3位:千代の富士:31回優勝 6位:貴乃花:22回優勝 ブログを報告する. 検査に合格したら、新弟子同士で前相撲を取り、土俵で化粧まわしをつけた「新序出世披露」が行われます。これは、来場所から序の口として番付に載ることを披露する行事です。その後、国技館内にある相撲教習所で礼儀や文化、ルールについて学び、稽古に励んで、初場所に臨みます。年6回の場所に出場し、番付を上げていくのが目的になります。, あなたのタイプキャラ: 騎士道の女

協会から除名処分の場合は、無支給となります。, 力士になるには、まずは相撲部屋に入門を希望します。学生相撲の大会で実績を残して親方からスカウトされることもあれば、自ら部屋を見学して入門を申し出ることもあります。また、相撲部屋によっては、交通費支給の体験入門ができるところがあります。 力士が引退する時にはどれぐらいの退職金が貰えるのでしょうか?力士の収入の記事ではたくさんの項目をご紹介しましたが、この退職金も奥が深そうです。, さて、今回「退職金」をご紹介していく前に一点補足事項があります。それは力士には退職でなく、あくまで「引退」という言葉を用いるそうです。ただ、世間的には分かりにくいので「退職金」として説明していきましょう。, 収入面でも関取と幕下以下で差がありましたが退職金も同様に違いがあります。まずは十両以上のいわゆる関取が退職金を受け取るための条件を整理しましょう。, 十両以上の力士が引退したときには「退職金」として「力士養老金」と「勤続加算金」が支給されますが、この支給額は資格者と非資格者で違いが出てきます。, 資格者とは、横綱・大関・三役は昇進後に1場所を全勤、幕内・十両は在位連続20場所以上、または通算25場所以上在位の力士で、それに満たない者は非資格者となります。ただし、いずれも全休した場所は含みません。, 日本相撲協会では「解雇」より重い処分として「除名」があり、一般企業でいう懲戒解雇処分にあたります。この除名処分を受けた場合には退職金(力士養老金と勤続加算金)は一切支払われません。また、現役力士が除名された場合にはそれまでの番付や地位、そして成績などが一切無かったことになるそうです。とても重い処分ですね…。, ただし大正14年に現法人が設立されて以降、この除名処分を受けた力士はいません。過去にはいろいろと問題を起こした力士もいたように記憶していますが、除名ではなく解雇処分で処理されたり、先に自ら引退を選んだようです。, 力士養老金は十両以上に昇進した力士が引退するときに支給されます。各地位ごとに金額が定められているので表にして見てみましょう。, 非資格者の場合は在籍場所数によって上乗せ分が計算されますので、モデルケースとして3場所と10場所の場合を載せてみました。, ちなみに「場所数-1」という計算式のため、1場所で跳ね返された力士は0で掛けることになるので場所ごとの上乗せはなくなりますね。シビアです。, 次は勤続加算金です。各地位ごとに定められた金額に勤続場所数を掛けて、それを積み上げた金額が支給されます。つまりは横綱が引退する場合であれば、十両の時の場所数×15万円+平幕の時の場所数×20万円+三役…というように、経歴を追っていくイメージですね。こちらも表で見てみましょう。, 1、2列目の組み合わせで、地位ごとに定められた1場所あたりの金額が分かります。4列目以降が引退時の地位として見てください。, 先ほどと同様、モデルケースを用意しました。それぞれの地位で10場所勤続だった場合での計算です。ただし、関脇・小結どまりの場合は資格者・非資格者でベースの金額に違いが出て来るため、それを考慮して資格者の最低基準20場所の場合の場合も付け加えています。こうして各在位ごとに金額を出して積み上げた金額が一番下の総計です。, 実際には各力士の実力とどういった経歴を辿っているかで総額は大きく変動するでしょう。やはり上の地位で長く場所を努めたものには手厚くなるシステムと言えます。あ、ひとつ言い忘れていましたが、全休した場所は勤続場所として加算されません。, 横綱を12場所務めた稀勢の里ですが、そのうち4場所は全休しています。もともと休場しない力士だった稀勢の里ですが、怪我の影響は勤続加算金にも如実に現れていますね。力士養老金と合わせると4135万円が定められた退職金となりそうです。, 平成29年12月現在、直近で引退した力士と言えば日馬富士ですが、勤続加算金を計算するとこのような結果になりました。, やはり横綱での1400万円というのは大きいですね。力士養老金と合わせると4400万円が定められた退職金となります。, 次に大関として長くその地位にあり、また白鵬に破られるまでは歴代1位の勝利数だった魁皇の場合はどうでしょうか?, 大関で65場所(全休1場所)ともなると、その地位だけで日馬富士の総計に迫る勢いの2560万円にもなります!トータルでは横綱よりも多くの勤続加算金となり、力士養老金を合わせると4670万円でこれまた日馬富士より多いです。, 若の里の場合は関脇・小結での場所数もありますが、平幕での61場所(全休6場所)での1100万円も見逃せません。力士養老金と合わせると2798万円となりますね。, 力士養老金と勤続加算金とは別に、横綱・大関には現役引退時に理事会の決議によって特別功労金が支給されます。金額の基準は明確ではなく、また支給額も非公表となっていますが推定では1億円前後とも言われています。, あくまで推定額ですが、歴代1位は元横綱・貴乃花(優勝22回)が1億3000万円(推定)、2位は元横綱・朝青龍(優勝25回)の1億2000万円(推定)。さらに優勝11回の元横綱・曙で1億円(推定)、優勝12回の元横綱・武蔵丸は9000万円(推定)らしいです。, 支給額の算定に関しては、単純に優勝の回数というわけでもなく現役時の「相撲協会に対する貢献度」も評価されるようですね。, 支給額歴代2位の朝青龍と言えば、平成22年(2010)1月に暴行問題が発覚、2月の理事会での事情聴取後に突然引退を表明して辞めたわけですが、この時も除名ではなく「自主的な引退」だったため、退職金とともに特別功労金も全額支給されました。, その後、暴行事件によって7月には書類送検された朝青龍ですが、平成22年10月には引退相撲や断髪式も通常通り行いました。これで分かるように「どのように辞めるか」はとても重要なようですね。, 以上の3項目は地位によって定められたものでしたが、実はもうひとつ支給されるものがあります。それは、現役時に獲得した懸賞金の中から積立られていたお金です。, 懸賞金は1本7万円のうち、3万円が土俵上で渡され1万円が経費として協会に入ります。そして残りの3万円は協会が力士本人名義の積立金として管理して納税充当金として使用されます。この納税後の余剰金が引退時に「退職金」と併せて支給されることになるんです。, 懸賞金が原資ということは、力士によって大きく差が出ることは想像に難くないですよね。ひと場所で多い者は300~500本(手取りで900~1500万円)も受け取ることがある懸賞金。納税後の余剰とは言え、力士によっては力士養老金や勤続加算金よりずっと大きな額になりそうです。, ここまでは関取の「退職金」をご紹介いたしました。次は幕下以下の場合を見てみましょう。, 幕下以下の力士(力士養成員)が引退する時には餞別が支給されます。標準金額が決められていますが、実際には在籍年数も考査して支給金額を決めているようです。ただし、三段目以下への支給は15場所以上在籍という条件が定められています。, 相撲協会からの支給は以上になります。実際には師匠や兄弟子からの餞別もありそうですが、いずれにしてもそれほど多い額ではなさそうですね。, いかがでしたでしょうか。基本的には関取で在位実績がしっかりとした力士にしか「退職金」は手厚く支給されないようです。また、定められた金額は地位ごとにある程度順当な差がつけられていますが、場所数によっては下位の力士の方が多く貰えるケースもあり、長く相撲に貢献した力士に対して順当な制度とも言えそうです。, しかし、懸賞金の積立金という変動要素がかなり大きく、場合によってはベースの金額が霞むこともあり得そうです。これは給料のときにも言えることでした。, いやあ、面白かったですね。さて。退職金が分かったところで収入にも興味がある方はこちらの記事もどうぞ。, ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。, ※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。, 内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。.

十両以上の力士が現役を引退すると、退職金として 「力士養老金」と「勤続加算金」 が支給されます。 養老金は、横綱は1,500万円、大関は1,000万円、大関、関脇、小結は763万円、平幕は763万円、十両 … 働いてない期間があるから、当たり前ですね。, 何でもそうなのですが、いただくお金にも税金がかかります。 8位:双葉山:12回優勝(今と場所数が違います) 相撲の番付は10階級あり、上から順に「横綱」「大関」「関脇」「小結」「前頭(平幕)」「十両」「幕下」「三段目」「序二段」「序の口」となっています。十両から上の番付を「関取」といい、横綱から前頭までの番付を「幕内」と呼びます。テレビで中継されているのは基本的には幕内力士の取り組みだけです。 横綱も含め力士の月給は、日本相撲協会から支給されているためサラリーマンのような扱いになっています。 なので、退職金も存在し、横綱になるとその額は1500万円と言われています。 上のランキングを見ると、昭和から平成にかけては最も優勝賞金をもらっているのは白鵬ですが、連勝記録で見ると双葉山が依然としてトップです。双葉山は昭和初期に活躍した力士で、江戸時代に打ち立てられた連勝記録を150年ぶりに塗り替えた国民的大スターです。相撲史上、双葉山が最も稼いだ力士ともいわれています。, 関取と幕下以下の力士では給料に大きな差があったのと同様に、退職金にも違いがあります。十両以上の力士が現役を引退すると、退職金として「力士養老金」と「勤続加算金」が支給されます。 February 2010 (2) March 2009 (5) February 2009 (2) December 2008 (17) November 2008 (10) ランキング 十両:100万円

  序二段:8万円(年6回手当) 10年勤めた会社を退職しました。たくさんの退職の贈り物に感謝でいっぱいに。今後の私の働き方とは, 老後の生活や次の職探しまでの大切な資金となる退職金です。 知的な女 力士(横綱)としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。, 力士(横綱)として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ1,890.0万円を超える年収です。, 力士(横綱)としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は2,408.0万円を超える年収です。, 力士(横綱)となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は196.0万円を超える年収です。, 20代の給料:15万円(推定) 前頭:131万円 力士は平均35歳で引退するといわれていることから、40代の給料を算出することはできません。, 土俵と呼ばれる盛り土の上で取り組みを行う、日本古来の国技を担うのが力士です。「相撲取り」「おすもうさん」などと呼ばれることもありますが、日本相撲協会に所属して取り組みを行う者の正式名称が「力士」となります。おもに関東周辺にある相撲部屋に属し、場所による勝ち星を重ね、階級を上げていきます。 受験資格は中学卒以上、外国人では義務教育を修了した健康な男子で、23歳未満であることです。なお、2017年1月以降、理事会が一定の実績を認めた場合に限り25歳未満までは新弟子検査を受けられることになりました。 | 4位:朝青龍:25回優勝

優勝回数が多い力士は人気も高いので、企業からの懸賞金や後援会からの援助、イベントやテレビ、CMなどへの出演料が入ります。横綱ともなれば年収1億円以上になるといわれます。 新弟子検査には、親権者の承諾書、戸籍謄本や抄本、健康診断書、住民票、中学卒業証明書及び見込みを証明できるもの、スポーツ履歴や力士検査届が必要です。 大関:234万円 力士(相撲取り)の年収の平均は、2,350万円でした。(口コミ調べ) 年収推移は84万円(序の口)~約3,000万円以上(横綱)となっています。 ※序の口は、年6回の場所手当(1回7万円)だけ、給与は十両以上で支給されます。 お給料(月収):平均換算約195万円 ※ミヤネ屋での若乃花のお話しによると、「横綱」時代で貰ってる給料は月約260万円だったそう。それ+広告費などがあったとのことでした。 40代の給料:0~10(推定) 7位:輪島:14回優勝 現在の興行の形が取られるようになったのは江戸時代以降です。娯楽として庶民に広がり、やがてスポーツとしての形態が整えられて現在の形になっていきました。, 上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい 三段目:10万円(年6回手当)   母性溢れる女 趣味好きな女

角界最高位の横綱ともなれば1億円以上の年収は間違いありません。 横綱として長く活躍した元朝青龍関は年収1億円以上、引退時には退職金3685万円と1億2000万円の功労金、引退時に支払われる協会積立金と合わせて約3億4000万円が支給されたといいます。  

相撲の解説などを聞いていると 変化 という言葉がたまに聞かれることがあります。   この相撲の変化とはいったい何なのでしょうか?   また、その批判や禁止が絶えないわけには、どんな ... 大相撲の楽しみ方の一つに、   『番付』 というものがありますよね。 相撲はこの番付の順番1つで、力士の待遇がものすごく変わってくる世界なんです。 やっぱり横綱や大関ともなると、なんとなくでもその待遇 ... 相撲の起源や歴史、発祥はどこなのか? 相撲をなんとなく見ていると、ふと、こんなことが気になってしまいました。   実際に相撲っていつから始まったのか、どうして相撲を取るようになったのか不思議 ... 大相撲の取組では、その一番に懸賞金がかけられる時があります。 多い時には、片手で持ちきれないほどの懸賞金が出るときもありますよね。 ちょっといやらしい話ですが、その懸賞金の金額って、いったい1本いくら ... 衰えの知らない大相撲人気ですが、その力士たちの取組には熱いものを感じますよね。 そんな力士たちの戦いの場となるのが『土俵』です。   でも、この土俵って力士たちが上がると、とても狭く感じてし ... Copyright© utuyoのハテナノート , 2020 All Rights Reserved. まず、年寄を10年務めた者には250万円が退職金のベースとして付きます。 そして、これ以降は 1年ごとに40万円が加算 されます。 年寄株を自らが保有している 「借株」ではない親方には更に30万円が加算 されますので、 計70万円が1年ごとに加算される計算 になります。 お相撲さんは寿命が短いのに、たくさん退職金がもらえると言いますね。 若い頃から身体をはってやっている仕事ですから、当たり前と言えばそうなのかもしれませんが、 横綱や他の力士って、退職金で幾らくらい貰っているのでしょうか? 横綱の優勝賞金はいくらなのか? 優勝賞金は? ・幕内最高優勝→1000万円 ・十両優勝→200万円…

若い頃から身体をはってやっている仕事ですから、当たり前と言えばそうなのかもしれませんが、, ゴルフに比べて、身体をはって戦っている力士たちの優勝賞金が1000万円というのは、安過ぎではないかなと思います。, ですが、横綱の年収は約3000万以上なので、年に6回行われる本場所に優勝すると、1億近くの収入になります。, 横綱や大関同士の好取組の場合に、懸賞旗と言われる企業の名前が書かれた大きな旗が、土俵の上をいくつも回る事がありますよね、あれです。, 年収約3,000万以上なので、これはもらえますが、懸賞金や優勝賞金が入ってこないので、随分減給になりますね。, 稀勢の里は5月の夏場所を途中休場、7月の名古屋場所で左足首を負傷してこれも途中休場、秋場所は全休でした。, 横綱になるまでは必死で目標に向かって頑張れるのでしょうが、一度横綱になると気がホッとするのかもしれませんね。, 相撲協会から除名処分された力士は、一切退職金は出ませんが、その他は養老金として出されます。, 受給できる力士は、幕内連続20場所以上か、幕内通算25場所以上出場の力士に支給されます。, 早い時は何秒かで勝負が決まってしまいますが、取り組み直後のインタビューでは、ハーハー息切れが激しくて、良くしゃべれません。, あんなに身体をはって仕事をやってきたわけですから、この退職金でも安いのかなと思います。, それにまだまだ年齢としては若いので、これから生きていくにはそれを元金として何かを始めたいかもしれません。, 横綱になると、負け越しても格下げにはなりませんが、周りはすぐ「引退か?」と大騒ぎします。, 付き人は部屋の状況などによって、人数が変わりますが、本場所は十両で2〜3人、幕内2〜5人、横綱7〜10以上となっています。, 見込みのある若い衆を付き人につけて、世話役になるので付き人に選ばれたら嬉しいでしょう。, ちゃんこ鍋を食べている時に、周りに立っておかわりをよそったり、力士をパパラッチから守ってボディーガードとしても働きます。, なので横綱たちは、この付き人にもお小遣いやお年玉もあげているので、横綱の10人以上は結構な出費になるわけです。, 横綱の取り組みなどを見ていても、あれだけ大きい身体を支えている足腰には、ものすごい負担がかかっているのだろうなと思いますね。, いくら若くても、あの巨体であんなに激しい戦いをすれば、身体に支障が現れるのは当然の事でしょう。, kininarunaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 5位:北の湖:24回優勝 一般企業と同じ考え方かもしれませんが、お相撲さんも横綱などのランクがあり、そのランクによって、給料は違ってきます。 あくまでも一例にはなりますが、 横綱:年収3600万円 大関:年収3000万円 関脇:年収2000万円超え.

3万円~183万円となりそうです。, 給料が出るのは十両以上の関取だけとなっており、幕下以下の力士は年に1回7万円~15万円の手当を年に6回支給されることになっています。関取には基本給(給料)のほか、本場所手当、出張手当、力士補助金が支給され、9月と12月に1ヶ月分の賞与が出ます。 本当は27歳からコツコツと定年まで積み立てるつもりでした。, 今回私が受け取る予定の退職金額って、相場からして妥当なのかどうか検証してみました。, 一般的な退職金の基本的な計算式は、「退職時の基本給 × 勤続年数 × 給付率」としている会社が多いのではないでしょうか?, 基本給と勤続年数はわかるとして、この給付率はどうやら各会社の就業規則で決められているそうです。, 汗水垂らして上司に怒られながら働いても、30歳代半ばになってもわずか150万円なのですね・・・。, 私の元会社の給付率は非常にわかりづらく、会社への貢献度や勤務態度などでポイントが加算されていくのです。, 厚生労働省が実施している 「就労条件総合調査」 の中で、不定期に調査している調査結果があります。, 退職金には「退職年金」と「退職一時金」とがあって、私達が一般的に言っている退職金とは「退職一時金」のことを指します。, その退職一時金の額を、自己都合と会社都合別に平均額をまとめると、以下の通りになります。, 当然のことですが、定年まで勤めていただける「通常の退職金」と、自己都合による「自己都合退職金」ではかなりの差が出ることがわかりました。, 定年まで勤めますとなんと約1,300万円いただけるそうですが、ほんの一部の大企業の話ですね・・・。, 先ほどの表に当てはめると、32歳勤続10年の自己都合額が108万円ですから、私がいただいた額は、ほぼ妥当な退職金額であることがわかりました。, よって算定年数は8年で計算されておりました。