神君徳川家康の最大の危機だったと言われる『 伊賀越え 』の謎に迫り、果して、家康は信長暗殺『本能寺の変』の黒幕だったのかどうかを明らかにします。 戦国の 覇王織田信長 の跡目を巡るこの騒動『本能寺の変』に、家康はどう立ち回ったのか?.

「もはやこれまでか…切腹いたす」

1つめは家臣団が真っ二つに割れた三河一向一揆。. 天正10年6月2日(1582年 6月21日)、本能寺の変が発生した。 徳川家康は本能寺の変の報に際して取り乱し、一度は、明智光秀の支配下にある京都に上り松平家にゆかりのある知恩院(浄土宗鎮西派総本山)に駆け込んで自刃すると主張した。

織田信長像, 安土城での接待は同年5月15日から17日の3日間。その後、5月21日に上洛。信長より、京都や大阪、奈良、堺を見物することを勧められ、案内者として信長の家臣、長谷川秀一(はせがわひでかず)が同行している。家康の足取りだが、28日まで京都に滞在、29日には堺へと向かっている。当時、堺は国際貿易港として栄えており、家康は今後の国づくりの参考にしたかったのだろう。数日間滞在している。6月1日には堺の豪商の茶会に招かれた記録もある。家康は、のんびりと京都や堺を見物し、買い物を満喫した。その後の苦労など予想もせず、なんだかご機嫌な様子が目に浮かぶ。, 信長の家臣、明智光秀が謀反。京都の本能寺で信長・信忠父子が討たれる歴史的大事件が起こる。一方、家康はというと、ちょうど堺を出発して京都へと向かっているところであった。そして、枚方(大阪府)まで来たところで、本能寺の変の知らせを受け取ることとなる。, 「本能寺の変?」 共有:クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中... .hide-if-no-js { 徳川家康は「本能寺の変」の後、命を賭けての「伊賀越え」を決行する 投稿日: 2018年11月24日 戦国時代最大の出来事とも言われている「本能寺の変」ですが、この天正十年6月2日は、徳川家康も織田信長の招きを受けて、堺見物をしていました。

Copyright ©2020 歴史好きのつぶやき All Rights Reserved.

②『本能寺の変』により、魔王織田信長のくびきから逃れる 徳川家康「いや、伊賀を越えて三河へ 帰る。伊賀への道は難所の連続で 追っても追いつくまい。」 家康一行は伊賀へ向かった。 それは家康にとって三方ヶ原敗走に 次ぐ危機であった。 基本情報

6月5日 舟―三河国大浜―三河岡崎城 松田毅一・川崎桃太訳, (function( timeout ) { 『徳川四天王と最強三河武士団』 井上岳則ら編 双葉社 2016年11月 「否」 })(120000); 三方ヶ原の戦いで敗れた徳川家康は絵を座右におき、家臣の大切さを気付く

4 真田丸4話のあらすじと視聴率 視聴率は17.8%でした。徐々に視聴率が下がっていますね・・・ あらすじ 織田信長(吉田鋼太郎さん)との謁見のため、昌幸(草刈正雄さん)は信繁(堺雅人さん)を連れて諏訪へ向かいます。 信繁の前に、徳川家康(内野聖陽さん)が現れます。 2つめは武田信玄にコテンパにやられた三方ヶ原の戦い。. ざわざわざわざわ。しばしの家臣との相談。

Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), [NHK大河ドラマ][真田丸]第4話 感想「徳川・織田の詰問にシラを切りきった昌幸。少ない出番で狂気の演技、信長。」, [NHK大河ドラマ][真田丸]第3話 感想「身内ですら策にはめる昌幸、ドッキリに引っかかる信幸(大泉洋)」, NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(37)感想「またも黒田長政、独断先行!またドロドロしたイヤな展開になってきた」, NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(34)感想 「期待してよいのか九州討伐編?メンチの切り合い、吉川元春!」, NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(44)感想「秀吉、寝小便で老いを自覚。わかるぞ、その気持ち・・」, [猫]2016/3/29 半年ぶり4回目の香川県男木島(猫島)旅行。ぼんやり猫と海を見て過ごす、至福の時間。, [常に記事先頭に表示][定期更新]サッカーブログ「とかいなフットボール」最新記事はこちら, [ゆるキャラ][2015〜2020]箱根駅伝、箱根小涌園でぴょんぴょんしてるゆるキャラはボザッピィ!, [感想][小説]天涯無限 アルスラーン戦記16 [田中芳樹] 「辛さを乗り越えたパルスと読者、最後にわずかな救い」, [猫]2016/11/5 男木島(猫島)、ネコだまりのネコが減少?猫島維持は難しいのか。。, [ゲーム]ファミコンバンド13th参加レポート。次もあるのか14thと川崎市教育文化会館。. 10 異説が正しいとも言えませんが、どうも穴山梅雪が殺害されたのは、ただの偶然に”落ち武者狩り”の一団に襲われただけではなかった, 徳川家康は『本能寺の変』後の三河帰還ルートを、なぜ堺から『船』で帰らず、陸路の『伊賀越え』を選んだのか?, 伊賀の柘植まで無事に甲賀衆100名と服部半蔵の手配した伊賀衆200名に守られて行き、この人たちの警護のお陰で、危険な野伏せり達のたむろする加太峠(かぶととうげ)を無事通過する, 光秀の”信長誅殺の行動”を事前に知り、申し合わせをしていなければ、このような行為は危なくてできないはず, 家康はこの時の安土訪問をただの信長に対する儀礼行動と物見遊山だとは最初から考えていなかった.

6月3日 山口館―南近江路―近江国甲賀郡信楽小川館(泊)6里 藤田達生著『検証 本能寺の変 資料で読む戦国史』より一部抜粋, 2日目の行程が6里とは非常に短いが、伊賀を越えるための情報収集をしていたと考えられている。なお、この行程だと、伊賀国境の桜峠を越えて、丸柱から柘植(つげ)を経由しており、伊賀道中の行程は20キロ。ただ、短いといっても伊賀の危険度に変わりはない。そこで、服部半蔵と茶屋四郎次郎が一役買って、危険な道中も事なきを得たとされている。, 伊賀出身の服部半蔵に関しては、その尽力により伊賀者約190名が護衛についたと伝わっている。ただこの記録は江戸時代中期以降に作成されたもので、誇張された可能性が指摘されている。一方、茶屋四郎次郎が書き残した『茶屋由緒紀』には、先発した四郎次郎が銀子(ぎんす)を渡したとされ、未然に落ち武者狩りを防ぎ、地元の者が案内したようだ。こちらはイエズス会宣教師の記録にも出てくるため、事実の可能性が高い。どちらにせよ、家康は様々な助けを経て、岡崎城に達したとされている。, 他にも、伊賀道中のルートは何種類かある。『徳川実紀』に記録されているルートは、多羅尾(たらお)方面の御斎峠(おとぎとうげ)を越える行程だ。現地には、実際に家康が休息したとされる多羅尾砦もある。ただ、このルートは、かつての惣国一揆の中心地に近づくことになり、疑問が残ると指摘されている。ちなみにこのルートを通れば、伊賀道中は25キロとなる。また『戸田本三河記』では、伊賀ではなく甲賀(滋賀県)を越えたとされている。確かに伊賀よりも安全な甲賀を通った可能性も否定できない。この場合の伊賀道中はたったの3キロ。今となっては、信楽小川館から柘植までの間、実際の伊賀道中がどのルートなのか、多くの疑問と可能性を残している。, なお、家康は岡崎城にたどりついた後、軍備を整えて14日に出陣。畿内に向かうも、道中で秀吉の使者から光秀の死がもたらされ、戻ったとされている。その後の服部半蔵と茶屋四郎次郎についてだが、家康はきちんとその恩を返している。伊賀者を重用するとともに、茶屋四郎次郎に対しては、幕府御用達の呉服師にしたとか。こうして「神君伊賀越え」は、無事に実現されたのである。, さて、不幸中の幸いなのか。 関連 その場で「えっ?諦めるの早くね?」的な雰囲気が漂ったかどうかはさておき。ただ、家康は大いに取り乱し、最終自刃を選択しそうになったとか。しかしそんな家康に対して、若輩ながらと新たな提案を申し入れしたのが、本多忠勝(ほんだただかつ)である。そう、家康への溢れんばかりの忠義で熱い忠勝は諦めなかった。他の家臣が家康に突き従う中、忠勝は「なんとか生き延びて畿内を脱出し、光秀を討つことこそ最大の供養」と説得。こうして、忠勝の粘り勝ちで、家康は自刃を断念。岡崎城までの逃避行を選択するのであった。, さて、「伊賀越え」とは、その名の通り伊賀国(三重県)を通り抜けること。じつは、この「神君伊賀越え」のルートは定かではない。というのも、なぜか残された資料に記載されている日数やルートはまちまちで、未だにどのルートだったのか確定されていないのだとか。, そもそも伊賀越えが、どうしてそこまで厳しいのか。それは当時、伊賀には「総国一揆(そうこくいっき)」といわれる自治組織が存在していたからだ。勢力範囲は伊賀の国を超えるほど。じつは1年前の天正9(1581)年に、信長はこの伊賀惣国一揆を徹底的に攻撃し殲滅させている(天正伊賀の乱)。本能寺の変が起きたときも、伊賀国では大規模な一揆が起きていたとされており、伊賀はまさに危険区域だったといえるだろう。, そんな背景を踏まえての大脱出劇であったため「神君伊賀越え」と呼ばれたといえる。「神君(家康のこと)、よくぞ御無事で!あの伊賀を越えられてお戻りになったとはスゴイ」という意味合いなのだ。実際のルートでは、伊賀を通ったと想定した場合、「伊賀越え」の距離は20キロから25キロほど。全体の行程の一部分でしかない。

Please reload the CAPTCHA.

安土城での接待. 神君徳川家康の最大の危機だったと言われる『伊賀越え』の謎に迫り、果して、家康は信長暗殺『本能寺の変』の黒幕だったのかどうかを明らかにします。, 戦国の覇王織田信長の跡目を巡るこの騒動『本能寺の変』に、家康はどう立ち回ったのか?, 家康が繰り広げる表舞台で大活躍する本多忠勝ら四天王達に比べて語られることの少ない、徳川家の黒子達 茶屋四郎次郎・服部半蔵とは何者なのか?実像に迫ります!, 『本能寺の変』の知らせが入った時、家康一行は和泉の堺にいた、又は京都へ向かっていた事は間違いない事実です。, 家康一行が陸路使って『伊賀越え』を行ったことに関して、太田牛一(おおた ぎゅういち)の『信長公記(しんちょうこうき)』には、桑名より熱田へ渡ったと、大久保彦左衛門(おおくぼ ひこざえもん)の『三河物語』には白子(現鈴鹿市)より大野(大浜?-現碧南市)へ渡ったと記述されており、渡海ルートの多少の違いはあるにせよ『伊賀越え』は史実と見て間違いないでしょう。, 天正10年(1582年)3月に甲斐の武田勝頼を滅亡させた織田信長は、家康に旧今川領の駿河一国を与え、その”御礼言上”のために、同年5月半ばに安土城を訪れた徳川家康と、武田勝頼滅亡に格別の功があった武田の旧臣穴山梅雪(あなやま ばいせつ)を手厚く饗応します。, その後織田信長は、中国地方征討に向かっていた豊臣秀吉から救援要請の急使が届いた為、明智光秀を与力に命じて秀吉の援軍に向かう予定だとして、家康ら一行へはその準備の間、長谷川秀一(はせがわ ひでかず)を案内人として堺へ見物をするように勧め、信長の出発前に再び京都で落ち合う段取りとなりました。, その時大坂では、四国征討に向かう信長の三男織田信孝(おだ のぶたか)と与力の重臣丹羽長秀(には ながひで)らが、渡海遠征の準備を整えている最中でもありました。, 一方、織田信長の嫡男織田信忠(おだ のぶただ)は、中国援軍に同行するためか信長が京都へ向かうのと合わせて京へ向かい本能寺近在の妙覚寺にいました。, そして信長が同年6月1日に京本能寺で公家衆との面談・茶会を終えて就寝していた6月2日の払暁に、備中へ向かうはずだった明智光秀の中国遠征軍1万3千の兵に宿舎である本能寺を取り囲まれて暗殺されます。, この時泉州堺に滞在中の家康は、信長から6月2日に本能寺へ集合するような招集がかかっていて、すでにその出発に関して準備が行われていたと思われます。, 同行していた家康の御用商人茶屋四郎次郎清延(ちゃや しろうじろうきよのぶ)は、京の信長のもとへ家康の堺の予定が終了した旨を連絡すべく、前日の6月1には京へ向かいました。, そして、6月2日に変事を知ってから急ぎ京を出発したところ、当日先乗りして来た側近本多忠勝(ほんだ ただかつ)と京坂間の枚方(ひらかた)辺りで行き会います。, 家康は直ちに領地三河への帰国を決意し、当日は山城国宇治田原城へ入り、翌3日近江国甲賀郡小川で宿泊、4日に小川から北伊賀へ入り、柘植から関、亀山、庄野、四日市を経て鈴鹿白子より船で5日には三河大浜(碧南)へ無事戻ったとされています。, 通説では、前年の天正9年に信長軍が伊賀国の殲滅作戦をやっていた影響で、伊賀の住民感情は極めて悪く、家康が伊賀を通過するのに落ち武者狩りの襲撃も加わって困難を極めたとされています。, その後江戸幕府で設置された御庭番に伊賀者が多かったことを思うと、家康が保護していた伊賀者服部一族の『伊賀越え』での大活躍が想像されるところですね。, 安土城への信長訪問から同道していた旧武田重臣穴山梅雪ら一行は、変事を知った後に”伊賀越えの陸路で脱出を図る家康一行”と袂を分かち、別行動を取って途上で”落ち武者狩り”の襲撃を受け、討ち取られて落命したと伝えられています。, 首実検をした明智光秀が、想像した家康の首ではなく、穴山梅雪の首であることに衝撃を受けたとかも言われていますので、やはり家康討伐命令は出されていたのでしょうか。, ともあれ、無事三河岡崎に帰着した家康は、信長の弔い合戦の軍を挙げて西へ向けて出陣をして行きますが、ほどなく明智光秀討伐済みとの連絡が豊臣秀吉から届き、やむなく岡崎へ引き返します。, 戦国武将は油断をした方が負けと言われるほど、皆、人を信用せず細心の注意と緊張感をもって他の武将に接していたようです。, この旧武田重臣穴山梅雪も、信長横死の報に接した途端に、同道している徳川家康に身の危険を感じ、別行動を選択したと言われています。, 家康一行は、同行の京都商人茶屋四郎次郎が大活躍し、一行を先導し行く先々に”銭”を土地の土豪たちにばら撒き、家康の伊賀国無事通過の工作をして回ったと言います。, 家康の一行は上京の時は、腹心の重臣・部下40人程度の供連れで安土に入ったとありますが、実は三河へ帰る『伊賀越え』の時は、これにプラスして服部半蔵手配の伊賀者190名が武装して家康一行の警護をしたと伝えられています。, そして、穴山一行を襲ったのが200数十名の”落ち武者狩り”だったと言われており、襲撃者の人数がほぼ一致するため、しかも穴山梅雪は切腹したとなっていて、やはり家康の手にかかって切腹させられたものだと伝えられています。, 真偽のほどはよくわかりませんが、家康を巡る”忍者部隊”の活躍はいろいろ噂・物語になっており、”徳川の目となり、耳となった御庭番”のこともありますから、単なる傭兵だったとは言えないのではないでしょうか。, ①主家武田を裏切った陪臣穴山を家康が信用していなかったこと