「ホラー映画」だけは日本の方が欧米よりレベル高いよな,なんjのスレをまとめています。あまり伸びずに落ちてしまったスレが中心です。たまには長いスレも。 VHS ホーム » 日本って世界で5本の指に入る映画国家だよな? 「インドが入ってないからエアプ」「韓国映画にも勝てない」「黒澤明がスゴいだけの国」2chなんJ海外映画まとめ ホラー映画を日本の作品に絞っておすすめします! ジャパニーズホラーと呼ばれ、国内外でも高い評価を得ている日本のホラー映画。本気で怖い映画が観たい人におすすめの7つの傑作ホラーと、ちょっと笑える5つのホラー邦画作品をご紹介します。

2019年に日本で公開され、当サイト『ホラー通信』でご紹介したホラー・スリラー・ゾンビ映画のなかから独断でセレクトして振り返っていきますよ。年間ベスト10に入れたい作品、冬休み中に観ておきた …

… ホーム » 【悲報】日本映画さん、びっくりするくらいダサいタイトルの映画公開「センスどこいった? 」「タイトルよりもポスターw」「邦画ポスターは何の決まりがあってこうなるんや?」 2chなんJダサ … 漫画(まんが、英語: comics(コミック)、cartoon、manga)とは、狭い定義では笑いを企図した絵をいい、「戯画(カリカチ... 趣味 映画館(えいがかん、英: cinema, 米: movie theater)とは、映画を観客たちに見せることを主目的とした施設のこと。映... 趣味 1.人間が自由時間に、好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、事柄やその... ジョーカー

更新済み 2019年10月24日, B級映画 / おすすめ映画まとめ / おもしろB級映画まとめ / おもしろ名作映画まとめ / なんJ映画部まとめ / アクション映画 / コメディ映画 / ファンタジー映画 / ホラー映画 / ミステリー・サスペンス映画 / 映画悲報 / 映画悲報 - ジャンル別 / 映画速報まとめ / 映画雑学・豆知識まとめ / 最新映画ネタバレまとめ / 海外の反応まとめ / 海外ドラマ / 漫画・アニメ原作 / 面白ネタまとめ, 『ジョーカー』(原題:Joker)は、2019年制作のアメリカ合衆国のスリラー映画。, DCコミックス『バットマン』に登場する最強の悪役(スーパーヴィラン)ジョーカーが誕生する経緯を描く。ホアキン・フェニックスがジョーカーを演じる。第76回ヴェネツィア国際映画祭で最優秀作品賞にあたる金獅子賞を受賞した[6][7][8]。R15+指定。, 財政難に陥り、人心の荒むゴッサムシティに住む大道芸人のアーサー・フレックは、母ペニーの介護をしながら、自身もまた福祉センターでカウンセリングを受けながら毎日を過ごしていた。彼は、発作的に笑い出すという病気を患っていた。アーサーはコメディアンを目指していたが、なかなか機会に恵まれず、それどころか不良少年に仕事を邪魔されたことの責任を押し付けられるなど、報われない人生だった。, ジョーカー(The Joker)は、DCコミックスの出版するアメリカンコミック『バットマン』に登場する架空のスーパーヴィラン。ビル・フィンガー、ボブ・ケイン、ジェリー・ロビンソンによって創造され、1940年4月の”Batman #1″で初登場した。, バットマンの最大の敵として名高いジョーカーは、“Clown Prince of Crime”(犯罪界の道化王子)、“the Jester of Genocide”(虐殺する宮廷道化師)、“the Harlequin of Hate”(憎悪するハーレクイン)、“ace of spades”(スペードのエース)など様々なニックネームで呼ばれる。DCユニバースの進化の間に、ジョーカーの解釈およびバージョンは、次の2つの形式をとっている。オリジナルの知性と歪んだユーモアを持つサディスティックなサイコパスと、1940年代から1960年代にかけて人気があった、1960年代のテレビシリーズのような無害なイタズラ泥棒である[1] 。, 大衆文化の中で最も象徴的なキャラクターの一つとして[2][3]、ジョーカーはこれまでに創造された最も偉大なコミックのヴィランと架空の人物の中に挙げられている[4][5]。キャラクターの人気から彼の衣類やコレクターアイテムとして多様な商品が存在する。, 【悲報】映画『ジョーカー』、ヤバすぎてガチで社会問題化しそう「無敵の人にグサグサ刺さる」「逆に大人に見せたらアカン映画」2chなんJおすすめ映画まとめhttps://hihomovie.com/映画ジョーカー無敵の人ヤバすぎ社会問題2chなんj/

『パージ:エクスペリメント』(6月), 『アナベル 死霊博物館』はジェームズ・ワンが手掛けた『死霊館』シリーズのスピンオフ、呪いの人形“アナベル”を描いたシリーズの3作目。かなり凶悪だった前作から一転、たっぷり怖がれて目一杯楽しい、ホラー映画初心者にもオススメしたいアトラクションのような良作でした。『死霊館』のウォーレン夫妻が出ているのも嬉しい!, 日本を代表するホラーアイコン“貞子”を描く『貞子』は、言わずもがな『リング』シリーズの最新作。『リング』『リング2』を手掛けた中田秀夫監督がふたたびメガホンをとり、Jホラーファンを歓喜させました。貞子の恐怖はまだまだ続きそうですが、果たして?, 『パージ:エクスペリメント』は、1年で一晩だけ殺人を含むすべての犯罪が合法になる法律“パージ”を描いた人気シリーズ最新作。シリーズの前日譚にあたる今作では、スタテン島を舞台に“パージ”の始まりとなる史上最悪の実験を描いています。, 名作・傑作のリメイク作品。観る方にとっても満足度のハードルがかなり上がってしまいますが、意欲的なリメイク作品が2作ありました。まず、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が、ダリオ・アルジェント監督の1977年の魔女ホラーを再構築した『サスペリア』。オリジナル版とはかなり印象は違いますが、“見てはいけないものを見てしまった”感じは共通しているかも。オリジナル版に主演したジェシカ・ハーパーの出演も嬉しいポイント。, 『チャイルド・プレイ』は、“チャッキーという名のおもちゃの人形が人を殺しまくる”という要素のみを残した大胆リメイク! “連続殺人鬼の魂が乗り移った人形”というオリジナル版のなかなかブッ飛んでいる設定を、“人工知能を搭載した人形の暴走”という現代的な設定に置き換え、便利すぎるテクノロジーへの畏怖を物語に落とし込みました。「可愛くない!」という声が多数聞かれた新しいチャッキーの顔ですが、一見不気味で敵に回したくないけど愛着が生まれればギリギリ可愛く見える、という絶妙なラインを突いており、個人的には非常に秀逸だったと思います。, 『ゴーストランドの惨劇』(8月) 映画悲報|おすすめ映画2chまとめ © 2020. 1.人間が自由時間に、好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、事柄やその... クラシック音楽

『貞子』(5月) 更新済み 2019年9月11日, B級映画 / SF映画 / おすすめ映画まとめ / おもしろB級映画まとめ / おもしろ名作映画まとめ / なんJ映画部まとめ / アクション映画 / カンフー映画 / コメディ映画 / テレビドラマ / ドキュメンタリー映画 / ファミリー映画 / ファンタジー映画 / ホラー映画 / ミステリー・サスペンス映画 / ヤクザ・極道映画 / ラブロマンス映画 / 実写化映画 / 怪獣・特撮映画 / 戦争・歴史映画 / 映画悲報 / 映画悲報 - ジャンル別 / 映画速報まとめ / 映画雑学・豆知識まとめ / 時代劇映画 / 海外の反応まとめ / 海外ドラマ / 漫画・アニメ原作 / 西部劇・ギャング映画 / 面白ネタまとめ, 映画(えいが)とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像(写真)を映写機で映写幕(スクリーン)に連続投影することで、形や動きを再現するもの[1]。活動写真、キネマ、シネマとも。, なお、本来の語義からははずれるものの、フィルムではなくビデオテープなどに磁気記録撮影されたものや映画館で上映される動画作品全般についても、慣例的に映画と呼ばれている。, 映画という語の本来の意味は「画を映すこと」あるいはそうして「映された画」ということである。そのため、近世末期においては写真と同義に用いられていた[2]。そこから転じて、「(スクリーンなどに)画像を映し出すこと」や「映し出される画像」、さらに長いフィルムに撮影された「動きのある画像」に対しても用いられるようになっていった。, 邦画バカにしまくってるマンってどんな映画見てるんや?「面白い日本映画っていまだに黒沢や小津なんか?」「本当に洋画のほうが演技力ええか?」 2chなんJ日本映画まとめhttps://hihomovie.com/邦画バカにしまくる奴どんな映画見てる?2chなんj/ 『クロール 凶暴領域』(10月) 日本映画(にほんえいが)は、一般的に日本国内の映画館などで公開されることを前提として、日本国籍を持つ者、あるい... 漫画 映画通『日本映画はダメだなぁ・・・』素人『ダメだなぁ』なんJ民『ダメやなぁ』「邦画は面白くないって定着したからしゃーない」「大人もアニメ観てる国じゃクソ実写化しかできないよね」 2chなんJ邦 …

DCコミックス『バットマン』に... クラシック音楽

漫画(まんが、英語: comics(コミック)、cartoon、manga)とは、狭い定義では笑いを企図した絵をいい、「戯画(カリカチ... 実写 628 ... ぶっちゃけ純粋なホラー映画よりサイコスリラーとかのほうが怖いの多いよな . VHS(ブイ・エイチ・エス、Video Home System:ビデオ・ホーム・システム)は、日本ビクター(現・JVCケンウッド)が1976年... 悪役 日本映画(にほんえいが)は、一般的に日本国内の映画館などで公開されることを前提として、日本国籍を持つ者、あるい... スティーヴン・キング Powered by  - Designed with the Hueman theme.

『ジョーカー』(原題:Joker)は、2019年制作のアメリカ合衆国のスリラー映画。

1.人間が自由時間に、好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、事柄やその... ジョーカー 日本映画

『ピアッシング』(6月), ジェームズ・ワン製作、新鋭監督のマイケル・チャベスがメガホンをとった『ラ・ヨローナ ~泣く女~』は、南米に伝わる“ヨローナ(泣き女)伝説”を題材にしたホラー。『アナベル 死霊館の人形』に登場したペレズ神父が登場しており、死霊館ユニバース作品とカウントして良さそうな感じですがちょっと曖昧なところでしょうか? 今作のマイケル・チャベス監督はジェームズ・ワンからバトンを引き継ぎ『死霊館』の3作目に当たる『The Conjuring:Devil Made Me Do It(原題)』(2020年本国公開)の監督に抜擢されており、今後要注目です。, 一方、『アップグレード』は、ジェームズ・ワン監督との長年のタッグで知られる脚本家・俳優のリー・ワネルの監督作。全身麻痺になった男が人工知能の力で超人となり、妻を殺した犯人の復讐に乗り出すSFアクションスリラー。監督としてもその才能を開花させたワネルは、古典ホラー『透明人間』をリブートする『The Invisible Man(原題)』(2020年本国公開)の監督を務めています。, 『ピアッシング』は村上龍の原作をニコラス・ペッシェ監督が映画化したスリラー。殺人願望のある男と自殺願望のある女の危険な出会いを描きます。ペッシェ監督は2020年に全米公開される『呪怨』の新たなハリウッドリメイク版『The Grudge(原題)』の監督・脚本を手掛けています。, 「今年一番怖かった映画は?」と問われたら真っ先にこれを挙げたい『ザ・バニシング―消失―』。とある女性の失踪事件、彼女の行方を追う恋人と、その真相を唯一知る男が出会った時、絶望のラストが待ち受ける……。1988年本国公開の本作ですが、2019年になってようやく初めて日本で劇場公開と相成りました。巨匠スタンリー・キューブリックすら震え上がったというこの作品、ネタバレなんか読んでもこの怖さは伝わりません! 是非その目で、この絶望を確かめて下さい。, そして、ゾンビコメディといえばこの映画、エドガー・ライト監督×サイモン・ペッグ&ニック・フロストの黄金トリオによる『ショーン・オブ・ザ・デッド』。日本ではこれまでイベントや名画座などでの限定的な上映こそあったものの、劇場未公開という扱いでした(言葉のニュアンスが難しいですが)。15年の時を経て、2019年に初めてロードショー! スクリーンで観る『ショーン~』、まったく色褪せない傑作でしたね。, シリアスなゾンビ映画はなかなか作られませんが、定期的な供給があるのがゾンビコメディ映画。イギリス発の『アナと世界の終わり』は、ゾンビコメディに青春物語とミュージカルを盛り込んだ“青春ゾンビミュージカル”。クオリティの高い楽曲と、人生の厳しさを突きつけるシビアな展開で、ティーンエイジャーの成長をアツくアツく描きました。ホラー映画の大ファンである監督は、本作が念願の初ホラー作品だったそう。, 一方、『感染家族』は韓国発の爆笑ゾンビコメディ。田舎町に住むぼったくり一家が、ゾンビによる若返りビジネスに思いつき、とんでもないゾンビパンデミックを引き起こしてしまいます。『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)の爆発的なヒットでようやくゾンビ映画の人気と認知度が高まったという韓国、本作にもそんな偉大な『新感染~』へのオマージュが!, 『ハッピー・デス・デイ』は、ビッチで身勝手な女子大生が、殺される誕生日を繰り返すタイムループ・ホラーコメディ。殺しにくる犯人を突き止め、死亡を回避すればタイムループは止められるのか? 何度も何度も同じ日を生きた主人公の心境の変化が泣かせます(泣)。日本では一作目とセットで観たい続編『ハッピー・デス・デイ2U』と連続上映されました。ソフトや配信で観る際も是非とも2作セットで観て下さい。面白さと感動が段違いです。, 『マローボーン家の掟』は、奇妙な掟を守って暮らすマローボーン家を描いた傑作スペイン・ホラー。ホラーだけどホラーだけじゃないんです。驚きの展開に思いっきり翻弄されながら観るのがいいと思いますのでこれ以上は何も言えません! あ、『スプリット』『ミスター・ガラス』『ウィッチ』の女神的俳優アニャ・テイラー・ジョイちゃんが相変わらず素晴らしい存在感を発揮していることはお知らせしておきます。, 超人的なパワーを持つ少年が、正義ではなく悪の道に目覚めてしまったら? 愛されて育ったはずのひとりの少年が、田舎町を恐怖に陥れるアンチスーパーヒーロースリラー『ブライトバーン 恐怖の拡散者』。メガホンをとったのはデヴィッド・ヤロヴェスキーですが、『スーパー!』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガンが製作を、ガンの弟ブライアン・ガン、いとこのマーク・ガンが脚本を手掛けています。ジェームズ・ガンに縁のある方々もカメオ出演してますよ!, 『アス』は、『ゲット・アウト』で鮮烈な監督デビューを飾ったジョーダン・ピール監督の最新作。自分たちにそっくりな“わたしたち”に襲撃される一家の恐怖を描きます。“わたしたち”はどこから来たのか? そして目的はなんなのか? 『ゲット・アウト』と同じく、現実社会を風刺する物語になっています。意味が分からずに観てもミステリアスで恐ろしく、意味が分かるとまたゾッとするのがジョーダン・ピール映画。鑑賞後はこちらの解説をどうぞ。, 2000年代に大流行したPOVホラーの進化系と言えるのが、韓国に実在する心霊スポット“コンジアム精神病院”を舞台にしたホラー『コンジアム』。ネット生放送で再生数を稼ごうとする若者たちが、心霊スポットに入り、またひとりまたひとりと消えていく……。様々なカメラを駆使して暴き出されるコンジアム精神病院の恐ろしい真実。ちょっとトラウマになるレベルのシーンもありました……。思い出しても震える。, そして、ジュブナイル映画やホラー映画の黄金期である80年代に愛とオマージュを捧げたジュブナイル・スラッシャー『サマー・オブ・84』。「お隣さんが連続殺人事件の犯人では?」と疑った少年が、ボンクラな親友たちと調査に乗り出します。監督を務めたのはチャリンコ版マッドマックスこと『ターボキッド』でカルト的人気を博すクリエイターチームRKSS。, ホラー映画の金字塔と、サイテー映画の金字塔を並べてご紹介しちゃいます。ちなみにどちらも原題が『~オブ・ザ・デッド』だったりも。, この作品なくしてゾンビ映画は語れない、ジョージ・A・ロメロ監督が手掛けた『ゾンビ』の公開40周年を記念し、日本公開時の特別編集版を復元した“日本初公開復元版”でリバイバル上映。これまでソフト化されておらず、公開した当時に観た人の記憶の中にしかない激レアバージョンの復活でした。主要キャストであるケン・フォリー、ゲイラン・ロスが来日したりと、アツい40周年になりましたね。, まさかのHDリマスター版で12/28よりリバイバル上映される『死霊の盆踊り』は、史上最低の映画監督として映画化もされた伝説の男、エド・ウッドによる脚本・原案のエロティックホラー。エロティックホラーと言っても“死霊”という設定の裸の美女たちが延々踊り続けるだけです。“サイテー映画”、“Z級映画”と呼ばれながら、忘れることができない唯一無二の存在感、そしてその珍妙な内容にぴったりの邦題も相まって伝説となりました。, あなたが観たor観たい作品はいくつありましたか? お気に入りの作品が入っていなかったらごめんなさいね。, 2020年も注目したい作品が続々決まっております。1月は小説家・乙一が監督を務める『シライサン』、2月はアリ・アスター監督の話題作『ミッドサマー』、清水崇監督の『犬鳴村』、恐ろしすぎる児童書を映画化した『スケアリー・ストーリーズ』など。以降もたくさんの話題作が控えてますので、情報解禁を楽しみにお待ちください!, 『IT』の世界に足を踏み入れろ! ウォークスルー型ホラーVRアトラクション『IT/イット カーニバル』ティフォニウムお台場に登場, “ぬいぐるみ”みたいな可愛いフィギュア 「Cutie1」シリーズに『IT/イット』ペニーワイズがラインナップ, 毎年でも会いたい。 『IT/イット』のペニーワイズが美少女フィギュアになりました[HORROR美少女シリーズ], 『ドクター・スリープ』インタビュー動画解禁 スティーブン・キング「ユアンは僕が描いたダニーそのもの」, ビル・マーレイも思わず笑っちゃった。 映画『ゾンビランド:ダブルタップ』NGシーン集, 気付かなかった…… 映画『ドクター・スリープ』に『シャイニング』のダニー少年役俳優がまさかのカメオ出演, 痛みで、心が満たされる。 “異物”を呑み込む危険な欲望描くスリラー『Swallow/スワロウ』日本公開, 女子高生と殺人鬼の体が……入れ替わっちゃった! 『ハッピー・デス・デイ』監督新作『ザ・スイッチ』日本公開, コロナ禍でもメガヒット! 松原タニシ原作のエンタメ・ホラー『事故物件 恐い間取り』Blu-ray&DVDが2021年2月発売, 『新感染』の4年後の世界はこうなった…… 『新感染半島 ファイナル・ステージ』“半島”でのサバイバルを切り取った場面写真一挙解禁, 日本公開なるか? Jホラーの父・鶴田法男監督が手掛けた中国ホラー『ワンリューシュンリン』のゾッとする予告編, クローネンバーグ監督が“交通事故マニア”の偏愛描く90年代衝撃作『クラッシュ』 4K無修正版で日本公開, 世にも奇妙なキャラクター“西野ン”がホラーゲーム「PIEN~ぴえん~」を乗っ取り! 「NISHINON~にしのん~」DL配信開始, その男を乗せてはいけない。 ルトガー・ハウアーが“殺人ヒッチハイカー”を怪演する『ヒッチャー』HDリマスター版が劇場公開, 『猟奇島』から『サイコ』まで…… 痛烈で痛快な人間狩りスリラー『ザ・ハント』脚本家が明かす“影響を受けた作品”, 妖しくも美しい“空想上の親友”が精神を支配する。 SpectreVisionがおくる狂乱のスリラー『ダニエル』日本公開, 古典ホラー「ねじの回転」を再映画化『ザ・ターニング』リリース フィン・ウルフハードらが“不気味な子供たち”に変貌, これが“ネット荒らし”の報いだ! ラドクリフが両手に拳銃固定で殺し合い強制参加『ガンズ・アキンボ』日本公開.