Tuesday, October 27 - Sunday, December 6, 2020, A Pair of Dates on the Front and Back of a Folding Screen, A Visit to the Writing Box with the Eight-Plank Bridge. Matabei was renowned for his vibrant portrayals of people, as this work amply testifies. Whether you are a long-time fan of “Art Tunes!”, or just hearing about it for the first time today, the beauty and power of art is sure to captivate your imagination.

The design seems quite bold, yet also carefully planned. The special exhibition Momoyama: Artistic Visions in a Turbulent 長谷川等伯「松林図屏風」(左隻)国宝 六曲一双 紙本墨画 桃山時代(16世紀末)各156.8×356.0㎝ 東京国立博物館 Image:TNM Image Archives まずは静寂の情景といわれているものの、そのタッチは非常に … The bright representation created by changing light and air, which features Kuroda's works, was called "Shinpa" or "Murasakiha" and loved by many people. They are depicted enjoying themselves and going about their daily lives. 国宝です。私には、解説できません。 National Treasure Pine TreesBy Hasegawa Tōhaku | Azuchi-Momoyama

感じ取れないのが残念。デリケートな作品でしょうから仕方ないですけどね。 Looking at her right side, we can see the future Buddha being born, hands clasped in prayer. But now, they sometimes have gloomy days clouded 国宝「松林図屏風」の高精細複製品は、特定非営利活動法人 京都文化協会とキヤノン株式会社が共同で取り組んでいる「綴プロジェクト」(正式名称:文化財未来継承プロジェクト)の第13期作品として制作され、この度、国立文化財機構へご寄贈いただきました。 According to Mrs. Kuroda's recollection, when they visited Hakone, Kuroda asked Teruko to sit for him as he saw her sitting on a rock by Lake Ashi (Ashinoko). Inoue’s unique interpretations of art will capture your heart. WANDER 国宝 The sheer power of the wind is conveyed by the colors of the upturned leaves and the sight of maple leaves swirling in the air. 雪舟等楊のこと 2. 狩野秀賴(秀頼)のこと 3. « 酒井抱一の鶴図と川端龍子の南飛図 | Some say the painting depicts a pine grove near the shore of the Noto Peninsula, Tohaku's home province. 国宝『観楓図』 2. At the back, a drunken man is being held up on both sides. この作品が東京国立博物館で公開されるのは2年ぶりだそうです。

While the former depicts earth using silver hues, for example, the latter depicts the heavens in a keynote gold.

The music, lyrics, and animation are all created by Inoue Ryo. The design seems quite audacious, but it is actually the product of traditional lacquerware techniques.

This tachi long sword has a strong curvature and slim shape. when entering. Venue image 粉河寺のこと 3. This is a set of two six-panel folding screens. 国宝『破墨山水図』 3. Named “Mikazuki Munechika”By Munechika, Heian period, 10-12th century, The Wind God and Thunder God got along splendidly when they first met.

After a successful first round in 2018, this exhibition now makes its triumphant return to the Tokyo National Museum (TNM) featuring all new works of art and all new ways to interact with them. It was later bequeathed to the second Tokugawa shogun, Tokugawa Hidetada, and it was subsequently passed down through the Tokugawa family. After he came back to Japan, he made a big change in Japan's oil painting circles. One tradition tells that the gods Brahma and Sakra then poured aromatic water over Siddhartha and washed his body. 公開履歴. The painting seems to play tricks on our senses. An uneven bridge made of wooden planks zig-zags across the box's surface. Please show official ID or other documentation.

As epitomized by this writing box and his famous painting depicting the Eight-plank Bridge, Korin took traditional motifs from classical literature and reframed them through the prism of his own refined sensibilities. その場から離れるのが惜しくなる、なんとも不思議な作品です。, 解説ボードを撮影してきましたので、ご参考ください。 This is also why the work has been described as the pinnacle of Japanese ink painting. All Rights Reserved. Ticket reservations can be made at the ticket booths on the day of your visit only when the day’s online ticket sales have not reached the predetermined number. A riotous bunch of revelers is crossing the bridge, perhaps on the way back from cherry blossom viewing. » 動画「松林図屏風」 [弐代目・青い日記帳] 東京国立博物館で公開中の 長谷川等伯作:国宝「松林図屏風」を観て来ました。 (本館2階の国宝室で1月29日まで公開) 等伯50歳代の作品といわれるこの作品。 (本館2階の国宝室で1月29日まで公開) This is Kamo River, which flows north to south through the eastern part of Kyoto. The procession is led by dancing merrymakers who hold fans and cherry blossom branches.

Naturally, there is no right or wrong answer.

The tips of their leaves dip toward the ground in a crest-fallen manner. by fighting… If you look closely, you can see the hazy outline of a snowy mountain behind the trees in the distance. この国宝を観るには 4. The painting's charm lies in the way the artist has faithfully captured the atmosphere of the scene rather than painstakingly trying to recreate the actual shape of the trees. * Entry to most special exhibitions requires a package ticket that is priced separately. University Students: 500 yen This is a masterpiece by Hasegawa Tohaku, one of the foremost painters of the Azuchi-Momoyama period.

2020/1/2~1/13 東京国立博物館 ... お正月にごった返す国宝室で観た『松林図屏風 ... 観楓図(狩野秀賴筆)[東京国立博物館] 2020.03.08. | トラックバック一覧表示の一時停止 », 上野の国立博物館で1月29日まで特別公開されています。 To the west of the river in the left section, lies the city center, while the suburbs lie to the east of the river on the right. National TreasurePine TreesBy Hasegawa Tohaku, Azuchi-Momoyama period, 16th century, “Art Tunes!” The Pine Tree Dancers ©NHK・Inoue Ryo2020, Use of this work was made possible through collaboration between the National Institutes for Cultural Heritage and Canon Inc. as part of their "Joint-Research Project on the Utilization of High-resolution Facsimiles of Cultural Properties." 公開履歴 6. On this day, they would have been purified in a ceremony by having water and other liquids poured over them. 等伯50歳代の作品といわれるこの作品。 The Tsuzuri Project (Project organizer: Kyoto Culture Association (NPO)/Partner organization : Canon Inc.) Production & Donation.

文化財指[…], 目次 1.

Maya holds her right arm upwards, her hand closed as if holding on to a branch. entry fee. Contents Production: PROTOTYPE INC, Use of this piece was made possible through collaboration between the National Institutes for Cultural Heritage and Canon Inc. as part of their "Joint-Research Project on the Utilization of High-resolution Facsimiles of Cultural Properties.". * Regular admission is free for persons under 18 and over 70. 国宝『一遍上人絵伝』 3. Hoitsu's admiration for Korin are in full display in these interplays. As the oldest institution of its kind in Japan, many of the works in the Museum’s collection have inspired original songs and cartoons for Art Tunes! 前回公開された時も観に行きましたが... [続きを読む], » 「松林図屏風」 [ミチミチ] Pretend you’re walking through a forest of pine trees covered in a cold, damp, smoke-like fog under lightly falling snow. 国宝の一覧リストや公開情報など, 長谷川等伯の代表作で、墨だけで描かれている。 製作年代は不明だが、息子の久蔵を亡くした時期(智積院の襖絵を描いた翌年)に描かれたという説がある。  あまり高級でない紙を使い、紙の継ぎ方も雑なことから、障壁画の下絵だったとする見方もある。, 手前にある松は力強い筆で描かれており、遠くには(左隻の右上あたり)遠景として山も描かれている。 墨の濃淡だけで風や空気感も表現されている。 両端には「長谷川」と「等伯」の印があるが、通常使われていたものと異なる印が押されている。, 東京国立博物館の、年明けすぐの国宝室に出展されることが多い。 ただし、公開期間は2週間ほどとやや短い。, 2020/1/2~1/13 東京国立博物館 国宝室2019/1/2~1/14 東京国立博物館 国宝室2018/4/13~5/6 東京国立博物館「名作誕生」2017/10/31~11/12 京都国立博物館「国宝」2017/10/14~11/12 九州国立博物館「新・桃山展」2017/1/2~1/15 東京国立博物館 国宝室2016/1/2~1/17 東京国立博物館 国宝室2015/1/2~1/12 東京国立博物館 国宝室, 【台帳・管理ID】201-56 【指定番号】00051-00 【種別】絵画 【指定名称】紙本墨画松林図〈長谷川等伯筆/六曲屏風〉 【員数】一双 【国】日本 【時代・年】桃山時代 【作者】長谷川等伯 【所在地】東京国立博物館 【国宝指定日】1952.11.22 【説明】桃山時代絵画を代表する一作。狩野永徳と併称される長谷川等伯の筆。水墨の濃淡のみを用い、荒々しい筆致によって一気呵成に仕上げたような画面からは、霧に包まれた松林の雰囲気が見事に表現され尽くしている。わが国水墨画を代表する遺品のひとつである。六曲屏風、一双。各156×347cm。, 今年最初の東京国立博物館の開館日で、特別展もないのに今まで味わったことのない混雑具合でした。 この屏風は2週間ほどの展示期間なので集中したのかもしれませんが。 墨だけで力強い部分と遠くのふわっとした部分が描き分けられていました。 混んでいなかったら引きで観たかったのですが、ちゃんと観ようとすると最前列でしか観られず、リベンジ予定です。, 東京国立博物館にて。京都の職人技とキヤノンの技術で文化財を復元する「綴プロジェクト」を観るのは何点かめですが、レプリカとはいえ広い畳敷きにガラスもなくごくごく間近で観られるのは素晴らしいです。 お正月にごった返す国宝室で観た『松林図屏風』も、作られた当時はこうやって鑑賞されていたであろうシチュエーションで堪能できました。, 目次 1. The scene is bustling with around 2,500 people, young and old, male and female. Inside, water is flowing.

The Japanese word for crescent moon is “mikazuki,” which explains why the sword is named “Mikazuki Munechika.” Munechika was a swordsmith said to have lived in Kyoto's Sanjo district during the late Heian period. All visitors must make an online reservation. High/Junior High/Elementary School Students and persons under 18 and over 70: Free. Using only powerful brush strokes with different shades of ink, the artist has depicted pine trees looming amongst the mist. When a crack of thunder sounds out on the front side, what happens on the back?

松林図屏風(しょうりんずびょうぶ[1])は、安土桃山時代の絵師・長谷川等伯の代表作。紙本墨画、六曲一双、各縦156.8cm横356.0cm(本紙部分のみ)の屏風画である。「美術史上日本の水墨画を自立させた」と称される、近世日本水墨画の代表作の1つ。国宝。東京国立博物館蔵。, 本作品には年記がなく制作年代は未詳であるが、等伯の作風の変遷から文禄2-4年(1593-95年)頃、長谷川等伯50歳代の作と推定されている。文禄元年(1592年)等伯が祥雲寺障壁画(現・智積院襖絵)を完成させた翌年、息子の久蔵が26歳で亡くなっており、その悲しみを背負った等伯が、人からの依頼ではなく自分自身のために描いたとも言われる。, 樹木の描き方には、等伯が私淑した牧谿の影響が見られるが、もはや模倣の域ではなく完全に自己の画風に取り込んでいる。粗放で力強い松を書くのに、等伯は藁筆や、使用しても洗わずに固くなった筆を用いたとも言われる。また、室町時代の大和絵でしばしば描かれた『浜松図』(東京国立博物館、他蔵)や伝能阿弥筆の『三保松原図』(頴川美術館蔵)の影響も指摘される。いずれにしても、大和絵の伝統のモチーフである松林のみを、中国から伝わった水墨画で描く点に、等伯の清新さが認められる。等伯の生まれ育った能登の海浜には、今もこの絵のような松林が広がっており、彼の脳裏に残った故郷の風景と牧谿らの技法や伝統とが結びついて、このような日本的な情感豊かな水墨画が誕生したとも想像されている。, 『等伯画説』第70条に、堺の宗恵[2]が梁楷の柳の絵を見て呟いた「静かなる絵[3]」という言葉に等伯は共感して、自分の理想の絵画を「静かなる絵」と考えた話を記す。等伯が考えた「静かなる絵」は、「瀟湘八景」中の「瀟湘夜雨」「煙寺晩鐘」のような、雪、夜、雨、月、煙 (霧)が描かれた物で、遠くの雪山をのぞみ朝霧の立ち込めた松林を描く「松林図」は、まさに等伯が求める絵の具現化と考えて良いだろう。, 本作品が世に知られるようになったのは比較的新しく、1932年(昭和7年)のことである。1934年に旧国宝(現行法の重要文化財に相当)に指定され、1952年11月22日付で文化財保護法に基づく国宝に指定されている(指定番号 絵画51番)。, 右隻の右2扇分と左4扇分との間、左隻の右3扇分と左3扇分との間に紙継ぎのずれが見える点、普通この程度の大きさの屏風は縦5枚継ぎだが、右隻は6枚継ぎでしかも上下端の紙がごく小さい点、通常の屏風絵に使われる頑丈な雁皮紙ではなく、きめの荒く不純物が混じった薄手の料紙を用いている点、右隻と左隻の紙幅に2センチも差がある点などから、元々はもっと大きな絵で、完成作でなく下絵、特に障壁画制作のための図案として描かれていた可能性が指摘されている。確かに完成作では考えられないような、墨が無造作に撥ねた痕跡が画中のあちこちにあり、枝先や根元には紙を垂直に立てて描いたためであろう墨溜りができている。しかしその反面、下絵では普通使わないであろう最高級の墨が使われている事も指摘されている。また、実際に屏風を立てて観察すると、屏風が奥へ折り曲げられている箇所では樹木も奥に向かい、手前で折られている部分では、松樹は濃墨で描かれ奥になるほど淡墨になる、といった屏風絵として鑑賞されることを想定しなければ不可能な工夫が凝らされている。, 試しに継ぎ目を元の状態に戻すと、左隻の右1扇目上部の山から緩やかな三角形をえがいた安定のよい構図にまとまる。更に、左隻3,4扇目やや下の斜めに傷のように走る線がほぼ繋がるようになり、ちょうど対辺延長上の両端に落款が押されている。しかし今度は、左隻下の地面を表す薄墨が大きくずれ、現状の作品がもつリズム感が失われてしまう。また、この落款は基準印と異なる事から、後に押された可能性が高い。これを説明するため、元々この間に現在は失われた一、二扇があったとする案や、元は屏風の左右が逆で、左隻左端中程にわずかに覗く枝の先端部が右隻右端の松の延長部分とする仮説などが提出されている。, 1997年には、松林図屏風と酷似した作品が発見されており(「月夜松林図屏風」個人蔵、京都国立博物館寄託)、等伯にごく近い絵師が本作を模倣したものと推定される。この屏風の出現により、制作後余り時を経ない時期(桃山時代末、慶長年間後半か?)に、長谷川派内で表装されたことが明らかとなった。また、派内で押印した場合、当然正印が用いられるはずであるから、以前から指摘されていた偽印説は裏付けを得たことになる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=松林図屏風&oldid=75539654.