スポンサーリン … 「そんなの、レースペースに決まってるでしょ」 練習を再開したのは、涼しくなり始めた10月からでしたが、そこから約半年間は、毎月150km〜200kmの走り込み, 2019年3月10日に参加したハーフマラソンの大会で「1時間15分48秒」まで伸ばす, 身体に負荷がかかり、且つ疲労を残さないジョギングのペースを見極めて、常に適切な負荷を身体にかける. ダメージ、違いますよね。夏であっても、日々の練習の継続性に難が出てしまう事がない設定だと思います。, 今シーズン中にサブ3.5!頑張るランナーの意気込みは本当に素敵です。 マラソンサブ4達成は市民ランナーとしては目標であり達成すれば日本のマラソンランキングでも上位25%から30%に入ってきます。それだからこそ、サブ4は達成したい。私は、45歳でマラソンを始めた市民ランナー。フルマラソンは別物?練習方法の紹介

サブ4を達成しているので今度は3時間50分切り、3時間40分切りと刻み、今シーズン中にサブ3.5を最終目標とします。 トライアスロンは鉄人でなくても挑戦できます。(©Steve Lovegrove-123rf), 11月は、「脳」の力を取り戻す、健康長寿の生命線「腎臓」を守る、の2大特集をお届けします!. マラソン練習には昨今のマラソンブームもあって多数の書物などで練習方法が紹介されています。 そのほとんどが、マラソンでサブ3以上を達成している、いわゆる専門家レベルの方々のお話です。 練習内容はブログの記事を参考とさせていただきます。 ハーフマラソンを半年間で1時間20分47秒→1時間15分48秒まで記録を伸ばした練習のメニューやペース設定を公開します。1時間20分の時から時系列を追ってどのような練習を重ねてきたのか具体的に紹介します。本練習以外に注意すべき点なども併せて紹介します。 よろしくお願いいたします。, ペースを落とす基準表をもとに、早速閾値走を実施されましたか! 気温調整機能、初めて知りました。ありがとうございます。 気温15℃が基準のペースとなり、気温が上がるにつれて設定ペースが遅くなる事が分かります。 vdot 15℃ 20℃ 25℃ ... に乗って走れる時のイメージはスッパリ捨てて(笑)、ペースをグッと落とし、適切な練習で秋からのマラソンシーズンに備えてください。 15+ スポンサーリンク. 2019/5/17 メールでのアドバイスと併せてお礼を言わせていただきます。 フルマラソン初心者♪, マラソンの練習方法, マラソンのコツ, 夏の暑い時期…というよりは、本州や四国・九州に住んでいるランナーにとっては5月や6月から、すでに日中は25℃以上の高温が続き、多湿も加わって走りづらくなってきます。, 先日ブログにご質問を頂いた方がいらっしゃり、夏のトレーニングについて悩んでおられました。, 「ダニエルズさんのペース表どおりに走ろうとすると、暑さのためすぐに心拍数や息が上がってしまいます。走力向上のためペース表通りに走るには脚はもつけど身体面のダメージが冬時期に比べ大きいものとなります。暑い時期の脚の筋力をつけることや走力向上に向けての練習はどうすればよろしいでしょうか?」 鹿児島県・Kさん, などが分かるのですが、初めて夏を経験するランナーにとって、真夏はどんな練習をどのように実施したら良いか困惑するかもしれません。.

「攻略!北海道マラソン①【ペース設定・暑さ対策編】」はこちらです♪ 「これからレースまでどうすれば良いのだろう」 意識したことのない方は、少し意識して走ってみてくださ... 鹿児島県・Kです。 ... 本番まであと1ヶ月に迫っているランナーにとって NHKのランニング情報番組「RUN×SMILE」、ランスマで紹介されているので知ってる方... 「閾値走って何だ?」

早速、気温が高い場合にペースを落とすための基準表をもとに、閾値走を実践してみました。走った後の肉体的ダメージが全く違いますね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フルマラソンのレースは9月末~10月にかけて徐々に開催されるようになり、11月・12月は毎週どこかでフルマラソンの大きな大会が実施されるようになります。, 一般的には春まででフルマソンのシーズンが終わり、秋のレースに向けて、多めの休養を取ったり身体をリセットさせて、新たな目標に向けて一から鍛え直すランナーが多いと思います。, と意気込んだは良いものの、外はすでに気温が25℃以上の夏日…スピードを出して走ると、すぐに息が切れる。, 日焼けを通り過ぎて火傷(ヤケド)をしてしまったり、熱中症で倒れてしまうリスクもある位、ジリジリと強烈な陽が降り注ぐ本州の夏。, 35℃以上になると遊具にも触れなくなるほど熱くなるので公園から子供の姿が消え、道を歩く人の数すら減ってきます。, そんな夏のマラソントレーニングを安全に、かつ秋のレースに向けて効率よく実施するにはどうしたら良いのでしょうか。, 北海道在住の私でも、夏は早朝の暗いうちから走り始めてロング走を実施する事が多いです。, やはり日中の日差しが強い時に長い距離・時間を走るのは、大きな疲労やダメージを受ける可能性が高いからです。, 屋内で走る施設が近くにあったり、ジムに行ける環境が整っていれば、温度調整された室内のトラックやトレッドミルで練習をするのも安全に走力を維持・向上していくには良いですね。, また夏は秋に向けた脚作りをするという意味で、山に登山やトレイルランニングで長い時間動き続けるのもオススメできます。, 元々登山が趣味だった人がマラソンをやると、やけに最初からフルマラソンでも終盤に強くて速い人が多いように感じます。, 登山で長い時間身体を動かし続ける事でスタミナが身についていたり、山で筋力が養成されているのかもしれません。, そもそも気温が高いと速いペースで走るのが難しいので、ペースは落とさざるを得ません。, 定期的に閾値走やインターバルを実施しているランナーであれば、気温によって閾値走やインターバルのペースをどれ位落としたら良いか、基準を簡単に示してくれるサイトがあります。, まずサイトにアクセス頂き、一番上のボックスの左側に距離を選択するプルダウンボックスがあります。, ”Select Event Distance”と表示されている、赤で囲っている部分です。, ここで”Marathon””Half marathon””15K””10K””5K”などが選択出来ます。, Easyはイージーペース、Marathonはマラソンペース、Thresholdは閾値です。, 次に、青い”Calculate”というボタンの左にある”Advanced Features”という、緑色の部分をクリックします。, すると下記のような気温を入力出来る画面になるので”Temp”のボックス内に気温を入れます。気温の横のボックス、何もしないと”F(Fahrenheit:華氏)”になってますので”C(Celsius:摂氏)”に変更します。, すると、トレーニングのペースが表示される部分で閾値は5’02/kmとなっています。, これで自分が走る時の気温を入れれば、簡単に閾値走やインターバルでペースダウンするべき基準が分かります。, なお、各VDOTと気温におけるM・T・I各ペース設定の基準について調べたところ、以下のようになりました。, 気温15℃が基準のペースとなり、気温が上がるにつれて設定ペースが遅くなる事が分かります。, ※書籍のVDOT表とは基準のペース設定が若干異なる部分がありますので、気温上昇によるペースダウンの目安として、参考までにご利用ください。, 気温が高い時に走るレースの場合、私たちの教科書であるダニエルズのランニング・フォーミュラの新版・129ページに「気温がマラソンのタイムに及ぼす影響」として、気温毎に通常ペースに加算する時間や水分喪失量が表で記載されています。, 詳しくは書籍の表をご覧になって頂きたいですが、実業団クラスのランナーでも30度を超える気温では5kmで1分近く、レース全体で8分近くタイムが遅くなる影響があるとしています。, 私たち市民ランナーレベルではさらに影響を受けやすいと考えられますし、夏の北海道マラソンでは冬のPBより20~30分遅くなるランナーも多くいらっしゃいます。, 気温が低くて走りやすく、スピードに乗って走れる時のイメージはスッパリ捨てて(笑)、ペースをグッと落とし、適切な練習で秋からのマラソンシーズンに備えてください。, メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。.