新宿スワンでお馴染みの和久井健(わくいたける)先生。 最近、新宿スワンや和久井先生の作品を読む機会があり、改めて読むとやっぱり面白いなぁと思った次第です。 かなり以前から好きな漫画家の1人ですが、良い機会なので和久井健先生が今まで発表した作品をまとめてみました。 マンガ大好きユキチです。

絵も綺麗ですし(読みやすいかどうかは別にして)、数少ないチャンバラ系の名作だと思います。剣術漫画、サイコー!! 今回は、夜の街のスカウト達を描いた、和久井健さんの『新宿スワン』を、ご紹介させて頂きます。, 小市民の私には、まったく縁がないスカウトの世界と、彼らが生きる社会の闇に、「クズな人達だな…」と思いながらも、読むのが止まらなくなる漫画です。, 『新宿スワン』は、和久井健さんの連載デビュー作ですが、デビュー作が38巻も続くとはすごいですね。和久井健さんは元スカウトマンだったそうで、実際に体験した出来事をベースに作品を描いたので、読者を飽きさせない話が描けたのでしょう。, 物語は、2000年代初頭の東京新宿・歌舞伎町が舞台です。この物語以降の歌舞伎町は、客引きやスカウト行為の禁止、風俗店の摘発や暴力団への規制強化などがあり、だいぶ安全な街に変わっています。, 白鳥タツヒコ19歳。夢見て東京に出てきましたが、所持金も無くなり、歌舞伎町で夜の男達に絡まれボコボコにされているところを、スカウト会社・バーストの真虎(マコ)に助けらます。, タツヒコは、真虎からスカウトマンになるように誘われますが、女性を、水商売、風俗、AVに紹介して、斡旋料をもらうスカウトマンを、か弱い女性を食いものにする仕事…と、乗り気ではありません。, しかし、真虎から、金のために働かなくてはならないシビアな現実に、ビビっているだけだろうと指摘され、「このままでは止められない」と、スカウトになることを決意します。, 歌舞伎町のディープビジネスの世界に飛び込んだタツヒコを待っていたのは、何よりもカネがモノをいう弱肉強食の裏社会でした…。, 主人公タツヒコは、スカウトマンになるのですが、不器用で要領は悪く、仕事ができるタイプではありません。ただし、正義感が強く、女性には優しく、真っすぐで明るい猪突猛進型です。, そんなタツヒコですから、女性に騙されたり、仲間に裏切られたり、組織にも切り捨てられたりと、生きているのが奇跡と思われる問題に巻き込まれます。その都度、タツヒコの知らないところで、真虎がフォローをして、タツヒコを助けています。, 作者、和久井健さんはあるインタビューで、「タツヒコは漫画『疾風伝説 特攻の拓』の一条武丸という最凶ヤンキーがモデル。一重の三白眼が凄くカッコよく、『この目にしよう』と。愛されるキャラにしたかったので、おちゃらけたところや正義感のある性格を加えました」, と話しています。ばーチャンゆずりの天然パーマに金髪であの目つき、今までにいない主人公です。映画化されたときのタツヒコ役は、綾野剛さんが演じていました。カッコ良すぎるのと、迫力が不足だったかな。, 女性を食い物にするスカウトマンの話が面白いのか?と、私もタツヒコ同様に、敬遠していたのですが、好奇心には勝てませんでした。社会の闇に生きる男女の弱肉強食の世界。漫画だから楽しめます。, ヤンキー・タイムトラベル漫画、和久井健『東京卍リベンジャーズ』、元不良が元彼女を助けるため、タイムリープで過去に飛ぶ!. 1巻の表紙は、主人公・白鳥龍彦(タツヒコ)なのだけど、未読の人にしてみれば極悪人みたいに見えるてしまう(苦笑), でも、このタツヒコが真っ直ぐな人間で、女の子たちを夜の街に誘いつつも、ピンチの際には救い出すかっこいい男。最初からスカウトするなって話ではあるが。, 面白さは追々説明するが、これだけ面白いアウトロー作品は、なかなかお目にかかれない。目を背けたくなるような展開もあるのだけど、私としては読んで良かった名作である。裏社会を見学するつもりでおすすめしたい。, 舞台は2000年代初頭の歌舞伎町。パチンコに失敗し落ち込んでいたところを、スカウト会社「バースト」の幹部である真虎に誘われるタツヒコ。, スカウトマンとしてのタツヒコの成長や、周りで起こる人間たちの抗争やトラブルをメインに描かれている。暴力団や裏社会の繋がりがテーマでなので暴力的な描写も多い。, 数々のトラブルに対して、タツヒコがぶつかって行くが、序章から終章まで目が離せない展開に悶えるレベル。ちなみに、作者本人が体験したことをフィクションで描いているため、生々しく臨場感のある作品となった。, 初期の絵がお世辞にも上手いとは言えないのだが、徐々に上手くなっていく。最初は下手に思うかもしれないが、ストーリーに惹き込まれる気にしなくなるので、心配せずに読んで欲しい。, 本作は基本的に、タツヒコくらいしかいいヤツがいない。裏社会に属し、暴力といった過激な手段も厭わない連中ばかりが描かれるため余計にそう思ってしまう。, しかし、そんな悪たちの中にも、話を読み進めていくと「こいつ好きだな」と思う男が出てくるのも確か。彼らなりの仁義を持っていると言うべきか。, そんな私が好きなのは、武闘派の関玄介。最初は嫌なやつだなと思っていたのだけど、物語で彼がキーマンとなる場面で惚れた。, 彼なりに考えて行動している様を見ていると、いけ好かない奴から一気にファンになった。悪いイメージからの立ち上がりなので、ヤンキーが犬を拾うと優しく見える効果なのかもしれないけど(笑), 新宿スワンには、こういったひょんなことから好きになってしまうキャラがいる。他人の感想を見ているとよりそう思う。, 登場キャラが多い分だけ、読者も色んなタイプの人間を見るという楽しみが増えていくだろう。, うわ?「新宿スワン」読めば読むほど面白れ?!!登場人物が多くて当時は関係性を理解しないまま読み進めちゃったけど、一気読みすると、こことそこが!とか、あの時のお前が!とか、すげー面白い!キャラの見せ方も凄く上手い。これで連載デビューとか凄い才能だな。 pic.twitter.com/gbuci5wjuC, 読んでいると、キャバや風俗、AVってこんなことになるの!?という驚きがある。もちろん、常日頃から起こっている話ではなく、「こういった側面もありますよ」という話なのだろうけど。, 売られていく女性が出てきたりもするのだけど、やはり読んでいて怖いと感じざるを得ない。借金したり、ホストに貢ぎすぎたり。彼女らに落ち度はあるが、気がつけばヤバいことに巻き込まれることが伝わる。, 中には覚醒剤で中毒にされて抜け出せない子も・・。私は漫画だからこそ過激に描くべきだと思う派なのだけど、正義感の強い人などは胸糞悪さを抱えるシーンもある。, たまに夜の街での出来事が、事件化して報道されるが、報道できないような裏事情が本作で描かれていると思うとやっぱり怖い。読後に作者の実体験もあったと聞いた時、妙な納得感を覚えた。, 悪いことしか起こらない漫画なのだけど、それでも名作だと思えるのは、タツヒコの醸し出しているヒーロー感が強いからだ。, 物語における重要シーンでは、タツヒコが体を張って助けに入る。悪いことばっかりだからこそ、より彼の根底にある人としての優しさを実感できる。, ギラギラした夜の世界で成功を収めたいという欲求は伝わりつつ、だけど誰かを傷つけたり貶めることまではしたくないという彼のポジション。, 作中では、タツヒコに救われる子が多く出てくるが、何もせずただ読んでいる私まで救われた気分。ラストまで期待を裏切らないので、追いかけて良かった。, -犯罪・裏社会

ワニの作家だからってそこ批判すんのはどうなのよ 俺自身は台湾の件で汚さを感じて殆ど応援しなくな... ぶっちゃけ七支刀のことであって、日本刀のことではないのだけどもな。だとしてもいつもの病気だが. リアルなイメトレするとこまで一緒。訴えられていいレベル。よく恥ずかしくない... http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377985118/. 勉強になるよね.

こちらもSIDOOHと同じ、髙橋ツトム氏の作品。氏は本当にダークな世界観を表現するのがメチャクチャうまい!, 本作はアパートの隣室に住んでいる老人から「お礼に500万やるから俺を殺してくれ」と頼まれ、そこから老人の願いを聞き入れて旅に出るというストーリーです。, ヤクザの事務所に行くことになったり、訳ありの女性と出会ったり、血の繋がりの無い子供を育てることになったり…。全3巻とは思えないほど濃密な世界観に圧倒されました。, 寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)[Kindle版], 毎日を無気力に過ごしていた青年が、自分の寿命を3ヶ月だけ残して、残りを全て一年につき一万円で売ったあとの生きざまを描いたマンガです。, 誰しも「残りの寿命が可視化できたら…」という想像はしたことがあると思いますが、それに金額が付くというのは、なんだか知りたいような知りたくないような不思議な感じですよね。, ストーリーの展開も不思議さを残しつつも、決して飛躍しすぎていないので、感情移入しながら読み進めることができるでしょう。, 個人的には想像通りの結末でしたが、展開としては終始綺麗で万人受けするんじゃないかと思います。, 「上・中・下」で階層分けされているという初期設定や、富者が貧者を踏みつけていきる世界観がなんとも言えない、非常にダークな物語です。, 「中」に所属している主人公が「下」からやってきた殺し屋に食事を与えるところから物語は始まります。, 「朝蜘蛛はますに入れて神棚にまつれ 夜蜘蛛は親に似ようが殺せ」という言い伝えをもとに描かれた愛と暴力の悲劇とのことですが、物悲し気な世界観の中にもホッとする瞬間を感じてしまう、そんな物語です。, 本来の殺し屋系のマンガは、主人公の殺し屋は淡々と殺戮を繰り返すマシーンというか、心理描写などがあまり語られない作品が多いような気がするのですが、本作の主人公は異例すぎます。, ハッキリ言って、よくわからない系の主人公です。ナヨナヨしてるかと思いきや、かなりの腕っぷしのようで…。別に正体を隠すためにわざと弱者を装っているということでもなさそう。, 絵も綺麗とは言い難く、目を伏せたくなるような残虐なシーンも数多く登場しますが、一気読みしてしまいました。なんとも言えない魅力のある作品です。, 簡単に言うと「月500万を貰いながら5人の女と共同生活する1人の売れない小説家の物語」で、多くの謎が渦巻くサスペンスです。, 絵がちょっと残念なんですけど、中身はメチャクチャ面白いですよ。正確には面白いというか、夢中にさせられてしまう妙な魅力に溢れていると言った方が正しいかもしれません。, 「なぜ、このような共同生活を送ることになってしまったのか」が主軸となって、次々と急展開を迎えてしまうのですが、とにかく謎めいていて、読む人を飽きさせないんですよね。, 絵に躍動感もなく淡々と進んでいきますが、読了後には「それすらも魅力」と思えるほどの作品です。, [まとめ買い] ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―(バンチコミックス)[Kindle版], 15年前に最愛の人を失った2人の男が、1人は警察、もう1人は極道になり、日本警察に守られている犯人に対する復讐を誓った物語です。, 相反する立場に置かれた2人の主人公が、同じ目的のために立ち向かっていく姿が熱く描かれています。「事件の隠ぺいを計った刑事=犯人」というテイで物語は進んでいきますが、とにかく引き込まれてしまう世界観があるんですよね。, 絵も綺麗ですし、登場人物に好感も持てます。万人向けの『ダークな世界観を持ったマンガ』だと思いますよ。, 2010年~2015年にかけてヤングマガジンで連載されていたミステリー漫画で、昭和史最大の未解決事件とも呼べる三億円事件がモチーフになっている作品です。, 三億円事件を知っている人も知らないという人も、すごく丁寧な導入部分のおかげで取っ付きやすく描かれています。, かなり複雑な物語なので、丁寧に読み進めないと理解するのも難しく、読破するには結構な時間を必要とするでしょう。, 結末も非常に興味深いものになっているので、三億円事件に興味を持ったことがある人なら楽しめる作品だと思いますよ。, ホスト、闇金融、ヤクザ・・・そこに並んで新宿歌舞伎町で仕事をする『スカウト』の話です。スカウトに焦点が当てられてるマンガって、今まで無かったんじゃないでしょうか。, 「ナワバリ争い」や「幹部昇格」などを巡って争うことになったり、スカウトした女の子の人間模様なども描かれています。これまでに無かった着眼が一際光っているマンガですね。, 表現はマイルドになっていて、比較的読みやすい部類のように感じました。恐らく、暴力的な場面や目を背けたくなるような描写が、なるべく少なくなるように工夫されているんだと思います。, 何かに寄生されるなんて想像するだけでも吐き気がしますが、ミギーならOK!あ、ミギーというのは、本作の主人公に寄生した生物です。, 結構グロテスクな描写がありますが、それ以上にテーマが大きいので、毛嫌いせずに読んで欲しいと思うマンガの1つですね。マンガを通じて人間の存在や「命」について考えさせられると言っても過言ではありません。, 個人的にはマンガ全体を見渡してもかなり面白いと思える作品の1つです。まだ読んだことがないという人は、ぜひ読んでみてください。, 頭蓋骨に穴を開けると第6感が芽生えることがあるという手術「トレバネーション」の被験者になった1人の男の物語です。, それによって目覚めた超能力により、人がロボットに見えたり、砂の形に見えたり…。その人の真実や隠された過去が見えるという点は、不気味ながらも非常に面白いと思います。, ダークな漫画って括りにしていいかどうかは悩みましたが、人間観察が秀逸でちょっと不気味という意味では秀でている作品ですね。, 基本的に人体の不思議って面白くないですか?何かしらの障害を持って生まれた人物が、別の能力に秀でているとか、ある時「事故で失ったはずの右手が痛くなる」みたいな不思議。, やたらと評価が高かったので読んでみましたが、ただただ悲しい物語でした。最初の1巻で読み進めるのが怖くなり、続きを読むか悩んだくらいです。正確に言うのであれば、怖いというよりも「気分が悪い」というか・・・。, 最初は苦手だった『やたらと目が大きい絵のタッチ』は、最終的にはこのマンガと非常にマッチしていることに気付きます。不条理さ、理不尽さ、残酷さ・・・。悲しみの果てに待つ結末を知りたいがために読み進めてしまう不思議な感覚が、このマンガの大きな魅力です。, ※元々はkindle版で全3巻でしたが、コミックスで上下巻、kindle版だと全6巻仕様に変更されています。尚、内容は変わっていない模様。, もはや説明不要かとは思いますが『人体錬成』という最大の禁忌を犯した2人の兄弟の話です。, 「亡くなってしまった母親の笑顔が、もう1度でいいから見たい」という純粋な想いが、今後の運命を大きく変える悲劇をもたらします。, 兄のエルリックは左足と右手を失い、弟のアルフォンスは全身を失い魂だけの存在となってしまいました。, 少し暗めの世界観、錬金術という着眼、このマンガのどれを取っても唯一無二の魅力であることは間違いありません。, 重いテーマでありながらも、読み始めたらその世界観に魅了されてしまうこと間違いないでしょう。, 最初はエヴァンゲリオンのような「ロボットみたいなものに乗って、地球外から来た生物かなんかを倒す物語」だと思っていたのですが、序盤でひしひしと感じる不穏な空気によって、それが自分の勘違いだと思い知らされました。, そして真実を知った瞬間、なんとも言い難い気持ちに包まれ、読むのを途中で中断することができない状況に。, ハッキリ言って、こんなマンガは見たことがないです。普通にヒーローものだと思って読み進めると、最終的には大目玉を食らうことになるでしょう。, とりあえず、多くは語りません。時に優しく、そして残酷な物語。ぜひ読んでみてください。, 1話完結型のストーリーが非常にテンポ良く進んでいきます。内容としては、ストーリーごとの主人公が、走馬灯株式会社という所に足を踏み入れ、自分の顔を振り返ることで新たな気付きを得るというものです。, 走馬灯株式会社の設定自体は「世にも奇妙な~」にありそうな感じで、掴みから最後まで読者を夢中にさせてくれるでしょう。, そのうえで、ハッピーエンドからバッドエンドまで様々です。結末に関しても完璧と言っていいタイミングで幕を下ろした良作です。, こちらは煙屋と呼ばれる殺し屋たちの物語です。ヤクザからの依頼を受けたり、自分たちの信念に則って無償で仕事を請け負ったり…。, 個性的な4名のチームによる殺し屋稼業は非常に独特で、任務を遂行した証拠に「ターゲットの背中の刺青を皮ごと剥いで依頼主に届ける」という特徴を持っています。, 掴み所がなく、完璧に任務を遂行するという意味合いからスモーキングと呼ばれている主人公たちですが、どこか完璧じゃなくてそこそこ追い詰められたりするのも本作の大きな特徴ですね。, 私は太宰治の原作を知らないのですが、恐らくこのマンガは「太宰治の書いた『人間失格』を現代風にアレンジしてマンガ化した作品」ではないでしょうか。, 最初から最後まで負の感情の連鎖というか『人間の醜さ』のようなものが描かれていて、ぶっちゃけると「3巻で終わらなかったら、身がもたなかったかも」と思えるほどのダーク感です。, 人間の脆さを上手く表現しているので、マンガでありながらも中身は文学作品だと言っても過言ではないでしょう。, 海老蔵事件や朝青龍事件などで一躍有名になった関東連合が引き起こした「六本木フラワー事件」が元ネタになっているマンガです。, 若干の脚色はされていると思いますが「そもそもあの事件ってなんだったの?」という人には非常にわかりやすい内容にまとまっています。, とは言え実行犯でまだ捕まっていない人間もいる事件ですので、事実に基づいたドキュメンタリーというよりかは、六本木界隈を舞台にしたアンダーグラウンドなマンガくらいに思っていた方が適切でしょう。, 全5巻で読みやすいですし、所々が実際の事件そのものなので恐怖のリアリティも半端ない作品です。, ハングレにスポットが当たっており、ドラッグや恐喝、美人局などが日常的に描かれているマンガです。常識人であれば、胸クソ悪くなるレベル。, 半ば奴隷のように扱われる可愛い女の子が出てくるんですけど、エロい気持ちで見ることができないくらい痛々しく描かれています。そして途中から絵のテイストが変わってしまうのが少し残念。, ですが、事件へのカウントダウンが始まったときの恐怖感はハンパ無いです。「なにが起こるの! 最近、新宿スワンや和久井先生の作品を読む機会があり、改めて読むとやっぱり面白いなぁと思った次第です。, かなり以前から好きな漫画家の1人ですが、良い機会なので和久井健先生が今まで発表した作品をまとめてみました。, 新宿ホスト→新宿スワンと作品の構想を練り直して発表された新宿スワンはその後、映画化もされたりその人気は知っている人も多いと思います。, 当時、新宿スワンは週刊ヤングマガジンに連載されていましたが、かなり波に乗っている感じはありました。, そもそも、最初の作品も新宿スワンも新宿を舞台とした裏の顔を掘り下げていますが、それもそのはずで和久井先生自身が新宿で働いていた元スカウトマン。, 実体験を基に描かれているのでリアリティーがあるというか、普段のぞけないようなアングラな世界をのぞいている感じができたのも新宿スワンがヒットした理由だと思います。, 主人公の白鳥龍彦がスカウトマンとして成長していく姿と、白鳥が慕う上司の真虎の個人的な復讐が描かれた内容です。, けっこう最後の方はどんでん返しになるので、まだ読んだことがない人は一気に読んでみてほしい。, セキセイインコの内容は金田七(かねだなな)と呼ばれる青年が通う高校である日殺人事件が起きます。, 実はこの事件には金田本人も関わっており、彼は自分の記憶を求めて学校を飛び出します。, 彼にはメモリーと呼ばれるスタンドみたいな背後霊みたいな存在がいて、どうやらメモリーは金田自身も自覚していない秘密の記憶を持っているようで・・・, で、その金田の記憶は世界を揺るがすほどの破壊力を持っているらしく悪い組織に狙われるというお話し。超能力バトルの要素もあります。, 5巻で完結したところを見ると、あまり反応が良くなかったのか?筆者は世界観とか好きでしたけどね。, デザートイーグルが完結した2015年と同じ年に発表されたのがデザートイーグルという作品。, セキセイインコでは超能力バトルと作風が変わりましたが、ここで和久井先生の作風は戻ります。, 舞台は新宿スワンと同じ新宿で、主人公は高校1年生の鷲尾一期(わしおいちご)という青年。, 悪い組織のトップと面識のある一期と母親の復讐に燃える林檎と、新宿スワンのような展開で面白かったです。, 余談ですけど、新宿スワン=白鳥 デザートイーグル=鷲尾と主人公の名前に鳥類の漢字が入っているのは、和久井先生のこだわり?, セキセイインコは主人公の名前は金田七でしたが、タイトルがセキセイインコですもんね。, 主人公の花垣武道は人生唯一の彼女が暴走族の抗争に巻き込まれて死亡しことを知ります。, そのショックで電車に轢かれかけた彼はそのまま12年前にタイムスリップし、そこから彼女を助けるために暴走族の頂点を目指すという設定の漫画。, アングラ×暴力のまさに和久井ワールド全開の漫画です。2017年3月から連載が開始した作品なので、今後どういった展開になっていくのか楽しみ。, 新宿スワン以外、読んだことがない方は他の漫画もおすすめなのでぜひ読んでみてください。, よく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という漫画アプリです。