277万円, 新車価格 軽自動車税について ※1 平成27年3月31日以前に新規取得された新車:年間7,200円 ※2 平成27年4月1日以降に新規取得された新車:年間10,800円 409万円, 新車価格 132万円~ 199万円, 新車価格 256万円, 新車価格 458万円, 新車価格 266万円, 新車価格 247万円, 新車価格 164万円, 新車価格

ダイハツ 軽自動車を一覧から探せます。ユーザーが投稿した愛車ブログや画像、パーツの口コミ、燃費記録や整備手帳など情報満載。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! 215万円~ 196万円, 新車価格 272万円, 新車価格 109万円~ ヴェゼルのフルモデルチェンジは2021年5月頃か 1.0Lターボやe:HEVハイブリッド搭載, ミニバンタイプの外車ランキングトップ11 日本でも乗りやすいサイズの人気車種を厳選, Sクラスの内装はラグジュアリーなデザインとフラッグシップモデルらしい先進装備が魅力. ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 「アーマーゲー」と呼ばないで! 130万円~

514万円, 新車価格 129万円, 新車価格

120万円~ 328万円, 新車価格 500万円~ 144万円~ 155万円~ 287万円, 新車価格 144万円, 新車価格 720万円, 新車価格 30年以上前のモデルが達成した速さを、最新の軽自動車でも塗替えられない。ここでは、四輪独立懸架サスと4気筒エンジンでサーキット最速マシンとなった「スバル ヴィヴィオ」と、前面投影面積の小ささとミドシップレイアウトが最高速に有利すぎた「オートザム AZ-1」、そしてコーナリング性能は現代のタイヤとボディ設計で"最新が最良"を実現する「ホンダ S660」を紹介しよう。文・山本晋也, 軽自動車の進化はめざましい。日本のモータリゼーション黎明期には360ccだったエンジン排気量が、550ccになり、660ccになり、そしてボディが大きくなって現在に至るが、1998年から始まった現行規格においても、ここ数年でのレベルアップ幅は明らかに大きく、快適性は増している。全体の傾向としてホイールベースが伸びたことで高速道路での安定感も増したし、変速比幅の広いCVTを使うことで街乗り加速と高速巡行のバランスも取っている。また、エンジン自体のパフォーマンスも上がっており、NA(自然吸気)エンジンであっても出力的に不満を感じないレベルになっている。とくに、いまや国民車的存在のホンダN-BOXの進化幅は大きく、そうしたトップランナーが軽自動車全体のレベルを引き上げている。しかし、軽自動車の絶対的な速さという点においては、それほど進化を感じない。むしろ、1998年以前の旧規格のほうが速かった記憶がある。とくに1990年代初頭は軽自動車のイメージリーダーとしてスポーツ性が求められた時代であり、いまも中古市場で人気の高い2シーターのABCトリオ(オートザム AZ-1、ホンダ ビート、スズキ カプチーノ)が登場したほどだった。ボディ幅が小さいためトレッドは狭いが、逆にコンパクトなボディは軽さという武器を得ることもできた。結論を言えば、現代の軽自動車では1990年代前半に登場したスポーツモデルを速さで超えることはできていないのだ。, 車種名でいえば、前述したABCトリオ、ダイハツ ミラターボTR-XX、スズキ アルトワークスといったモデルが競っていた1990年代前半の軽スポーツマーケットにおいて、サーキット走行でのラップタイムをリードしていたのは1992年に誕生したスバル ヴィヴィオだった。660ccながら4気筒DOHCエンジンに、インタークーラー付きスーパーチャージャーを組み合わせたエンジンは、カタログ値こそ自主規制の64馬力だったが、実際にはもっとパワーを絞り出していた。とくに後期型で登場したハイオク仕様のスーパーチャージャーエンジンはカタログ値の4割増しともいわれるほどパワフルなエンジンだった。しかも、4輪ストラットサスペンションのシャシーと組み合わせていたのだから、エンジンだけでなくコーナリング性能も含めたトータルでの速さも持っていた。舗装路での速さはFFに分があったが、雪道など滑りやすい状況では4WDの安定性と速さも魅力となっていたモデルだ。ノーマル状態で比べれば、3気筒ターボ、後輪リジッドサスペンションのアルトワークス、4気筒ターボで後輪セミトレーリング式サスペンションのミラターボといったライバルを蹴散らしたのが、ヴィヴィオだ。もっとも、スーパーチャージャーはチューニングの伸びしろが少なめで、お金をかけて改造したターボエンジンには歯が立たないという面もあったが…。, サーキットでのラップタイムのようなトータルバランスが求められる速さではヴィヴィオのバランスが光ったが、最高速という点でいえば前述したABCトリオの面々は有利な属性を持っていた。それは背が低く、前面投影面積が小さいため、空気抵抗が少ないことによる。とくに、その点で有利だったのはABCトリオでは最後発となる1992年に生まれたオートザム(マツダ)AZ-1である。ガルウィングボディのミッドシップにスズキ製3気筒ターボを搭載した、このマイクロスポーツカーは140km/hで作動する速度リミッターを解除すれば180km/hを軽く突破するポテンシャルを持っていた。これほどの最高速性能を持つ軽自動車は、現時点では後にも先にもAZ-1だけといえる。ただし、フロント軸重が軽いという車体特性もあって、最高速領域になるとフロントタイヤが浮き気味となり、ステアリングから伝わる接地感が失われるという欠点もあった。速いけれど、決して安全とはいえないスリリングなクルマがAZ-1だったのである。ちなみに、ABCトリオでもっとも軽量なのは後期型のカプチーノで690kg。ハイトワゴン全盛の軽自動車基準では軽量に思えるが、じつは現行型アルトワークスは、この当時の2シーターモデルよりも軽量な670kgとなっていたりする。また、軽自動車というカテゴリーでいえば、ケータハム セブン160というスズキのエンジンを積んだスポーツカーは500kgを切る車重。軽さという点でいえば、現代でも軽自動車が最速を競っていた時代のフィーリングを味わえそうだ。, 最後にコーナリング性能だけに特化して注目したときに最速といえる軽自動車は何かといえば、それは現在も新車で購入できるホンダS660で決まりだ。ノーマルで、アドバン・ネオバというハイグリップタイヤを履くが、さらに後輪のタイヤサイズが『195/45R16』という登録車並みの太さ。そして運動性能を追求した専用のミッドシップ・プラットフォームというのだから条件としては軽自動車史上最強のコーナリングマシンと呼ぶにふさわしい。実際、メーカーの試験では定常円旋回で1.0Gを超える性能を確認したという。あまりの遠心力のためにエンジン内のオイルが片寄るという現象が起き、その対策が求められたというエピソードを持つほどだ。そのコーナリング性能は、軽自動車という枠を超え、現代のスポーツカーとしても高いレベルにある。惜しむらくはボディ剛性や安全性能のために車重が800kgを超えてしまっている点。同等のボディ剛性を維持したまま、100kg以上の軽量化ができれば、サーキットラップタイムにおいても史上最速の冠を戴くことができるだろう。, 自動車メディア業界に足を踏みいれて四半世紀。いくつかの自動車雑誌で編集長を務めた後フリーランスへ転身。近年は自動車コミュニケータ、自動車コラムニストとして活動している。ジェンダーフリーを意識した切り口で自動車が持つメカニカルな魅力を伝えることを模索中。, 中古車を購入するなら、高品質で安価な一台を手に入れたいものですよね。しかし中古車は状態も様々なため、数ある中古車の中から良いもの選ぶのはとても難しいことです。そこでオススメなのは、信頼できる販売店を見つけて店舗スタッフと相談しながら、希望にあった中古車を見つけることです。, 中古車情報サイト「車選びドットコム」では、車販売の専門家である店舗スタッフが、顔写真と実名入りで車両をオススメしますので、信頼性が高い情報の中から中古車を探すことができます。, 全国展開する大型販売店から地域密着の販売店まで、幅広い層の中古車販売店から約20万台の中古車情報を掲載する「車選びドットコム」で、あなたにピッタリの中古車を探してみませんか?, クルマを高く売りたいなら、見積もりを一社だけにするのは絶対に避けるべきです。買取査定額は買取業者がそのクルマ欲しいタイミングかどうかで決まるため、複数の買取業者に見積もりを出してもらうのが高額査定の近道です。また、車種・年式・走行距離と言った状態が近いクルマの買取相場を知ることで、査定額が適正かどうかを判断することができるため、事前に調査しておくこともおすすめです。, 中古車買取サイト「車選びドットコムの一括査定」では、必要情報を一回書くだけで複数の業者に見積もり依頼ができます。また、条件にあった車の買取相場を調べる機能もついているため、今は売るつもりがない方も気軽にクルマの価格を調べることができます。, 次に保険会社を比較するために、個別で見積もりを依頼するのは面倒…価格.comの自動車保険なら、一度にまとめて複数の保険会社へ見積もりを依頼できます!, 車のコーティング剤おすすめ27選【効果別での比較や選び方、カー用品店のおすすめ品をご紹介!Amazon、楽天の売れ筋ランキングも!】, 【2020年版】プロもおすすめ!ドライブレコーダー 最強おすすめ29選!楽天・アマゾンランキングもご紹介, 車用ワックスおすすめ15選!愛車をツヤツヤにできるアイテムを人気ランキングをもとに紹介します!, 車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】. 304万円, 新車価格 スズキ アルトワークスやダイハツ コペン、ホンダ S660など、軽自動車ならではの走りが楽しめる軽スポーツカー。, これらのモデルにはターボ過給のエンジンが搭載されていますが、NA(自然吸気)エンジンでも速くて楽しい軽自動車があるのをご存じでしょうか。, NAエンジンの軽スポーツカーは、過去を振り返ってみてもほんのわずかしかありません。その理由としてまず挙げられるのは、エンジンパワーの問題です。, 軽自動車のエンジンの排気量は上限が660ccと決められているため、車重の軽い軽自動車であっても、スポーツ走行を楽しめるレベルのパワーを得るためには、ターボは欠かせないのです。, また、安全装備の搭載や衝突安全性の高いシャシーの設計により、現代のクルマは、昔よりも車重が増えていること、以前よりもターボエンジンの燃費が良くなりました。, 自然なフィーリングとレスポンスが得られるようになったことなどから、NAエンジンを搭載するメリットが薄れてしまったという点も理由に挙げられます。, それでは、NAエンジン搭載で軽快な走りを提供してくれた希少価値の高い軽自動車をいくつかご紹介しましょう。, シンプルな内装、簡素な装備による安価な価格設定、そして新開発エンジンと軽量ボディによる高い燃費性能、加えて、かわいらしいヨーロピアンなエクステリアが特徴で、気軽に乗れる軽として人気がありました。, しかし、エッセの魅力は、親しみやすさや価格だけではありませんでした。搭載されていたKF-VE直列3気筒エンジンは、NAながら58psを発生しました。, さらに、アルミ製ブロックと樹脂製パーツを多用して、エンジン単体の重量が軽量化されており、新規格の軽自動車としてはかなり軽量な700kgという車両重量で、パワーウェイトレシオは12.06kg/psとなかなかの数字を達成していたのです。, またトランスミッションは5速MTも用意されており、軽量でハイパワー、そしてMTという軽スポーツカーとして充分なスペックがエッセには備わっていたのです。, こうして、当初、高齢者の移動や営業車として想定されていたエッセは、一部のユーザーによって、スポーツカー資質を持っていることが注目されるようになりました。, その走りの楽しさゆえに、メーカーからチューニングパーツが販売されたり、社外パーツが出回ったりとNA軽スポーツとして高く評価されることとなった面白い1台でした。, ホンダ ビートは、ミドシップエンジンで後輪駆動、フルオープンモノコックボディを採用し、軽自動車初の4輪ディスクブレーキを装備するなど、本格的なオープンスポーツとして人気でした。, エンジンは、3連スロットルと2つの燃料噴射制御マップ切替方式を組み合わせたハイレスポンス・エンジンコントロールシステムMTRECで、NAエンジン搭載ながら、メーカー自主規制枠いっぱいの64psを発生しました。, また、車重は760kgと軽量で、パワーウェイトレシオは11.88kg/ps。ミッションは5速MTのみ、パワーステアリングは装備されないという、なんともストイックなクルマでした。, 旧・軽自動車規格による狭い運転席に苦労して乗り込むと、まず驚くのが、そのドライビングポジションの低さです。, そして、後ろから派手に聞こえてくるエンジンサウンドは、ドライバーの気分を盛り上げ、アクセルを踏み込むと8,500rpmのレッドゾーンまで気持ちよく回るエンジン。, こうした魅力から、発売後30年近くが経過した今でも根強いファンが多くいるクルマです。, ちなみにビートの後継モデルとも言えるS660はターボエンジン。NAエンジンであるビートは貴重な存在だったのです。, 1993年にフルモデルチェンジで2代目となったホンダ トゥデイ、このモデルからスポーツグレードが追加されました。前期型はXi、後期型はRSでした。, このモデルには、ビートのMTRECエンジンを58psにデチューンしたユニットが搭載され、3本スポークステアリングとタコメーターが装備されました。, 車重はビートより80kgも軽い680kg。パワーウェイトレシオは11.72kg/psと、ビートを上回る数字を出し、その軽快さは多くの軽スポーツファンを魅了しました。, ターボモデルの軽スポーツカーに比べると、加速での鋭さは控えめなものの、8,000rpmまで回るエンジンを使い切る楽しさがあり、軽自動車の草レースではいまだに現役で活躍しています。, ターボエンジン搭載のスポーツカーに比べると、絶対的に速いとは言えないのは事実です。, しかし、NAエンジンの軽快なレスポンスと軽自動車の軽さを存分に楽しむという点では、NAエンジンの軽自動車は、他のモデルにはない面白さがあります。, なぜ明確な金額を出さない!? 210万円, 新車価格

338万円~ 259万円~ 190万円, 新車価格 121万円~ 419万円, 新車価格 227万円~ 56万円~ 246万円, 新車価格 233万円, 新車価格 139万円~

215万円, 新車価格

286万円, 新車価格 136万円, 新車価格 あの時、売れていた車はなんだろう?2006年から現在までの人気軽自動車の販売台数推移のランキングをインフォグラフィックで振り返り。新車軽自動車選び、車購入の参考に。自動車保険の【ソニー損保】が制作しております。 159万円~ 315万円, 新車価格 273万円~

193万円~ 242万円, 新車価格

175万円, 新車価格 ビート、エッセ、トゥデイ…naでも楽しめて速い歴代軽スポーツたち アルトワークス、コペン、s660ら軽スポーツカーにはターボエンジンが搭載されている。しかし、自然吸気ことnaエンジンでも楽しめる軽スポーツカーがある。それにあたるエッセ、ビート、トゥディを紹介する。 455万円, 新車価格 111万円~ Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved. 131万円~ 154万円~ 178万円~ 1907年創業のダイハツ工業株式会社は、国内自動車メーカーのなかではもっとも長い企業としての歴史があります。ダイハツは大阪と非常に所縁の深い企業であり、現社名「ダイハツ」も大阪で創業したためについたものです。 156万円~ 175万円~ 204万円, 新車価格

275万円, 新車価格 271万円, 新車価格 139万円~ 164万円~ 120万円~ 159万円~ 373万円, 新車価格 465万円, 新車価格 525万円, 砂型鋳造の「砂」とは何を指しているのだろうか。砂をもって何をしているのだろうか。 315万円~

110万円, 新車価格 182万円, 新車価格 259万円~ 125万円~ 216万円, 新車価格 202万円, 新車価格 143万円, 新車価格 166万円, 新車価格

90万円~ 180万円~

120万円~ 179万円~ 91万円~ 135万円~ 137万円~ スズキの歴代車種を一覧解説。軽自動車やホットハッチ、SUVなどの現行車全車種と生産終了となった旧車を画像とともに紹介。当時の新車価格やスペック、現在の中古車としての人気にも言及。スズライト、アルト、アルトワークス、スプラッシュなど、思い出の名車を振り返りましょう。, スズキ自動車株式会社(旧社名:鈴木自動車工業)は、1973年~2006年まで30年以上にわたり、軽自動車年間販売台数NO.1に君臨し、長きにわたり日本の軽自動車産業を支えてきた存在です。, 小型車開発に注力するため、一時期はトップの座を明け渡しましたが、2014年には軽自動車SUVハスラーの大ヒットで再び年間販売台数NO.1に返り咲き、2018年にフルモデルチェンジしたジムニーは「納車1年待ち」とやはり大ヒット。, 軽自動車以外にも、スイフトスポーツなど走りを楽しむ本格ホットハッチも誕生させています。スズキの歴代車種、国内販売した軽自動車やコンパクトカーの名車を振り返りましょう。, スズキの現行型軽自動車を紹介。