就職Shop◆大学中退で最終学歴は高卒◆資格・免許・職歴なし◆ニート→フリーター→ニートを繰り返すどうしようもない26歳女性ニートが唯一、超ホワイト企業に正社員就職できた就職Shop。就職Shopの公式サイトはこちら元ニートだった私が、実際に就職shopに行ってみて、正... ブランクが長くなるほど就職は不利になります。既卒1年目の未就職の状態であれば、寄り道している時間はありません。できるだけ最短ルートで就職しましょう。. ・また就活やるのは避けたい 株式会社i-plugは、大学生・大学院生の就職活動に対する意識の実体を把握することを目的に2020年2月に就活生の「企業の魅力と働き方」に関する意識調査を実施しました。2017年卒から実施を始め、今年で4年目を迎えます。政府が働き方改革を掲げてから、企業をはじめ働き手への意識改革が浸透しつつあります。そんななか、2021年卒に大学を卒業予定の就活生が「就職活動で重視すること」「企業に求めること」について何を求めているのでしょうか。働き方の観点から紐解きます。, 【調査概要】 ・無料の就職支援講座+優良企業との面接 職場の人間関係、仕事についていけない悩み、キャリアについての悩みなど・・・そうした時に社外に相談出来る相手がいるのはメリットでもあります。, 自分一人で求人を探し応募する就活方法よりも、専門家の力を利用しサポートを受けながら就活をした方が内定率の高い就活をする事ができますし、定着率も高める事が結果として出来ています。, 就職できない既卒にならないためにも、こうした既卒を専門とする就職サイトを利用して、期間を決めて集中して就活をする方法はオススメです。, 就職エージェントの中では後発なのですが、サポートの手厚さ、スピード感、求人の質などにより実績を伸ばしています。, 18~35歳までの正社員就職を希望する方をサポート対象としています。 公務員から民間企業に切替えると決めたのであれば、できるだけ早く就職先を見つける必要があります。しかし、公務員試験対策のため、アルバイトで生計を立てていたり、働かずに試験勉強に打ち込んでたりするので、民間への就活は新卒者より厳しい状況にあります。, このブログでは、公務員から民間に切り替える際、最も早く、良い会社に就職するためのノウハウをご紹介しています。, など、公務員試験の倍率が高いと受かる気がしないので、どの進路に進むべきか悩んでしまうからです。, この記事では、公務員から民間企業へ切り替えた学生や既卒者を、これまで15年以上サポートしてきたプロの就職アドバイザーからも直接取材した内容をまとめ、私の経験も踏まえて、民間への就活に切り替えた時から最速で就職できる方法をご紹介します。, 特に、公務員試験の倍率が高い都道府県ではなおさらです。しかし、大学を卒業して1年目で、どこにも所属していない無職の状態。来年同じように公務員試験を受験して失敗するリスクを抑えておきましょう。, 数年前までは、大学卒業したての学生を新卒と呼んでいました。2010~2013年頃の就職氷河期で、多くの就活生が大学卒業後に就職できずに無職になってしまいました。採用れなかった就活生の残された選択肢として、中途採用枠からの就活。大不況のせいで、ぴかぴかの新卒生が就職できないという社会的な大問題になったのです。, それから国は既卒3年ルールを設けて、企業側に協力を要請しました。最初は、既卒3年ルールに協力してくれる企業は1~2割程度でしたが、最近になってようやく7割台の企業が既卒3年ルールに協力してくれるようになっています。, ただ、今は売り手市場と言って、大卒者1人を企業2社が取り合うほど、働き手が不足している状態です。なので7割以上の企業が既卒3年ルールに乗っかっているという方が現状かもしれません。, この既卒3年ルールですが、企業によっては、既卒1年以内を新卒扱いとするところもあれば、既卒2~3年以内を新卒とするところもあります。長い所で既卒5年までを新卒とするとこともありますが、こういった企業は稀です。, 意識すべきポイントは、既卒1年目、2年目、3年目と既卒からの期間が長くなればなるほど、民間での就活は不利になります。一方で、既卒3年を超えてしまうと新卒扱いでなくなってしまうので、より民間企業の就職は難しくなるということが現状です。, 大学4年生の在学中に受ける初公務員試験は、絶対ストレートで就職してやるぞという意欲をもって受験します。しかし、残念ながら公務員試験の結果が伴わないで既卒1年目で受験する試験はここで落ちたら本当にマズイという危機感をもって受験します。既卒1年目の公務員試験も残念ながら全落ちしてしまった場合、次の試験からは焦燥感に変わります。, 気持ちが焦燥感に変わった段階からプレッシャーが大きくなるというよりも、落ち込みの方が激しく、無気力になって3度目の勉強に打ち込む気になれず、公務員試験にかける集中力は年々下がっていきます。3度目の公務員試験がダメだった場合、もう次回からは【落ち慣れ】します。倍率が高い地域であれば、このマインドになると絶望的といっていいでしょう。, 既卒1年目であれば、多少人と比べることはあっても、周りの友達は気にならず、公務員試験に打ち込めていたかもしれません。しかし、既卒2年目からの公務員試験受験の際は、周りの友達は入社2年目で仕事も覚えてテキパキこなせるようになっている時期でもあるので、焦燥感で押しつぶされそうになります。自分だけ何しているんだろうと。, 実際、友達の方は既卒2年目であっても3年目であっても応援してくれると思いますが、本人の気持ちとしては、「どうせ周りは私のことをバカにしているんでしょ」となってしまい、友達からの気にかけの連絡などを、こちらから避けてしまうことは多いです。結果として、周りの友達と自分から離れてしまうことも珍しくありません。, 既卒1年目で悩むこととしては、このまま来年も頑張って公務員浪人をするか、それとも民間企業に切り替えるべきか、その時期について悩みます。進むべき選択肢は以下の3つに分けれられると思います。, まず、考えるべきポイントが、民間に切り替えるか、それとも公務員を諦めずに試験を受け続けるかです。民間企業で、既卒からの無職期間が2年、3年と空白期間ができてしまうと、就職率は落ちていきます。, 民間企業で就活するのであればできるだけ早く行動することが必要条件です。今年の公務員試験も努力したけど、採用されるラインまでまったく届かない場合は、民間企業を視野に入れてもいいかと思います。, やはり、どうしても公務員の仕事が諦めきれず、3度目の正直で来年も今年以上に頑張って公務員試験を受けるのも一つの選択肢です。しかし、この選択肢をするのであれば、絶対公務員一本でいく!という強い意志を持っていないと来年も厳しいです。, 「もし来年ダメだったら民間に切り替えよう」という考えであればあまりお勧めできない選択肢です。, 公務員一本に絞って、来年度の公務員試験に失敗してしまった場合、考えられるのは周りの倍率が高く、学力でかなわない場合や、勉強の仕方が悪いことが考えられます。勉強の仕方が悪くて結果が出ないのであれば改善のしようはいくらでもあります。, しかし、全落ちした原因が倍率が高いということであれば、次からは他県外も視野に入れて倍率の低い地域を受験することも考えることをお勧めします。あまり県外から出たくない気持ちもわかりますが、背に腹は代えられないので、県外の受験も視野にいれていくと可能性は広がりますよね。, 以上3つの流れで進路を考えると頭も整理されて動きやすいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。, 中小企業やベンチャーは給料面では大手と比べると劣りますが、最近ではベンチャー企業で売上の高い企業も山ほど出てきているので、そういった分野で活躍するのも良いかと思います。, 「未経験者なら何歳まで採用するか」というリクナビNEXTの調査によると、23歳を機に、採用する企業が1年毎に少なくなっているのがわかります。20代後半になると23歳の頃と比べて4分の1の求人数しかなくなってしまいます。, 既卒1年目の無職期間についてや、なぜ公務員から民間に切り替えたかについて、切り替えた理由を用意しておく必要があります。, 「昔から地域の社会貢献ができる仕事がしたいと考え、公務員を目指してきましたが、競争率の高い地域で私にとって試験は難関であったので、試験勉強に専念できるようにバイトも辞めて、試験対策をしていたため無職期間があります。, 民間に切り替えた理由としては、元々地域の社会貢献できる仕事がしたいという理由で公務員を目指していましたが、再度地域に社会貢献できる仕事はないか模索したところ、公務員でなくても民間の方がより社会貢献性のある事業を行っていることに気づいたので、そこから民間へ切り替えることにしました。御社では○○のような事業を行っており、より社会貢献性があると信じていますので、御社を志望しました。」, などの理由であれば、面接官としても、納得できると思います。大切なことは、過去の事実ではなく、今のあなたです。, 間違っても、「公務員試験に何度も失敗したので民間に切り替えました」と言ってはいけません。公務員試験から逃げて民間就職に切り替えたのであれば、「困難を乗り越える馬力がない人」とマイナスな印象になってしまいます。, 民間企業を就活して、最短で採用されるためには、プロに対面で相談することが大切です。ネットで情報を探したり、対策を考えたりするだけでは時間の無駄です。公務員試験が終わった秋頃であれば、効率良く迅速に就活しないと次年度の採用に間に合いません。, 方法はいろいろありますが、現在が秋頃だとすると来年度の就活に向けて効率よく最短で行動していかなければいけません。そのため上の2つに絞りましたので、それぞれ説明していきます。, 最近では、ハローワークも進化していて、特に既卒3年以内の既卒生に向けたサービスが充実しています。その中でも注目なのが「新卒応援ハローワーク」というサービスです。既卒3年以内であればこのサービスを受けることができますが、通常のハローワークのサービスと違って新卒応援ハローワークは、個別の担当制でマンツーマンのサポートが受けられるので、就職までの道のりがスムーズです。, 既卒1年目の就活であれば新卒よりも難しいということは先ほどお伝えしましたが、プロに対面で相談する方が格段に効率はいいので、ハローワークに行く場合はこの新卒応援ハローワークを活用するのがいいです。, しかし、ハローワークのデメリットもあります。新卒応援ハローワークは、既卒3年以上であれば利用できません。また、個別でのサポートが受けられるのは良い点ですが、ブランクがあるため、面接で苦戦します。また、ハローワークの求人は、どの企業でも求人を無料で掲載できるため、ブラック求人が混ざっている可能性も高いです。, 担当者も、企業を一社一社訪問したり取材したりしているわけではないので、ブラック企業かどうかを見分けることはプロでも難しいです。実際ハローワークからの紹介で入社した企業で、労働条件が求人票と違っていて、トラブルになり短期で辞める方も後を絶ちません。その点は運試しのようなところもあることは覚悟しなければいけません。, 2つ目の転職エージェントを利用する方法ですが、これはハローワークよりも最短で就職できることが多いです。というのもハローワークは転職エージェントと比べると、求人数は断トツで多いのですが、ハローワーク側は「この企業がお勧めですよ」とマッチングはしてくれません。, 逆に転職エージェントであれば、個別の担当制でマンツーマンでサポートしてくれますし、職業適性検査や、自己分析、履歴書や面接対策などの一連を手伝ってくれます。一番転職エージェントを利用するメリットが、マッチングをしてくれるところです。, 対面でエージェントと相談した後に、相談員はプロなので、ある程度はこの企業であればこの人に合うんじゃないかという目線で、企業を紹介してくれます。ハローワークは立場上、相談員がお勧めしたくても、こういったマッチングはできないのです。就活を効率よく進めるための一番最速の方法は転職エージェントです。, 更に、注目すべきポイントとしては、転職エージェントは数多くありますが、いくつかのエージェントは、ニートや既卒、第二新卒を専門として企業を紹介してくれるところもあります。そして、書類選考なしで面接を受けれる点は、大きなメリットと言えます。, 既卒で無職期間があると、民間企業の就活を進めていけばわかりますが、書類選考で落とされることが多いです。, 就職エージェントもピンからキリまでありますが、ニート経験がある場合、正社員未経験に特化した、未経験・フリーター・既卒・第二新卒用の就職エージェントを選んだ方がいいです。, 新卒者用や中途転職者用の就職エージェントを使っても、ブランクがあったり、フリーター経験があるだけで、書類選考で落とされやすくなります。, 3か月以上、職種・業界研究、就活の仕方などを勉強してからであれば、ある程度自分の目で求人選びができるようになりますが、求人探しについては、就職エージェントを利用した方がより安全と言えます。, 就職エージェントの場合、就職サイトやハロワと比べて、就職成功率や就職スピードが倍以上高いのは有名な話です。それに加えて、質の高いエージェントだと、企業をしっかり訪問して取材しているので、ブラック企業をできる限り排除してくれています。, 私は、これまでに10社以上の就職エージェントを利用して比較してきましたが、その中でも私のような既卒に特化したエージェントは8つだけ。, 実際に、これらすべての就職エージェントを利用した私だから言えることですが、質の悪いエージェントも正直半数ほどあります。あまり大きな声では言えませんが、ハタ〇〇〇〇ブやウズ〇〇リなどはあまりオススメできません。, 就職Shopは、全国の就職支援場所の中でも、一番就職サービスが整っていて、品質が高いと断言できます。進路を変えて、これから挽回したい、周りの人に認められるような会社に入りたい、そう感じているのであれば、就職Shopで就職相談してみてください。, 実際に利用した私だから自信をもって言い切れますが、既卒から良い会社を狙うのであれば就職Shopだと見つかりやすいです。, 既卒1年目で公務員試験を失敗してしまうと、自信もやる気もなくなってしまいますよね。それに今後の将来も不安で、絶望的になる気持ちもよくわかります。しかし、民間就職への時期を逃してしまうと、公務員にも正社員にもなれない可能性も出てきてしまうので、慎重に進路選択をする必要があります。, 私も昔は安定した公務員という希望はありましたが、今は大学中退でニート期間を経て正社員の秘書として働いています。今思えば、私にとって秘書の方がやりがいがあって、毎日同じ決められた仕事をやるよりも、自分で考えて創造性のある仕事の方が向いているんだなと、この仕事に出会ってから考えるようになりました。, 既卒1年目から民間就活に切り替える場合は、就職サイトや、ハローワーク、ジョブカフェなどの就職支援サービスを使うのもいいですが、公務員試験対策期間中などのブランクがある場合には、転職エージェントなどを利用した就活の方が早く就職先は決まります。, 適職なんて、一つではありません。隠れた才能があってそれに気づいていないだけで、ほとんどの人がもしかすると適職でない仕事をしているかもしれませんね。, 現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。, 短大既卒で就職活動を成功させた人は、何が違うのか?あなたに今必要な既卒就活のコツをご紹介!, 既卒の短期離職者で就職活動中の方は必見!長く働き続けるための仕事選びで役に立つ3つの手段とは?, ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。, 人と関わらない仕事(正社員)で女性向けの長く続けられる就職先【26選】工場・新聞配達以外の選択肢, プログラマカレッジ(プロエンジニア)暴露体験談|2ch評判にない就職先やスクール内容をニート(私)が本音でレビュー. ここまでの説明で既卒3年目でも3月を逃してしまった人は新卒採用で内定をもらうことはほとんどできないこと。 既卒4年以上の人はそもそも新卒採用に応募できないことを説明してきました。 ・求職者1人1人に柔軟に対応できるエージェント力 ・普段からコミュニケーションが多い職場だと、仕事で困ったことがあれば相談しやすいため。, 【生産性への影響を気にして】 ・自分の子供でもあるのに、産んですぐの母親に任せっきりするのはどうかと思う。 ・育児は女性だけの仕事じゃない 20代 既卒・フリーター・ニート・大学中退者の就職支援に多くの実績を持つジェイックです。 倒産も徐々に増えている状況です。, 新卒採用もストップする企業もある状況です。 ・大阪オフィス ・既卒の利用もOK! 既卒1年目でも就職できる?就活の方法を解説! 新卒で就職先がない大学生はその後どうすればいいのか? 既卒は人生終了か?オワタ詰んだと思う前に知って欲しいこと; 既卒が就職活動を行う場合、どこに問い合わせるべき? 既卒2 その場合には、DYM就職やハタラクティブなど、他の就職エージェントを活用する事も検討してみてください。, 2018年に大阪にも支社が開設されましたので、関西エリアの就活にも利用ができるようになりました。, ハタラクティブも正社員成功率が高い就職エージェントです。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。). ・取り扱い業界・業種が多い サポートにスピード感もあり最短で1週間ほどで就職先が決まる方も少なくないそうです。 2021年卒の就活生は「社内の雰囲気が良い」ことが最も企業に魅力を感じる結果に。 株式会社i-plugは、大学生・大学院生の就職活動に対する意識の実体を把握することを目的に2020年2月に就活生の「企業の魅力と働き方」に関する意識調査を実施しました。

それに伴って求人数も多く、取り扱い業界・業種も広いことも就職shopの魅力となっています。 ・女性も働く時代なので、男性も女性も家事・育児をする必要があると思うから。 求人の80%以上が正社員未経験OKとなっています。, ・IT 2011年3月卒で、つい数か月前まで約1年半、既卒身分で就活していました。 正直、私の場合、既卒者でも何とかして数少ない中、探すしかない状態でした 東京の私立大に通ってましたが、卒業後は地元に戻って就活してました。

・職種・業種未経験OK求人が豊富

・元既卒、フリーターの社員が多く、悩みを共有しやすい ・AWSエンジニアになるには, 既卒の就職時期、いつが中途採用されやすい時期? 既卒の就活時期はいつが良いのでしょうか。 中途採用されやすい時期があれば、その時期を狙いたい。 いつから就活を始めると、就職が決まりやすいのか。良い時期があるならそれから就活をスタートしたいものです。 実際、既卒の就活時期によっては就職が決まりやすい時期、決まりにくい時期... 続きを読む, 既卒職歴なし 面接対策 既卒、職歴なし面接対策について。 既卒で職歴が無い方の就職活動で最大の不安は面接ではないでしょうか。 既卒フリーターであった私は、過去の就職活動で何度も面接で落ちました。 もう面接を受けるのが嫌で就活を辞めようと思ったこともあります。 その後1年間就職が決まるまで時間がかかりましたが、アルバイト... 続きを読む, 既卒 就活 アパレル 既卒者がアパレル業界への就職を目指すには 既卒として改めて就職先を考えた時、好きな事、興味があることを仕事にしたい、ということでファッション・アパレル業界への就職をお考えになっている方も多いのでは、と思います。 ファッションなら全部に興味があって好き、服が好き、人とコミュニケーションを取るのが好き... 続きを読む, ゲーム会社へ就職 既卒・フリーター 既卒、未経験者からゲーム会社に就職をしようと求人をお探しになっている方も多いと思います。 ゲーム関連会社の求人といっても様々な職種があります。 後ほどご紹介していますが、ゲームプランナーやプログラマー、ゲームディレクター、営業など幅広いです。 その中には、既卒・フリーターなど未経験者... 続きを読む, 早く就職したい 早く就職したい!という既卒、フリーター、ニートの方も多いのではないでしょうか。 「早く就職して親を安心させたい」 「早く就職して給料が欲しい、毎月の生活を安定させたい」 「求人に応募しても不採用の連続、早く就職を決めて落ち着きたい」 既卒の就活は大変になるケースも多く、モチベーションの維持、生活費や就活... 続きを読む, 既卒 4年目の就活 既卒4年目の就職活動は、厳しい就活になっている方も多いのではないでしょうか。 「大学卒業して4年。職歴なし既卒4年目はもう就職できないのでは・・・」 と弱気になっていませんか? 既卒4年目となると25歳~26歳の方が多いと思います。20代後半戦。 たしかに既卒の就職は空白期間が長くなるほど、厳しいで... 続きを読む, 20代後半職歴なし 就職できない悩み 20代後半、職歴なし。就職できない・・・と悩んでいる既卒、フリーター、ニートの方も多いのではと思います。 人手不足だし、20代の間はまだまだ就職のチャンスがあるから自分は大丈夫。 と思ってはいても、20代後半で就職できない現実に不安を覚えてしまう・・・ 30歳までには就職しないと、... 続きを読む, 既卒 3年目の就活 既卒3年目の就活、ブランク期間が長くなるとやはり就職は厳しくなってきます。 新卒向け求人サイトを利用して既卒OKの求人にも応募をしてみるけれど、書類選考が通らない・・・といったことも増えてくるのではないでしょうか。 既卒3年目の就職活動では、一番のネックとなるのがブランク期間といえます。 応募書類で... 続きを読む, 既卒2年目の就活 既卒2年目の就活、成功して就職を決めるには。 既卒が就職しやすいのはやはり大学を卒業してすぐの時期~半年ほどの期間。 新卒と比較をするとやはり既卒2年目の就活は厳しいといえます。 職歴なし未経験から正社員就職するには、求人が減り出す25歳、27歳といった区切りの年齢よりも若い時期が有利といえます。 既... 続きを読む, 既卒は就職できない、就職は無理と諦めない 既卒の就職は無理ではありません。 就職活動に苦戦する方も多いとは思いますが、就職活動の方法を選び、志望動機やアピール内容をしっかり準備することで既卒3年以上経っている方でも正社員として就職されている方は多いです。 既卒3年以内の新卒扱いの時期を逃してしまった方も、就職活動の方法... 続きを読む, ゲーム会社へ就職 既卒・フリーター 既卒、未経験者からゲーム会社に就職をしようと求人をお探しになっている方も多・・・, 既卒 就活 アパレル 既卒者がアパレル業界への就職を目指すには 既卒として改めて就職先を考えた時、好きな事、興・・・, 既卒の就職時期、いつが中途採用されやすい時期? 既卒の就活時期はいつが良いのでしょうか。 中途採用されやすい時・・・, 既卒は就職できない? 既卒は就職できない、と言われることがあります。 しかし、全ての既卒者が就職できない訳では・・・, 既卒2年目の就活 既卒2年目の就活、成功して就職を決めるには。 既卒が就職しやすいのはやはり大学を卒業してすぐ・・・, これまでに既卒やフリーターの方を何千人、何万人と就職支援してきた実績のある就職支援サイト. 中小企業と比べると初任給も数万円違う事がありますからね。, 大手企業は、日本にある企業に中でわずか1%ほどと言われます。

正社員就職成功率は、80%以上となっています。, 大手企業、上場企業からの求人も多く、40種類以上の職種と幅広い業界をカバー。 これは間違いありません。, アルバイトが楽だし、仕事が楽しくてフリーターを続けていたけれど気づいたら29歳。 (卒業後3年以内は新卒扱いとなります), 基本的には、「既卒OK、既卒可」と記載のある求人に応募するようにします。 ・どんな仕事をするにも、対人関係でストレスがあったら続かないと思うから。 ・転職ありきで考えている。常にチャレンジしたい ・募集人数が明らかに多い 事業内容:新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」の運営, 株式会社i-plug(アイプラグ) ・一つの会社で得れるスキルは限界があると思うし、様々なことを経験したと言える人生にしたいから 調査対象:2021年に卒業予定の大学生 人物重視で採用を行う企業が利用しており、書類選考で面接をうけてアピールをすることが出来ます。 既卒3年ルールができても、新卒でない限り、就職が不利な状況っていうのは変わらないんですね… 民間での就活は来年の方が不利になる. 実施期間:2020年2月13日(木)〜2020年2月19日(水)

hojin@i-plug.co.jp, 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、全従業員の完全在宅勤務を実施しております。お問い合わせはフォームからお願いします。. ・新しいことをするのも一つの手だと思います ・必要だと思うからです。, 学生が自身のプロフィールを公開、企業はその情報を閲覧し、会いたいと思った学生にオファーを送信するサービスです。入社後3年以内に約3割が早期退職してしまう、雇用のミスマッチを解消することを目指し、2012年10月、200人の学生と100社の企業の声から生まれました。1学年およそ12万8,000人、4人に1人以上の学生が登録(2019年卒実績。就活生はおよそ43万人)。大手企業から中小企業まで6,000社を超える企業に導入されています。, 株式会社i-plug(アイプラグ)