#水曜どうでしょう, まぁとりあえず言えることは昨年の祭会場先行公開と同様 #tvk, オンデマンドから2回目だけど面白いねぇやっぱり…ええなぁ… [1])は、北海道テレビ(HTB)制作のバラエティ深夜番組。通称は「どうでしょう」・「水どう」・「どうリタ(リターンズ)」・「どうクラ(Classic)」など。シンボルキャラクターは福助人形。, レギュラー放送が終了した2002年9月以降は、再放送の『どうでしょうリターンズ』・『水曜どうでしょうClassic』(水曜どうでしょうシリーズ参照)が全国各地で放送されており、2007年には全国47都道府県すべてで放送を達成した。, 現在も数年に1回のペースで『水曜どうでしょう』自体の新作が撮影・作成され、こちらも北海道での本放送開始を皮切りに順次放送されている。また、番組を再構成・再編集したDVD『水曜どうでしょうDVD全集』も発売されている。, 1996年10月10日(10月9日深夜)に放送を開始。レギュラー出演者は鈴井貴之と大泉洋のタレント2人、ロケ同行ディレクターに藤村忠寿ディレクターと嬉野雅道ディレクターの2人。基本的にこの4人が過酷な旅を行い、その模様を放送する。, 放送開始当時は固定の出演者・企画を設定せず、前身番組『モザイクな夜V3』の延長線上として様々な企画を行っていた。しかし、その中の一つである「鈴井・大泉による旅メインの企画」が人気となったことから、1997年後半には旅企画へと一本化、現在の出演者・ディレクターがひたすら会話を繰り広げていくスタイルとなった。番組初期に放送された「鈴井・大泉の旅企画」以外の企画については初期企画の項を参照。, 番組開始当初から「低予算」「低姿勢」「低カロリー」のいわゆる「3低」をモットーにしている[2]。初期は数回分の制作予算を使って、日本国内での企画が多かった。しかし、中期から後期になると数か月分の制作予算を一気に使い、日本国外への旅がメインとなった。, 2002年9月25日にレギュラー放送を終了。その際に「今後、一生続けられるペースで『水曜どうでしょう』をやっていく」と宣言(いわゆる『一生どうでしょうします』宣言)。レギュラー放送終了後は、不定期での新作放送や、過去に放送された企画の再放送・DVD化が行われている。また、テレビ放送以外の形でファンを楽しませることを目的として、『どうでしょう本』の制作や『水曜天幕團』による演劇公演など、さまざまな番組関連企画が行われている。, それまでローカル番組といえば、一部を除いてグルメや観光情報を中心とした番組が多かったが、本番組の制作スタイルが口コミやインターネットなどで話題を呼び、各地のテレビ朝日系列局や独立局への放送が開始されるようになり、他の地方局でも同様のスタイルによる番組が制作されるようになった。, 本番組の成功を機に、大泉が出演している『おにぎりあたためますか』(HTB)や『1×8いこうよ!』(STV)など、北海道の民放局で制作されるバラエティ番組が道外で放送されるようになった。また、番組内で登場した北海道テレビのマスコットキャラクター・onちゃんは、安田顕が着ぐるみのスーツアクターとして活躍し、ローカル局のマスコットキャラクターでは異例の全国的な知名度を得ることとなった。, 著名人や芸能人、業界関係者にファンが多いことでも知られる。北海道テレビのキー局であるテレビ朝日の『くりぃむナントカ』で行われた「テレビ朝日社員が好きな番組ランキング」では『タモリ倶楽部』『めちゃ2イケてるッ!』に次ぎ3位にランクインした[3]。, 雑誌『Quick Japan』Vol.52(太田出版)で水曜どうでしょう特集が組まれた際には、吉川晃司・つのだ☆ひろ・佐藤友哉・清野とおるがファンとしてコメントを寄せた。映画監督で、どうでしょう班全員が出演したHTBのドラマ『チャンネルはそのまま!』の総監督を務めた本広克行も番組のファンで、さぬき映画祭で藤村・嬉野とトークショーを行っている。藤村曰く、特に四国R-14を絶賛しているという。その他、元プロ野球選手の武田勝がファンを公言しており、公式戦における自身の登場曲を「1/6の夢旅人2002」にした他、HTBの『FFFFF』で藤村と対談企画も行なった。, 番組販売・DVD等の売上による北海道テレビへの営業面での貢献も大きく、北海道テレビの放送外収入は2008年度で約20億円[4]、2014年度は本番組単体で約24億円にも達している[5]。特にDVDについては、減価償却済みの映像を二次使用する形のため、利益貢献が極めて高いという[4]。, 企画段階では「花と筋肉」という案などが提案された。しかし、全て却下された後に鈴井が「放送日が水曜日だから」と『水曜ロードショー』(日本テレビ『金曜ロードショー』の前身番組、およびTBS系列での2期)から、「水曜どうでしょう」と決定。番組作りの姿勢「こんな番組作ってみました。どうでしょう?」を表現している[6]。そのため番組タイトルは「どう-でしょう」とは発音せず、「どうで-しょう」(『ロードショー』と同じアクセント)と発音する。, 第1回に放送された「東京でのアンルイスへのインタビュー企画」の撮影が終わった時、「せっかく東京に来たのにそのまま帰ってはもったいない」と、鈴井が「サイコロの旅」(サイコロの出た目で次の行き先と手段を決定し、東京から北海道まで帰る)を企画した。これが実質的に『水曜どうでしょう』の始まりとなり、これをきっかけとして「特殊な旅番組」というスタンスが生まれた。, 撮影用の機材は、基本的にソニーの家庭用ビデオカメラ[7][8]を使用しているが、前後枠においては放送用カメラを使用している。, 旅番組の要素が盛り込まれているものの、低予算を逆手にとり、移動には「深夜バス」[9]やレンタカーを多く利用した。道中に繰り広げられるタレントとスタッフのケンカ、罵り合い、座席や料理をめぐる醜い争い、愚痴などをそのまま放送したところ、口コミなどで「面白い番組」という噂が広がっていった。愚痴や罵り合いは主に企画の詰めの甘さ(無さ)に起因しており、鈴井や大泉の説教、インチキ(やらせ)を計画・実行までの様子もそのまま「ネタ」として放送する[10]。観光の要素は一部に含むが、食事や買い物にクローズアップされることはほとんどない。下ネタを含むトークも例外はあるものの、基本的にはカットされている[11]。, 開始当初は、鈴井を軸にした会話が繰り広げられていたものの、次第に藤村が会話に加わる場面が多くなり、番組中期にもなると、大泉・藤村の会話を中心に展開されるようになった。同時に鈴井の心境にも変化が生まれ、番組の作風も初期のころと比較すると様変わりしている。, この制作スタイルの変化における過程は「ミスターのいいじゃないか!運動」として、大泉と藤村のトークのネタになっている。, 番組でいがみ合っていることの多い大泉と藤村だが、大泉が本当に困った時に頼るのは藤村である。『アメリカ横断 第4夜』にて、宿泊先のレストランで4人で夕食を摂っていたところ、体調の優れなかった大泉は先に一人で部屋へ戻ろうとした。しかし、あまりの体調不良に大泉はレストランを出る直前に行き倒れてしまった。その時、近くをウェイトレスが通りかかり、大泉は助けを求めたが、ウェイトレスは無視してそのまま通り過ぎてしまった。死を覚悟した大泉は最後の力を振り絞り、『ふじむらさぁ〜ん』と情けない声で藤村に助けを求め、それに気がついた藤村がすぐに介抱をしたことを、翌朝のVTRで語られている。, 「どうでしょう班[12]」と呼ばれるのは、出演者2人と同行ディレクター2人の計4人。ディレクターの2人は「ディレクター陣(D陣)」と呼ばれることが多い。番組立ち上げ時点では、鈴井を除いてテレビ番組の出演・制作経験が1~2年程度と浅いチームでもあった。, 大泉は番組開始当初、現役の大学生で、「水曜どうでしょう」の前身である『モザイクな夜V3』にアルバイトで出演していた。その時の緊張感のなさや「ディレクターの指示待ちでない態度」が逆に面白いということから藤村に見出され、起用が決まった。なお、藤村が大泉の起用案を提案した際、鈴井は当時プロ意識の薄かった大泉の起用に対し、やや難色を示したという。, 基本的にD陣は主に声だけの出演であり、2人の姿は意図的に映されていないが、画面上によく見切れる。また、この2人で企画・構成担当、VTRの編集作業、グッズや『どうでしょう』関連イベントの仕事も担当する。藤村は北海道テレビ本社の社員、嬉野は子会社であるHTB映像(エイチ・テー・ビー映像)の社員だったが、2010年4月1日の組織改編で嬉野が本社に移籍、共にコンテンツ事業室の所属となった。, 「水曜どうでしょうプロジェクト2000『四国R-14』」における出演者は『四国R-14』を参照、初期企画の出演者に関しては初期企画を参照のこと。また、企画に際してロケ先のガイド(アラスカ・コスタリカ・ユーコン川・ベトナム・西表島・アフリカ)も重要な役割を果たした。前枠・後枠では、平岸高台公園で遊ぶ子供達をエキストラとして“引き入れる”こともあった。, DVD制作スタッフについては、水曜どうでしょうDVD全集の項目を、四国R-14のスタッフについては、四国R-14の項目を参照。, 1999年1月に開始された、「再放送版」の『どうでしょうリターンズ』は、全国テレビ局に販売・放送された。北海道テレビでは『どうでしょう』本放送の一時中断後、同枠で『リターンズ』を放送していたが、2002年4月に「原付ベトナム縦断」までの放送を終え、『リターンズ』の放送が終了。その後、2004年の新作「ジャングル・リベンジ」の放送を経て、「再々放送版」となる『水曜どうでしょうClassic』が第1回から放映開始された。なお、北海道テレビ同様に各ネット局でも『リターンズ』終了後には『Classic』が開始されているが、北海道テレビでの『Classic』開始(2004年7月14日)以降新たに『どうでしょう』を放送開始した局は、『リターンズ』ではなく『Classic』の第1回から放送開始となっている。, なお、どちらとも「大泉・鈴井の旅企画」以外の「初期企画」については放送されない。それ以外についても、各々の放送局の判断、北海道テレビの意向により放送されない企画がある(主に「大泉の拉致」「パブリシティに関わる」企画など)。, 北海道テレビは、新作放送について『リターンズ』『Classic』の放送枠で放送するため、この間再放送は一時中断する形を採っており、他の放送局も同様の形で放送するところが多い。, 全ての放送を終えた『リターンズ』の後釜として、2004年の新作(ジャングル・リベンジ)を挟んで開始された「再々放送版」。こちらも『どうでしょう』の再放送版ではあるが、『リターンズ』との大きな違いは「オリジナルソースからのデジタルリマスタリング製作」「できるだけ完全な形での再放送」「D陣(主に嬉野[46])による再編集」の3点で、初期の企画では2002年1月以降に本放送で導入されたフォントによって、新たにテロップの挿入が行われている。音声はレギュラー放送時代の企画はモノラル放送(モノステレオ)になっているが、2004年以降の新作はステレオ放送で行われている。, タイトルは『リターンズ』と同様、必ずしも水曜日放送とは限らないが、番組名の広まりに鑑みて『水曜どうでしょう』[47]の名称を用いた。また、当初では水曜日以外の放送だったネット局でも、放送する曜日を水曜日に変更した局も複数ある。代表的な例として、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)では、それまでの月曜日放送から水曜日へ移動された[48]。, 放送される企画は「サイコロ1(本放送時の再編集)」から「原付ベトナム1800キロ第8夜(本放送時の再編集)」、およびDVD発売特番を除いた「2004年以降の新作」まで。エンディングテーマソングは『リターンズ』後期と同じく、「1/6の夢旅人2002」。2004年以降の新作は、放送され次第ラインナップに順次追加されており、「現時点での新作を再放送した時点で、再び『サイコロ1』から放送を始める」システムが採られている。, また、『リターンズ』と同様に30分枠で収まるように再構成が施されているが、『リターンズ』ではカットされた本放送時の前枠・後枠や、イベント開催やグッズ販売の告知、視聴者プレゼントなどのお知らせは、「当時の雰囲気を再現するため」テロップでの注意や但し書きを挿入した上で放映している。再編集で2週分に分割された回や、どうしても放送できない前枠・後枠には新たに撮影した映像がインサートされる。, 撮影当時はあまり問題視されなかった一般人の映像も、肖像権や個人情報保護の観点から問題とされる場合もあり、ネット配信やソフト化の障害にもなり得るため、空港やバス車内・街中などで周囲に映る一般人の姿や、車での移動中に前方車窓に映っていた車のナンバープレートがぼかし処理されるなど、『リターンズ』までは施されていなかった画像処理が『Classic』から行われるようになった[49]。また、挿入歌・音楽(BGM)も権利関係で差し替えているケースが存在したり、著作権の関係で映像・画像が一部ぼかし・モザイク処理されていたりする[50]。, 公序良俗に反している場面があるもの、企画が大泉や安田などの「拉致」から始まるものなど、『リターンズ』では放送された企画が『Classic』では放送されないケースがあり、一部の「総集編」も放送されていない。また、『Classic』で一度放送された企画でも後から放送される放送局やHTBの都合で放送されなくなったケース[51]もあり、「クイズ!試験に出るどうでしょう」や「原付西日本制覇」に関しては、前の放送回にて製作局側によってさらに編集が加えられている。, 2009年4月22日には、北海道地域で「ヨーロッパ20ヶ国完全制覇」の最終回を放送し、既存の作品はすべて『Classic』での放送が終了した。その次週の4月29日から再放送として「2周目」に突入し、「サイコロ1」から再び放送を開始した[52]。また、2周目からは2011年の新作「原付日本列島制覇」[53]、3周目の放送では2013年の新作「初めてのアフリカ」が『Classic』として新たに放送されるようになった(こちらは再放送扱いではない)。北海道では2013年8月14日まで2周目を放送し、2013年8月21日から2018年3月14日まで3周目を放送。2018年3月22日からは、4周目の放送が行われている。, 1997年7月8日から2週間、朝の時間帯に『水曜どうでしょう』が再放送された。この再放送は、レギュラー放送時の企画、そして番組史において『水曜どうでしょう』の原形そのものが再放送された唯一の例である。当時、朝の時間帯におけるドラマ再放送枠で放送する作品がなかったため、「とりあえず“どうでしょう”を流そう」ということだったらしい。 ありがとうございます(*_ _)ペコリ #tvk やっぱりヨーロッパ編はおもしろい。 大晦日なんかドッキリさせないとwww, が出演✨ 「もう終了wwww」 #水曜どうでしょう新作 #水曜どうでしょう #tvk, どうでしょうは変わらねぇなぁ(褒め言葉 - R - 森崎博之のジャンジャンジャンプ, CREATIVE OFFICE CUE - TEAM NACS - アミューズ - 劇団イナダ組 - OOPARTS - モリプロ, どさんこワイド - 天然者(天然者R) - ドラバラ鈴井の巣 - おにぎりあたためますか - ハナタレナックス - シャキーン! #水曜どうでしょう は間違いなし!!! #tvk, まだ日本を出てないどころか、新千歳空港にも到着せず終わったww #水曜どうでしょう #tvk, 提供は よつ葉さん #水曜どうでしょう #tvk 久々にめちゃ笑った。 Nijigasaki High School Idol Club First Live with You! 「だよね、ここまでだよね」→「ん!?全何夜だ?」→ワクワク, 今月、はじめからいいことなくて、イライラしていたけど、久しぶりに大笑いしました。さすが「水曜どうでしょう」だわ。, 大泉さん以外全員、どうでしょうハウスの顛末知ってる上で、あえて今年二月までだまし続けていたという… 「もう終了wwww」 #tvk pic.twitter.com/EUK3o3y424, https://twitter.com/papiusa1/status/1326506911848488961, の最新作でしたね。ちょい間に合わなくて、追っかけ再生で視聴しました。番組の趣旨=父(45)の誘拐第1夜から笑いました, いつもの皆さんがいつも通りでそれが嬉しいです 脚本、大泉洋。フィヨルドの恋人。

#tvk, 可愛そう… #tvk, 今日から #水曜どうでしょう の最新作でしたね。ちょい間に合わなくて、追っかけ再生で視聴しました。番組の趣旨=父(45)の誘拐第1夜から笑いました #tvk, いつもの皆さんがいつも通りでそれが嬉しいです #水曜どうでしょう 「だよね、ここまでだよね」→「ん!?全何夜だ?」→ワクワク #水曜どうでしょう副音声のぞき見 G-BooM!

ただ一言言うにはアカプルコではない!!! #水曜どうでしょう #suidou #tvk, 確かに!今回は数ヶ月じゃなくて!年単位 #suidou #tvk, https://pbs.twimg.com/media/EmizADvVkAEMEQ-.jpg, https://pbs.twimg.com/profile_images/972393917998972928/a8wtFYT5_normal.jpg, いつもの皆さんがいつも通りでそれが嬉しいです

- モザイクな夜V3 - 水曜どうでしょう - どうでしょうリターンズ - 鈴井の巣 - 情報ワイド 夕方Don!Don! - 23:54(ただし「木曜ナイト」枠のため、扱いは変わらず)。2017年10月より終了まで日曜23:00 - 23:30での放送。, UTBの『Classic』は2007年7月1日(現地日付)に放送開始(毎週日曜20:30 - 放送(現地時間))、2008年2月24日(現地日付)に「ヨーロッパ21カ国完全制覇第10夜(最終夜)」を放送終了後一旦放送休止。2008年4月5日(現地日付)から現在の放送時間へ移動して放送を再開。, 現地のタイトルは「玩轉世界瘋很大」として放送。玩轉世界瘋很大は"世界を舞台に徹底的にハチャメチャに遊び転げる"という意味である。, 番組のオープニング映像において、「wednesday」と、wは小文字で表記されている。, 番組初期の頃は「SONY DCR-VX1000」、「ユーコン川160キロ」以降は「SONY DCR-VX2000」を使用している。, このように移動先に焦点を当てず、「移動中の車内での様子」を中心に放送したので、番組初期に大泉の親から「移動番組」と言われた。, しかし、番組中で放屁してしまうシーンはカットされないため、鈴井が「基準がよくわからない」とぼやいたことがある。, DVD化の中止も発表されたが、9月26日には藤村が公式サイトの日記において「全企画をDVD化します。ご安心ください」と改めて表明している(, 『Classic』4作の第1夜のみ無料。前述の第2夜以降と復活第4弾、外伝は有料。, この対応は「対決列島」以降の企画において多く見られる。ただし、「北海道212市町村カントリーサインの旅2」など、出演した一般の人物が企画構成上で必要不可欠な場合、本人に許可を取った上で放送している。, 番組のソフト化を円滑に行うためであり、DVDでは放送時に未処理の部分にも処理が施してあるケースがある, 後述するHTBにおける『Classic』2周目以降(2009年4月29日以降)も同様。, ただし、当時北海道テレビより1週先行放送していたKHB東日本放送は、サイコロ1から再々放送している。その後、2015年に「ジャングル・リベンジ」の再々放送を終え、「激闘!西表島」と「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 〜完結編〜」を放送せずに飛ばして「原付日本列島制覇」の放送を開始した。, 初期においては、1つの企画が番組途中で終了する回もあったことから、「中枠」が存在した回もある。, 「サイコロ2」前編(本放送のみ)に出演。新曲のプロモーションで出演したが、映像素材があまりに粗いため、『Classic』やDVD等には収録されていない。, 時期を同じくして、番組も「前枠→あらすじ(または本編の一部)→オープニング→CM→本編」から「オープニング→CM→前枠→本編」といった構成に変わる。, この一連の流れは、「前枠・後枠傑作選」でも「'98年12月 前枠クーデター勃発」と紹介されている。, 「釣りバカグランドチャンピオン大会 屋久島24時間耐久魚取り対決」第1夜・後枠での出来事。この時は、大泉が泣いた子供のもとに駆けつけて、「ごめん ごめん…」と謝っている。, 藤村は、鈴井・大泉が実際に動いている所を確認せず、必ずモニタを通して見るようにしていると語っている。, 代表的な例として、鈴井による「本日はゲストが来ております」というフリの直後、黒バック画面に「ゲスト」という黄色の文字が出るパターンが挙げられる。, 嬉野は、『どうでしょう』内では呼び捨てにしていないが、公式HPの日記では呼び捨てにしている。, 安田が黄色い全身タイツを着用して登場したのは、「シェフ大泉 夏野菜スペシャル」第3夜が初出。, 大泉からは「ちょっとしたコンビニ強盗だよ」、「簡易onちゃんに比べて明らかに人気でなさそう」と評された(, 一部企画では自社製作(打ち込みによる演奏)バージョンで、上記BGMのアレンジが使用されている。, 成田へ向かう機内ではそのままの姿だったが、成田からカナダへ向かう機内では、藤村から借りたフリースを着用している。, 四国八十八ヶ所は「試験に出るどうでしょう」シリーズ、ユーコンは「対決