東京がカボレのスーパーシュートで先制したものの、後半カウンターから同点とされ、さらにロスタイムにセットプレーで逆転を許す残念な展開。微妙な判定のあやもあり、悔しい敗戦となった。 降りしぶく雨の中キックオフ。 東京ヴェルディ fc ... ロスタイムには、今野→徳永がドリブルで上がり、ライン際からニアに送ったグラウンダーのボールに、赤嶺が身体ごと飛び込む。 ... fc東京は2トップで、カボレや赤嶺には縦の速さがあるので、カウンター攻撃には注意していた。 fc東京 東京ヴェルディ; 28' カボレ: ... いずれも決めきれず、このまま引き分けかと思われたロスタイム3分の中でのことだった。それでも人数をかけて攻めに出る途中で奪われ、ヴェルディmfディエゴに鋭いミドルを放たれる。 東京サポさん”緑が大嫌い”チャント~審判ブーイング20150607 松本山雅FC×FC東京 南ゴール裏より - Duration: 1:08. takuchandayon 198,306 views 1:08 Jリーグ、東京ヴェルディの藤本 寛也選手の情報です。サッカーを楽しむならdメニュースポーツ!試合速報や選手データ、最新ニュースを無料でご覧頂けます。 観衆 22,503人 天候 曇、弱 気温 16.7度 湿度 58% 主審:高山 啓義 副審:山崎 裕彦/前島 和彦 四審:牧野 明久, リーグ第6節は東京ヴェルディと対戦、味スタでの開催ながらアウェイゲームとして戦う。前節味スタで約半年ぶりの勝利を挙げ、今節は連勝をめざすとともに、絶対に負けることのできない東京決戦。選手たちは口々にか「ヴェルディとの試合はクラブ同士の戦い。ピッチに立つ僕たちが一番にそれを表現したい」と話し、気合も十分だ。 ただし、茂庭が右肩の様子を見て欠場。そのためセンターバックは佐原と藤山が組み、羽生がトップ下、カボレと赤嶺が2トップを務める4-3-1-2の布陣で臨むことに。U-19日本代表の活動でチームを離れていた大竹もサブに控えた。 3年ぶりにJ1に復帰したヴェルディは、ご存知のようにFWフッキが電撃加入。攻撃力は格段にアップしている。前節初勝利を挙げ、勢いもあるはずだ。今節はMF河野が負傷のため欠場となったが、まずはFWフッキを中心にトップ下のディエゴ、左MFレアンドロと、強力な個人技を持つ攻撃陣を抑えることが必要になる。前線からプレスをかけ、切り替えの早い攻撃を仕掛け、固い守備を崩していきたい。攻守に連動した動きでスピーディな展開に持ちこめば、隙は突けるはず。ヴェルディの個人技をチームで抑え、勝利を! 曇り空の味スタ、アウェイスタンドには多くの東京ファンが駆けつけた。試合前から大声援を送り、まさにホームの雰囲気の中、試合は17時3分に東京のキックオフでスタートした。, 序盤は互いに激しくプレスをかけ合い、ボールの奪い合いが続いた。ヴェルディは2分にFWフッキが右サイドを疾走。4分にはFWフッキにシュート体勢に入られるが、いずれも長友、藤山が身体を張って守りきる。6分には東京が右CKを得る。すると羽生のキックをクリアしようとした相手DFのヘッドがネットを揺らす。しかし、ゴール前で反則があったとの判定でノーゴールに。13分には、徳永のFKがゴール前に抜けたところに羽生が突っ込み、相手GKと交錯しながらもシュート。相手の隙を突く動きでチャンスをつくったが、ボールはわずかに枠外に。 しかし、徐々にヴェルディの支配を許し、早い攻撃を仕掛けられて押し込まれることになる。同時に、反撃を狙っても前線でボールを収められず、攻撃の形をつくれない。それでも守備陣は奮闘。塩田、藤山、佐原を中心に粘り強く守り、決定的なピンチには至らなかった。37分には東京の右CK。羽生のキックは相手GKがパンチングするが、DFと浅利が競り合ったこぼれを梶山が拾い、トラップから巧みに反転してシュートを放つも、枠の上に。42分には、攻め込む中で奪われ、カウンターをくらったが、FWフッキのドリブルは、藤山と長友が挟み込むように奪う。 互いに気迫にあふれ、激しい攻防が続く中、迎えた43分、今度はFWフッキの突破をファールで阻止し、右エリア外・サイドからのFKを与える。これをMFディエゴが短く中に出し、FWフッキがシュート。ボールは鮮やかに左上に決まり、失点…。ここまでよく耐えしのいでいたが、嫌な時間帯に先制を許した。ロスタイムには、今野→徳永がドリブルで上がり、ライン際からニアに送ったグラウンダーのボールに、赤嶺が身体ごと飛び込む。ボールは相手GKの飛び出したゴールに向かったが、カバーに入ったDFにクリアされ、同点弾は奪えず。1点のビハインドを背負って後半へと折り返した。, 1点は失ったものの、後半に勝負を賭けた東京、切り替えの早い攻撃からリズムをつかみ始めた。52分には、梶山がインターセプトから、エリアまで進入してシュート。だがGKのセーブに阻まれる。ヴェルディもスピーディな仕掛けからチャンスをつくり、57分、MFディエゴ→左エリアに流れたFWフッキがダイレクトでシュート。これは右のポストに当たって追加点は免れる。60分には、ヴェルディの左スローインから、FWフッキがゴール前に送ったボールに、MFディエゴがフリーで抜け出す。決定的な場面だったが、シュートは塩田の好セーブでCKに。 攻守の入れ替わりが激しい展開の中、61分には浅利に代えて大竹を投入。4-4-2の布陣で反撃を狙った。すると直後の62分、右サイドから大竹がドリブルで上がり、外側のカボレに。カボレはエリア手前の赤嶺にクロスを送り、ワンタッチで落とす。そこに走り込んだ羽生が、ダイレクトでシュート。アウトにかけてコントロールされたボールは、右上に吸い込まれ、貴重な羽生の今季初ゴールで同点に! スタンドもヒートアップし、勝ち越しのムードが高まる中、67分には、カボレが右エリアで相手DFを切り返して、クロス。ゴール前の赤嶺は打ち切れなかったが、ファーの大竹が受け、シュートモーションから中央の梶山に。梶山もシュートと見せかけ、再び大竹に。そこから外を上がった今野につなぎ、シュートするがDFに阻まれる…。69分には、足の様子をみた羽生に代えてボランチに金沢を投入、大竹がトップ下を務める布陣で“もう1点”を狙う。 激しい攻防は続いたが、徐々にラインが間延びしてきたヴェルディに対し、パスをつないで攻勢に出る。75分には、カウンターからカボレ→赤嶺がループでゴールを狙ったが、バーの上に。77分には赤嶺に代えて平山を投入するが、チャンスに決められないまま時間は過ぎた。87分には今野の攻め上がりからCKを奪ったが、大竹のキックに合わせた佐原のヘッドは、わずかに左に…。 たが、ロスタイムの表示が出たばかりの89分のことだった。左サイドの長友が、中央に上がった金沢からリターンを受け、再び中央の平山に預けてゴール前まで走りこむ。ボールは平山→金沢がつなぎ、左サイド後方の梶山がクロス。これをファーの今野がヘッドで落とし、ゴール前にフリーで抜け出した長友が胸トラップ。シュート体勢に入ったところで、足を伸ばした相手DFのオウンゴールを誘い、劇的な勝ち越し。あきらめず、粘り強く、気迫あふれるプレーでチャレンジを続け、逆転に成功。ヒートアップした激戦の東京決戦を制した。 【選手コメント】《長友》「難しい試合だったが、サポーターの声がすごくて、ずっと応援してくれて力になった。(決勝点の場面は)ずっと縦に勝負していたので、一度金沢選手に当てて、中に入っていこうと考えた。そうしたら金沢選手がうまく外に開いてくれて、中で仕事ができるスペースがみつかった。そこに今野選手からいいボールが来た。オウンゴールになっても決まってよかった。ヴェルディの攻撃陣は、FWフッキだけでなく、みんなスピードも強さもあった。ただ自分も1対1には自信があるので負けたくなかった。この1試合だけではなく、コンスタントにこういうパフォーマンスを続けられるようにしたい」《羽生》「ダービーは想像以上だった。サポーターの応援、気持ちもすごかったし、監督からもいままでのFC東京の歴史を理解した上で、勝負にこだわっていこうと話されていた。前半は0対1でもOKだったと思う。前半終了間際の失点で嫌な感じはあったが、45分トータルで考えればプランどおり。攻められても、こちらのチャンスもありそうな雰囲気だったので、そこを見逃さずに突こうとした。後半も攻め急がず、状況を見てプレーすれば必ずチャンスはつくれると考えていた。(得点シーンは)決まるとしたら、あそこしかないと思っていた。ループ気味に飛んで、GKもタイミングがとりづらかったと思う。ただ、今日は得点以外ではあまり効果的な動きも、ボールに関わる数そのものも少なかったと思う。ダービー特有のガシャガシャした試合で、リスクを負わないプレーも多かった。そのあたりは個人的な課題。充実感のある試合を増やしていきたい」 【城福監督の会見要旨】「ヴェルディのMFディエゴとFWフッキという素晴らしい個の力を、チームとして出させないようなゲームの入りをした。前半はそれができたと認識している。MFディエゴとFWフッキがフレッシュな時には、前を向かれると彼らの特長を最大限に活かされるので、相手の良さを消すために、我々はコンパクトに戦った。前半辛抱できれば、ヴェルディは後半間延びするので、我々のサッカーができると考えていた。最後のFKでやられて、嫌な終わり方をしたが、後半はまず自分たちのペースを崩さないこと、前半の最後のほうでやっていたサッカーを継続することを大事にして臨んだ。自分たちのバランスを崩して点を取りに行くのではなく、慌てないでやり続けようとした。後半、まず羽生選手がいい形で点を取ってくれて、チームとして生き返った。浅利、羽生、赤嶺と、交代した選手もみんな自分たちの役割をまっとうしたため、後から入った選手もプレーしやすかったと思う。(ダービーの感想は?)どの試合も、結果として勝ち点0か1か3か、しかないが、メディアやサポーターの方々がすごく盛り上げてくれた。そういう文化を作っていただき、私はとても感謝しているし、ピッチに立つ人間は、より責任を負って戦うことになる。そういう場が一試合でも多いほど、選手のレベルアップになるし、日本のサッカーにとってプラスになるはず。こういう熱い試合を続けていくことが、FC東京にとっても日本のサッカーにとっても大事だと思う」 【ヴェルディ・柱谷監督の会見要旨】「ダービーということをしっかり意識して、我々は前半からアグレッシブに勝ちに行った。だが最後の最後でひっくり返されてしまった。観ている人々、サポーターにとってはエキサイティングだったかもしれないが、非常に悔しいゲームとなった。前半に関して、ラフなプレーが出たり、FC東京がリトリートしてロングボールを蹴るなど、我々のことを警戒して研究しているなという感じはあった。FC東京は2トップで、カボレや赤嶺には縦の速さがあるので、カウンター攻撃には注意していた。両サイドバックのオーバーラップに関しては、時間を作らせないようにと。もし出てきた時でも落ち着いて守ればいい。1対1で負けなければ、そんなにやられる相手ではない。1人ずつマークがずれても、落ち着いてゴール前を固めればいいと指示をしていた。それでも失点0で抑えることは難しいと思ってはいたが、反対に我々が2点目を取れなかったことが痛かった。その代償として最後のロスタイムの失点に繋がったと思う。私たちはずっとポゼッションを大事にしてきたが、FWフッキにボールが入った時、気持ちが入りすぎて、ボールを持ってしまうことが多かった。本当は1~2タッチのプレーを混ぜてほしいが、そのため今までやってきたチームとしてのポゼッションが、今日は低かったと思う。そこで中盤のMF井上を代えてMF柴崎を入れ、もう少しポゼッションを上げようとしたが、ボールを回せずにドタバタした後半になってしまった。FC東京が逆にポゼッションをし出したので、その部分ではMF福西にコントロールを頼んでいるが、彼も疲れてきて中盤同士の距離が遠くなってしまった。(大竹の投入により、流れが変わったか?)確かに変わったと思う。MF富澤には、しっかり目の中に入れて逃さないこと、ドリブルはあるが捕まえてしまえばそんなに怖くはないという話はしていた。ただ、我々にもそういう武器があれば…という気持ちはある。MF河野が膝の負傷で出場できなかったことは残念だった」. 観衆 18,431人 天候 雨、無 気温 20.1度 湿度 88% 主審:吉田 寿光 副審:間島 宗一/平野 伸一 四審:上荒 敬司, リーグ第22節は東京ヴェルディと対戦、ホーム・国立競技場で迎え撃つ。前節対浦和戦はボールを支配しながらもゴールを奪えずに敗戦を喫した。今節は、めざすサッカーで得点につなげることが最大の課題。今季4度目の対戦となる東京決戦だが、ホームで是が非でも勝利し、はずみをつけたい一戦となる。 東京は長友、今野が日本代表の活動で一時チームを離れていたが、今節は元気な姿でスタメンに。金沢と赤嶺も、8/6ナビスコ大分戦以来の先発に。また、攻撃陣のポジションをこれまでとは変え、赤嶺が最前線に入り、カボレが左、エメルソンが右という3トップに近い形。中盤は今野、梶山、羽生という布陣で臨むことになった。 対するヴェルディは現在13位で、東京との勝ち点は3差しか離れていない。これまでの東京決戦で対戦した時からはメンバーも代わり、変化を見せつつ、チームとしての一体感と熟成を高めつつある。攻撃では、FW平本、飯尾、移籍加入のFW大黒らを軸に、バランスを失わず、連動した動きで攻めに出てくる。突破力のあるFW陣には十分な警戒が必要だが、ボールの出所となるMFディエゴ、福西をはじめ、中盤の選手もしっかりケアしていくことが大事になる。 同時にヴェルディは、前線から果敢にプレスをかけてくるため、それをかいくぐり、前線までどうボールを運んでいくかが一つのポイント。城福監督は「これまでのヴェルディとはプレスのかけ方が違うが、我々のボールの動かし方は大きく変わらない。得点を取るためにつないでいく」と狙いを話し、テンポのよいパス回しや、サイドチェンジでリズムをつくっていきたい。その上で、チャンスのシーンでは勢いと迫力を出したいところ。 今季これまでの3度の東京決戦では、すべて東京が勝利を果たしてきた。今節はヴェルディも『絶対に負けられない』という強い気持ちで臨んでくるだろう。それを上回り、跳ね返せるどうかも大きなポイント。気迫のこもった戦いでゴールと勝利をめざす。雨足はそれほど強くないものの、雨の降りしきる国立。試合は18時34分に東京のキックオフでスタートした。, 雨でスリッピーなピッチの上で、攻守の切り替えが早い攻防が続いた。その中でも東京らしいサッカーを仕掛け、リズムを掴んだ。6分、相手ボールを奪い、羽生が左サイドからドリブルで持ち上がってエリアまで進入、シュートを放ったが枠外に。7分には、梶山の展開から、今野が右サイドを上がってクロス。いい仕掛けをしたが、相手DFに阻まれ、スローインに。8分は、長友のクロスから右CKを得る。羽生のグラウンダーのキックには詰められなかったが、こぼれを拾って梶山がミドル。13分には、カボレ→梶山が左から攻め上がり、中にドリブル。左エリアからシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。 18分、ヴェルディMFディエゴのパスから、FW大黒が左エリアで佐原と1対1に。シュート体勢に入られるが、佐原のブロックでカットする。21分には、序盤に顔面を負傷した今野が再び出血、治療のためにピッチを離れている間に、ヴェルディ左SB服部が攻め上がり、アーリークロスを送られる。ボールはゴール前にピタリと送り、FW大黒がダイビングヘッドを放たれるが、至近距離からのシュートは塩田の好セーブでピンチを逃れる。続く23分には、ヴェルディが左サイドからパスをつなぎ、最後はエリア中央からMFディエゴにシュートを打たれるが、これも塩田がセーブ。その後も主導権を握り、羽生、エメルソンの縦横無尽な動きや、今野と梶山も交互に前へ飛び出し、左サイドに位置するカボレ、長友のクロスなどからチャンスをつくった。 25分には、右から上がった今野が、外の長友にパスを預けてエリアに進入。長友のクロスはファーの羽生のもとにピタリと。羽生はミートし切れなかったが、折り返したボールが中央のカボレに届くが、しかしシュートは空振り。続いて右エリアの今野が拾ったが、シュートは大きく上に…。立て続けに決定機をつくったが、決めきれなかった。しかし迎えた28分、自陣でカボレが果敢なチェイスからボールを奪い、前の羽生につなぎ、攻めあがる。リターンを受けて、中盤でフリーとみるやミドルを放つ。目の覚めるような見事なシュートがネットを突き刺し、ゴール! カボレのスーパーゴールで先制点を奪った。 34分には、相手FKを阻んで逆襲を仕掛け、今野のドリブルから、左寄りにフォローした羽生が左エリアにラストパス。ここにカボレが走りこみ、左足のアウトでシュートを狙ったが、枠は捉えきれず。40分には左エリア角の手前でFKを得て、梶山が直接狙ったが、相手GKがキャッチ。1点のリードで前半を終了した。, 追加点を狙い後半も果敢に攻め込み、チャンスを作る。開始早々、ヴェルディDFラインのパスをエメルソンが奪い、外側を上がった長友に。長友は高い位置からクロスを上げるが、中央でカボレと赤嶺が交錯して打ち切れず。しかしこぼれを赤嶺が粘り強く追いかけ、オーバーヘッド気味に押し込もうとしたが、GKがセーブ。49分には、中盤のルーズボールを奪い、カボレ→左の赤嶺に。赤嶺は寄せてくる相手DF2人を粘り強くかわして、右から上がったエメルソンに。そこから浮き球のパスに合わせ、梶山が飛び出したがオフサイドに。53分は、エリア手前からの今野のシュートのこぼれを長友が拾い、右エリアからマイナスのパス。ゴール前の赤嶺がダイレクトでシュートを放ち、ビッグチャンスを作ったが、わずかに右に切れた…。 追加点を決めきれない中、54分には中盤でボールを奪われ、ヴェルディSB服部→MFディエゴがスピードに乗ってミドル。ポストに当たって跳ね返ったが、精度が高く、勢いのあるシュートにヒヤリとさせられた。そして61分、エメルソンの自陣でのパスを再びヴェルディに奪われると、MFディエゴ→交代出場直後のMFレアンドロが前線にスルーパス。同時にFW大黒が東京DFの裏に素早く飛び出し、塩田と1対1に。追いすがる東京DFを尻目にゴールを決められ、ミスから同点に追いつかれた…。 ここまでいいリズムできていただけに残念な失点となったが、それでもヴェルディにペースを握らせず、63分にはエメルソンに代えて浅利をボランチに投入、梶山が上がり気味のポジションを取り、2点目を狙いにいった。65分には高い位置で、相手ボールを前に出て奪った茂庭→カボレに。カボレはDF土屋と競り合いながらも左エリアまで持ち込み、シュートを放つが、大きく外れる。71分は、梶山→羽生が攻め上がり、左エリア手前から狙い澄ましたシュートを放つ。ボールはゴール右上をきっちり捉えたが、GKのセーブに阻まれた。73分には左サイドからのFKを得る。一度はDFにクリアされるが、こぼれを拾った長友の豪快なミドルがネットを揺らすが、前線の今野がオフサイドの判定……。 78分には羽生に代えて石川を投入するが、その後はともに疲労も見えて運動量が落ち、カウンターの応酬に。84分には自陣でヴェルディにパスを回されて、クリアし切れず、最後は金沢のパスがヴェルディDF服部にわたり、左エリアからシュートを打たれる。86分には石川が右サイドから中に持ち込み、一度は相手DFにブロックされたが、こぼれをループで狙う。 いずれも決めきれず、このまま引き分けかと思われたロスタイム3分の中でのことだった。それでも人数をかけて攻めに出る途中で奪われ、ヴェルディMFディエゴに鋭いミドルを放たれる。ブレたボールは塩田のセーブでCKに逃れたが…。このCKから、ヴェルディDF那須をフリーにしてヘッドを決められ、タイムアップ。最後のワンプレーで失点を食い止められずに勝ち越しを許し、負けられない東京決戦で痛い敗戦を喫した。 【選手コメント】《カボレ》「前半は非常にいい形でできたと思うが、勝てなかったことがとても残念。先制点は、自分が左サイドでボールを奪って、羽生選手からリターンを受け、そこからロングシュートを打って…という展開。いいシュートだったとは思う。今週は、自分の左サイドから攻めの形を意識し、ゴールを取るチャンスを狙っていたので、そこで決めることができたことに関しては嬉しく思いたい。左サイド寄りのプレーは、自分がボールを受けて1対1で勝負できるような、スピードを活かせるポジションなのでやりやすいと感じている」《今野》「最後はカウンターを受けて、自分のミスからミドルを打たれてCKになったので、すごく悔しいし、残念。今日は梶山選手とのコンビで、どちらか1人が必ずヴェルディMFディエゴをケアする形で、攻撃になったら自分も前に行くし、チャンスがあったら梶山選手も出ていくやり方だった。自分が前に行ったシーンもあったが、やっぱりそこで点を取りたかった。そういう場面で決めていかないと最後が苦しくなってしまう。その点も残念だった。チームとして2点目を取るために足りないのは、フィニッシュそのものの課題もあるが、シュートまでの過程でも精度などが足りない。そこをもっと高めていきたい」 【城福監督の会見要旨】「前節と同様に、ホームでファンの方々に悔しい思いをさせて非常に申し訳ない。2点目を取れないということが一番の敗因。結果として形を作っても点が入らないというのは自分の責任であり、あるいはピッチの上のテクニカルな部分で何らかの原因がある。ネットを揺さぶったもののゴールにつながらなかったシーンもあり、非常に悔しいが、それでも、もっと早く2点目を取らなければいけなかった。失点に関しては、もちろんどんなミスでもそうだが、2点とも防ぎ得た失点だった。そこは、個人的なミスを含めて経験が足りない。今回のことを深く刻まないといけないと思っている。(カボレが左サイドでボールを受けることが多かったが?)練習では、カボレが前を向きやすいポジショニングを考えてやってきた。前を向いた時にドリブルで相手陣地深くまで入っていけるので、そこでの彼の特徴を活かす狙い。チームとして相手陣地でサッカーをやるという意味で大事な武器だと考えた。(途中出場のヴェルディMFレアンドロへの対応について)ヴェルディが攻めにかかければ、FW平本選手も含めて攻撃的な選手が出てくると思っていた。その中でも、我々は守備のブロックを作り、MFディエゴ周辺のところでサッカーをさせる回数を少なくすることを狙いとしていた。それがやれてなかったとは思わない。もちろん途中交代で出てくるヴェルディの選手の特徴は掴んでいたが、まずは自分たちがブロックを崩さず、マイボールになった時にしっかりボールを運んでいくということを大事にした。(2か月間、1得点しか取れない状態が続いているが、思い切った手を打たないと打開できないのでは?)今日の手が思い切ったものかどうかは、観る人の判断によるが、自分としては普通の手ではないと考える」 【ヴェルディ・柱谷監督の会見要旨】「ダービーらしい熱いゲームができた。そして久々に勝てたことがとてもうれしい。先制されたが、選手たちがよく我慢して追加点を与えなかった。後半勝負をかけ、うまく2点目が取れた。1回目の戦いでは最後の最後で逆転負けしていたので、今度は我々が逆転で勝ててとても満足している。前半は、サイドで2対2、もしくは3対2をうまく作られてしまい、サイドチェンジをまたされて…という感じで、前に行きたいのに上手く回された。ただ、それは想定していて、その中でもカウンターを仕掛けていこうというプランはあった。引かされていたのは仕方がないかなという範囲。しっかり守れと指示をしていた。後半はMFレアンドロを入れて勝負していくので、それまではバランスを崩さないようにと。それから、サイドをもっと使っていこうとした。カボレのスーパーゴールで少しびっくりしたが、そこは仕方がないと切り替え、0対0のつもりで行こうと指示した。(今季初逆転だが?)粘れるようになったことと、あとは前節の鹿島戦であまりに1対1が弱く、やられていたのは意識の問題だと考えていた。1対1で粘れるようになったことが、接戦に持ち込める状態になったということ。(後半、MFディエゴを左サイドに置いたのは?)長友選手が攻め上がってくるので、チーム全体として、その後にそこで起点を作るようにと試合前から話していた。瞬間的にダイレクトプレーで相手のスペースに流れること、そして起点を作って逆サイドに持って行けという指示だったが、やはり長友も上手いし速い。なかなか行けなかったが、さすがに東京が前掛かりになり、両サイドが開いてきたので、そこでMFディエゴが頭を使ってくれた。MFレアンドロとの話し合いもあったと思う」.