‘æ‚RŠª@‘«‹Z•Ò-2A‘æ‚SŠª@˜‹Z•ÒA‘æ‚TŠª@ŽÌg‹Z‚Æ•Ô‚µ‹Zv‚ȂǁEE. 嘉納師範は、柔道の勝負上の精妙な理合いの原則を理解させるために古式の形を残した。表の形14本、裏の形7本であり、表は荘重優雅に段をつけて、裏は敏速果敢に段をつけずに動作する。このかたちは1990年(平成2年)に統一されたものである。, 1894年(明治27年)5月20日、小石川下富坂町に講道館道場が新築され、落成式の際に嘉納が小田勝太郎を相手に演じ、勝海舟(勝も起倒流の修行経験があった)が感極まったといわれ次のような書を贈っている。「無心而入自然之妙、無為而窮変化之神」(無心にして自然の妙に入り、無為にして変化の神を窮む)。, 剛の形(ごうのかた)は、柔の形に対してくつられ「剛柔の形」と称して1887年(明治20年)に制定された。最初ともに剛で相対し、のちに取が柔で剛を制するという組み立てである。嘉納治五郎が研究が十分でなかったとしてそのままになった、という経緯から、のちにはほとんど行われていない。, 精力善用国民体育(せいりょくぜんようこくんみんたいいく)は、体育的要素を取り込んだ1人でできる当身技の形の「単独動作」29本と、2人が組んで行う「相対動作」20本がある。「国民体育」というように、体育的に行う。, 嘉納治五郎は、柔道形について次のように述べている。「形には色々の種類があって、その目的次第で練習すべき形が異なるべきである。勝負に重きを置いてする時は、極の形の類が大切であり、体育としても価値はあるが特に美的情操を養うというようなことを目的とする時は、古式の形とか、柔の形の類が必要である。体育を主眼とし、武術の練習、美的情操の養成および精神の修養を兼ねて行おうと思えば、精力善用国民体育に越したものはないというふうに、その目指すところによって異なった形を選択せねばならぬ。今日はあまり多くの種類はないが、形はどれほどでも増やすことが出来るものであるから、将来は特種の目的をもって行ういろいろの形が新たに出来てよいはずである」[25][26]。嘉納は、目的に応じて形を新たにつくり出されること、その必要性も想定していた。, 講道館が認定している形以外にも、例えば三船久蔵とその高弟の伊藤四男との共同研究で作られ、のちにも国際武道院の昇段や日本柔道整復師会の柔道の大会においても伝えられ行われている「投技裏之形」[27] や、伊藤四男が創意工夫した「固め技裏之形」、三船久蔵による護身術の形[27]、山下義韶が制定した警視庁捕手の形[28]、平野時男の考案した「投げの形(応用)」や「五(後)の先の形」[29]、「七つの形」などのように、歴史的に見ると個人が創意工夫し創作された形も幾つも存在する[30][31]。, またヨーロッパにおいては技の種別毎や、目的に応じた様々な形の創作が流行っており、研究が行われ、実演されている実態もある[32][33][34][35]。, 「Ukemi no kata」「Kaeshi no kata」「Renraku no kata」[32][33][34]「Renzoku no kata」「Hikomi no kata」[35]「Rensa no kata」「Atemi no kata」などが研究、創作され行われている。, 講道館・国際柔道連盟・フランス柔道柔術剣道及び関連武道連盟の共同で制作された「子どもの形」は、段階に応じて習得すべき内容がプロローグと7つのグレードに分けられており、2019年の柔道世界選手権東京大会において、講道館少年部によってエキシビジョンで披露されている。, 村田直樹 第8回世界柔道形選手権大会及びIJF形トレーニングキャンプ報告 柔道 12 2016, 村田直樹 第9回世界柔道形選手権大会及びIJF形トレーニングキャンプ報告 柔道 12 2017, 大辻広文 第10回世界柔道形選手権大会及びIJF形トレーニングキャンプ報告 柔道 1 2019, 『Het Hikomi-no-kata Judo :thematische werkstukken』 Mark Bette & Berber Roorda, https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2014/09/798fc9ff29f0ce6dc56ca52b369b0300.pdf, https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2015/09/f00dee8b1c8bfa55e15b8f0710a06056.pdf, https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2016/07/39b629290200af035c57fe4e59c64303.pdf, https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2017/06/2017JapanVeteranskata0617.pdf, https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2018/08/20bf14131a44f9fbd637016b51b5231f.pdf, https://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2019/05/a83d7025a2967cddb21a93c9027e6c88.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=柔道形&oldid=79882740, ジュァン・へウテ・ゴイコエチャンディア/ロベルト・アグレイラ・ヴィラー組(スペイン), 審査基準 (1)評価の観点 (2)評価の判断基準 (3)間違いがあった場合の評点について, 攻撃防御の動作を緩やかな動作で行うから、その理合(りあい)を正確かつ容易に学ぶことができる。, 伸筋を働かせたり、体を反らせたりすることが多いので、乱取りと併せ行うことによって、体の円満な発達をはかることができる。, 一本目(小さな力でも合理的に間断なく攻めれば, ついには大きな力をも制する理の表現), 五本目(正面から打ち寄せる大波に直面し、一瞬、実を捨ててこそ浮かぶ瀬もある理の表現。宇宙の現象を表現したとの説もある). アジアでは、2019年の香港オープン柔道大会において、形の部門も5種目で始まった。, 形の審査には「礼法」の項目があり、はじめの礼と終わりの礼について正しい手順と姿勢が評価される。 講道館はその趣旨と動作について「試合における礼法」として、以下のように示している[18]。, 礼は、人と交わるに当たり、まずその人格を尊重し、これに敬意を表することに発し、人と人との交際をととのえ、社会秩序を保つ道であり、礼法は、この精神をあらわす作法である。精力善用・自他共栄の道を学ぶ柔道人は、内に礼の精神を深め、外に礼法を正しく守ることが肝要である。, 立礼は、まずその方に正対して直立の姿勢を取り、次いで上体を自然に前に曲げ(約30度)、両手の指先が膝頭の上・握り拳約一握りくらいのところまで体に沿わせて滑りおろし、敬意を表する。この動作ののち、おもむろに上体をおこし、元の姿勢にかえる。この立礼を始めてから終わるまでの時間は、平常呼吸において大体一呼吸(約4秒)である。直立(気をつけ)の姿勢は、両踵をつけ、足先をやく60度に開き、膝を軽く伸ばして直立し、頭を正しく保ち、口を閉じ、眼は正面の目の高さを直視し、両腕を自然に垂れ、指は軽く揃えて伸ばし体側につける。, 正座するには、直立の姿勢から、まず左足を一足長半引いて(爪立てておく)、体を大体垂直に保ったまま、左膝を左足先があった位置におろす。次いで、右足を同様にひいて爪立てたまま左膝をおろす(この場合、両膝の間隔は大体握り拳二握りとする)。次いで、両足の爪先を伸ばし、両足の親指と親指を重ねて臀部をおろし体をまっすぐに保ってすわる。この場合、両手は、両大腿の付け根に引きつけて指先をやや内側に向けておく。, 坐礼は、まずその方に向かって正坐し、次いで、両ひじを開く事なく両手を両膝の前握り拳約二握りのところにその人差し指と人差し指とが約6 cmの間隔で自然に向き合うようにおき、前額が両手の上約30 cmの距離に至る程度に上体を静かに曲げて敬意を表する。この動作ののち、静かに上体を起こし、元の姿勢に復する。上体を前に曲げるとき、臀部が上がらないように留意する。 柔道総本山 講道館のオフィシャルホームページ。柔道を始めたい、柔道を学びたい方へ、講道館への入門方法から、柔道の歴史、技解説、講道館の案内、試合情報やオンラインショップなどを掲載。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 孫が生まれたので購入。約30年前、娘が赤ん坊だった頃のものは振れば音がするだけのものでしたが、これは握っただけで音が出るので赤ちゃんの興味を引きます。, 勉強になるけど立ち位置とかを畳何枚かとかしっかり書いて貰えてるともっと解りやすかったです。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates, DVD付 心・技・体を強くする! 柔道の形には投の形(なげのかた)、固の形(かためのかた)、極の形(きめのかた)、講道館護身術(こうどうかんごしんじゅつ)、精力善用国民体育(せいりょくぜんようこくみんたいいく)、柔の形(じゅうのかた)、五の形(いつつのかた)、古式の形(こしきのかた)がある。 審査員は5名で、各技のほか、「礼法」(最初と最後を合わせて1項目)「全体の流れ」を評価項目とする。審査員は各評価項目毎に10点満点で評価し、その数字を0.5点刻みで記入する。5人の審査員の点数の最高点と最低点はそれぞれ1個除外され、残りの3人の点数の合計がその項目の得点となり、さらに、それらを合計したものが合計点となり、チーム(組)の得点となる。各形の技数の違いにより評価項目数が異なるので、合計点と100点満点で換算した点数を表示する。例えば投の形では、各評価項目10点満点×3人の審査員で得点となり、それを技数15と「礼法」「全体の流れ」の評価項目数分17で、510点満点となる。国内の競技会では、最初からルールが制定されていたわけではなく、しばらくの間、審査員は審査要領に従って審査を行っていた。 講道館柔道の技は「投技」「固技」「当身技」の三種類があり、「投技」は手技、腰技、足技、真捨身技、横捨身技に分類される。, 投の形では各分類の代表的な3本づつ計15本を組合せ、各技について「取」は如何に崩し、如何につくり、如何に掛けるかを、また「受」についても如何に受けるかを修得するものである。, 取は二歩目で釣手を受けの脇下から差込み両手で斜め前方に崩し、腰に乗せて足を払い投げる。, 浮腰を前方に飛んで逃げようとするところをその逃げる足を払いながら喰い止めて投げを効かせるようにしたもの。, 取は前回りさばきで腰を低く入れ、すくい上げるように腰の動きと引手と釣手とで前下(横)に投げる。払腰に対して体を反らせて耐えるところに腰を低くして入る。, 相手を右前方に崩しながら弧を描くように移動し、その円の中心を取って股(もも)で相手の内股(もも)を払い上げて投げる。, 相手を前に崩し、真後ろに身を捨てつつ、片足の裏を相手の腿の付け根に当てて、押し上げるように真後ろに投げる。, 受の打つ拳をかわし相手の後方へと回り込んで相手の腰を抱えて相手を持ち上げて自身も後方へと倒れこみつつ相手を自身の後方へ投げる。, 自護体の相手を前に崩し、仰向けに身を捨てながら、足の甲を相手の太腿の内側に引っ掛けて跳ね上げ、頭越しに投げる。, 受の打つ拳をかわし、背中に手を回して前に回り込み、自分の足を相手の両足の間に滑り込ませて相手を車のように回転させて投げる技。, 自護体で相手の足が踏み出した瞬間を狙って、前隅に重心を崩し、自分の足を相手の踏み出した足の横に差し出す様にしてあてて、体を捨てながら投げる。, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, 自護体の相手を前に崩し、仰向けに身を捨てながら、足の甲を相手の太腿の内側に引っ掛けて跳ね, 受の打つ拳をかわし、背中に手を回して前に回り込み、自分の足を相手の両足の間に滑り込ませて相手, 自護体で相手の足が踏み出した瞬間を狙って、前隅に重心を崩し、自分の足を相手の踏み出した足の横. 投の形では各分類の代表的な3本づつ計15本を組合せ、各技について「取」は如何に崩し、如何につくり、如何に掛けるかを、また「受」についても如何に受けるかを修得するものである。. 1995年(平成7年)世界柔道選手権千葉大会での演武では東海大学柔道部および卒業生により、演武者が学生、チンピラなどに扮してコント風に演じられた。, 五の形(いつつのかた)は、1887年(明治20年)に作られた攻防の理合いを「水」にたとえて表現したもの。高尚に表現された理合いを芸術的な動作で表現する。5本の動きからなるが、それぞれには名前がない。嘉納は最初の2本は起倒流と趣を同じにしているが、あとの3本は昔の柔術には全くなかったものだとしている。天神真楊流に極意口伝として伝えられていた形であった、押返(おしかえし)、曳下(曳外)(えいげ)、巴分(ともえわかれ)、浪引(ろういん)、石火分(せっかのわかれ)がこれらに相当するとする説もあるが、講道館の公式な見解にはみられない。, 天神真楊流の押返では受が先に取を押すのに対して五の形の一本目では最初から取が受を押し始める点に相違がある以外は全て同じ内容である。, 古式の形(こしきのかた)は、創始者嘉納治五郎が学んだ柔術「起倒流」と「天神真楊流」のうち、起倒流の竹中派に伝えられていた形をそのまま保存したものである。乱取り等は着衣のみの軽装で行われるが、この形は鎧組討(よろいくみうち)を想定している。初期には「起倒流・表裏の形」「起倒流の形」などと称されていた。 ^ 『警視庁柔道基本 捕手の形]』 ^ 平野時男『柔道世界投げ歩る記』 ^ 『月刊秘伝』2000年7月号 ^ 『道と術』三船久蔵 ^ a b 「柔道の形に関する研究 : 連絡の形の創作」光本 健次 ^ a b 柔道の形に関する研究(その1)―デンマークで考案された連絡の形の一考察―