併用することもある; 2 回答の根拠①:相乗効果~併用で、より高い抗菌力を発揮する; 3 回答の根拠②:異なる細菌をターゲットに、別々の抗生物質を使う. そのため、他の薬剤と混合してしまうと、吸着や凝集などが起こる可能性があるので単独投与します。 実際、私が春からこれまでに実施した抗生剤でも、「単独ルート」の指示をされたものはなく、全て側管から投与していました。 勉強不足で申し訳ないのですが、 「単独ルートでなければならない抗生剤」を教えてください。 しかし、それでも同じ職場で働き続けている現状なのです。 参考元:エキスパートナース(2012年1月号), 仕事の割に安い給料で割があわない・・・そう感じている看護師さんは多くいます。 4投与ルートの誤認について (事例4) 薬液投与開始時、2つの輸液ポンプの流量を逆に入力して投与を開始してしまった。 輸液ポンプ等の流量入力時には、必ずルートをたどり指示流量を確認すること。 ルートの交差 真上の輸液バッグを見て 120mL/hと誤入力! 単独投与 が望ましい薬剤と他の薬剤を同一のラインで連続して投与したいときは、ライン内での反応を回避するために、各薬剤の投与前後に生理食塩液、5%ブドウ糖液等でフラッシュしましょう。, アルブミンやグロブリンなどの血液製剤は、成分がタンパク質です。

血液凝固因子製剤やレミケード、ハーセプチン等も、タンパク製剤ですので単独投与します。 給与UPは自分への自信にも繋がります。看護学生や准看護師の方も参考にして下さい!! ロップの詳細はこちら, 副鼻腔炎咽頭・喉頭炎、扁桃炎など, 肺炎、急性気管支炎、副鼻腔炎など. 看護師お悩み相談室, ※送信した際に、稀にサーバエラーが発生することがあるようなので、送信する前に投稿内容をワードやメモ帳などで保存しておくことをお勧めします。, ※いたずら防止のため、管理者が確認した後、1日〜1週間程度で掲載されます。(すぐには表示されません), ★スマホや携帯電話の特殊記号を使用すると、途中で文章が切れることがありますので使用しないようお願いします★. バンプ注射用の成分は、アミノ酸製剤や高カロリー輸液に添加剤として入っている亜硫酸塩により分解されるので、これらの製剤と混合すべきではないですよね。 希望の条件を伝えることで要望に沿った病院を紹介してくれることはもちろん、面接の日程調整や面接対策など、細かなところまでサポートしてもらえます。 バンプ注射用の成分は、アミノ酸製剤や高カロリー輸液に添加剤として入っている亜硫酸塩により分解されるので、これらの製剤と混合すべきではないですよね。, 看護師専門雑誌、エキスパートナースを元に勉強したことをまとめました! 配合変化による損失を防ぐという意味からも単独投与すべきですよね★, 酸性・アルカリ性の薬剤のなかでも、下記表の注射剤は特に配合変化を起こしやすいので、他剤と混ざらないように単独で使用します。 抗生剤でも種類によってはフラッシュをしたほうがいい抗真菌薬はあります。 アムビソーム点滴静注用やイトリソール注、パシル点滴静注液などなどまだありますが、いちいち考えるのが面倒でフラッシュしているなんてこともあるかも知れません。 年収の大幅UPを狙うなら、一歩勇気を出して、より高給与の病院への転職をおすすめします。 ⑤ 抗生剤投与後、crp 等が改善傾向がある場合は抗生剤の種類を変更しない。 手術前中の抗生物質について. セルシン注射液・ホリソン注射液などは、水に溶けにくいため、可溶化剤としてアルコールなどの有機溶剤が入っているので、これらの薬剤を他の薬剤と混合してしまうと可溶化剤の効果が低下していしまい、沈殿を起こすこともあるんですよ。 清潔、準清潔手術 ・何に対し抗生剤を使うか?:細菌は皮膚の常在細菌であるグラム陽性菌 ・どの種類の抗生剤か? 成功する転職の秘訣は、専門のキャリアコンサルタントに徹底フォローしてもらえる看護師転職サイトへ登録すること。 これらの製剤の多くはとても高価なんです!