2011年3月21日15:55 - 19:00に生放送。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/26 14:31 UTC 版), 2008年1月6日18:00 - 19:58(『バンキシャ!』と『ザ!鉄腕!DASH! 若狭 勝(わかさ まさる、1956年 12月6日 - )は、日本の弁護士・政治家。 弁護士法人若狭・高橋法律事務所代表弁護士 。 元検事で東京地検特捜部副部長や東京高検 検事、東京地検公安部長を歴任。 政治家としては衆議院議員(2期) 、日本ファーストの会代表、輝照塾塾長を歴任。 2011年3月21日15:55 - 19:00に生放送。 日本の行方』をもって事実上終了したものと思われる。, 日本テレビ、札幌テレビ、福島中央テレビ、山梨放送、北日本放送、広島テレビ、日本海テレビ、くまもと県民テレビ, 読売テレビ(制作キー局)、青森放送、テレビ岩手、静岡第一テレビ、中京テレビ、西日本放送、山口放送、高知放送、福岡放送、長崎国際テレビ、鹿児島読売テレビ(関東など一部地域では, 日本テレビ、札幌テレビ、山形放送、山梨放送、静岡第一テレビ、日本海テレビ、くまもと県民テレビ, 日本テレビ、札幌テレビ、北日本放送、広島テレビ、日本海テレビ、山口放送、くまもと県民テレビ, 青森放送、秋田放送、テレビ岩手、山形放送、ミヤギテレビ、福島中央テレビ、テレビ信州、テレビ新潟、福井放送、静岡第一テレビ、中京テレビ、読売テレビ、西日本放送、四国放送、高知放送、南海放送、福岡放送、長崎国際テレビ、鹿児島読売テレビ, 日本テレビ、札幌テレビ、山形放送、福島中央テレビ、山梨放送、静岡第一テレビ、広島テレビ、南海放送、日本海テレビ、福岡放送、くまもと県民テレビ, 秋田放送、テレビ岩手、ミヤギテレビ、テレビ信州、テレビ新潟、北日本放送、福井放送、中京テレビ、西日本放送、四国放送, 日本テレビ、札幌テレビ、テレビ岩手、ミヤギテレビ、福島中央テレビ、日本海テレビ、くまもと県民テレビ, 2009年の中間報告特番については、過去の特番と違い、スタジオでの本編出演者は司会の福澤・笛吹と『NEWS ZERO』の村尾、『ウェークアップ!ぷらす』の辛坊の4人のみ。ニュース担当は森だけでなく近野と佐藤も加わった。外部ゲストも, プロデューサー:向後淳(日本テレビ)、大泉純子(讀賣テレビ)、小林整司(日本テレビ)、小山和行(日テレ アックスオン)、和田隆(創輝)、大隅正睦(スローハンド)、新井千秋(ウッドオフィス), チーフプロデューサー:山田克也(日本テレビ)、小林景一(日本テレビ)、森田公三(日本テレビ)、. Copyright JBA(The Japan Commercial Broadcasters Association) all rights reserved.

参考文献・映像 『action 日本崩壊 五つの難問を徹底追跡する』 日本テレビ報道局、新潮社、2008年(平成20年)12月、isbn 978-4-10-313331-5 『vs.(ヴァーサス)-北関東連続幼女誘拐・殺人事件の真実-』 原作:髙野洋、漫画:橘賢一、監修:日本テレビ報道局「action」取材班 緊急報道 action!特別版 連続幼女誘拐・殺人事件で新事実. !』の枠)に放送(この特番のみ収録。クロスネット局のテレビ大分とテレビ宮崎では19:00飛び乗りをせず、19時台は別番組に差し替え。)。「キックオフ特番」と題し、2008年1年間にどのような内容を調査、解決していくのかを発表。, なお、関東地区では、同年3月2日15:00 - 16:25に再放送(ただし、一部再構成した形での再放送)。, 2008年5月5日16:00 - 19:00(各局夕方ニュースワイドショー及び『Newsリアルタイム』枠)に生放送。「中間総括・経過報告特番」と題し、今まで取材・報道を進めてきた各問題が、どのように進展したのか、していないのか等を報告。なお、この回から、読売テレビ制作の「ウェークアップ!ぷらす」が『地方の悲鳴』というテーマで参加。, 途中17:50 - 18:10まで『NNNニュース』を放送(18:05 - 18:10はローカル枠)。ただし、通常のNNNニュースと異なり、スタジオから放送され、ACTION仕様のテロップが使用された。天気予報は全国の天気を放送(18:05頃のパートは各地域の天気)した。またこれとは別に第2部開始の16:53 - 16:58まで「最新ニュース」を放送。この時は、報道フロアからの放送。, なお、16:00 - 16:53が第1部、16:53 - 17:50が第2部、NNNニュースを挿んで18:10 - 19:00が第3部となっており、ローカル番組の関係でフルネット放送を行わない系列局(下記を参照)は、この区切りで飛び乗り・飛び降りを行った(NNNニュースを除く全編がローカルセールス枠扱いだった)。, 2008年9月8日 - 9月14日の一週間は「ACTION WEEK(アクションウィーク)」として、各番組で追い続けている「ACTION」を集中放送。ただし、系列局では放送されていないものもある(ほぼ全国に放送できたのは『NEWS ZERO』『ウェークアップ!ぷらす』『真相報道 バンキシャ!』の3番組)。, 2008年12月23日16:53 - 20:54に生放送。「総括特番2008ファイナル」と題し、この1年間の調査結果や1年間の取材を通して、それぞれの問題が解決できた(または解決の方向へ動き出せた)のかを報告する。また、2009年における取材テーマを、街頭インタビューをもとにして決める。, 途中17:39 - 17:55まで『NNNニュース』を放送(17:50 - 17:55はローカル枠)。, 2009年2月23日 - 3月1日の一週間は「ACTION WEEK(アクションウィーク)」として、2009年に各番組で取り上げる「ACTION」を集中放送。ただし、系列局では放送されていないものもある(ほぼ全国に放送できたのは『NEWS ZERO』『ウェークアップ!ぷらす』『真相報道 バンキシャ!』の3番組)。, 2009年10月12日15:55 - 19:00に生放送。15:55 - 16:55が第1部、16:55 - 19:00が第2部として放送された。一部地域を除き、第2部からの飛び乗りとなる。, 途中16:34 - 16:53/17:51 - 18:11/18:51 - 18:54まで『NNNニュース』を放送(16:51 - 16:53まで天気予報・18:00 - 18:08および18:51 - 18:54は各地のローカルニュースに差し替え)。, 2009年12月23日15:55 - 19:00に生放送。15:55 - 16:55が第1部、16:55 - 19:00が第2部として放送された。一部地域を除き、第2部からの飛び乗りとなる。, 途中16:51 - 16:53まで天気予報、17:52 - 18:12まで『NNNニュース』を放送。, 2010年4月19日 - 4月28日の一週間は「action!ウィーク(アクションウィーク)」として2010年の各番組で取り上げる「action!」を集中放送。, 2010年4月29日15:55 - 19:00に生放送。15:55 - 16:55が第1部、16:55 - 19:00が第2部として放送された。また、この回から『NNN Newsリアルタイム』を引き継いだ『news every.』が参加。, 途中17:55 - 18:05まで『NNNニュース』を放送。前回同様、action!仕様のテロップが使用されたが、報道フロアからではなくスタジオから放送された。, 2010年5月29日10:30 - 11:25に生放送。ただし、関東ローカルとして放送された。, 2010年8月8日 - 8月14日までの一週間は「action!ウィーク」として各番組で民主党政権が行っている各種政策について検証する。, 2010年12月17日20:30 - 21:00に放送。ただし、日テレNEWS24(同月23日の同時間帯に再放送)のみで放送された。建築家坂茂と笛吹雅子キャスターが対談。, 2010年12月23日15:55 - 19:00に生放送。15:55 - 16:55が第1部、16:55 - 19:00が第2部として放送された。, 途中17:06 - 17:15/18:51 - 18:53まで『NNNニュース』を放送(17:13 - 17:15は天気予報、18:51 - 18:53は各地のローカルニュースに差し替え)。, 2011年3月6日13:20 - 14:15に北関東連続幼女誘拐殺人事件関連の内容を放送。ただし、関東ローカルとして放送された。, 2011年3月21日15:55 - 19:00に生放送。15:55 - 16:55が第1部、16:55 - 19:00が第2部として、東日本大震災関連の内容(福島第一原子力発電所事故を含む)が放送された。当初は「ニッポンが動く10の法則」として放送予定だった。, 途中16:58 - 17:02/17:38 - 17:47/18:02 - 18:06/18:35 - 18:37/18:49 - 18:53まで『NNNニュース』を放送(18:49 - 18:53は各地のローカルニュースに差し替え。天気予報は放送されなかった)。, また、この回は東日本大震災関連の報道特番扱いで、BS日テレ・日テレNEWS24でもサイマルネットされた(BS日テレでは一部分のみ)。, 2011年3月26日5:00 - 5:30に放送。ただし、関東ローカルとして放送された(翌27日20:00 - 20:30に日テレNEWS24で再放送)。ジャーナリストの池上彰と笛吹雅子キャスターが対談。, 2011年4月28日21:00 - 21:30に放送。ただし、日テレNEWS24のみで放送された(同月30日4:00 - 4:30、5月7日21:00 - 21:30にもそれぞれ同チャンネルで再放送)。小児外科医の吉岡秀人と笛吹雅子キャスターが対談。, 2011年6月11日14:30 - 16:00に放送。ただし、日テレ・テレビ岩手・ミヤギテレビ・福島中央テレビのみで放送された(日テレNEWS24でも同時放送)。笛吹雅子キャスターに加え、ゲストとして河野太郎(自民党衆議院議員)、寺田学(民主党衆議院議員)、澤田哲生(東京工業大学原子炉工学研究所助教授)、田中優(未来バンク事業組合理事長)、長瀧重信(長崎大学名誉教授・国際被ばく医療協会名誉会長)、山地憲治(地球環境産業技術研究機構研究所長)の6名が出演。, 2011年9月11日14:00 - 14:55に放送。ただし、関東ローカルとして放送された。, 2013年4月21日14:30 - 16:55に放送。インフラや雇用問題、介護ロボット、日本の農業について特集する。フジサンケイレディスクラシックをネットするテレビ大分・テレビ宮崎を除いたNNN系列26局同時ネット。, ※名前の横の丸印は、以下の意味を指す。なお、下記以外については出演した特番を括弧書きで示す。, ※2009年中間報告特番以降は芸能人のゲストはなくなり、前述のように取り上げた内容に応じた各分野の担当閣僚などがゲストで登場するようになる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ACTION_日本を動かすプロジェクト&oldid=78188492, 日本テレビ報道局に所属するスタッフ全員(およそ500人)が、2008年1年間かけて、日本でのさまざまな問題の真相を深く掘り下げ、解決しようとする企画。日本テレビ始まって以来のスペシャル企画でもある。, 大きな事件などのような緊急時以外でも報道局がちょっとした仕掛けをすることで、全ての, 当初は1年間限定だったものの、好評だったことや継続取材を行っていく必要があるため、, 2010年からはロゴが変更され、今までのメガホンに大文字の「ACTION」から、吹き出しに小文字の「action!」となった。, 番組公式ツイッターは2013年4月27日をもって更新されておらず、番組公式サイトも閉鎖されていることから、このプロジェクトは2013年4月21日の『action!