指を骨折してしまうと、痛みはもちろんのこと日常生活に支障が起こります。骨折にはどの様な種類があるのか、治療法と完治までのをご紹介します。また、指の骨折に伴う生活の支障についてもまとめました。骨折の症状ケガをしたのが指の場 指を骨折!症状の見分け方と応急処置の方法. Copyright (C) 2020 健康な生活を送る手助け ヘルスケアコンシェルジュ All Rights Reserved. こんにちは、豊田市の上郷接骨院です。先日、部活で突き指をして来院された女の子の治療ケースのお話です。突き指は関節のケガ、実は重症のケースもあるので要注意当院は、夕方は中高生のケガの症状が多く、特に関節の捻挫や突き指といった症状は、よく相談が

この記事の共著者 Laura Marusinec, MD. 「踵」とあること…, 肩がこることはよくありますが、首の後が痛くなることって実はそんなに多くはありません。首の後に痛みを感じる時、馴染みの少ない症状を含めて、いく…, 童話に出てくるような小さくてかわいらしい小人のような人たち、映画や舞台などで活躍されている人も多くいます。それらの人たちは、小人症という疾患…, 高齢者がくしゃみをしただけで骨が折れた・・・なんて話を聞いたことはありませんか?笑い話ではありません。なにも高齢者に限ったことではないのです…, もうずいぶん前の突き指なのに、日常の動作でまだ指が痛む・・・こうした症状で悩む人は意外と多いのです。

指の変形や動かせないことに注意する 一か所もしくは数か所、骨にひびが入ったり、折れたりした部分があれば骨折です。骨の変形には不自然なこぶや突起がある、または指が不自然な方向を向いている、といった症状があります。 2017/6/27 完全に指の向きがおかしいようであればポッキと骨折している可能性が高いです。 指の先は少しなら動く、内出血がある、冷やしもなかなか腫れが引かないなど症状であれば ポキッと骨折していなくてもヒビは入っている可能性はあります。 骨の治療自体には2週間ほど、しっかりと力を入れて握る、投げるようになるためには1か月を目標にしました。, 腫れも痛みもかなり軽減され、指はこれぐらい曲げれるようになりました。 受傷後1時間程であるが、腫れが強く、痛みは動かすと強く痛む状態でした。, そして整形外科での精密検査を受けてもらうことを提案。整形外科への受診を承諾していただいたので、紹介状を作成してお渡ししました。, 応急処置として、腫れと痛みの解消に微弱電流を当て、プライトンと包帯で取り外しが出来ないよう固定を行いました。, 紹介させていただいた整形外科の帰りに、レントゲン写真を持って報告に来てくれました。 Copyright© 2015 All Rights Reserved. (e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;d
顎がしゃくれていると言うのはどういうことを指すのか一般的に理解している人は少ないと思います。しゃくれとは、下顎が長く前に突出して出て…, 健康のためにランニングやウォーキングをしている方も多いと思います。そして、それに比例するように、足の痛み、特にかかとの痛みを訴える方も多くな…, 骨盤骨折には自動車事故や、高所からの転落事故で起こるものなど、大きな外圧が加わることで起こることが多いですが、高齢者になると僅かな転倒によっ…, 首は頚椎(けいつい)と呼ばれ、頭部と胴体を支える大切な役割を担っています。頚椎はその構造や位置関係から外部からのストレスにさらされる機会が少…, ちょっと難しい病名で、何と読むのかわからない人がほとんどではないでしょうか?これは、「しょうこつきょく」と読みます。 こんにちは、かじです。 今回は足の指をぶつけてしまった時に骨折を疑う症状を見極めるヒントをお話しします。この記事を呼んで指の骨折を疑った場合は病院でレントゲンを撮ってもらって下さい。 部活動の野球、特に投手に多い症状である野球肘の痛みにお悩みの方は、豊田、岡崎の境に位置する上郷接骨院へご相談ください。 navel cat. 指をぶつけた後、曲げ伸ばししよう... 豊田の上郷接骨院では、幼児期の肘の痛み、肘がはずれてしまう肘内障の症状、治療についても接骨院の脱臼に対する整復にて対応が可能です。子供の腕を引っ張るなどで起こってしまいやすい怪我の一つで関節をはめてしまえば痛みは解消します。豊田南部、岡崎北部、安城北部で肘内障でお悩み方はご相談下さい。. オスマガ , 早速、死亡フラグです〜 マルシネック医師はウィスコンシン小児科病院の小児科医で、病院内の臨床実務評議会に参加しています。1995年にウィスコンシン医科大学医学部にて医学博士号を取得後、1998年に同大学病院小児科にて臨床研修を修了。全米医療ライター協会と小児緊急治療学会の会員です。

!医者による足首の痛み部位別まとめ, 「先生!これ折れてますか?マジ折れてたらシャレにならないすよ!!大丈夫すか?どうですか?」, 高校3年生のI君は、足を引きずりながら診察室に入るなり、私にそう言ってきました。こういう風に患者さんが興奮している時はそのテンションに影響されてはいけません。, 私は落ち着き払って、「まぁ、まず座りなよ。痛い所を診せてみて。」と言いました。確かにI君の右小指は腫れており、骨折している可能性も捨てきれません。, 「先生!オレ来週試合なんすよ!高校最後の大会!!折れてたらシャレにならないんすよ!!」彼はさらにまくし立てます。, 「そうか、何部なの?」と聞くと、「サッカー部っす!」と彼は言います。サッカーと聞くと、私も何とかしてあげたくなります。, 「とりあえずレントゲンを撮ろう。話はそれから。」そう言って、ひとまずレントゲンを撮ってもらう事にしました。, 足の指の骨折といったら、私はある事件を思い出します。今から10年近く前のサッカーワールドカップでのこと。大会直前のスペイン代表の最終合宿である事件が起きました。, スペイン代表のゴールキーパー(当時のレギュラー)が、大きな香水のビンを足の親指に落として、骨折してしまったのです。, と思うかもしれませんが、手の指ならまだしもボールを蹴るサッカーでは足の指が骨折していては、ボールを蹴るたびに痛くて試合どころではありません。, 4年に一度のサッカーワールドカップとは、それまでの4年間の努力の結晶をぶつける大会です。彼はきっと全てを失ってしまったかのような喪失感を味わったはずです。ちょっとした不注意で全てを失ってしまうなんて怖いな、そう思った記憶があります。, 足の指をぶつけたり、物を落としたりすると骨折することがあります。指先の骨折はスポーツをしていない人にとっては、少し不便だけど日常生活には支障がない、というレベルです。, しかし、スポーツをしている選手にとってはかなりの支障が出ます。走るスポーツはさらに問題で、その中でもサッカーは最悪です。ボールを蹴りますからね。, というのも、I君が私に何度も質問していましたが、いくらドクターでも見ただけでは骨折があるか無いかは分からない事も沢山あるからです。, 特に足先に骨折は骨がほとんどずれないので、見た目には変形しません。ですから、ただ痛くて腫れているだけで、同じ様に見えてもレントゲンを撮ってみると、骨折している事もあればしていない事だってあります。, ということで、足の指の骨折は見ただけでは分からない。という事になります。ガッカリかもしれませんが、これが正直なところです。, そもそも骨というのは、ずれなければそのままくっつきますので、そのまま大きな衝撃を加えなければ治ってきます。, 他の部位を骨折するとギプスなどで固定しますが、足の指の場合は固定しない事が多いです。ほとんどの場合がずれてこないし、指先を固定するとサンダルも履けなくなってとても不便だからです。, もちろん、最善を尽くすのなら、しっかりと固定をして松葉杖というのもありですが、そうする事で他の部分を使わなくなるので筋肉が極端に落ちてしまいます。そうならない為にも、固定は隣の指と固定する程度にして、あとは痛くない所に体重をかけて歩いてもらいます。, 例えば、小指を骨折したとしたら薬指と固定して、足の内側(親指の方)や踵に体重をかけながら歩けます。, もし骨折をしていたら2ヶ月は走れません。その後にリハビリをして練習の復帰は3ヶ月です。ぶつけたり、落としたりしない様に注意しましょうね。, ところで、レントゲンから帰ってきたI君。何回レントゲンを見ても骨折はしていません。彼にそれを伝えると、「先生!マジすか?ホント信じていいんすね?マジか!!よかった!!!」と泣いて喜んでいました。, 彼はまるで嵐の様に去っていき、病院の中はまた静かになりました。バタバタしましたが、骨折してなくてホントに良かったと思いました。高校3年間をかけた大会をタンスに指をぶつけて欠場なんて、ホントに笑えないですから。, 実は彼は結構有名は高校のゴールキーパーで、その後、予選の準決勝でPKを2本止めてヒーローになっていました。惜しくも決勝では負けて全国大会には行けませんでしたが、最後に仲間と完全燃焼できたのではないでしょうか。, おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。, はじめまして、かじです。私はアスリートを目指していましたが怪我で諦めました。その後、スポーツドクターを志し、現在はアスリートからスポーツ愛好家の方々の怪我を治すのはもちろん、彼らの能力が最大限に発揮されるようにサポートしています。私自身がアスリートを目指していましたし、現在まで多くのプロ選手をサポートしてきたので、スポーツドクターの視点から選手がステップアップするためのヒントをお伝えすることができます。ですから、怪我をしている時はもちろんのこと、怪我をしていなくても私が伝えられることは沢山あるのです。そして、私はアドバイスをする時は、現役時代だけではなくその人の人生全体を見た時にどうするべきかという視点を大切にしています。壁にぶつかったり、行き詰ったりしていて、何かヒントが欲しい時は気軽にお問い合わせ下さい。そうすることできっと前に進めるはずです。 突き指と指の骨折は、どちらも痛みや腫れの症状が出ます。 そのため、突き指だと思っていたら骨折していたというケースも少なくありません。 この記事では突き指と骨折の見分け方、治療法や期間、また応急処置のやり方について解説します。 病院で異常がないと言われても、鈍…, 腰のあたりや脚、太ももやひざにかけてビリビリとしびれるような痛みがある場合、それは坐骨神経痛かもしれません。坐骨神経痛とその原因についてまと…. この記事には23件の参照文献があり、文献一覧は記事の最後に表示されています。 この記事は46,006回アクセスされました。, 指骨骨折は緊急治療室で最もよく見られる怪我の一つです。しかし、病院へ行く前に、本当に骨折しているかを確かめてみるのも良いかもしれません。捻挫や靭帯裂傷は大変な痛みを伴いますが、緊急治療室に駆け込むほどではありません。捻挫や靭帯裂傷は医師でなくても見ればわかります。一方骨折は、内出血や直ちに医療処置が必要な損傷を伴う場合があります。, 当社はwikiHowの利便性を高めるためにクッキーを使用しています。当ウェブサイトを利用することにより、利用者は当社の, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/b\/b1\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-1-Version-4.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-1-Version-4.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/b\/b1\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-1-Version-4.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-1-Version-4.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/4\/4f\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-2-Version-4.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-2-Version-4.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/4\/4f\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-2-Version-4.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-2-Version-4.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/5\/5e\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-3-Version-4.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-3-Version-4.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/5\/5e\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-3-Version-4.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-3-Version-4.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/9\/98\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-4-Version-4.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-4-Version-4.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/9\/98\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-4-Version-4.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-4-Version-4.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/9\/92\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-5-Version-4.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-5-Version-4.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/9\/92\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-5-Version-4.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-5-Version-4.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/e\/e2\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-6-Version-3.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-6-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/e\/e2\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-6-Version-3.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-6-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/f\/f3\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-7-Version-3.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-7-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/f\/f3\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-7-Version-3.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-7-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/9\/98\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-8-Version-3.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-8-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/9\/98\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-8-Version-3.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-8-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/4\/40\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-9-Version-3.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-9-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/4\/40\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-9-Version-3.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-9-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/e\/e1\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-10-Version-3.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-10-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/e\/e1\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-10-Version-3.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-10-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/e\/e4\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-11-Version-3.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-11-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/e\/e4\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-11-Version-3.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-11-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/b\/be\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-12-Version-3.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-12-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/b\/be\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-12-Version-3.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-12-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/5\/5b\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-13-Version-3.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-13-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/5\/5b\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-13-Version-3.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-13-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/c\/c0\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-14-Version-2.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-14-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/c\/c0\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-14-Version-2.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-14-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/2\/21\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-15-Version-2.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-15-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/2\/21\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-15-Version-2.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-15-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/a\/a7\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-16-Version-2.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-16-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/a\/a7\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-16-Version-2.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-16-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/f\/f7\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-17-Version-2.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-17-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/f\/f7\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-17-Version-2.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-17-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/8\/81\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-18-Version-2.jpg\/v4-460px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-18-Version-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/8\/81\/Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-18-Version-2.jpg\/v4-728px-Determine-if-a-Finger-Is-Broken-Step-18-Version-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, http://orthoinfo.aaos.org/topic.cfm?topic=a00257, http://www.nationwidechildrens.org/swelling-bodys-reaction-to-injury, http://www.nhs.uk/conditions/broken-finger/Pages/Introduction.aspx, http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/broken-wrist/basics/tests-diagnosis/con-20031382, http://www.nibib.nih.gov/science-education/science-topics/x-rays, http://www.hopkinsmedicine.org/healthlibrary/test_procedures/orthopaedic/computed_tomography_ct_or_cat_scan_of_the_bones_92,P07649/, http://www.merckmanuals.com/professional/injuries-poisoning/fractures-dislocations-and-sprains/overview-of-fractures-dislocations-and-sprains, http://www.medicinenet.com/broken_finger/page4.htm, http://www.aafp.org/afp/2009/0901/p491.html, http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/broken-wrist/basics/treatment/con-20031382, http://www.medicinenet.com/broken_finger/page5.htm, http://www.medicinenet.com/broken_finger/page2.htm, http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/broken-wrist/basics/causes/con-20031382, http://www.assh.org/handcare/hand-arm-injuries/fingertip-injury, http://orthoinfo.aaos.org/topic.cfm?topic=a00139, Parmağın Kırılıp Kırılmadığı Nasıl Anlaşılır, 強烈な痛みや圧痛は脱臼や捻挫の症状でもあるため、直ちに骨折かどうかを特定することは困難です。, 上記以外の症状にも注意し、怪我の重症度が自己判断できない場合は医療機関を受診しましょう。, 多くの場合、腫れの後に内出血が現れます。 これは滲出した血漿の圧力で患部周辺の毛細血管が腫れたり、破裂したりして起こるものです。, 怪我の直後はまだ指を動かすことができて、骨折かどうかの判断は難しいかもしれません。 指を動かしてみると、腫れと内出血が顕著になってきます。腫脹が他の指や手のひらにまで広がってくることもあります。, 腫れが小さい、もしくは直ちに内出血が現れない場合は、骨折よりも捻挫の可能性が高いでしょう。, 骨折していれば、骨の1か所もしくは数か所がすでに断絶しているため、多くの場合、指を動かすことができません。, 激痛、腫れ、内出血、何らかの変形、指の可動範囲の縮小がみられる場合は、医師の診察を受けましょう。, 子供の指の怪我に関しては、必ず医療機関を受診しましょう。まだ若く、成長途上の骨は、適切な治療を受けないと怪我や合併症の影響を受けやすいためです。, 骨折した場合、医師による適切な治療を受けないと、手指を動かす際に痛みを伴う硬直が残る可能性があります。, 骨が正しい位置からずれて再接合すると、 手指をきちんと使えなくなる恐れがあります。, 医師は指の可動範囲を調べるために、こぶしを作るように言うでしょう。それ以外に腫れ、内出血、骨の変形などの症状がないかを診察します。, レントゲン検査は骨折の診断に一番に使われる画像検査です。レントゲン技師が X線源とX線検出器の間に指を乗せるように言います。それから低レベルの放射線を指に照射することで、骨が画像化されます。この検査は数分で完了し、痛みはありません。, CTスキャン(コンピュータ断層撮影)は様々な角度から照射したX線による情報を一つにまとめて画像化したものです。初めに行ったレントゲン検査では結果が出ない場合や、骨折に伴う軟組織の損傷が疑われる場合にCTスキャンによる画像診断を行います。, MRIは細いひびや疲労骨折(繰り返し同じ場所に怪我をすることで発生する骨折)が疑われる場合に使用されます。MRI画像は非常に鮮明で、医師は軟組織の損傷と骨に入った非常に細いひびとを識別することができます。, 指がほとんど動かない、指の変形がひどいといった場合は、正しい関節の動きを取り戻すための手術が必要な可能性が高いでしょう。, 指を完全に使えない状態で日常生活を送ることがいかに難しいかを経験すると、みなさんはきっと驚くでしょう。仕事を正確にこなすために指先の細かい動きが不可欠な整体師、外科医、アーティスト、整備士といった職業の人にとって、指骨骨折は大ダメージです。, 指を冷やします。ビニール袋に冷凍野菜を入れたものやアイスパックを薄手のタオルで包み、 そっと患部に当てて腫れと痛みを緩和します。怪我をしたら必要に応じて直ちに冷却しますが、冷却は20分以内に留めます。, 患部を圧迫します。 きつすぎない程度にしっかりと指を柔らかいゴム製の包帯で巻き、腫れを抑え、動かないように固定します。初診の際には、腫れが悪化する可能性を減らし、他の指の動きを妨げないために包帯を巻いたままにするべきかを尋ねましょう。, 手を上にあげます。可能であれば、指を心臓より高く持ち上げましょう。ソファに座って脚をクッションに乗せ、手をソファの背に乗せておくと楽です。, どの指を骨折したかによって使用する添え木は異なります。軽い骨折であれば、 怪我した指を隣の指にテーピングで固定します。, 金属の添え木に柔らかいウレタンを貼り付けた固定具(ソフトシーネやアルフェンス)で指の背面を固定し、骨折した指が後ろに曲がるのを防止します。指を手のひらの方に軽く曲げた状態でソフトシーネなどの固定具を装着します。, アルミニウム製のU字型添え木は、硬くて曲がらないため、怪我した指が伸びるのを防ぎます。これも指の背面に装着し、指が動かないように固定します。, さらに重症の場合は、グラスファイバー製の添え木で指から手首までを固定することがあります。これは要するに指用の小さなギプスと言えます。, 複雑骨折、不安定骨折、粉砕骨折、 関節の損傷といった場合は手術が必要になります。折れた骨片が正しい形状で治癒するように、もとの位置に戻す必要があるためです。, 骨折の痛みの緩和に使用される一般的なNSAID市販薬には、イブプロフェン(イブ、バファリン)やナプロキセンナトリウム(ナイキサン)などがあります。また、アセトアミノフェン(ノーシン、タイレノール)も鎮痛剤として使用できますが、これはNSAIDではないため抗炎症作用はありません。, 痛みが強い場合には、短期的に痛みを抑えるために、コデイン類の薬剤を処方されることがあります。これは治り始めに激しい痛みを生じやすいためで、医師は回復に応じて弱い鎮静剤に変更するでしょう。, 骨折した部分の周囲の組織が瘢痕化し、関節の硬直が起こることがあります。その場合は指の筋肉を鍛え、瘢痕組織を減らすためのリハビリを行います。, 治癒の過程で指骨の一部分が回転し、骨が変形することがあります。きちんと物をつかめるように手術が必要な場合もあります。, 二つの骨片がうまく接合せず、骨折部分が永久に不安定になる(癒着不能)場合があります。, 患部に裂傷があり、手術前にきちんと洗浄されていなければ、皮膚の感染症が起こる可能性があります。, 基節骨は手のひらに最も近く、指骨の中で最も長いものです。次に中節骨、そして手のひらから最も遠い指先の骨が末節骨です。, 落下、事故、スポーツによる怪我などの急性損傷は、指骨骨折の最も一般的な原因です。指先は、何をするにも一日中ほとんどの活動に使われるため、最も怪我をしやすい部位の一つです。, この記事の内容にかかわらず、怪我が重傷だと思われる場合は必ず医療機関を受診しましょう。.