オカムラ鉄工乗っ取り事件(オカムラてっこうのっとりじけん)とは、1992年(平成4年)にオウム真理教が起こした企業乗っ取り事件。立件はされなかった。, オカムラ鉄工株式会社は、石川県能美郡寺井町(現能美市)に本社を置く油圧シリンダー製造会社であった(なお、オフィス・学習用家具の製造会社であるオカムラ(岡村製作所)との関係は一切ない)。, 同社は、不渡手形を掴んだことなどにより資金繰りが悪化し、銀行の追加融資を受けるなど再建が模索されていた。社長は教団の在家信者で、教祖の麻原彰晃に相談したことから、教団が経営に関与することになった。麻原は「2ヶ月で無借金経営にする」と豪語し、1992年(平成4年)9月14日に自らが社長に就任した。, 壁に教団のポスターが貼られたり、社内放送で教団の音楽を流すなど、会社のオウム化を進めた。麻原は破戒した信者をオカムラ鉄工送りにする「落人制度」を考えていた[1]。結果、約130名いた従業員のうち9割が退職し、就任2ヶ月目に再度の不渡手形を出し倒産した[2][3]。, さらに、同年秋には前社長を軟禁[4]。その後、麻原を社長、村井秀夫を常務取締役とし、「株式会社ヴァジラ・アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業」と名を変え、従業員のほぼ大半をオウム信者(延べ約80人)で固め、会社の乗っ取りに成功した。後に会社事務所もオウム真理教南青山総本部と同じビル内に移転している。, 翌1993年(平成5年)春、会社の工場にあった工作機械を同教団のサティアンや富士清流精舎に持ち込んだ。のちにこれらの機械を使って自動小銃が密造されることになる。工場敷地は、1995年(平成7年)時点では、機械類が運び込まれ撤去された後のゴミが散らかった状態で、地元の住民に担保に出されている。, 南青山ビルの看板 (1994年10月撮影)。オカムラ鉄工が名を変えた「株式会社ヴァジラ・アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業」が入居している, 「オウム真理教祖が社長をしていたオカムラ鉄工 2度目の不渡り」 朝日新聞 1992年10月27日. その後、麻原を社長、村井秀夫を常務取締役とし、「株式会社ヴァジラ・アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業」と名を変え、従業員のほぼ大半をオウム信者(延べ約80人)で固め、会社の乗っ取り … 株式会社 オカムラ(英 ... 横浜市西区北幸2丁目7-18: ... 鉄加工品メーカーでオウム真理教によって買収工作が行われた「オカムラ鉄工」(のちのヴァジラ・アヌッタラ・ヒタ・アビブッディ精密機器工業)とは関連は一切ない。 株式会社ヴァジラ・アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業 38 : マネーサテライト 2020/09/23(水) 23:36:07.12 vEBv1aCLd.net 商社の中やと三井物産の中小企業感 オカムラ鉄工乗っ取り事件(オカムラてっこうのっとりじけん)とは、1992年(平成4年)にオウム真理教が起こした企業乗っ取り事件。立件はされなかった。, オカムラ鉄工株式会社は、石川県能美郡寺井町(現能美市)に本社を置く油圧シリンダー製造会社であった(なお、オフィス・学習用家具の製造会社であるオカムラ(岡村製作所)との関係は一切ない)。, 同社は、不渡手形を掴んだことなどにより資金繰りが悪化し、銀行の追加融資を受けるなど再建が模索されていた。社長は教団の在家信者で、教祖の麻原彰晃に相談したことから、教団が経営に関与することになった。麻原は「2ヶ月で無借金経営にする」と豪語し、1992年(平成4年)9月14日に自らが社長に就任した。, 壁に教団のポスターが貼られたり、社内放送で教団の音楽を流すなど、会社のオウム化を進めた。麻原は破戒した信者をオカムラ鉄工送りにする「落人制度」を考えていた[1]。結果、約130名いた従業員のうち9割が退職し、就任2ヶ月目に再度の不渡手形を出し倒産した[2][3]。, さらに、同年秋には前社長を軟禁[4]。その後、麻原を社長、村井秀夫を常務取締役とし、「株式会社ヴァジラ・アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業」と名を変え、従業員のほぼ大半をオウム信者(延べ約80人)で固め、会社の乗っ取りに成功した。後に会社事務所もオウム真理教南青山総本部と同じビル内に移転している。, 翌1993年(平成5年)春、会社の工場にあった工作機械を同教団のサティアンや富士清流精舎に持ち込んだ。のちにこれらの機械を使って自動小銃が密造されることになる。工場敷地は、1995年(平成7年)時点では、機械類が運び込まれ撤去された後のゴミが散らかった状態で、地元の住民に担保に出されている。, 南青山ビルの看板 (1994年10月撮影)。オカムラ鉄工が名を変えた「株式会社ヴァジラ・アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業」が入居している, 「オウム真理教祖が社長をしていたオカムラ鉄工 2度目の不渡り」 朝日新聞 1992年10月27日, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オカムラ鉄工乗っ取り事件&oldid=80260790.

その後、麻原を社長、村井秀夫を常務取締役とし、「株式会社ヴァジラ・アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業」と名を変え、従業員のほぼ大半をオウム信者(延べ約80人)で固め、会社の乗っ取り … その後、麻原を社長、村井秀夫を常務取締役とし、「株式会社ヴァジラ・アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業」と名を変え、従業員のほぼ大半をオウム信者(延べ約80人)で固め、会社の乗っ取り … こちらの記事に対するmk16さんのブックマークです → 「>オウム真理教が石川県の企業・オカムラ鉄工を乗っ取った事件/株式会社ヴァジラ アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業はコスト削減に苦しんでいる企業の強い味方です(皮肉)」 オウム真理教が武装化を始めてからわりとすぐの1991年、八月革命が起こりソビエトが崩壊し … ヴァジラ・アヌッタラ・ヒタ・アビヴッディ精密機器工業 ここの機械でak小銃の密造が行われた ロシアへの進出.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/14 05:48 UTC 版), オカムラ鉄工株式会社は、石川県能美郡寺井町(現能美市)に本社を置く油圧シリンダー製造会社であった。神奈川県横浜市に本社を置くオフィス・学習用家具の製造会社であるオカムラ(岡村製作所)との関係は一切ない。, 同社は、不渡手形を掴んだことなどにより資金繰りが悪化し、銀行の追加融資を受けるなど再建が模索されていた。社長は教団の在家信者で、教祖の麻原彰晃に相談したことから、教団が経営に関与することになった。麻原は「2ヶ月で無借金経営にする」と豪語し、1992年(平成4年)9月14日に自らが社長に就任した。, 壁に教団のポスターが貼られたり、社内放送で教団の音楽を流すなど、会社のオウム化を進めた。麻原は破戒した信者をオカムラ鉄工送りにする「落人制度」を考えていた[1]。結果、約130名いた従業員のうち9割が退職し、就任2ヶ月目に再度の不渡手形を出し倒産した[2][3]。, さらに、同年秋には前社長を軟禁[4]。その後、麻原を社長、村井秀夫を常務取締役とし、「株式会社ヴァジラ・アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業」と名を変え、従業員のほぼ大半をオウム信者(延べ約80人)で固め、会社の乗っ取りに成功した。後に会社事務所もオウム真理教南青山総本部と同じビル内に移転している。, 翌1993年(平成5年)春、会社の工場にあった工作機械を同教団のサティアンや富士清流精舎に持ち込んだ。のちにこれらの機械を使って自動小銃が密造されることになる。工場敷地は、1995年(平成7年)時点では、機械類が運び込まれ撤去された後のゴミが散らかった状態で、地元の住民に担保に出されている。, 麻原彰晃(松本智津夫) - 井上嘉浩 - 遠藤誠一 - 土谷正実 - 中川智正 - 新実智光 - 早川紀代秀 - 岡崎一明(佐伯一明、宮前一明) - 豊田亨 - 端本悟 - 林泰男(小池泰男) - 広瀬健一 - 横山真人, 青山吉伸 - 荒木浩 - 飯田エリ子 - 石井紳一郎 - 石井久子 - 石川公一 - 大内早苗 - 大内利裕 - 鹿島とも子 - 河上イチロー - 菊地直子 - 北澤優子 - 岐部哲也 - 越川真一 - 上祐史浩 - 杉浦茂 - 滝澤和義 - 田下聖児 - 富田隆 - 富永昌宏 - 永岡辰哉 - 中田清秀 - 二ノ宮耕一 - 野田成人 - 長谷川茂之 - 平田悟 - 平田信 - 広末晃敏 - 藤永孝三 - 松下悟史 - 松本聡香 - 松本剛 - 松本知子 - 松本麗華 - 都沢和子 - 村井秀夫 - 村岡達子 - 山形明 - 山本まゆみ - 渡部和実, 在家信者死亡事件 - 男性信者殺害事件 - 坂本堤弁護士一家殺害事件 - 石垣島セミナー - 女性信者殺害事件 - 国土利用計画法違反事件 - オカムラ鉄工乗っ取り事件, 男性信者逆さ吊り死亡事件 - 亀戸異臭事件 - サリンプラント建設事件 - 池田大作サリン襲撃未遂事件, 薬剤師リンチ殺人事件 - 自動小銃密造事件 - 宮崎県資産家拉致事件 - 滝本太郎弁護士サリン襲撃事件 - 松本サリン事件 - 男性信者リンチ殺人事件 - 江川紹子ホスゲン襲撃事件 - 駐車場経営者VX襲撃事件 - ピアニスト監禁事件 - 会社員VX殺害事件, 被害者の会会長VX襲撃事件 - 公証人役場事務長逮捕監禁致死事件 - 島田裕巳宅爆弾事件 - 東京総本部火炎瓶事件 - 地下鉄サリン事件 - 村井秀夫刺殺事件 - 4月15日予言 - 新宿駅青酸ガス事件 - 都庁小包爆弾事件, 宗教法人オウム真理教解散命令事件 - 観念崩壊セミナー - TBSビデオ問題 - 日本テレビ長官狙撃自白報道 - ソフト開発業務受注問題 - シガチョフ事件, 警察庁長官狙撃事件 - 横浜駅異臭事件 - 全日空857便ハイジャック事件 - 全日空61便ハイジャック事件 - 農水省オウムソング事件 - パソコン遠隔操作事件, モスクワ支部 - 真理党 - サティアン - 富士清流精舎 - コスモクリーナー - 附属医院 - 陸上競技部 - キーレーン - 長老部, サマナ - ホーリーネーム - 階級制度 - オウム服 - プルシャ - オウム食 - 教団の修行 - PSI(ヘッドギア) - 温熱療法 - ダーキニー - クンダリニー - クンダリニー・ヨーガ - ポア, 教団の国家転覆計画 - 日本シャンバラ化計画 - 省庁制 - 基本律 - 白い愛の戦士 - 教団の兵器, オウム真理教放送 - オウム・ダイヤル - 教団の音楽 - 尊師マーチ - 教団のアニメ - オウムシスターズ, 団体規制法 - オウム真理教財産特別措置法 - オウム真理教債権特例法 - サリン防止法 - オウム被害者救済法 - 足立区アレフ規制条例, アンダーグラウンド - 約束された場所で - 黄泉の犬 - カナリア - A - A2, 青沼陽一郎 - 浅見定雄 - 阿部三郎 - 有田芳生 - アンソニー・トゥ - 池田昭 - 伊東乾 - 伊藤芳朗 - 宇都宮健児 - 江川紹子 - 遠藤誠 - 大田俊寛 - 紀藤正樹 - 木村晋介 - 河野義行 - 小林よしのり - 坂本堤 - 島田裕巳 - 下里正樹 - 徐裕行 - 滝本太郎 - 竹内精一 - 田原総一朗 - ダンテス・ダイジ - 筑紫哲也 - 常石敬一 - 苫米地英人 - 永岡弘行 - 中沢新一 - 永沢哲 - 西田公昭 - 野中広務 - 村山富市 - 亀井静香 - 二木啓孝 - 降幡賢一 - 牧太郎 - 村上春樹 - 森達也 - 安田好弘 - 横山昭二 - カル・リンポチェ - 磯崎洋三, 上九一色村 - 波野村 - カナリヤの会 - 報道特別番組 - アーレフタブー - 破壊活動防止法 - 公安調査庁 - TBS - 日本テレビ, オカムラ鉄工乗っ取り事件のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 南青山ビルの看板 (1994年10月撮影)。オカムラ鉄工が名を変えた「株式会社ヴァジラ・アヌッタラ ヒタ アビヴッディ精密機器工業」が入居している, 「オウム真理教祖が社長をしていたオカムラ鉄工 2度目の不渡り」 朝日新聞 1992年10月27日, All text is available under the terms of the.