1 0 obj 2015.12 総務大臣通知により自治体に「三層の対策」を要請 2016.1 自治体が「三層の対策」に取り組むための補助金(h27補正)の説明会 2017.7 自治体による「三層の対策」への対応完了 (参考)いわゆる「三層の対策」概要 2 10月28日(水)11:00-11:40: 参加形式: zoomによるオンラインセミナー: 内容: 2020年5月、総務省より「自治体情報セキュリティ対策の見直しのポイント」が発表されました。 ��� ��z�^A�mm_3�ӊb�Z��~�&r�"ɀ9����̫Wr�w���6���l�7.

© 2018 DAIWABO INFORMATION SYSTEM CO., LTD.

%PDF-1.5 5 10 15 20 25 30 0 100,000 200,000 300,000 400,000 500,000 600,000 700,000 800,000 900,000 1,000,000 中卒 高卒 大卒 (人) (年) 学歴別就職者数の推移 (資料出所)文部科学省「学校基本調査」 昭和40年3月卒の就職者数 中卒と高卒が逆転 平成10年3月卒の就職者数 高卒と大卒が逆転 3 2016年1月に運用がスタートした「マイナンバー制度」だが、ようやく世間でもマイナンバーについての理解が進んできているようだ。念のためおさらいしておくと、マイナンバーとは「個人番号」とも呼ばれ、“日本国内の住民票を有する住民一人ひとりが持つ12桁の個人番号”を指している。つまり、生涯にわたって行政手続などで使用することになる、自分だけに割り当てられた番号ということになる。それだけに、マイナンバーを取り扱う地方自治体や民間企業には、運用のためにクリアすべき厳しいセ … 総務省は、2017年7月までに「自治体情報システム強靭性向上モデル」に基づく庁内ネットワークの3分割と、「自治体情報セキュリティクラウド」を完了するよう求めました。本ページで具体的な指示内容 … ホーム > PC-Webzineアーカイブ > 新たな三層に対策への自治体システム提案――NEC、VMware、日本MS, 総務省から示された新しい「三層の対策」の方針。ベンダー各社はすでに見直しのポイントをもとに製品提案の準備を進めている。NECでは、自治体規模を問わない提案を実現するための製品拡充を図り、利便性とセキュリティを両立させた自治体システム構築を目指す。, 新しい三層の対策に向けた施策として、製品拡充を進めているのがNECだ。「2016~2017年度の自治体情報システム強靭性向上モデルでは、導入コストの関係で規模の小さな自治体に対して分離/無害化ソリューションの提案は難しい状況にありました。そこで2021~2022年度の次期強靭化商談に向けて、標的型攻撃への有効な対策となるインターネット分離ソリューション『Application Platform for SCVX』を統合型ソリューション『NEC Solution Platforms』のラインアップに追加しています」とNEC 公共ソリューション事業部 広域事業推進グループ シニアエキスパートの平山智章氏。, SCVXはジェイズ・コミュニケーションが開発した仮想ブラウザー方式でインターネット分離を低コストに実現する製品だ。Application Platform for SCVXでは性能検証済みのハードウェア構成と標準化されたSI作業をセットで提供する。「SCVXは使いやすさとコストパフォーマンスに秀でているため、既存製品の提案に加えてApplication Platform for SCVXをラインアップすることで、人口20万人以下の自治体の強靭化対策のサポートが可能になります。新規導入の場合、SCVXのオプション『SCVX Sanitizer』を利用すればファイル無害化にも対応できます」と平山氏。, 今回の指針でLGWAN接続系での無線LAN利用が示された。不正接続を防止するための暗号化や認証対策が施された無線LANアクセスポイントなどのネットワーク製品「QXシリーズ」を提案し、自治体のペーパーレス化やフリーアドレス化を促進させていく考えだ。, 新しい三層の対策により、自治体のクラウドシフトはますます加速していく。しかし、その中でもセキュリティ対策をおろそかにはできない。, 「クラウドシフトへの過渡期となる直近数年では、閉域クラウドとパブリッククラウド、オンプレミスをうまく融合させた提案が必要になるでしょう。当社では地方公共団体向けのクラウドサービス『NEC 公共IaaS』の提供も行っており、閉域環境を維持しながらパブリッククラウドとのセキュアな連携が可能になります。コロナ禍によるワークスタイル変革は自治体にも求められており、当社では閉域モバイル接続ソリューションの提案なども進めていますが、緊急事態にすぐに設備をそろえることは難しいのが現状です。運用を含めて利便性とセキュリティを両立させた自治体へのソリューション提案を目下研究している最中であり、今後の大きなビジネスチャンス領域であると考えています」と平山氏は語った。, インターネット分離をはじめとして、自治体システムのデジタル化の推進・支援を進めているヴイエムウェアは、三層の対策におけるネットワーク分離のさらなる徹底・強化と、クラウド・バイ・デフォルトに適応するクラウド化の提案を進めている。, ヴイエムウェア チーフストラテジスト(SDDC/Cloud)の高橋洋介氏は「自治体は、新しい三層の対策への対応に加え、ポストコロナ時代に向けた新しい働き方への整備が急務です。従来の三層の対策は、人事給与や財務会計、文書管理といったデータはLGWAN接続系で管理されており、パブリッククラウドサービスの利用が制限されていました。また、自宅からはインターネット接続系までしか接続できないため在宅勤務も難しい環境です」と指摘する。, Web会議やコミュニケーションツールの利用も制限されているため、円滑な在宅勤務の実現は難しい。新しい働き方実現のハードルが高い環境にあるのだ。, しかし、新しい三層の対策モデルによって、業務端末の一部をインターネット接続系に移行するとともに、業務システムの一部(グループウェアなど)もインターネット接続系に移行できるようになった。また、自治体の内部環境へのリモートアクセス活用もガイドライン改定に盛り込まれる予定だ。ヴイエムウェアではそれらの動きを踏まえ、LGWAN接続系端末をVDI化し、インターネット接続系の業務端末に画面転送することで、在宅勤務の環境下での人事給与、財務会計などへのLGWAN接続系へのアクセスが可能なシステム提案を進めている。, 「インターネット接続系に配置された端末がインターネットにさらされるため、エンドポイントに対してより安全性が求められます。そこで必要なのが、『Workspace ONE』による端末管理と、『Carbon Black』によるエンドポイント監視を徹底することです」とヴイエムウェア 公共SE統括部 統括部長 中島淳之介氏は語る。, Carbon Blackは保護と自動検知を組み合わせたクラウドネイティブのエンドポイント保護ソリューションで、包括的かつ統合的なセキュリティ対策が実現できる。三層の対策の見直しが進む中で、今後はエンドポイントの端末監視が非常に重要視されると同社では見ており、デスクトップ仮想化(VDI)ソリューション「VMware Horizon」やネットワーク仮想化ソリューション「VMware NSX」、サーバー仮想化ソリューション「VMware vSphere」を組み合わせたソリューション提案で、自治体のデジタルトランスフォーメーションを進めていく。, 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、働き方の変革を迫られているのは一般企業だけではない。自治体もその代表的な組織の一つだ。日本マイクロソフトではその働き方の変革を、自社のクラウドサービスで強力に支援している。, マイクロソフトでは、新型コロナウイルス対策を支援するため、全世界の顧客に対してOffice 365 E1ライセンスの6カ月無償提供とセキュアリモートワーク相談窓口を設置している(2020年3月9日発表)。また、自治体特有のIT環境に応じた提案も進めており、5月中旬時点で、広域自治体、政令市、中核市など大規模自治体を中心に50の自治体でMicrosoft Teamsのライセンスが有効化されたという。, 日本マイクロソフト デジタル・ガバメント統括本部 デザインジャパン推進室 室長 シニアインダストリーエグゼクティブ 藤中伸紀氏は「多くの自治体で急速にテレワーク環境が浸透しましたが、課題も多く散見されました」と指摘する。, 特にネックになっていたのが、従来の三層の対策モデルだ。LGWAN接続系とインターネット接続系のシステムが分断されている既存の三層の対策では、クラウド上で提供されるサービスも利用できなかった。しかし、5月22日に総務省から示された新たな三層の対策では、これらの環境が見直されている。「これからのニューノーマルな自治体の働き方で必要となるのが、パブリッククラウドの活用です。新しい三層の対策モデルでも人事給与、庶務事務などの業務システムをインターネット接続系に配置転換することや、パブリッククラウド活用による業務効率の向上を図ることなどが盛り込まれています」(藤中氏), すでにコロナ禍に対応するために、自治体でのクラウド活用事例も出てきている。神戸市では日本マイクロソフトの業務アプリケーションプラットフォーム「Microsoft Power Platform」を活用し、「新型コロナウイルス健康相談チャットボット」や「特別定額給付金の申請状況等確認サービス(住民ポータル)」などの開発を行っている。6月4日には神戸市と日本マイクロソフトが包括的協定を締結しており、神戸市のデジタルトランスフォーメーションを共同で推進していく。, 「コロナ禍によって、世界で2年分のデジタル変革が2カ月で起きている状況です。当社ではMicrosoft 365やDaaS製品『Windows Virtual Desktop』などのパブリッククラウド製品を中心に、この流れを止めることなく、行政で働く職員の皆さまの生産性向上を支援します。自治体職員向けAI研修なども実施し、住民目線で実現する行政デジタル変革を、ともに推進していきたいですね」と藤中氏は力強く語った。, クライアントPC を丸裸にするIT資産管理ソフト「SKYSEA Client View」. 総務省は、2017年7月までに「自治体情報システム強靭性向上モデル」に基づく庁内ネットワークの3分割と、「自治体情報セキュリティクラウド」を完了するよう求めました。本ページで具体的な指示内容 …

自治体強靱化から5年、vdi のリプレース需要を狙う「os分離」製品.

endobj 有料老人ホームをお探しなら、安心介護のイリーゼ。入居金0円プランや30,000円減額制度、ショートステイやデイサービス等、充実した介護サービスをご提供いたします。食事・レクリエーション・医療連携体制も万全です。 靭性向上モデル」や「自治体情報セキュリティクラウド」等、多岐にわたる対策をいかに効果的に組み合わせて実現するかが成功のカギといえます。, 無料(事前登録をお願いします). ホーム > PC-Webzineアーカイブ > 矢野経済による市場概説と総務省から示された新たな"三層の対策"を解説, 自治体情報システム強靱性向上モデルに合わせて導入された自治体システムの更新時期が近づいている。その中で、総務省から新たに「三層の対策」を見直す方針が示されており、今夏にガイドライン改定が予定されている。見直し方針をもとに次世代の自治体情報システム提案の切り口を探っていく。, 2015年11月に総務省から発表された「自治体情報システム強靱性向上モデル」を受け、全国の自治体ではマイナンバー利用事務系、LGWAN接続系、インターネット接続系の情報ネットワークを分離・分割する「三層の対策」が進んだ。これらの大型案件によって、自治体ソリューション市場も拡大することとなったが、それらの案件が落ち着いている現在の市場はどうなっているのだろうか。, 国内自治体向けソリューション市場の調査に取り組む、矢野経済研究所 ICT金融ユニット 主任研究員の早川泰弘氏は、2019年6月に同研究所が発表した調査結果(調査期間:2018年11月~2019年5月)をもとに次のように語る。「事業者売上高ベースの2018年度の国内自治体向けソリューション市場規模は6,385億円で、前年度比0.5%減となりました。2018年度の市場は、通常のシステム更新サイクルに沿った更新需要が主体となっており、ここ数年市場をけん引していたマイナンバー対応や新公会計制度、ネットワーク強靱化、セキュリティクラウドなどの大型案件がほぼ収束したことが微減の背景にあります」と語る。, 市場の軸足は、従来保留となっていた基幹系システムや内部情報系システムなどの更新需要や、法制度の変化に対応したシステム改修案件に移っている。自治体システムの更新は、政府が推進する「クラウド・バイ・デフォルト原則」に基づき、従来のオンプレミスからクラウドへの切り替えが増加する見込みで「特に自治体クラウドが中心となり、2021年度から2023年度ごろに移行が本格化するでしょう。クラウドの普及に伴い、事業者売上高ベースでの市場は縮小していく見通しです」と早川氏。, サブスクリプション型のクラウドビジネスは、契約が継続すれば安定した収益が見込める半面、収益が拡大するまでに時間がかかる。, そこで求められるのが、従来のSIやシステム開発主導型からサービス型のビジネス構造への転換だ。, 矢野経済研究所 ICT金融ユニット 主席研究員の小林明子氏は「ベンダー売上は、BPOをはじめとしたサービスによる収益獲得にシフトしていくと考えています」と指摘する。例えば、地域住民に送付する書類は、印刷から封入、投函までの作業が発生する。これらの作業を、ITベンダー側が代行することで、システム提供にプラスアルファの付加価値が生まれ、収益につながる。, 「クラウドサービスの導入により自治体はコストダウンと業務効率化が実現できるため、特に規模の小さい自治体からクラウドの導入は進んでいくでしょう。中長期的にみて市場は微減傾向にあり、大手企業以外のITベンダーの多くは淘汰されていく可能性も否定できません。そのような状況の中でも自治体の属人的な業務を代行できる企業などは、サービスビジネスを獲得可能で、大手ITベンダーと地場ベンダーのパートナー連携の機会も増えるでしょう」と小林氏は語った。, 今後の自治体向けソリューション市場では、GISやドローン、IoT/センサーネットワークを活用した現場向け情報システムや、防災・災害対策関連システムの活用が進む見通し。下水ポンプの遠隔監視システムなど、一部自治体での導入が見られる。, 従来、遠隔監視システムには専用システムが採用されていたが、クラウドやセンサーなど汎用的なITの仕組みで遠隔監視システムが実現できるため、今後はコストを抑えたIoTシステムの導入が、自治体に進んでいく可能性があるだろう。, 総務省によって示された「自治体情報システム強靭性向上モデル」によって各自治体で講じられた「三層の対策」。この構造が、今回見直されることになった。それらの内容を取りまとめた「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」をベースに、その方針を見ていこう。, 2015年11月に発表された「自治体情報システム強靭性向上モデル」では、住民情報など機密性の高い情報を扱う領域「マイナンバー利用事務系」、職員に関する軽微な情報や非公開情報を中心とした機密性の高い情報を扱う領域「LGWAN接続系」、インターネットメールや機密性の低い情報を扱う領域「インターネット接続系」に情報ネットワークを分離・分割する、いわゆる「三層の対策」を講じるよう自治体に要請された。同時に、インターネット接続系においては、都道府県と市区町村が協力し、原則都道府県単位でインターネット接続口を集約する「自治体情報セキュリティクラウド」の構築も実施された。, これらの対策によって、短期間で自治体の情報セキュリティ対策は強化され、インシデント数の大幅な減少が実現された。その半面、自治体内の情報ネットワークを分離・分割したことによって事務効率が低下するなど、ユーザビリティへの影響は決して少なくない。さらに、2018年には政府が情報システムの構築を行う際に、クラウド活用を第一として考える「クラウド・バイ・デフォルト原則」を方針として示しているほか、オンライン手続法を受けて行政手続きのオンライン化が求められるなど、時代の変化に応じた自治体情報システムの転換が迫られている。, そこで総務省は、2020年5月22日に「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」を公表。既存の三層の対策の見直しを図ると同時に、業務効率性や利便性向上のための新たな技術の活用、更新時期の迫る「自治体情報セキュリティクラウド」の在り方などを取りまとめている。, 最大のポイントは、三層の対策の見直しだ。「マイナンバー利用事務系の分離」と、「LGWAN接続系とインターネット接続系の分割」をそれぞれ見直し、効率性・利便性の向上を図る。, まずマイナンバー利用事務系の分離では、2015年から実施されているほかの領域(LGWAN接続系、インターネット接続系)との分割は維持するが、十分にセキュリティが確保されていると国が認めた特定通信については、インターネット経由の申請などのデータ取り込みを可能にする。例えば、地方税ポータルシステム「eLTAX」や、マイナポータルを活用したオンライン申請サービス「ぴったりサービス」などだ。これにより、ユーザビリティの向上や行政手続きのオンライン化に対応していく。, 次にLGWAN接続系とインターネット接続系の分割についてだ。原則的には、従来の三層の対策の基本的な枠組みを維持しつつ、効率性・利便性の高いモデルとして、新しい三層の対策モデルを提示している。業務端末の一部をインターネット接続系に配置転換するとともに、人事給与、財務会計、文書管理、グループウェアなどの業務システムの一部をインターネット接続系に移行する。クラウド・バイ・デフォルト原則やテレワークなどの新たな時代の要請を踏まえた見直しだ。, これら三層の対策の見直しや、パブリッククラウド利用を進める上で気がかりとなるのが、セキュリティだ。効率性や利便性を優先すれば、セキュリティ対策がおろそかになる。都道府県ごとに構築して2017年度から運用を開始した「自治体情報セキュリティクラウド」の更新時期も迫っており、最新の脅威動向も踏まえた「次期自治体情報セキュリティクラウド」の在り方についても検討課題となっている。, 運用形態については、引き続き都道府県が主体となって調達や運営を行う想定だが、現行の自治体情報セキュリティクラウドはセキュリティレベルに差があることから、標準要件を総務省が提示し、民間事業者がクラウドサービスを開発・提供することでセキュリティ水準の確保とコスト抑制を実現していきたい考えだ。また、各団体の求める水準に応じて、オプション機能や接続回線を柔軟に選択できることが求められている。, 総務省では、自治体の予算要求時期などを見据え、次期自治体情報セキュリティクラウドの在り方など、早急に自治体に提示すべき事項については自治体への通知を進める。これらの取りまとめを踏まえ、「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」を2020年夏を目処に改定する予定だ。, クライアントPC を丸裸にするIT資産管理ソフト「SKYSEA Client View」.