Copyright© Watch Queue Queue.

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. posted 2020/10/25 11:00

Copyright (c) J-CAST, Inc. 2004-2020. 2019年3月21日、電撃引退を表明したイチロー。プロ野球選手としての実力は誰もが認めるものの、その言動には常に賛否両論があった。野村克也が希代の天才・イチローを丸裸にし、その功罪についてあらゆる角度から斬りまくる――というのが本書『イチローの功と罪』 (宝島社新書)だ。 This video is unavailable. スポーツ名場面集; 2020年7月31日 8:17: 133367: 1431: 1290: スポーツ; 松井秀喜; 野球; mlb; ニューヨーク・ヤンキース; ワールドシリーズ; ペドロ・マルティネス; 伝説; まるで、神の御業だわ! スポーツ名場面集; 2020年7月31日 7:17: 133367: 1431: 1290 (09/06)メジャーの群像 松井秀喜 (09/05)メジャーの群像 イチローIchiro (09/02)野球 イチロー 2007年ファインプレー集 (08/30)桑田真澄 栄光と挫折 2007 (08/25)巨人5000勝 心に残る名場面 [part2of2] (08/24)巨人5000勝 心に残る名場面 [part1of2] プロ野球・巨人が開幕直後に6000勝を達成した。球団創設84年に及ぶ長い歴史の中には忘れられない名シーンがいくつもある。あの長嶋茂雄の天覧ホーマー、王貞治の通算756号の本塁打世界新記録などの一瞬はファンの胸に深く刻まれているだろう。そこで、スポーツ取材歴56年の筆者が記憶に残る巨人選手の「あの一球、あの一打」を選び当時の舞台裏を紹介する。第1回は「松井秀喜の涙-。」, 武上四郎打撃コーチ(故人)が困り顔で監督室に入ってきたのは1998年(平成10年)9月10日のことだった。当時、巨人の優勝はかなり厳しい状況にあり、長嶋茂雄監督が進退伺を出していたことから解任の噂が広がり、次期監督に元西武監督の森祇晶氏の名がスポーツ紙をにぎわしていた。, 「監督が辞めちゃう。長嶋監督がいない巨人なんて考えられない。それに僕をここまで育ててくれた恩返しをしたい。せめて三冠王をとるまでそばで見守ってほしい」, 春先、左ヒザを傷めて周囲が休養を勧めたときも「監督にとって契約切れの大事なシーズンなのにここで休んだら一生悔いが残る」と、松井は痛みを隠して出場し続けた。, それが恐れていた方向に着実に進み、松井はいたたまれぬ日々を送っていた。打撃練習でもまったく元気がなく、むちゃ振りを繰り返すばかり。, ©2020 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL, 阿炎「夜の店」騒動の波紋 新妻に更生誓ったのに…またお騒がせ 芝田山広報部長「情状酌量の余地ない」, 招かれざる客!?巨人「諸悪の根源」発言の兵庫で悪戦苦闘 初の有観客も4連敗で首位陥落. 7回には2死ランナー無しの場面でも敬遠し、甲子園球場はメガホンが投げ込まれるなど騒然となり、試合後にも大きな騒ぎになりました。 今回は馬淵史郎監督の凄さが分かる名言や語録を紐解き、松井秀喜敬遠に見る野球理論や指導方法にも迫ります。 野球をこよなく愛する一般人代表を自負しております。

スポーツ名場面集; 2020年7月31日 8:17: 133367: 1431: 1290: スポーツ; 松井秀喜; 野球; mlb; ニューヨーク・ヤンキース; ワールドシリーズ; ペドロ・マルティネス; 伝説; まるで、神の御業だわ! スポーツ名場面集; 2020年7月31日 7:17: 133367: 1431: 1290 お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, 長期連載「野球の国から」の新シリーズ「平成野球史」を、新元号となる5月まで送ります。時代を変えた野球人、時代を彩った名勝負、時代を揺るがした事件。「平成」を深掘りして考察します。, 巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜(44)は、平成時代に日米通算507本塁打を放った。プロ1号と最後の507号。2本には共通点があった。, 2012年(平24)6月1日。レイズ松井は、オリオールズ戦で先発チェン(元中日)から2号本塁打を放った。146キロの内角速球をコンパクトなスイングで捉え、右翼席最上段まで運んだ。, 本来の弾道だった。当時37歳の松井は前年オフ、移籍先が決まらず、開幕後の4月30日にレイズと契約。メジャー合流後は調整遅れを取り戻そうと、もがきにもがいていた。だからこそ試合後は「飛距離も出たし、いい本塁打。状態はよくなってきているような気がします」と好感触を口にした。だが、その後は古傷の左ヒザ痛にも苦しみ、成績は下降線の一途をたどる。結局、この1本が最後の本塁打となった。, スター街道を歩んできた一方で、根底には常に反骨心があった。巨人入りした93年、宮崎キャンプのフリー打撃では豪快弾を連発したものの、オープン戦では沈黙。当時の長嶋監督は「開幕2軍」を通告した。優等生的発言が多かったが「落としたことを後悔させたい」と言った。温厚な表情の裏に潜む熱が、万人を満足させる放物線の源にあった。, 同年4月10日。長嶋復帰で沸く東京ドームから遠く離れた高知・春野のイースタン開幕戦で、松井はプロ1年目の初日を迎えた。牧歌的な地方球場。「緊張した」と言いながらも、その年新人王を獲得するヤクルト伊藤智仁(現楽天投手コーチ)からプロ初アーチを放った。2軍戦で、記録上は「0号」。それこそが、長嶋監督へ向けた意地の1発だった。, 約1カ月後の5月2日。前日、1軍デビュー戦で初安打を放っていた松井は、9回裏、ヤクルト高津から右翼席へ正真正銘のプロ1号をたたき込んだ。「打っちゃった。打っちゃったよ」。当時19歳。にきび面が残る満面の笑みは、今でも忘れられない。, 1軍定着を目指していた無心の1号と、現役存続をかけたこん身の507号。その差に何があるのだろう。何もないと思う。, 引退後、自らの引き際を語った。「自分がやりたくても、力になれないのであれば、やっても意味がないですから」。天賦(てんぷ)の才だけで507本塁打は積めない。チーム。ファン。そして自分自身。感情を制御しながら、あらゆる期待を受け止め、応えようと努力し、反骨の熱をバットに込め、平成最強のスラッガーに君臨した。【四竈衛】, (C)2020,Nikkan Sports News. All rights reserved. JRA史上初、3冠馬3頭が揃い踏み… 参戦を決めたそれぞれの理由, 巨人、大量16人「戦力外通告」の真相 原辰徳監督の戦略と台頭する“第7世代”の実態とは, 「2年連続最下位オリックスがなぜ“高校生”ばかり…」が的外れなワケ ドラフトウラ話【オリ・楽天編】, 他球団スカウト「あぁカープに獲られた!」「1番のビックリ指名はDeNAの…」 ドラフトウラ話【広島・DeNA編】, 「他のベテラン選手はどうしている?」オシムが日本でずっと気になっていた“あの選手”とは, 大山加奈が不妊治療の全てを明かした「キャリアと自分の人生、両方を手に入れられる社会になってほしい」, 自動車部品の検品をしていた遠野大弥はなぜフロンターレに? 「1年は待てません」から始まった福岡生活, 引退発表当日…オシムが語った“サッカー選手・中村憲剛”「できることなら撤回してほしい」, 【引退】23歳五十嵐亮太vs巨人最終打席の松井秀喜「全球ストレート」で50号はあまりに強烈だった. つれづれベースボール。 2020 All Rights Reserved.

Watch Queue Queue 当サイトを通じて野球への興味が更に深まって頂けると大変嬉しく思います。, 幾多の苦難が待っているであろう未来に、くじけず負けないよう、自分の持っているさまざまな武器で、いろいろな戦い方ができる強い心を教えている, 大事なことはチームにいる唯一の大人として、高校野球の監督は、選手の現在と未来を見据え、情緒や雰囲気に左右されることなく、教育的判断すべき, 2020年プロ野球の中継を無料でネット視聴する方法は?動画配信サービス別に全球団を徹底解説!, 球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】, 球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】, 鳥谷敬の凄さが分かる名言・語録集!阪神一筋の天才打者の伝説エピソードから努力論まで, 井端弘和の凄さが分かる名言・語録集!いぶし銀と呼ばれた天才ショートの伝説エピソードから努力論まで. 2019年3月21日、電撃引退を表明したイチロー。プロ野球選手としての実力は誰もが認めるものの、その言動には常に賛否両論があった。野村克也が希代の天才・イチローを丸裸にし、その功罪についてあらゆる角度から斬りまくる――というのが本書『イチローの功と罪』 (宝島社新書)だ。 幾多の劇的なドラマを生み続けている高校球児の聖地甲子園球場。毎年、春と夏に熱い戦いを見せてくれますが、その長い歴史の中には物議をかもす試合もいくつかありました。その最大のものが松井秀喜の5打席連続敬遠でしょう。その作戦を立てたのは高知県の明徳義塾高校野球部監督、馬淵史郎です。, 2002年、夏の選手権大会では優勝し、甲子園通算50勝は高校野球史上5位の勝ち星を誇る名将馬淵ですが、その独特の語り口は「馬淵節」とも言われ、甲子園の名物でもあります。, 1992年、夏の選手権大会の2回戦で、馬淵率いる明徳義塾は石川県の強豪星稜高校との対戦し、超高校級打者として注目されていた4番の松井を5打席連続で敬遠します。, 7回には2死ランナー無しの場面でも敬遠し、甲子園球場はメガホンが投げ込まれるなど騒然となり、試合後にも大きな騒ぎになりました。, 今回は馬淵史郎監督の凄さが分かる名言や語録を紐解き、松井秀喜敬遠に見る野球理論や指導方法にも迫ります。, 1955年11月28日生まれ、愛媛県八幡浜市出身。高校は愛媛県立三瓶高校、大学は拓殖大学に進み、野球部で内野手として活躍します。1982年に阿部企業に入社し、野球部のコーチとなり、翌年から監督になります。, 1987年より明徳義塾高校のコーチとなり、教員免許も取得。1990年より監督として指揮をとります。, 明徳義塾はそれまでにも春の選抜大会へ出場するなどしていましたが、野球部関係者の不祥事などもあり、馬淵はチーム改革を求められる時期にコーチ、そして監督になったと言えます。, 1992年、問題となる夏の選手権大会で、松井秀喜を5打席連続で敬遠し、高校野球ファンばかりでなく、大きな話題となって世間を騒がせます。2002年には夏の選手権大会で全国制覇を成し遂げます。, 2005年に部員の不祥事で辞任。2006年に復帰し、その後も全国屈指の強豪校の監督として、甲子園通算50勝を記録し、令和元年となる夏の選手権大会でも、高知県代表として甲子園へと導きました。, 松井秀喜の5打席連続敬遠について、馬淵はそう語っています。「いろんなことが重なったんです。これはもう運命」というその背景には、その時の明徳義塾には絶対的エースが不在のため、投手を5人もベンチに入れていたこと。, 更に星稜のエース山口哲治が大会屈指の好投手であり、それを打ち込むだけの打力はないという判断があったようです。, 勝つとすれば僅少差の戦いであり、松井の一発だけは食らいたくないという心理はわからなくもありません。考えようによって松井は単打を5本放ったのと同じなわけで、もし後続に打たれていれば大量点につながった可能性もあったわけです。, 野球はチームスポーツであり、ひとりの才能ですべてが決まるわけではありません。だからこそ星稜の選手は松井に代わって自分が決めなければと力み、結局は馬淵の術中にはまったように思います。松井が敬遠されたことが敗因のすべてではないのです。, 「仮に、3年間鍛えた力で松井君と真っ向勝負をして、負けたとします。それもまた教育なんだと思いますよ。それは間違いではない。だからあの作戦は正しいとか間違っているとかではないんです。両方とも正しいんです。善悪は誰も語れない。好き嫌いはあるかもしれませんけどね」, 甲子園の試合はベンチ入りを含めて1チーム18人で、2チームの対戦なので選手は36人。そこに監督という計38人で作り上げるものです。更には応援による雰囲気も加わります。だからこそ劇的なドラマも生まれます。, それが馬淵の本音なのだろうと思います。「負けても仕方ないと、いい加減な勝負をしても教育にはなりません。一生懸命勝とうとすることこそが尊い」と語る馬淵。, 頑張っている選手たちを、何とか勝たせてやろううとした戦術がこれほどの騒ぎになると予測する方が無理です。少なくとも星稜高校が勝っていればもっと静かな論調だったに違いありません。, 「高校野球の魅力って、力のない学校でもみんな力を合わせて、しっかり作戦立てたら、強豪校とでも対等に、もしくはそれ以上に勝負できるところにあると思うんです」, 高校野球の現場では私立高校によるスカウト合戦とか、私立と公立高校との練習環境の格差、地域によって勝ち抜くまでの試合数の差など、様々な偏りがあります。, ただし部活動はあくまでも教育の一環であるため、その差は問題にならず、甲子園常連の強豪校とそうではない学校が生まれます。その強豪校に勝ちたいのならば、いろいろ策を練るのは当然だといえます。, 「150キロのピッチャーが自分のところにおったら、130キロのピッチャー、スローボールに見えるんやろね。そういうもんよ」, チームにひとり優れた者がいると、その選手に依存してしまいワンマンチームになるか、あるいは周囲の者にも影響を与え、全体を引き上げる原動力になるか、どちらかだろうと思います。強豪校ほど後者の形になるように思います。, 取手第二高校や常総学院を率いた高校野球のレジェンド木内幸男監督は、馬淵を自分の後継者のひとりだとしています。, 「足が速いから1番とか、長打力があるやつは4番というのではなく、もっと内面を見極めて決めなければいかんのだと。足はたいして速くなくとも盗塁の場面になったら思い切りのいいやつがいる。長打力はなくてもチャンスで不思議と勝負強さを発揮するやつがいる。木内さんはそういう見方をするんだよ」, 国体で宿舎が一緒になった時、馬淵は木内からそんな話を聞いたと言い、大いに参考になったそうです。, そんな独特の表現する馬淵ですが、勝ち進む中で、選手たちに学ばせようとしているのは、幾多の苦難が待っているであろう未来に、くじけず負けないよう、自分の持っているさまざまな武器で、いろいろな戦い方ができる強い心を教えているように思います。, 「高校野球は教育です。だから野球部の監督はできるだけ教育現場にいる人が務めた方がいいと思ってます」, 高校野球の指導者には元プロ選手が増えてきています。元プロによって故障しにくい練習やコンディショニングを学べるのは、高校生にとってもいいことです。ただやはり高校野球の根幹は教育です。, 高校野球の監督になるために、元プロであっても教員免許をとり、教壇に立っている人もいます。仙台育英高校の投手として甲子園で準優勝し、福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)にも所属した大越基は引退後に教員免許を取り、山口県早鞆高校の監督をしています。, 教育に正解はありません。一方、野球には勝ち負けがつき、勝ちが正解だと思われがちです。そのため野球関係者は勝ちだけを優先しがちです。, 令和元年には大船渡高校の佐々木朗希が県大会の決勝で登板しなかったことに賛否が起こりましたが、大事なことはチームにいる唯一の大人として、高校野球の監督は、選手の現在と未来を見据え、情緒や雰囲気に左右されることなく、教育的判断すべきだということです。選手本人の意志を尊重しろという論調もありましたが、選手は出たいと言うに決まっています。, 「うちの選手にも星稜の選手にも嫌な思いをさせてしまったなあ、つらい思いをさせてしまったなあと思っています。野球を離れた一人の年上の人間からしたらね」, これは馬淵の教師らしい一面が現れた言葉だと思います。強く勝ちにこだわり、5連続敬遠さえ辞さない馬淵でも、根幹には野球よりも、生徒たちを思う心が感じられます。.