私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 健くんカッコよ ! 嵐・大野智「これが最後の恋」支えたシングルマザーとの熱愛写真!! 詳しくはこちら, さらには買い逃してしまったという人もバックナンバーの申し込みもできるようなのでサタジャニをすべて揃えておきたいという人はチェックしておきましょう。, ジャニーズはこれからも話題になるでしょうしメディアへの露出も増えていくと思いますがついにスポーツ新聞への進出というのは目の付け所が違うなと思いました♪, 別に新聞やニュースに興味なくても大好きなジャニーズの記事なら小さな活字でもさらっと読めてしまうかもしれませんよ♪.

ジャニーズのファンの方ならぜひ読みたいと思うのではないでしょうか?, そんなサタジャニを読むにはどうしたら良いのか、売っている場所や値段などの紹介もしたいと思います。, 実はサタジャニとは毎週土曜日に売り出されている日刊スポーツ新聞の一部に掲載されている記事のことを言います。, AKB新聞でもそうですがこうしてアイドルの記事を普通の新聞と同じように読めるようになったというのはすごいことですよね。, こんな風に大人気の嵐の記事も掲載されるなどこれからますます話題になるのではないでしょうか? 実は声優さんなん... ついに72時間ホンネテレビで今まで見ることができなかった元スマップであり現在新しい地図として活動している稲垣吾郎さんと草なぎ剛さんと香取慎吾... back numberの2016年のライブツアーとしてホールツアーに続いてアリーナツアーも開催することが決定しましたね。 今週のサタジャニはSexy Zone菊池風磨の登場です。19日スタートの日本テレビ系ドラマ「バベル九…についての反応をまとめた画像詳細ページです。 1946年 3月6日に日本最初のスポーツ新聞として東京で創刊した。 創業者で初代会長は徳島県出身の川田源一、二代目会長は川田博美であった。.

元気になる#KingandPrince #キンプリ#岸優太#サタジャニ pic.twitter.com/1JEAg5lZ5S, サタジャニ買ってきた♡ サタジャニを読むにはどうしたら? 実はサタジャニとは毎週土曜日に売り出されている日刊スポーツ新聞の一部に掲載されている記事のことを言います。 なのでサタジャニを購読するためには日刊スポーツを買えば読めるということです。

日刊スポーツ『サタジャニ』 コンビニにありました~ ... 1か所だけ部数が少ない新聞があったので 『これだ~』って手に取ったら 日刊スポーツ! 6.29)掲載紙面】 掲載紙面切抜です。四つ折り(B5サイズ)で発送致します。※紙面は多少シワなどございますのでご理解の上、入札願いま … 良ければぜひ見て行ってください。. ※RTしてね( 。・ω・。)ノ 凸ポチッ pic.twitter.com/CQCbWCYRG3, — ゆかりKMF2 (@17tamangosoda23) February 9, 2019, キンプリは、すごい人気ですから日刊スポーツさんも売れる記事が多くなってしまうのは仕方のない事なのかもしれません(>_<), 今さらで 日刊スポーツ(にっかんスポーツ、NIKKAN SPORTS、略称:ニッカン)は、日本国内で発行される日刊のスポーツ新聞。朝日新聞系のスポーツ新聞。, 1946年3月6日に日本最初のスポーツ新聞として東京で創刊した。創業者で初代会長は徳島県出身の川田源一、二代目会長は川田博美であった。, 日刊スポーツは全国各地の4社から発行されている。日刊スポーツ新聞社(東京都)、日刊スポーツ新聞西日本(大阪府、愛知県、福岡県)、北海道日刊スポーツ新聞社(北海道)、沖縄タイムス社(沖縄県、印刷・発行委託)があり、いずれも株式会社であり、商号においては「株式会社」を先に置いている。, 朝日新聞社と関係が強く、日刊スポーツ新聞西日本の前身会社となる名古屋日刊スポーツ新聞社・大阪日刊スポーツ新聞社・西部日刊スポーツ新聞社の歴代社長は、全て朝日新聞社出身である。また、沖縄タイムス社は朝日新聞社と報道協定を結ぶなど協力関係にあり、沖縄版の現地印刷・発行の委託を開始するなど、事実上のフランチャイズ契約を結んでいる。, なお、1面題字横の発行所クレジットは北海道日刊スポーツ新聞社発行の北海道版と沖縄タイムス社発行の沖縄版を除き、所属する地域に関係なく、全て「日刊スポーツ新聞社」と表記されている。, 英語表記が「Daily - 」でないのはデイリースポーツと同じになってしまうためであるが、創刊当初は題字下に「THE DAILY SPORTS」という英題字が使われたことがあった。[1], 明朝体の「日刊スポーツ」の文字は創刊以来不変(前述のとおり、創刊当初の極数年、下に「THE DAILY SPORTS」という文字が入っていた)であるが、1990年代後半頃まで、太陽をイメージしたライン(地紋)を、東日本(沖縄を含む)は左、西日本(沖縄除く)は右からそれぞれ横に伸びる形式で描かれていた。なお大阪・名古屋版は1990年代の一時期、左端に縦で題字を書いていたが、この時もラインは右から伸びるものであった。, 現在は「日刊」を少し大きく出し、スポーツという文字を少し小さくして、そこに青いラインが入る。その下に太い青枠で、白抜きで「Nikkan Sports」(Sは赤文字)と書かれている。なお、題字スペースのサイズはその日の1頁の紙面構成により変動する。, 長年、東京本社(関東首都圏向けのみ 2010年3月まで)と、2007年4月以後の北海道・西日本(統合前は大阪・名古屋・西部)本社版の地域宅配版では、最終面にテレビ番組面を掲載していた。関東版については、親企業である朝日新聞社が1992年にGコードを掲載するようになってから、長らくそれを付けていた[注 7] が、地デジ対応のため、2009年3月29日付で廃止)が、現在は中面見開きとなった。, 後述するが、関東版は2010年4月1日から、それ以外も2011年4月1日からはテレビ欄を全国的に中面に移動(これにより最終面はダブル1面に)2011年度から関西・関東版はテレビ欄の字を読みやすく2ページ見開きになる。, テレビドラマを対象とした賞。春夏秋冬のクールごとに選考が行われたうちの各上位5位から、毎年4月に年間大賞が選出される。2020年現在で第23回。ウェブサイト「ニッカンスポーツ・コム」などによる読者投票により選出される。, もともとは日本初のスポーツ紙、独立した新聞としてスタートした経緯があるため朝日新聞社の拠点とは異なる場所に置かれていたが2000年代辺りから同業他社に倣うかのように、朝日新聞社の拠点ビルに集約する動きが続いている。東京社も同じ築地街区に朝日新聞東京本社がある。, 1頁の題字の発行クレジットは北海道(北海道日刊スポーツ新聞社)と沖縄県(沖縄タイムス社。事実上のエリアフランチャイズ)を除き、すべて発行地域に関係なく「日刊スポーツ新聞社」で統一され、それぞれの対象地域に準拠した地域本社の住所が収録されている(広島総局は西日本本社の大阪本部、沖縄版は東京本社の住所と併せて「沖縄地域発行 沖縄タイムス社」としてある)。なお東京版では過去に全本社の住所が掲載されていた。, 1部売りは東京・北海道両本社発行分は150円(消費税込み)だが、大阪・名古屋・西部各本社発行分は140円、沖縄タイムス社発行分は60円とそれぞれ10円、90円安い。月ぎめ購読料は消費税込み3,353円(大阪・名古屋両本社発行分も含む、沖縄県は1,029円)。なお、親会社の朝日新聞が展開する電子版「朝日新聞デジタル」とのセットコース(対象は日本国内の新聞販売店で日刊スポーツを宅配購読していれば利用可能)を申し込むことができる。, 2014年3月31日付までは名古屋本社発行分は120円と他紙より10円安かったが、これは地元スポーツ紙の中日スポーツ(1部120円)が圧倒的なシェアを有しているための販売政策であった。消費税率が8%に上昇した同月4月1日から、東京・北海道各本社発行分は1部140円、名古屋本社発行分は1部130円にそれぞれ10円値上げ。大阪本社発行分は2020年3月31日付まで1部130円を維持していたため、1面の右上に130円と赤文字で明記することによって、他紙より安いことを訴求していた。西部本社発行分も2014年4月以降は1部130円に据え置いていたが、2015年4月1日付から東京・北海道両本社版同様140円に値上げ。消費税率が10%に上昇した2019年10月1日以降も、1部売りの価格を据え置いたため、東京・北海道・西部各本社版では1面の右上に青文字で140円と表記していた。2020年4月1日付から、東京・北海道両本社発行分を1部150円に、大阪・名古屋両本社発行分を1部140円に値上げ(西部本社発行分は140円据え置き)。大阪・名古屋両本社版では、1面の右上に青文字で140円との表記を入れている。, 西日本地区を統合に向かわしめた原因に、ニッカンのライバルスポーツ紙でもある『スポーツニッポン(以下スポニチ)』の全国統合がある。スポニチは、ニッカンと異なり大阪で発足しその後東京・西部が分かれたが2004年に東京を本社として再統合し、大手3紙系のスポーツ紙としては初めて全国1社体制を確立した。朝日新聞社としても日刊の地域密着路線を維持しつつも経営・事業運営の効率化からこの動きを注視しており、この経営統合は全国1社体制の準備段階ととらえることができる。, なおスポニチは、全国統一後も沖縄県については沖縄タイムスのライバル紙『琉球新報』に業務委託(『新報スポニチ』)している。, 以下は朝日放送制作・関西ローカルの生放送番組で、日刊スポーツ西日本の編集委員・デスク・記者がレギュラーで出演。, 1ANNでは報道部門のみの参加。NNNフルネット局(NNNのニュース番組は全て同時ネットしているため)。2NNN、FNN/FNSとのクロスネット局。ANNでは報道部門のみの参加。3加盟局が運営・出資する衛星放送(CSチャンネル)4旧EXは2014年に現EXに放送免許を譲渡。5旧ABCは2018年に現ABCに放送免許を譲渡。6一般番組供給部門のみの参加。7母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。, エミー賞 (プライムタイム・デイタイム・国際) - ゴールデングローブ賞 - サテライト賞 - ピーボディ賞 - ピープルズ・チョイス・アワード - ヒューゴー賞 - サターン賞 - NAACPイメージ・アワード - GLAADメディア賞 - 全米監督協会賞 - 全米脚本家組合賞 - 全米映画俳優組合賞 - 全米撮影監督協会賞 - 視覚効果協会賞 - エディー賞 - MTVムービー&TVアワード, 英国映画テレビ芸術アカデミー賞 - イタリア賞 - ローズ・ドール - モンテカルロ・テレビ祭, エランドール賞 - コンフィデンスアワード・ドラマ賞 - ザテレビジョンドラマアカデミー賞 - TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー - 東京ドラマアウォード - ドラマ原作大賞 - 日刊スポーツ・ドラマグランプリ - 橋田賞 - 文化庁芸術祭 - 向田邦子賞, その後、中国新聞広島制作センター(ひろしまちゅービーパーク)での印刷に変更されている。, http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1440136.html, http://www.oricon.co.jp/news/2049407/full/, http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1525966.html, http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1591422.html, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/13/kiji/K20160113011849710.html, http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1741400.html, “吉田照美「飛べサル」で終了言及「就活やってます」newspaper=nikkansports.com”, http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1741692.html, https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801140000651.html, https://web.archive.org/web/20091108120714/http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/11/05/0002494941.shtml, https://web.archive.org/web/20091109091906/http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200911060013.html, http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1742227.html, フィフィ「私は問いたい、なぜ平成16年の警察の積極的介入を盛り込んだ児童虐待防止法改正に反対した蓮舫議員が、虐待死の件で現政権を責めることが出来るのか」, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/11/05/kiji/20201105s00041000288000c.html, “NHK、紅白歌合戦の有観客開催の一部報道を完全否定 報道に「大変遺憾」 9月に無観客開催を公表済み”, https://hochi.news/articles/20201105-OHT1T50122.html, http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20140927-1373398.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日刊スポーツ&oldid=80437121, 上記の各地域新聞社による発行紙面の他、東京本社では「東北版」「静岡版」、大阪本社では「中四国版」「広島版」、名古屋本社では「東海版(元気とうかい)」(2009年4月1日に従来の大阪日刊社・名古屋日刊社・西部日刊社の三社が日刊スポーツ西日本(大阪が本社)に一本化され、元気とうかい面消滅)などのローカル情報も細かく扱い、一部はインターネット上でも読む事が出来る。, スポーツ紙における社会面のパイオニアであることもあり、社会面の記事が充実している。このため、一時期担当部署が社会部として独立していたこともあったが、現在は文化社会部に統合されている。記事は, Web版のコラムは野球、サッカー、釣りと幅広く連載されている。有名人のコラムも多く、, 2007年4月から大阪本社・名古屋本社が発行する土曜・日曜(原則)の中央競馬面を「極ウマ」と名づけて、, 基本の版建て(締切時間の違いによる商品記号)は、締め切りの早い順に(遠隔地への配送順に)東京制作は6版、7版、7版★、7版★★、7版★★★。, 東京版・大阪版を使用していても、1面に地元の記事を載せる場合もある。例えば、北海道では、, 記事や広告など、名古屋版に差し替えたページには、版建て記号の後に「名」が付く(例・, 2006年1月から、大阪で独自に制作されていた大阪版と名古屋版の文化・芸能面が、東京の, 一部の記事(一部一般スポーツ、芸能、社会など)で、欄外端(奇数ページ=左端、偶数ページ=右端)に、その頁掲載記事についての関連の一口メモ的な1行記事が掲載されている場合がある。, 2007年4月から2011年3月は最終面でNHKと在阪(関西)・在名(名古屋)準キー局のフルサイズ番組表、下段左側に, 最終面下段は2009年3月までは解説欄であったが、2009年4月以後解説面を芸能面下段に移す代わりとして日替わりコラムが掲載されるようになった。, アダルトページは別ページで変わらず(大阪・名古屋版は即売でも連載していない)。家庭版では番組ガイドなどに置き換え。, 番組表は、2009年4月-2011年3月までは朝日新聞同様最終面と中面に移され、全九州(沖縄除く)・山口のテレビ局、, 関東・関西・北海道ではテレビ面を最終面に配置していた時代も、不定期にて主要イベント開催時(, なお静岡県向けと東北向けは、宅配・即売ともに引き続き地域版を最終面掲載。裏一面は中面に移行掲載。, これに伴い、最終面にあったテレビ面を中面掲載としたほか、芸能面を2ページから3ページ(うち1頁はテレビ面と隣接)に拡大移行した。芸能面ではお宝写真付きになる。, 2011年4月1日から、北海道・西日本(大阪・名古屋・西部)本社版もテレビ面のリニューアルにより中頁移行となった。, 日刊スポーツ新聞西日本大阪本社(旧:大阪日刊スポーツ新聞社)(対象地域:近畿2府4県、三重県の伊賀地区と熊野市以南、石川県、福井県、山口県西部を除く中国地方、四国4県), 日刊スポーツ新聞西日本西部本社(旧:西部日刊スポーツ新聞社)(対象地域:九州、山口県西部), 日刊スポーツ新聞西日本名古屋本社(旧:名古屋日刊スポーツ新聞社)(対象地域:愛知県、岐阜県、大阪本社エリアを除く三重県、富山県).