愛してしまった人は母の恋人だった。その時から、母と娘は親子ではなく、女と女の関係になっていた。現代における様々な愛の形を、常に大胆な発想で提示し、読者を魅了する渡辺淳一の同名原作小説を映画化。桜の樹の下にはじまり、桜の樹の下で思いもよらぬ結末を迎える、激しくも哀しい愛の物語。〝愛〟の本質を赤裸々なまでに抉り出す。, 京都の老舗料亭・辰村の女将である菊乃と東京の出版社社長・遊佐は、京都・真如堂近くの道端に咲く1本の染井吉野をきっかけに、男と女の深い関係になってもう2年が過ぎようとしたいた。そして、菊乃には一人娘の涼子が商売見習いをしていた。すべてが順風満帆な平和な日々だった。そんな時、京都にやってきた遊佐の案内を母の菊乃の代行として涼子が行うことになった。そこに一人の女と一人の男の出逢いが育まれた。菊乃との愛を確かに感じつつも、その娘・涼子の思いを受け止めてしまう遊佐。涼子との肉体関係を持ってしまう遊佐。一方、涼子はこれで母とは対等となり、母と娘ではなく、女と女の関係になったことに満足するのだった。そんな涼子の様子や遊佐が自分を避けていることに一人物思いに沈む菊乃。遂に菊乃は、辰村の東京支店開店披露パーティーで涼子と遊佐が手を握り合って親密そうに語り合っている姿を見てしまう。それぞれの想いが絡み合い、それぞれの愛の本質が綴られてゆくのであった…。, 男にとって最初に意識する、女を感じさせてくれる存在は、年上の女教師かもしれない…。. 『桜の樹の下で』(さくらのきのしたで)は、渡辺淳一が1987年に発表した小説。週刊朝日の5月8日号から1988年4月22日号に連載された。同作を原作とし、1989年に公開された日本映画についても紹介する。, 1989年5月13日に東映系で公開された。監督は鷹森立一。R指定作品。中学生以下は鑑賞禁止である。, 渡辺淳一とプライベートな付き合いのある岡田茂東映社長(当時)が「東映で映画化した彼の作品、『ひとひらの雪』や『化身』『桜の樹の下で』『別れぬ理由』は、僕が作品に惚れたから映画化した」と話している[1]。, ある春の夜京都で料亭を営む辰村菊乃は、東京から時々訪れる常連客の遊佐恭平に女将修行中である自身の娘・涼子を紹介する。菊乃はソメイヨシノが咲く近所の寺に夜桜を恭平と鑑賞し、桜好きの彼は彼女に頼まれて翌日昼間にしだれ桜の名所に涼子と一緒に訪れる。その帰りに寄った宝石店で恭平はちょっとした指輪を涼子にプレゼントするが、彼は数年前から菊乃と恋人[注 1]関係にあった。, 後日、東京で恭平と会った菊乃は以前から準備をしてきた東京出店の話がまとまったことを報告し、自身が借りることになったマンションに2人で訪れて愛し合う。京都の桜の見頃が終わった頃、恭平から一泊二日で角館(秋田県)の桜を見に誘われた涼子は、宿泊先でベッドを共にしてそのまま彼の愛人となる。母には“女友達と行く”と言って出かけた涼子だったが、菊乃は帰宅した娘の態度や、その後たまたま電話で話した恭平の声の感じから2人の関係を疑い始める。, 6月、東京に菊乃の新しい店がいよいよ開店して毎週末東京の店に顔出すことになり、涼子は母がいない間京都の店を任されることに。それ以降恭平は菊乃と涼子のそれぞれと交際を続け、母子は表向きは以前と同じような母娘関係を装うが、心の中では腹を探り合うようになる。その後恭平は恋愛の比重が涼子に向き始め、菊乃は彼の言動が以前と変わってきたと感じ、寂しさからプライベートで飲む酒の量が多くなる。, 翌年の正月、菊乃はこれまでの半年間で仕事や私生活で気を揉むことに疲れを感じ、涼子に東京の店を任せて自身は京都の店に専念することを決める。後日菊乃は涼子を連れて上京し、恭平に東京で暮らすことになった娘の監督役を頼み、その夜恭平と2人きりになった菊乃は久しぶりに熱い時を過ごす。その後涼子は東京の店で忙しく女将として懸命に働き、つぼみができた桜の樹の下で恭平と会った彼女は、妊娠したことを告げる。, 実際には恭平は既婚者なため菊乃自体愛人だが、惹句にもあるように便宜上ここでは菊乃を恋人と表記する。, 「昔ある人が『自分が死んだら死体の上に桜を植えて欲しい』と頼み、言葉通りにしてもらうとその後立派な桜になった。人の血や肉を養分として育った桜の美しさには人の狂気が乗り移っているという伝説がある」というもの。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=桜の樹の下で&oldid=80183169.

桜の樹の下にはなんちゃらー言う引用も薄っぺらなものにしか感じられないし、原作もこんな雰囲気? 気持ち悪ィーッ!何じゃこりゃー何じゃこりゃー何じゃこりゃー言いながらでもなきゃついていけへんわ。 てか、ついていきたくねーし。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 七瀬なつみが新人からぬ大胆な演技を見せてます。ただ物語がロマンチック過ぎるきらいがあります。, 七瀬なつみの濡れ場を期待して購入しましたが、今ひとつでがっかりです。文芸作品なので、アダルトとは、ちがいますね。, 少し前に「化身」をボロカスに評したんですが、まあ下には下と云うか五十歩百歩と云うか目○そ鼻く△と云うかこれまたヒドい代物ですなあ。いや志麻姐さんはいつもながらの堂々たる貫禄だし、津川サンも原作者の人となりを一番色濃く投影してるのはこの人を措いて他に無いと確信させる安定感ですが(堂に入った根っからのインテリスケベ親爺っ振り!)、オールナイターズ上がりのヒトのヘタさ加減は思いっきりの良い脱ぎっ振りは別にしてただ苦笑するのみ。もっとも少し後のTVドラマなんかではかなりマシになってたと思うので、まああくまでこの時点での未熟さゆえなのですかね。, オールスターで製作費もかけている感じ。本筋では、母(岩下志麻)と娘(七瀬なつみ)が, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. カートに入れる ¥2,897 + ¥380 配送料. 渡辺淳一の小説を岩下志麻主演で映画化。40代半ばの老舗料亭の女将と、商売の見習いをするその娘が、恋のライバルとして火花を散らす。“東映GO!GO!55キャンペーン3 今だけ!期間限定プライスオフ!第8弾!”。, 娘に嫉妬を抱いた時から、対等の女と女の関係になっていくことに恐さを感じる母。母を母として敬慕しながら、それ以上に女として恋のライバル意識を抱く娘…。母と娘という関係以上に対等の女と女、恋のライバルとして、お互いを見ることになってしまった親子の関係を描く純愛物語。R-15指定作品。, 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 February 29, 2020.