鹿児島市桜島「月読神社」のポイント.

twitter, Facebook, LINE@, note @tsukitokurasu

(出典:http://www.yado.co.jp/kankou/kagosima/oosumi/kamikawa/kamikawa.htm), 神川(かみかわ)の大滝は、落差25m、幅35mもある雄大な景観が楽しめる県内でも屈指の大滝です。神川大滝公園には、神川の大滝以外にも大小7つの滝が点在していて季節ごとに景色を楽しめるおすすめのスポットです。 噴火後、住民は神社の神聖な鳥居を掘り起こそうとしました。 しかし、当時の村長・野添八百蔵氏の「後世に噴火の記憶を残そう」との英断により、噴火直後の姿がそのまま現在に残されています。 これからも大噴火のすさまじさを後世に伝え続けていくことでしょう。 鳥居の先に進むと社殿 パワースポットとしての桜島は、今なお衰えることなく活動している火山からも分かるように非常に上質のエネルギーが噴出しています。火山灰の霞がかかっているイメージはありますが、エネルギーはとてもクリアな状態です。, 鹿児島市桜島横山町1722-8 桜島フェリーターミナルのすぐ前にあるので、桜島を観光するときはぜひ立ち寄ってみてください。^^, 車で参拝する場合は、桜島フェリーターミナルを出て最初の交差点を左折し、下の写真の場所で右折します。, 月読神社は和銅年間(708年~713年)頃、今からさかのぼると1300年以上も前に建てられました。, もともと、現在の場所から1.5メートルほど火口側に建てられていましたが、大正噴火(1914年)によって周辺の集落と一緒に溶岩で埋め尽くされてしまいました。, このときの噴火の規模はすさまじく、当時海峡で区切られていた桜島と大隅半島が溶岩で陸続きになり、噴煙はロシアのカムチャッカ半島まで届くほどでした!, 桜島は良質な温泉など豊かな恵みをくれますが、ときどき大噴火を起こして人々の生活を苦しめてきました。, イザナギという最初の夫婦の神様から、アマテラス、ツキヨミ、スサノオという神様が生まれました。, 喜んだ保食神は口から様々な食べものを吐き出し、ツキヨミをもてなそうとしましたが・・・。, ツキヨミは「吐いた物を食べさせるとは汚らわしい!」と怒って保食神を切り殺してしまいます。, アマテラスは怒り、ツキヨミとは不仲になってしまいました・・・。この事件をきっかけに昼と夜が分かれたと伝えられています。, ニニギは「稲穂の神」として有名で、五穀豊穣、畜産、国家安泰、家内安全などのご利益で有名です。, ヒコホホデミノミコトは天孫ニニギノミコトの子で、別名「山幸彦」として知られています。, ある日二人が弓と釣り竿を交換していると、山幸彦は兄の大切な釣り針を無くし、兄の怒りを買います。, さらに、豊玉姫の父で海神の豊玉彦の協力を得て、兄の釣り針を探し出すことができました。, この玉を使って、山幸彦は対立する海幸彦を屈服させ、めでたく支配者になったと伝えられます。, 山幸彦は父親ニニギノミコトと同じく農耕の神様として知られ、商売繁昌・航海安全・縁結びなどのご利益で有名です。, 山の神ヒコホホデミ(山幸彦)と海神の娘・豊玉姫の間に生まれ、山と海の両方の霊力を持つ偉大な神様です。, ウガヤフキアエズという名前は、母の豊玉姫が出産するとき、産屋(うぶや)の屋根の茅(かや)を葺(ふ)き終わらないうちに生まれたことに由来しています。, 山幸彦が兄の釣り針を無くして海の世界に来たときは釣り針の捜索に協力し、山幸彦が地上の世界に帰るときは山幸彦に強力な力を秘めた二つの玉を授けて兄・海幸彦を屈服させました。, ニニギがコノハナサクヤヒメとの結婚を申し込むと、父のオオヤマヅミは喜び、姉の岩長姫(イワナガヒメ)も妻に差し出しました。, しかし、イワナガヒメの外見は醜かったため、ニニギはイワナガヒメを送り返してしまいます。, オオヤマヅミは「イワナガヒメを妻として送ったのはニニギの寿命が岩のように長くなるからだったのに。ニニギとその子孫の寿命は木の花のように儚く短くなるだろう」と告げました。, 個人的な考えですが、ニニギは偽りの愛の中で長生きするよりも、短い命のなかで一生けん命ひたむきに一人の女性を愛したかったのではないでしょうか。, 稲荷神社は、五穀豊穣・商売繁盛・殖産興業などに御利益があるので、忘れずに参拝しておきたいですね。, 御朱印はご自宅のインターホンを鳴らすと、あらかじめ紙に書かれた御朱印をいただくことができるようです。, 鹿児島観光ガイドにようこそ! 活火山・桜島には意外にも神社がたくさんあります!祭られている神様も違えば、ご利益もさまざまです。桜島にお越しのさいは、ぜひ参拝してみてください!月読神社桜島フェリーターミナルのすぐ近くにある神社です。

パワースポットとしての霧島神宮は、とても神秘的なエネルギーに包まれていて、鳥居をくぐると神聖な空気に包まれる素晴らしい場所です。ちなみに、天候が変わりやすいことが知られていて小雨が降ると歓迎されている証拠とも言われています。, 屋久島(やくしま)といえば、縄文杉をはじめとした大自然が残る場所として有名です。何と言っても映画「もののけ姫」の舞台設定として使われていることは有名ですね。 ⇒ 守護霊との対話 !「いしきりさん」のお百度参りのやり方をまとめてみた, 【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!, 藤原宮跡資料室|藤原宮と藤原京の発掘成果を公開中!今なお続けられている発掘調査のマジな研究拠点, 藤原京資料室|藤原京の巨大なジオラマ!リアルな藤原京を堪能できる橿原屈指のおススメスポット!, 【保存版】天香久山|あもりつく天香具山。天香久山の歴史、歌、神社、散策コースなど総まとめ!, ご祭神「月読尊」は、伊弉諾尊が黄泉の国から帰還し、死の穢れを祓うとき、右眼を洗うことで誕生。, 4つの宮が並列する独特なスタイルを採用。参拝順番が決められてますのでしっかりチェック。, 日本神話経緯から、厄除け、心身浄化、開運招福、安産・子授けなどのご利益満載の神社です。.

平成十二年社殿は改築され手水舎の改修、境内地の整地、稲荷神社の改築が行われた。, 由緒を読むと、三体の月が現れた後、噴火したとありますから、月の神さまが噴火を教えてくれたのか、月の神さまが噴火を起こしたと思われていたのでしょうか。, 月読命は、イザナギの子であり、天照大神(アマテラスオオミカミ)の弟神、素戔嗚尊(スサノオノミコト)の兄神。月の神さまであり、夜を統治している神だというのが一般的な見解のようです。, 月読命はイザナギの右目から、天照大神は左目、素戔嗚尊は鼻から生まれたと言い伝えられ、この三神は、三貴神と呼ばれています。(目から生まれるなんて…目玉のおやじのよう…と思ったら、目玉のおやじは鬼太郎の目ではないんですね!), 天照大神から保食神(うけもち)と対面するよう命令を受けた月夜見尊が降って保食神のもとに赴く。そこで保食神は饗応として口から飯を出したので、月夜見尊は「けがらわしい」と怒り、保食神を剣で刺し殺してしまう。保食神の死体からは牛馬や蚕、稲などが生れ、これが穀物の起源となった。天照大神は月夜見尊の凶行を知って「汝悪しき神なり」と怒り、それ以来、日と月とは一日一夜隔て離れて住むようになったという。これは「日月分離」の神話、ひいては昼と夜の起源である。, 神さまのけんかで食べものが生まれ、昼と夜ができたとなれば、そのけんかに感謝しなければなりませんね。昼と夜があるおかげで植物も育ち、生物も生きているのですから…。, 月読命を祀った神社は、天照大神や素戔嗚尊を祀った神社ほど多くはありませんが全国各地にあります。わかる限りの月読神社を掲載しますね(もし、他にもご存知の方がいたら教えてください!追加していきます!)。, いかがでしたか?月読命をお祭りしている神社は、全国でも80数社ほどらしいです。頑張れば全部回れるかな?, 私が次に行きたいのは長崎県壱岐市の月讀神社。ここから京都の月読神社に勧請され、月読信仰が広がって行ったと言われているそうです。地元長崎とはいえ、離島なので壱岐市は未開の地。ぜひ機会があれば訪れてみたいと思ってます。, みなさんも、お近くの月読神社をたずねてみてくださいね。新月の願いごとがお月さまに届きやすくなりかもしれませんよ!, 2018年12月7日射手座新月。変化を望むあなたを全力で後押ししてくれる新月、どう過ごす?, 星とカードの翻訳家。九星気学アドバイザー。情報の行き来していない大昔に、世界各地で自然発生してきた風習を見ると楽しくて楽しくて震える。2007〜2009年、母の介護をしながらインドと日本を行ったり来たり。2012年からインド在住。2017年帰国。インド人にインド人みたいだと言われるインド顔!前世は鹿。担げるゲンはとりあえず担いでみよう主義。「月と星の道しるべAstroCompass」にて、西洋占星術全般、九星気学、カードリーディングの鑑定受付中!, 月によりそい、月と暮らす。西洋占星術で新月や満月の影響を読み、月のリズムを活かした暮らしを提案するウェブマガジン。

(出典:http://blogs.yahoo.co.jp/toshirou10_46/15846796.html), 月讀神社(つきよみじんじゃ)は、創建された年代は不詳ですが、一説によれば和銅年間とも言われている歴史の長い神社です。その名の通り、月読命(ツクヨミノミコト)や、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)などをお祀りしています。 鹿児島県と言えば桜島(さくらじま)を真っ先にイメージする人も多いと思いますが、今でも活動している火山として有名です。世界的にも有名な火山島であり観光地としても人気です。 パワースポットとしての桜島は、今なお衰えることなく活動している火山からも分かるように非常に上質� ©Copyright2020 日本神話.com.All Rights Reserved. パワースポットとしての神川の大滝は、エネルギー量も多くおすすめですが、浮遊霊も多くいるようで、油断するとお持ち帰りしてしまうこともありそうです。体感温度が下がり寒気がするような場所は避けた方が良いようです。, 麻倉蒼衣は「スピたま」を運営しているスピリチュアルサロン「蒼色庭園」のチーフセラピストです。, スピたまの公式メールマガジン「スピまぐ」では、あなたの運勢や、セルフ除霊、幽体離脱の方法、守護霊や過去世の霊的世界の仕組みなど、スピたま以上に濃密な情報をお送りします。メルマガでしか手に入らない情報が気になる方は是非ご登録を!, 「スピたま」は、スピリチュアルサロン「蒼色庭園(あおいろていえん)」が運営しています。.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ずいぶんと寒くなって来ましたね〜。この時期は空気が澄んでいるので、お月さまもとてもきれいに輝いてみえますね。いちばん好きな季節です。, さて、先日、鹿児島へ行って来ました。次に鹿児島へ行くときは、ぜひ行きたいと思っていた神社があります。それは、桜島にある「月讀神社(つきよみじんじゃ)」です。, とても小さな神社ですが、すてきなところでした…。今回は全国にある月読神社とともにご紹介しますね!, 日本の活火山は気象庁によると111!(ここで数秘術好きの方は反応しそうになりますよね…)



桜島港に近い月讀神社は、和銅年間(708〜715年)には創設されたと伝わる由緒ある神社です。「桜島」の名前の由来とされる「コノハナサクヤヒメ」もあわせて祀られています。大正噴火で溶岩の下に埋没しましたが、昭和15年、現在の位置に移設されました。 ここは、日本神話を代表する神様である「3貴神(天照大神あまてらすおおみかみ、月読尊つきよみのみこと、素戔嗚尊すさのおのみこと)」のうちの一神、月読尊つきよみのみことを祭る神社です。, 境内は、深い木々に囲まれた静謐な空間が広がり、社殿が4つ並列している独特のスタイル。, 当サイトならではの日本神話をディープにご紹介。まずは神話を理解してリアルな現場をチェック。, 日本神話自体は『日本書紀』『古事記』に記載されてます。今回はその中から、正史『日本書紀』から以下ご紹介。, 当社のご祭神「月読尊つくよみのみこと」は、神社的には「つきよみのみこと」ですが、文献上「つくよみのみこと」で表記。『日本書紀』神代紀 第五段で登場します。, ちなみに、第五段は、神代紀において最も異伝が多い段で。本伝とはべつに、全部で11の異伝をもっている難解な箇所であります。コチラ参考に⇒「『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか」, そんななか、「つくよみのみこと」も、「月読尊」という表記と、「月夜見尊」という表記の2つが存在します。今回はそのなかで「月読尊」バージョンをお届け。, 当社のご祭神、「月読尊つくよみのみこと」として登場するのは『日本書紀』第五段にある一書の第六。少々長くなりますが、経緯としては、, そのときに、右目を洗って、これにより神を生んだのが「月読尊つくよみのみこと」という次第。, そうして後に(伊弉諾尊いざなきのみことは)左の眼を洗われた。これによって神をお生みになり、名付けて天照大神と申す。また右の眼を洗われた。これによって神をお生みになり、名付けて月読尊つくよみのみことと申す。また鼻を洗われた。これによって神をお生みになり、名付けて素妻鳴尊すさのおのみことと申す。合せて三柱の神である。, 伊弉諾尊は三柱の御子に命じられて、「天照大神は高天原を治めなさい。月読尊は潮が幾重にも重なる青海原を治めなさい。素妻鳴尊は天下を治めなさい。」と仰せられた。, 然後洗左眼。因以生神、号曰天照大神。復洗右眼。因以生神、号曰月読尊。復洗鼻。因以生神、号曰素戔鳴尊。凡三神矣。已而伊弉諾尊勅任三子曰。天照大神者可以治高天原也。月読尊者可以治滄海原潮之八百重也。素戔鳴尊者可以治天下也。, 当社のご祭神である月読尊は、一書いっしょの第六においては「青海原担当」だったんですね。, これが、月と海の満ち引きとの関連がベースになって「月読尊つくよみのみこと」という神名になってると言われる所以。さらに、「読む」=「暦を読む」=「太陰暦=月」といった展開もあります。, で、後ほど境内をご紹介しますが、伊弉諾いざなきに対して「縊くびり殺してやる」とまで言い放った伊弉冉いざなみを、当社は同じ境内に祭っているところがスゴイ。。。汗, 親子で祭ってますとかそんな平和な話ではございません。緊張感あふれる局面であることをチェック。, 尚、伊勢市には同じ「月読尊」をまつる「月夜見宮」があります。こちら別伝もご紹介しているので合わせてチェックされてください⇒「月夜見宮(豊受大神宮別宮)|清々しさとシンプルさを兼ね備えた社殿が美しい!天照大神の弟的立ち位置の月夜見尊を祭る神社」, さて、日本神話にもとづくご祭神の誕生経緯をゲットしたところで、創建経緯もチェックしておきましょう。, 詳細不明。最初から現在のような4つの宮が独立した形式ではなく、時代とともに変化してきた経緯アリ。, 初出は、第50代桓武かんむ天皇代(737~806年)。このころ編纂された『皇太神宮儀式帳こうたいじんぐうぎしきちょう』には、「月読宮一院、正殿四区」と記され、一囲いの瑞垣みずがき内に祀られていたようです。, この書物、神宮における行事・儀式など23か条を記した文書。伊勢神宮で有名な式年遷宮しきねんせんぐうのことも記載されてます。, もともとは、1つの囲いの中にあったのが、第60代醍醐だいご天皇代(885~930年)には、伊佐奈岐宮いざなきのみやと伊佐奈弥宮いざなみのみやが一院、月読宮つきよみのみやと月読荒御魂あらみたま宮が一院として合計2院の形式に。これは、第56代清和せいわ天皇代(850~881年)に、伊佐奈岐宮いざなきのみやと伊佐奈弥宮いざなみのみやに「宮号」が宣下されたことが背景にあります。, 現在のように、四宮それぞれが瑞垣みずがきをめぐらした形になったのは、意外にも明治6年から。結構最近なんですね。 ん?最近?, さて、日本神話にもとづくご祭神の誕生経緯ならびに創建経緯をゲットしたところで、リアルな現場をチェックです。, ▲月讀宮を背後にして、23号線を望む。ココから伊勢神宮まで、まっすぐつながってる感じです。正面の山は鼓ヶ岳。, 実は、伊勢神宮は、「皇大神宮こうたいじんぐう(内宮ないくう)」と「豊受大神宮とようけだいじんぐう(外宮げくう)」の2つの「正宮しょうぐう」を中心として、14か所の別宮、109か所の摂社・末社・所管社、計125の宮社の総称。, スゴイですよね。125社もある神宮系列ということで、、、当社はその中でも、中心的な2つの正宮しょうぐうの一つ「皇大神宮こうたいじんぐう(内宮ないくう)」の「別宮べつぐう」として位置づけ。, 古くは、天皇の勅書ちょくしょによって「宮号きゅうごう」を宣下された神社だけが「宮」の名前を持つことができました。現在も、年間行事や式年遷宮は正宮に準じて行われているという次第。, 伊勢神宮近辺には重要な神社が点在しているので、神宮参拝の際には是非チェックしていただければと思います。, ▲本殿へ続く参道。深い樹木に囲われて、ひんやりした空気が流れています。伊勢神宮もそうですが、太古からの杜が守られているような感じがして、とても心地良いのです。, 「荒御魂あらみたま」とは、神様の魂のことで、格別なご神威を表すマインドと表出(あるいは働き)のことを言います。一方、穏やかなマインドと表出を「和御魂にぎみたま」と言います。, 日本神話的背景を理解された読者の皆さんならお分かりいただけるはず!禊祓いの中で誕生した神、浄化パワーは超絶モノ。さらに、海担当というところから、近年では安産・子授けご利益でも人気です。, 伊弉諾いざなきに対して「縊くびり殺してやる」とまで言い放った伊弉冉いざなみを、当社は同じ境内に祭っているところがやっぱりスゴイ。。。親子で祭ってますとかそんな平和な話ではございません。。。ま、そんなことはいいか。, 三重県伊勢市中村町にある神社で、日本神話を代表する神様である「3貴神」のうちの一神、「月読尊つきよみのみこと」を祭ります。伊勢神宮=皇大神宮こうたいじんぐう(内宮)の別宮として位置づけられていて、内宮の境外にある別宮では最上位。, 境内は、深い木々に囲まれた静謐な空間が広がり、社殿も4つが並列している独特のスタイルです。, 三重県の神社巡りオススメスポット|三重は理想郷である「常世国」に一番近くて美しい国!伊勢神宮を中心に日本神話から入る三重の神社の御祭神・御利益をまとめ!, 夫婦岩と二見興玉神社|夫婦岩の日の出に感動!倭姫命が2度振り向いたのも納得の美しさ!, 御塩殿神社|伊勢神宮の直営製塩工場&御料地!神宮に奉納する「堅塩」を古代の製法で2000年以上作り続けているという激しく奥ゆかしい神社|三重県伊勢市, 開運招福厄除け安産・子授け月夜見尊伊加利比売命宇加乃御玉御祖命佐佐津比古命月読尊三重県伊勢市三重県, 日本神話にちなむ情報発信中!神話だいすきブログ「日本神話.com」で! #日本神話.