持たせた水道メーター 導入効果 水道スマートメータ導入による自動検 針化で山間部や島嶼部の難検針地 域の業務の効率化が図れるばかりでな く、以下の効果も期待できる 宅内漏水の早期発見や配水 管網の漏水早期発見 きめ細かい水需要把握に基

水道局は、2018年9月のiwa世界水会議にて発表した、都内に10万個の水道スマートメータを設置して導入効果の検証を行う「トライアルプロジェクト」について、現時点における検討状況や今後の方向性を実施プランとしてとりまとめましたので、お知らせします。 水道事業への活用 早期漏水検知 ・スマートメータのデータから漏水等の異常を検知し、早 期対応を実現 効率的な施設運営 ・管網解析の精緻化等により、利用規模にあった適切な 設備投資の実現 スマートメータ市場活性化 市場活性化 メータ価格の低減 水道スマートメーターの価値を考える jwrc 公益財団法人水道技術研究センター 2016/8/26 第4回水道スマートメーター協議会 調査事業部主任研究員 斉藤晴茂 1 資料1 従来型メーターは今なお約7割を占めるだけに、今後、スマートメーターへの更新余地は非常に大きい。 海外での事業展開. çœŒè¼ªå³¶å¸‚二ツ屋町2字29番地, IoT活用推進モデル事業(輪島市上下水道局) [PDF:887KB], 輪島市ホームページ利用について. Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. スマート水道メーターを含めた管網管理を実証 例)アデレードでの取り組み 企業にスマートメーター100台、流量計11台、水質計3台、 圧力計34台、漏水センサー(音響センサー)305台を設置 豪州SA Water スマートネットワークの取組み 15 第4章 東京水道が目指すべき姿(2040年代)と取組の方向性 (1)スマートメータの導入 スマートメータの大規模な実証実験や多様な連携を積極的に 推進し、市場形成を促進して導入コストの低減を図る 今後10年程度でのメータ単価の低減を見据え、2030年代を 結している横浜市水道局及び大阪市水道局と、メータ価格の低下に向けた市場拡大のほか、付加価値サービスやデータの利活用の検討など多様な連携を進めていきます。今後、連携都市を全国に拡大し、さらなる波及効果を目指していきます。, 7)他インフラ事業者(電気・ガス)と連携していきます。, 電気業界・ガス業界とも連携を図り、スマートメータのデータをビッグデータとして活用し、新サービスの創出や災害時の対応等の社会貢献につながる連携策の検討を推進していきます。, 8)2030年代までの全戸導入につなげていきます。, 本プロジェクトの導入効果の検証結果やメータ価格の市場動向なども踏まえた上で、2030年代までにスマートメータの都内全戸導入を進めていきます。, ※詳細は、水道スマートメータトライアルプロジェクト実施プラン(PDF:1,758KB)を参照してください。. 日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。, リテールテックで世界トップを走る「Trax」、画像認識技術による店舗管理の標準化へ, Global500企業に大人気 米AI活用の求人プラットフォーム「Hiretual」が15億円調達 中国でも人材募集へ, IoT技術を活用したスマート水道事業を展開するスタートアップ企業「杭州莱宸科技(Hanzhou LAISON Technology)」(以下、莱宸科技)は今年、アフリカや東南アジアといった従来から手掛ける海外市場を主力にしながらも、中国市場でも攻勢に出る方針だ。まだ普及率30%未満のスマート水道メーター市場に安価な独自製品を投入、まだスマート化が進んでいない地方都市などでシェアを獲得することを狙っている。, 通信技術を利用して遠隔操作で水道の利用量をリアルタイムで把握するスマート水道メーターは、毎月の検針作業を省力化できるだけでなく、漏水などの異常をすぐに検知できるため、水道事業の大幅な効率化につながる。中国でも現在、従来の機械式水道メーターからスマート水道メーターへの切り替えが進み始めており、リサーチ機関「前瞻産業研究院(Qianzhan Industry Research Institute)」の2018年から19年までの統計では、スマート水道メーターの導入率は全体の30%未満となった。2013年以降、スマート水道事業や水資源管理などに関する政策が集中的に打ち出されたことで市場の注目度が高まったことに加え、ここ数年のIoTやAIなどの普及が、水道メーターの世代交代を後押ししている。従来型メーターは今なお約7割を占めるだけに、今後、スマートメーターへの更新余地は非常に大きい。, 創業者の鄭楽進氏によると莱宸科技は2012年4月に設立、14年には第1世代のスマート水道メーターの開発を完了した。当初はアフリカや東南アジアを中心とする海外市場向けに製品を開発。鄭氏によると、上記エリアの国々では長い間、水道メーターによる水道使用量計測と料金計算が困難だったことに加え、水道管の漏水率が40~60%に達していた。水道管をリアルタイムにモニタリングする機能がないために迅速かつ有効な検査もできず、利用者は料金を支払う際にはじめて異常に気付いていたという。, 欧米諸国ではすでに超音波スマート水道メーターの普及が進んでいたが、価格が高すぎた。そこで、同社は国際的な前払い式メーターの基準「The Standard Transfer Specification(STS )」に基づく遠隔検針可能な前払い式スマート水道メーターを独自開発することとした。, 2年の開発期間をかけて完成した莱宸科技の製品は、漏水警報を発することが可能な水道メーターとエリア管理システムを組み合わせることで漏水率を20%以下に抑えることを目標とし、前払い方式による料金徴収で水道会社のキャッシュフローを大幅に改善することを可能にした。価格は欧州メーカーの製品よりも大幅に抑えられている。現在は20カ国余りで販売されており、累計出荷台数は50万台に上る。中国国外での売上高は2015年から19年まで倍々ペースで伸びており、同社の売上高の大部分を占めている。, 中国では、ここ2年でスマート水道事業が拡大すると同時に、IoT技術なども整備され、スマート水道メーターの普及が進む可能性が高まった。また、水道会社の統合が進み、スマート水道ネットワークの建設も加速している。これらの状況を踏まえ、莱宸科技は今年、中国市場に進出することを決めた。, 莱宸科技は、海外市場における売上高と純利益の着実な伸びを背景に、中国向け製品の開発を進めている。鄭氏は、スマート水道事業の最終目標はデジタル化された水道ネットワークを構築し、水道会社の運営効率を向上させることだと指摘。これを受け、同社は中国向けの製品として、IoT技術やIoT向けの通信規格「NB-IoT」に基づくスマート水道事業向けソリューションを提供していく方針だという。, 同社の主軸製品は価格設定に段階性を持たせたスマート水道メーターで、近距離無線通信「ブルートゥース」などの技術と自社開発したシステムを組み合わせ、リアルタイムでの遠隔モニタリングや異常時の警報出力、データ分析などの機能を水道会社向けに提供していく。, 鄭氏は、中国ではすでに「寧波水表(Ningbo Water Meter)」や「三川智慧(Sanchuan Wisdom Technology)」などの上場企業が、経済的に発達した地区での大型事業を押さえているため、莱宸科技は地方都市で事業を展開する中規模企業をターゲットとする方針を明らかにしている。また、試験事業段階での客単価は数十万元(数百万円)から100万元(約1500万円)程度だが、市場への正式参入後は、中規模顧客の客単価が数千万元(数億円)になるとの見通しを示している。, 莱宸科技の売上高は5年連続で70%超の成長率を記録し、現在の年間売上高は5000万元(約7億5000万円)以上、純利益も1000万元(約1億5000万円)以上となっている。今年上半期は新型コロナウイルス感染症の流行が海外市場に大きな影響を与えたものの、成約額は約12%の伸びを実現し、下半期には成長率も回復する見通しだ。, 莱宸科技が海外で築いた独自のニッチ市場は、株式上場を目指す同社の着実な業績向上を支えていくだろう。同社は、中国国内の投資機関との意思疎通を深めていく方針も示している。, 中国新興EV「小鵬(Xpeng)」、またもアリババから320億円調達 早ければ8月中にも米国上場か. 輪島市上下水道局では、令和2年度より北陸電力送配電株式会社が提供する電力スマートメーター通信網を用いて、輪島市内のモデル事業対象地区に水道スマートメーターを先行導入し、漏水の検知や遠隔検針を可能とするべく対応を進めます。

All Rights Reserved. 〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1, 水道スマートメータトライアルプロジェクト実施プラン(PDF:1,758KB). 創業者の鄭楽進氏によると莱宸科技は2012年4月に設立、14年には第1世代のスマート水道メーターの開発を完了した。 インテリジェントカー開発メーカーの「億咖通科技(ECARX)」が、シリーズAで13億元(約200億円)を調達した。リード・インベスターは中国IT大手バイドゥ(百度)、コ・... 中国の栄養機能食品ブランド「ffit8」を展開する「幸福能量健康科技」がシリーズAで数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「ベルテルスマンアジア投資基金(B... アップルが自動車に関する新たな特許を取得した。米国特許商標庁はこのほど、アップルが申請した自律航法システム(ANS)に関する特許の情報を公表。このシステムは車線、道路標識、他の車両や歩行者の位置を認識し、自動運転を実現するためのものだ... 中国のスマートフォンメーカー大手シャオミ(小米科技)は、2021年にエンジニアを5000人増員し、研究開発への投資をさらに拡大する方針だ。11月5日、同社が開催した第4回... 11月6日、テスラが公式微博(Weibo、中国版ツイッター)で、2020年末までに中国地域に設置する... 英経済研究機関「オックスフォード・エコノミクス」が、レポート『欧州におけるファーウェイの経済的影響(THE ECONOMIC IMPACT OF HUAWEI IN EU... かつて多くのスマホに搭載されていたLCD(液晶ディスプレイ)は、いまやフラグシップモデルから完全に消えた。ファーウェイは2018年の「Mate 20X」を最後に、LCDを使わなくなり、ずっとLCDを使い続けてきたアップルも、iPhon... 2020年10月、発熱剤付きで一人火鍋が楽しめるインスタント食品「自嗨鍋(Zihaiguo)」を展開する「杭州金羚羊企業管理谘詢有限公司」がシリーズCで5000万ドル(約... 中国電子商取引(EC)大手の「拼多多(Pinduoduo)」が12日、2020年第3四半期の決算を発表した。同四半期の売上高は市場予測の122億500万元(約1900億円)を上回り、前年同期比47%増の142億1000万元(約2200... プロテインバーのトップブランドへ、栄養機能食品「ffit8」がシリーズAで数億円を調達... テンセントQ3決算 屋台骨のゲーム事業が絶好調、「王者栄耀」のDAUが1億人突破... レノボ独自開発の産業用ロボットが航空機の塗装で大活躍 ARデバイスを使い高精度の遠隔操作が可能... 【分析】上場間近の中国発アートトイブランド「POP MART」、25億ドルの企業価値あるか... アジアのスタートアップ30社集結、ピッチイベント「AEA2020」で中国新興の建築テックが3位受賞... インテリジェント安全運転支援で商用車の事故を減らす 中国新興が約16億円を調達... 日本にも進出予定、AIによる視覚的識別技術の「SmartMore」が約100億円調達... インドの資金調達プラットフォーム「GetVantage」が約5億円を調達、日本ドリームインキュベータも出資... タイ不動産プラットフォーム運営のDot Propertyが同業スタートアップを買収... 日本にも進出した中古スマホ取引の「愛回収」が100億円の資金調達 事業の多角化進める... 中国企業の米国市場離れは進むのか? ナスダック幹部が語る「資本市場には偏見なし」... 農業・食品専門VC「Bits x Bites」が新規ファンドを立ち上げ、テマセクなどが出資... 今年最大規模 中国系VC第二世代の代表格「高榕資本」のファンドが新たに1500億円を調達... 中国の産業用インターネット企業の資金調達が急増 半導体やエネルギーが重点分野... 「ABテストはツールに過ぎない。ベースは共感力」―バイトダンス創始者 張一鳴氏... 初公開!史上最大IPOを目指すアント・グループ 目論見書から読み解く事業構造と今後の展開(上)... 【図解】ライドシェアの雄・滴滴出行(DiDi)を大解剖 月間ユーザー8億人を狙う野望... 【徹底比較】創業3年で店舗数がセブンーイレブンを超えたスマートコンビニ「便利蜂」 成功の鍵とは(一)... 「世界のネットユーザーの5人に1人が中国人」 コロナ禍で「巣ごもり経済」を加速... プロテインバーのトップブランドへ、栄養機能食品「ffit8」がシリーズAで数億円を調達, 初公開!史上最大IPOを目指すアント・グループ 目論見書から読み解く事業構造と今後の展開(上), 【図解】ライドシェアの雄・滴滴出行(DiDi)を大解剖 月間ユーザー8億人を狙う野望, 【徹底比較】創業3年で店舗数がセブンーイレブンを超えたスマートコンビニ「便利蜂」 成功の鍵とは(一).