BANG THE GONG - TM NETWORK FANKS CRY-MAX - Kiss Japan TM NETWORK Tour '87〜'88 - KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX TM NETWORK ARENA TOUR - T-MUE-NEEDS STARCAMP TOKYO Produced by TM NETWORK - TM NETWORK TOUR '88〜'89 CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜 - TM NETWORK CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! W. Axl Rose、Slash(From GUNS N’ ROSES) Posted by あ 2014年05月29日 02:40 MAGIC - 18. 忘却の空(SADS) | 26. LOVE PHANTOM, 19.

新選組!メイン・テーマ, 53. なぜそこまで憎めるのか理解に苦しむ こういう精神構造持って産まれなくてよかった 117: 2018/01/24(水) 15:03:24.47 ID:GP9lBki80 B'z LIVE-GYM 2005 -CIRCLE OF ROCK- - 18. Get Wild 2015, 1.RAINBOW RAINBOW - 2.CHILDHOOD'S END - mini.TWINKLE NIGHT - 3.GORILLA - 4.Self Control - 5.humansystem - 6.CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜 - 7.RHYTHM RED - 8.EXPO - 9.Major Turn-Round - 10.NETWORKTM -Easy Listening- - 11.SPEEDWAY - 12.QUIT30, 1.Gift for Fanks - 2.TETSUYA KOMURO PRESENTS TMN BLACK - 3.TAKASHI UTSUNOMIYA PRESENTS TMN RED - 4.NAOTO KINE PRESENTS TMN BLUE - 5.TIME CAPSULE all the singles - 6.STAR BOX TM NETWORK - 7.STAR BOX TMN - 8.BEST TRACKS 〜A message to the next generation〜 - 9.THE LEGEND - 10.Welcome to the FANKS! Calling - 23. Mick Jagger(From THE ROLLING STONES) 《CULTURE》WED 21:00 in 渚園〜, B'z LIVE-GYM Hidden Pleasure 〜Typhoon No.20〜, B'z LIVE in なんば 2006 & B'z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イチブトゼンブ/DIVE&oldid=79295673. 稲葉浩志、松本孝弘(From B’z)

Tak Matsumoto & Daniel Ho Live! SOIL&"PIMP"SESSIONS) | 83. B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- - 23.

銀の龍の背に乗って(中島みゆき) | 39. Posted by 2014年05月29日 02:40 プロの世界ではオレが起源と言いたかったのか? 12. B'z The Best XXV 1988-1998 - 8. 空と君のあいだに(中島みゆき) | 2.

RISKY - 5. MONSTER - 16. 2017 -Electric Island, Acoustic Sea-』(2017年4月29日、6月18日), B'z Official YouTube Channel『Tak Matsumoto “Bluesman” YouTube Live』(2020年8月29日). こころ(小田和正) | 55.

Robert Plant、Jimmy Page(From LED ZEPPELIN) 愛しい人よGood Night... 16. 逢いたくていま(MISIA) | 64. don't cry anymore(miwa) | 65.

RUN - 7. Liar! Freddie Mercury(From QUEEN) Brotherhood - 11.

Tomorrow never knows(Mr.Children) | 4. 松本孝弘「氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-」の書き下ろしテーマ曲発表!! Yoshiki、Hide(From X JAPAN) 松本孝弘はタイトな黒パンにノースリーブが多い。会場をギターを斜めに構えながら、縦横無尽に駆け抜ける姿が音から感じられる。 そして彼らを見るとロックの歴史が感じられて面白い。 Yoshiki、Hide(From X JAPAN) (出典:Yoshiki Official Twitter) 朝がまた来る(DREAMS COME TRUE), 21.

in 渚園〜, B'z LIVE-GYM Hidden Pleasure 〜Typhoon No.20〜, B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic" at TOKYO DOME, B'z LIVE in なんば 2006 & B'z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo, Come on Let's Dance (This is the FANKS DYNA-MIX), BEST TRACKS 〜A message to the next generation〜, WORLD HERITAGE DOUBLE-DECADE COMPLETE BOX, Self Control and the Scenes from “the Shooting”, FANKS the LIVE 2 KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX, LIVE TOUR Major Turn-Round 01 -Turn-Round Edition-, LIVE TOUR Major Turn-Round 02 -Encore+D.Harada V-Mix Edition-, LIVE TOUR Major Turn-Round 03 -Premium Edition-, TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end, KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX TM NETWORK ARENA TOUR, T-MUE-NEEDS STARCAMP TOKYO Produced by TM NETWORK, TM NETWORK TOUR '88〜'89 CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=松本孝弘&oldid=80124084, 松本孝弘&松川敏也&北島健二&橘高文彦「TOUCH OPERATION(別テイク)」「DEAD LINE」, 松本孝弘&北島健二「TOUCH OPERATION(別テイク)」「DEAD LINE」, 「Gia Corm Fillippo Dia 〜Devil's Carnival〜」, 『J-BLUES compilation at the BEING studio』, 『B'z LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!! キセキ(GReeeeN) | 59. いいわけ(シャ乱Q) | 10. DINOSAUR - 21. Tak Matsumoto Tour 2020 -Here Comes the Bluesman- 振替公演決定!! 今夜月の見える丘に(B'z) | 25. The 7th Blues - 8. KISSして(KOH+) | 56. - 6. once upon a time in 横浜 〜B'z LIVE GYM'99 "Brotherhood"〜 - 7. a BEAUTIFUL REEL.

Tak Matsumoto “Bluesman” YouTube Live 8月29日 (土) 19:00~生配信決定!! B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER -XXV BEST- - 20. Tak Matsumoto & Daniel Ho、INABA / SALAS WOWOWライブリピート放送!!

First Love(宇多田ヒカル) | 22. フライングゲット(AKB48), 71. FIREBALL - 22.

Face Down(嵐) | 74. 若い広場(桑田佳祐) | 95. 松本 孝弘(まつもと たかひろ、1961年(昭和36年)3月27日 - )は、日本のギタリスト、ミュージシャン、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。主に「Tak Matsumoto」(タック・マツモト)という名義を使用している[3]。所属事務所はVERMILLION。所属レーベルはVERMILLION RECORDS。, ロックユニット[4]・B'zのギタリストであり、リーダーも務める。B'zとしての活動に並行してソロ作品や、他アーティストへの楽曲提供やギター演奏での参加も行なっている[5]。1999年からはギブソンから世界で5人目[注 1]、日本人では初となるギブソン・レスポールのシグネチュア・アーティストに選ばれている[5]。2010年に発売したラリー・カールトンと共演したアルバム『TAKE YOUR PICK』が、『第53回グラミー賞』最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバムを受賞した[6][7]。, 大阪府豊中市出身。中学3年時の誕生日に両親からビートルズの『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』をプレゼントされると、学校から帰宅後はずっと聴いていた[8]。父親は声楽をやっており、母親はクラシック好きであった[9]。ある日、ディープ・パープル「紫の炎」のレコードを掛けていると母親が「この曲いいじゃない?」と言って来たので松本の音楽を理解していたと考えている[9]。初めて買ったギターはギブソン・レスポールのジミー・ペイジと同じモデル(色は赤いサンバースト)。グレコによるレプリカであった[8]。買ったその日からプロを目指していたと述べている[10]。当時憧れていたのはジミー・ペイジやリッチー・ブラックモアであり、マイケル・シェンカーやスティーヴ・ルカサーもコピーした。特に、スティーヴ・ルカサーについてはセッションマンとしての参加作品についてもフォローするほどに入れ込んでいた[11]。高校時代に組んでいたアマチュアバンド「スーパーイマージュ」でテレビ東京系『ロックおもしロック』に出演したこともある[12]。, B'zとしてデビュー後しばらくの間は自身はA型の牡羊座で几帳面さと雑なところ両方を持ち合わせた性格であると思っていたが[13]、実際はO型であることがわかると大雑把でいいと思うようになったという[14]。1996年に稲葉浩志がソロ作品の制作を行っている間、松本は英語を勉強するため3ヶ月間サンディエゴへ留学した[13]。, 2018年にはB'zのデビュー30周年を記念したエキシビジョン『B'z 30th Year Exhibition "SCENES" 1988-2018』において、これまでライブで使用してきたギターアンプ用スピーカーキャビネットのシークレットオークションを実施し、その落札金額のすべてを松本の「音楽を志す学生を応援したい、自分に続くミュージシャンの育成に繋がれば」という意向を踏まえ、出身地である豊中市の市文化芸術振興基金へ寄付している[15]。2020年、上記の寄付や『B'z SHOWCASE 2017 -B'z In Your Town-』を豊中市での開催、成人式へのメッセージ、広報とよなか『リレーエッセー』への寄稿などの功績から『豊中市名誉市民』に選定された[16][17][18]。, 松本のギター演奏において最も特徴的なものとしてトーン(音色)が挙げられ、本人も「今回(TMG活動時)のジャックにしてもエリックにしても今まですごいギター・ヒーローたちと一緒に仕事をしてきてるじゃないですか。やっぱり音色のことは言いますよね。僕のプレイ、たとえば『速弾きがすごい!』なんて誰も言わない。もうね、スーパー・プレイを目の当たりにしてきてる人たちだからね、『TAKはトーンだよ』ってみんな言う。それは最高の褒め言葉だと思ってますよ[19]。」、「自分の一番のポイントはやっぱりトーンだから。決して技術的に凄いわけではないので、僕の場合はこの音色……トーンがやっぱり絶対なんですよね。だからチョーキングしてビブラートした感じがいちばんのポイントだと自負しています[20]。」と述べている。また、マーティ・フリードマンも自著にてギターの音を聞いただけで誰が弾いているのかがわかる日本のギタリストとして布袋寅泰、Charとともに松本の名を挙げている[21]。B'zのサポート・メンバーの1人であるバリー・スパークスは「すごくホットなプレイを弾いているときも、頭の中は常にクールだということかな。イングヴェイはまるで風船が破裂したみたいに弾きまくるけど、TAKはリズムならリズム、リードならリードをきっちり弾きこむ方だ。しかも毎晩ベスト・コンディションを保ち続ける、真のプロフェッショナルだよ。彼のプレイからはマイケル・シェンカーやリッチー・ブラックモアの影響が聴こえてくるけど、彼らよりずっとタイトなギタリストだと思うね。彼がかつてスタジオ・ミュージシャンだったことも、その理由のひとつかもしれない[要出典]。」と述べている。, 松本が生み出す楽曲は、メロウなバラード、ポップなものからハードな楽曲、ブルースまで幅広く、メロディアスなものが多い。1stアルバム『Thousand Wave』はヘヴィメタル調でテンポ数の速い曲が多く、B'z初期の作品でも打ち込みを多用したデジタルサウンドであったが、次第にハードロックの要素を出していった。また、アジア特有の音階を用いたオリエンタルなメロディの楽曲も見受けられ、アルバム『華』やB'zの「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」などがある。, 高校入学とともにギターを始めている。ハンドボール部に所属していたが、幽霊部員であった。一方、軽音楽部を立ち上げて「スーパーイマージュ」というバンドを組んで音楽コンテスト、ライブハウス、学園祭などに出演していた。高校卒業後に車の免許を取得してからの約2年間は、車にのめり込んでギターを弾かない時期があった[22][23]。ある先輩からは「ギターをちゃんとやったほうがいい」と度々アドバイスを受けていたという[22]。その後はミューズ音楽院に入学し、コード進行など音楽の基礎理論を一から学び直した。当時からギターの技能は高く、講師に実践での演奏を勧められ音楽院を中退した。その後、自身のバンド「マクベス」のデモテープをきっかけに音楽事務所「ビーイング」に所属し、セッション・ギタリストとしてプロでの活動が始まった。スタジオ・ミュージシャンのほか、楽曲提供やコンサートのサポート・ギタリストも務めており、これらの活動では浜田麻里やTM NETWORKのレコーディングやコンサートに参加した。また、1986年にはセッションバンド「うるさくてゴメンねBAND」に参加し(メンバーは松本の他にBs:鳴瀬喜博、Dr:そうる透、Vo:カルメン・マキ・山田信夫)、ライブ・アルバムも発売した。ギタリストとして活動の場が広がる中で、松本はかねてから構想していた自身のバンド結成に向けての動きを行っていた。, 1988年、ヤマハから松本のシグネチュア・ギター「MG-M」プロトタイプが製作され、1995年頃まで主にMG-Mを使用していた。なお、MG-Mはマイナーチェンジを経て一般販売した。5月21日にはメルダックから1stアルバム『Thousand Wave』を発売した。この頃、ビーイング社長であり音楽プロデューサーでもあった長戸大幸から稲葉浩志の歌声が入った1本のデモテープを渡されると、稲葉をボーカルに採用することを決め、同年9月21日に音楽ユニット「B'z」として1stシングル『だからその手を離して』、1stアルバム『B'z』の同時発売でデビューした。アルバムでは「孤独にDance in vain」以外のすべての曲を作曲している。また、ヤマハのモニターを務めていた松本は全国各地で「ギター・セミナー」を開催し、セミナー後には同行していた稲葉とともにB'zを披露するキャンペーンを行った[24][25]。この頃、松本はまだTM NETWORKのツアーに参加するスケジュールが残っており、コンサートの前後にセミナーを開催する時もあったが[24][25]、『TM NETWORK CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!!