大鵬 幸喜(たいほう こうき、1940年(昭和15年)5月29日 - 2013年(平成25年)1月19日)は、北海道川上郡弟子屈町(出生地は樺太敷香郡敷香町、現在のロシア極東連邦管区サハリン州ポロナイスク市)出身の元大相撲力士。第48代横綱。本名は納谷 幸喜(なや こうき)であるが、出生名はイヴァーン・ボリシコ。一時期は母親の再婚によって住吉 幸喜(すみよし こうき)と名乗っていたこともあった。, 1940年(昭和15年)、ウクライナ人の元コサック騎兵将校、マルキャン・ボリシコ[3] の三男として、日本の領土である樺太の敷香町(ロシアの呼び名サハリン州ポロナイスク)に生まれた[4]。マルキャンはロシア革命後に日本に亡命した、所謂白系ロシア人であった。なお敷香町は日本領の南樺太に位置するため、大鵬は外国出身横綱にならない。, 太平洋戦争末期、日本への米軍による原爆投下後、ソ連軍が南樺太へ侵攻してきたのに伴い、母親と共に最後の引き揚げ船だった小笠原丸で北海道へ引き揚げることとなった。最初は小樽に向かう予定だったが、母親が船酔いと疲労による体調不良によって稚内で途中下船した[5]。小笠原丸はその後、留萌沖でソ連潜水艦L-12の魚雷攻撃を受けて沈没したが、大鵬親子はその前に下船していたため辛くも難を逃れた(三船殉難事件)。その点、同じく焼け跡世代でありながらも戦火とは無縁の山形の自然で伸び伸びと育った柏戸とは対照的である[6]。, 北海道での生活は母子家庭だったことから大変貧しく、母親の再婚によって住吉姓に改姓した。その再婚相手の職業が教師だったことから学校を毎年異動していたこともあり、しばらくは北海道各地を転々としていた。あまりの貧しさから大鵬自身が家計を助けるために納豆を売り歩いていた話は有名である。再婚相手とは大鵬が10歳の時に離婚したため、大鵬は納谷姓に戻った。中学校卒業後は一般の同世代の若者と同じ中卒金の卵として北海道弟子屈高等学校の定時制に通いながら林野庁関係の仕事をしていたが、1956年(昭和31年)に二所ノ関一行が訓子府町へ巡業に来た時に紹介され、高校を中途退学して入門した。入門時に母親から反対されたが、親子で相撲部屋を見学した時に所属力士の礼儀正しさを見た叔父が母親を説得した。後年、巡業で振る舞われたちゃんこに感銘を受けていたことも入門の動機として明らかになっている[7]。, 1956年9月場所にて初土俵を踏んだ。同期には後の大関・清國や小結・沢光、前頭の大心、玉嵐らがいる。入門当初より柏戸と共に横綱確実の大器と評されており「ニ所ノ関部屋のプリンス」「ゴールデンボーイ」などの愛称を与えられた[8]。 1965年 3月場所、7月場所、11月場所

1964年 1月場所、3月場所、9月場所、11月場所 北の湖 敏満 (きたのうみ としみつ、1953年(昭和28年)5月16日 - 2015年(平成27年)11月20日 )は、北海道 有珠郡 壮瞥町出身の元大相撲力士。 第55代横綱。 本名は小畑 敏満(おばた としみつ)。血液型はab型 。 元日本相撲協会理事長(第9代、第12代)。 息子は俳優の北斗潤。

2008年09月08日, 歴代横綱で、幕下以下に全敗を経験した力士は、2013年現在まで北の湖ただ一人である。, Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p63, 1981年11月場所を休場した後に受けた朝日新聞のインタビューでは1年ほど前から膝、首、腰の具合が良くなかったことが明かされた。, 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)P187, Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p54, 白鵬はその後、2010年3月 - 2011年1月場所の6場所にかけて88勝まで更新した。, http://www.asahi.com/articles/ASHCN5441HCNUTQP018.html, 【元番記者が語る北の湖理事長】(4)数々の偉業の原点は13歳でもらった母からの言葉, 芸能界の “最強スー女” が語る「令和の相撲界」談義に友綱親方が参戦!(1/4ページ), http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/21/kiji/K20151121011548030.html, http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20160908-OHT1T50026.html, 【私の“奇跡の一枚” 連載50】 値千金!『相撲人』の笑顔 男の本当の強さと優しさとは, http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1569485.html, http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1576297.html, http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1576560.html, http://www.asahi.com/articles/ASHCP3332HCPPTIL00B.html, http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20160320-OHT1T50147.html, 現役最古参46歳力士引退、料理の「腕は相撲界一」序ノ口・北斗龍が勝ち越しで土俵に別れ, 【元番記者が語る北の湖理事長】(9)抜群の記憶力「現役時代の相撲は、全部覚えている」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=北の湖敏満&oldid=80090632, 1974年9月場所 - 1977年11月場所までは輪島の10勝7敗で、輪島の優勢だった (優勝回数は1977年11月場所までで輪島12回、北の湖9回) 。, 1978年1月場所以降は北の湖の11勝4敗で、北の湖の圧倒的優勢だった (優勝回数は1981年1月場所までで輪島2回、北の湖11回) 。1978年1月場所以降は、力関係が完全に逆転し、北の湖の独走時代だった。, 同じく境川が実行した「イベント会社と提携した協会自主興行巡業」を止め、勧進元興行による巡業も復活, 先代親方が後継者から顧問料を受け取ることを容認(顧問料の支払いは個人間の裁量による), 協会は部屋に対して人材育成業務の委託という新たな契約を策定し、これにより弟子育成を親方に依頼した協会にも一定の責任が生じることになる, 新弟子時代から引退に至るまで人と比べず自分を目標にすること、そして考えないことを心掛けていた。中学卒業間際に幕下まで昇進したことで、何か特別な思いがあったのではないかと質問されることは少なくないが、これに対しては「私の場合は『考えない』。これがよかったんじゃないかと、今にすれば思うんです。まずは三段目に上がろうとか、ひとつひとつそういう目標を持って、相撲を取っていった。先輩たちの行動を見て、付いていくことで精一杯ですから、その頃の思い出というもの自体がほとんどない。目の前のことに必死だったんだと思います」と述べている。考えないようにするためにビデオ研究はただの一度もしなかったという, 北の湖は引退後、「 (観客から) 負けろと言われていた頃はこっちも燃えて来る性格だから良かったのだが、引退間際になって頑張れと言われた時は自分でも情けなかった。そのために勝ちたいという意欲も薄れてきてしまっていた」と述懐している, 北の湖は地位を上げるごとに「守り」に入り重圧を受けて稽古がきつく感じるようになったといい、横綱になった時の稽古が一番きつかったという, 2002年大相撲勝抜優勝戦パンフレットに掲載された長嶋茂雄の対談では「私の場合は土俵の中だけ、それ以外だとシコとテッポウだけでした。シコを中心に下半身を鍛えましたから、器具を使ったトレーニングはしなかった。補そく的に取り入れるのはいいですが基本は土俵です。その人によりけりですけど、器具を使って作った筋肉はどちらかというと堅くてけがが多いんですね。野球選手の場合はどうなんでしょうか」と稽古論を展開している。長嶋に「モンゴル出身など外国人力士の活躍もめざましいですね」と聞かれた際には「ただ外国から来てすぐに新弟子検査を受けられるのではなく、生活、言葉など部屋で3か月ほど研修してから初めて受けてもらうことにしている。生活していやになる者もいるし、そういうことをやってからでないと新弟子検査は受けられないことになっています。そうやって日本に慣れてくれれば、外国人でもいい素材はいっぱいいますね」と答えている。北の湖の幼少期には北海道のテレビ放送では巨人戦しか観戦できなかったことから必然と巨人ファン、長嶋ファンになったともコメント, 休場中に気持ちが揺れることがあった場合、平常心を保つこととリハビリを目的としてわざと怪我したほうの膝に負荷を掛けたという。昼は病院で治療を受け、夜は自重を利用して自転車に乗って一気に坂を上るなどのリハビリを行うことが多かった。24度目の復活優勝までのリハビリ生活の様子は、マスコミのテレビ取材の映像で記録されている, 公私の区別を大切にして一生懸命精進する力士を思いやる性格から、妻には結婚の際に「力士はウチの使用人じゃないんだから、彼らを私用で使うことは絶対にダメ」と厳しく言い渡した, その人柄から北の湖への恨み言を言う弟子はいなかったとされる。妻は協会葬の見送りが終わった際に「親方ったら、私が一番苦手なことを、一番最後にやらせるなんてね」と早すぎる死を残念がっていた, 引退直前に数回対戦したものを除くと、現役時代に北の湖に勝ち越した力士は少ない。ほとんどの力士には大きく勝ち越し、完封もいる。典型的なものは, 強烈に強い反面、一度負けた相手に翌場所も連敗するという脆さを見せることがあった。また初顔合わせの相手に取りこぼすことも多かった。, 通算24回の優勝のうち東京場所で16回優勝した (大鵬・白鵬と並ぶ最多タイ記録) が地方場所では優勝できず、特に横綱昇進直後には「地方場所に弱い」と評されることもあった。結局地方場所の初優勝は横綱昇進から2年以上経った1976年11月場所だった (11月場所での生涯唯一の優勝) 。その後は「荒れる春場所」と言われる3月場所で5連覇 (1977年 - 1981年) を果たすなどして評価を覆したが、1981年3月場所の優勝を最後に引退までの約4年間地方場所での優勝はなかった。地方場所での優勝は結局8回で、白鵬 (東京場所で16回優勝、地方場所で20回優勝) 、大鵬 (東京場所、地方場所共に16回ずつ優勝) 、千代の富士 (東京場所で13回、地方場所で18回優勝) に比べると、東京場所での強さが目立っていた。, 年間最多勝を1981年まで通算7回も受賞 (ただし1976年は77勝13敗の輪島が受賞) したが、現在、白鵬に次ぐ史上2位の記録である。, 関脇・大関昇進・初優勝記録は大鵬に及ばなかったが、十両・幕内・三役の昇進記録はいずれも当時の史上最年少記録であった。これらの記録は後年になって, 入門当時、北の湖の他にも中学校在学中に入門し、学校に通いながら土俵に上がる力士は多くいたが、社会通念上問題があるとされた。北の湖が大活躍したため特に話題になったとも言われる。当の北の湖本人は三保ヶ関から「中学は義務教育だからしっかり通いなさい」と言われて通学を怠らずに大相撲生活を送っていたが, 横綱昇進直後のインタビューでは、「犬のスピッツとトカゲの尻尾、歌を歌うこと、注射が嫌い」と答えていた。歌に関しては、「歌うぐらいなら稽古していた方が良い」と話していた。犬に関しては、子供の頃スピッツと喧嘩してドブに落ちた経験があると明かしている, 横綱昇進当時、「双葉山」から連想するものは?と聞かれて「知らないから別に……」と答えた, 角界では珍しくゴルフが嫌いであり、輪島のゴルフ好きとは好対照をなしていた。本人いわく「やらないです。太鼓腹を突き出して、耳かきみたいな棒を振ってもしょうがないもんね(笑)」, 体が丈夫であり、医者嫌いでもあった。横綱時代のある時、金城との三番稽古で左アキレス腱を痛め、付き人が心配すると「医者? 1991年以降の個人ランキングは下記の通り 1位:白鵬515本 2位:白鵬473本 3位:白鵬416本 4位:白鵬405本 過去においても、1991年以降最高なのが白鵬翔で、当然横綱でも圧勝記録です。 1971年 1月場所), 1996年(平成8年):渥美清1998年(平成10年):吉田正1998年(平成10年):黒澤明2000年(平成12年):高橋尚子2009年(平成21年):遠藤実2009年(平成21年):森光子2009年(平成21年):森繁久彌2011年(平成23年):ワールドカップ日本女子代表2012年(平成24年):吉田沙保里, 大鵬自身は現役引退直後に刊行された「大鵬自伝」(ベースボールマガジン社版)で父親について「幼い時に亡くなった」、「朧ろにかすんだ霧の中にかくれていて、その輪郭はつかみようもない」、「牧場を経営していた」、「正直に言って父と呼ぶべき人を知らないのです」(いずれもP40)と述べており、1981年に再版されたほるぶ新書版でも、同じ記述になっている。, Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p62, 「大相撲」(読売新聞社刊)1968年7月号では「幕内全力士が考える大相撲再建案」が特集され、力士たちが「相撲人気が落ち目になっていると思うが、力士としてどのようにしたらいいと考えているか」という質問に答えている。, しかしこの場所は大鵬以外の横綱・大関陣が全員8勝あるいは9勝に留まっており、場所後の『, 北の富士・玉の海が横綱に昇進して以降の対戦成績は共に大鵬の4勝2敗で勝ち越している。, 奇しくも、福の花は柏戸の現役引退当日(1969年7月場所4日目)の対戦相手にもなっている。, リハビリは廊下を這うことから始め、それを見た者達から好奇や憐みの視線を向けられたという。, この退任により同じ二所ノ関一門の枠で理事職を引き継いだのは、自身の現役最後の対戦相手でもあり、当時部屋の全盛を誇っていた, Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p51, 「大鵬さん「会見で謝罪なく腹立たしい」」日刊スポーツ2010年2月5日9時6分紙面から, https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1902A_Z10C13A1000000/, https://www.sankei.com/sports/news/130119/spo1301190012-n1.html, http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20130119-OYT1T00701.htm?from=top, http://www.asahi.com/sports/update/0119/TKY201301190117.html, https://www.sankei.com/politics/news/130215/plt1302150016-n1.html, http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sumo/news/CK2013032502000148.html, https://www.sankei.com/sports/news/130324/spo1303240011-n1.html, Whether crisis or not, sumo's show must go on, “「巨人・大鵬・玉子焼き」の生みの親 堺屋太一さん 「残念、昭和ははるか遠くに」”, https://www.sankei.com/sports/news/130120/spo1301200003-n1.html, http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20130120-OYT1T00459.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大鵬幸喜&oldid=80110852, 現役時代には野球と麻雀を趣味としていた。入幕したばかりの頃は、部屋で草野球が行われれば出場する程度であまり野球に興味はなかったというが、1966年頃になると稽古の合間にキャッチボールをするようになり、野球の腕前はなかなかであったという。麻雀は下手の横好きであり、4人麻雀で1人負けしたこともある, 色白の美男だったためか、若い頃の人気は非常に高かった。男性相撲ファンに絶大な支持を誇った柏戸と比べて大鵬は女性・子供からの絶大な支持を誇った。大鵬の取組の時だけは, 二所ノ関部屋後援会員であったマダムがオーナーを務めていた飯倉の「レストラン竜」で提供されていたサーロインステーキを好んで食した。本人曰く「パリやスペインではこんな肉を食べさせるところはないよ。牛の質が違うのか知らんが、うまくないねえ。まるで靴の裏底を噛んでるようなものもあったぜ。(中略)一口この肉を食べてみると、ああ日本だなと感じるね、ウッフフ」「でもねえ、外国じゃ注文してから出来上がってくるまで遅いこと遅いこと」とのこと, 大鵬は北海道出身のためかスズランの花が好きであり、自身の元に贈られてきたスズランの花は、花の寿命が来るまで可愛がった, 大鵬はどこへ行くにも必ず付け人への土産を買い忘れることがなかったといい、ある時は沢山食べて体が大きくなるようにと付け人たちへ寿司折りを買ってきたという, 横綱土俵入りは、肘を少し曲げ伸ばししながら掌を返すことが特徴だった。非常にテンポの遅い土俵入りを行っていたことでも知られており、大抵2分余り、現役最終盤の時期にあたる1970年から1971年に至っては3分を超えるまでになった。しかし1963年3月場所後に行われた, 横綱昇進の2年後あたりから、自身や部屋の後援会の関係者から頻繁に見合い話を持ちかけられていたが、本人は「まだまだやらねばならぬことや勉強がいくらもある」という理由で、結婚は昇進から5年後の26歳の誕生日を迎えてからと考えていた, なお、この過程で師匠・二所ノ関からも縁談を持ち掛けられ、しかもその際に「結婚を承諾するなら将来は二所ノ関部屋の後継者として考えてもよい」と暗に漏らされていながら、断ったということを著書で明かしている, 大鵬が現役を務めていた頃のニ所ノ関部屋は大鵬自身のネームバリューのおかげで隆盛していたのであって、大鵬がいなくなった部屋には魅力がなかったということであろう、と, 朝青龍の現役時代のある時、講演での質疑応答で力士の所作やマナーについて質問があったが、朝青龍にこのことを電話すると「いやあ、そんなものは(現役を)辞めるころになったらうまくなりますよ」と朝青龍本人は返事した。これがきっかけで大鵬も朝青龍を見捨てたという, 露鵬の大麻問題では同じく渦中に巻き込まれた北の湖理事長と対応を協議する事態となっていた。最終的には、自分の後継者で娘婿でもある大嶽が責任を問われて相撲協会の委員から平年寄への2階級降格処分を受け、北の湖親方も理事長辞任となった。, 「巨人、大鵬、卵焼き」の流行語が生まれた1960年代に少年時代を過ごした安倍は個人的な感情として、「卵焼きは好きだったが、巨人も大鵬もアンチだった。“大鵬キラー”と言われた関脇・明武谷は背が高く細くて、私もやせっぽちの子供だったので応援していた」と述懐した一方で「アンチでも大鵬は気になる。大鵬との取組を手に汗を握って応援していた」と明かした, 1960年(66勝24敗)、1961年(71勝19敗)、1962年(77勝13敗)、1963年(81勝9敗)、1964年(69勝11敗10休)、1967年(70勝6敗14休・柏戸と同数), 連続6場所勝利:84勝(1966年3月場所-1967年1月場所、1966年5月場所-1967年3月場所、1966年7月場所-1967年5月場所), 幕内連続2桁勝利記録:25場所(白鵬51場所・北の湖37場所に次いで歴代3位・1960年5月場所-1964年5月場所), 幕内連続12勝以上勝利:11場所(歴代5位・1962年7月場所-1964年3月場所), 雑誌『相撲』別冊菊花号 創業70周年特別企画シリーズ(3)柏鵬時代 柔の大鵬 剛の柏戸――大型横綱たちの君臨(ベースボールマガジン社、2016年).