出典:kaiyodo 夜叉は仏教に包括され、 仏法を守護する護法善神の一尊 となります。 天・竜・夜叉・乾闥婆(けんだつば)・阿修羅・迦楼羅(かるら)・緊那羅(きんなら)・摩睺羅伽(まごらか)の 八部衆の一尊 。.      「キリストとサタンの因縁」   「邪神で一番力のあるのは赤龍、黒龍」 【答】仏語で、邪神の種類である。天の悪魔。羅刹はとりまいてる邪神の家来。夜叉は女の執着によって悪くなったもの。龍神―悪龍の事。邪神を仏語で総称していったものである。」                           (「御講話(速記)」昭和25年8月1日) 邪神は何億と居るんです。それで階級が色々ある。神界――神様の方と大体同じですね。そこで、信者一人々々を引落そうとして狙つている。ですから信者の人でも、一寸考え違いしたり、迷つたり。良いと思つて間違つたりする。大本教のお筆先に「今は悪神がそこら中入りて居り、一寸の隙もないぞよ。何時なんどき悪神に儘にされるか分らないから、気をつけるが上にも気をつけたが良いぞよ」とある。皆んな、信仰にある者は、抜身の中にある様な気持で、一寸の油断も出来ないと言う意味で、中々旨い事を書いている。 また日本以外にもアジア-中国間の広範囲で独尊としても信仰を集めています。, 祭祀とは、感謝や祈り、慰霊・鎮魂の目的のために神々や祖先をまつることをいいます。日本では神道に通じており、類似例は各宗教にも見られます。英語訳では「セレモニー」と記すことが多いです。具体例としては、五穀豊穣を祈る新嘗祭(にいなめさい)や神嘗祭(かんなめさい)・祇園祭などに代表される各地のお祭り、神葬祭(しんそうさい・神式のお葬式)などがあります。, 如意の言葉の意味は思いのままという意味です。転じて僧が読経や説法の際などに手に持つ道具を指します。平安時代に貴族たちが持った笏と同じように権威や威儀を正すために用いられるようになりました。孫の手のような形をしています。現在では吉祥の印として愛玩されてもいます。, 仏教において守らなければならないとされる規則規範のことで、日本人にとっての日本国憲法と置き換えればイメージはしやすいと思います。細かく見ると戒と律はそれぞれシーラ、ヴィナヤと別の意味を持ちますが混同して使用されることが多く、その方が一般的となっています。, 羅刹は仏教用語の一つで、インド神話における鬼神です。大力で足が速く、人を惑わし、人を食うと言われている悪魔や魔物のことです。のちに仏教に入り、毘沙門天の眷属となって守護神とされ、羅刹天は十二天の一つになりました。.

「(前略)私を苦しめるのは、邪神の大きな親玉です。処が時期も違つているし、霊界も余程明るくなつている。霊界の中に又霊界があり、その奥の――神道で言う幽玄界ですが、そこは殆んど昼間になつている。その次の霊界が、未だ暗が残つている。今は邪神の何んな強い奴でも私には敵(カナ)わない。邪神のうちで一番力のあるのは赤龍、黒龍ですね。(後略)」 S27.12.6), 善言讃詞の中に、天魔羅刹、夜叉龍神と言葉がありますが、如何なる邪神で御座居ましょうか。.   之は普通の人間がキリスト教を嫌う如く、明主様と、昔からサタンは戦っている。短刀をもって殺しに来た事もあるが、之は頭から顔から全身真赤であった。」  (講話集補 年代不明) 「(前略)乙姫の統一した間を「暗の世」と言う。乙姫ともかくのであって、此の乙姫の姿は黒龍である。黒龍は悪龍である。」, (「第三講座  神界の支配者  盤古神王大自在天」昭和10年8月5日) 「(前略)赤龍-サタンである。黒龍-強悪最も甚だしい悪龍である。海龍-龍宮の乙姫の事である。」                      (「第四講座  龍神界」昭和10年8月15日)

夜叉や羅刹とは違います。 キリスト教の悪魔のような存在は、仏教にはないように思いますが、わかりません。 瞑想の邪魔をして、悟りを開かせないようにする魔神という感じです。 明主様御垂示「三毒と五濁・天魔羅刹・夜叉の意味」(昭和24年1月上旬発行)信者の質問「「三毒と五濁」「天魔羅刹」「夜叉」について御教えください。」明主様御垂示「三毒は貪、瞋、痴ともいい、五濁もつまり、つみ、けがれを分類したものである。   釈迦に提婆というように、キリストを始終苦しめてるのがサタンである。パリサイ人も反対派である。

会葬者の方は遺族に向けてお悔やみの言葉を述べ、葬儀に参列します。, 人の死後満12年、数えて13年目の忌日です。また、その日に行う法事のことです。13年忌とも言います。 「天魔羅刹、夜叉龍神について」 日本神話・伝説 ヒンドゥー教 中国神話・伝説 仏教 神・英雄・怪人 怪獣・魔物・妖精, それ以外にも、『銀魂』では白夜叉、『北斗の拳』では黒夜叉。『忍たま』や『バシリスク』では丸くなって夜叉丸。なぜか『金色夜叉』という文学作品のタイトルにもなっています。. 「黒龍は龍宮の乙姫であり、赤龍は「サタンは赤い辰なり」といい、共産主義で、世界の三分の一位握っている。」                      (「講話集補」年代不明) 四天王は本来、持国天、増長天、広目天、多聞天とされており、この多聞天が毘沙門天に当たります。 「仏語である。天魔は魔神とか魔王といい、上等の方であり、羅刹は悪鬼羅刹といい、鬼のような悪魔の一種である。夜叉は女の方で、要するに悪魔の形容詞である。」

  猶太は未だ言えぬ。各国に邪神の表はれがあり、邪神の本元はサタン(赤い龍)で、大活躍してゐる。共産主義を作った邪神である。サタンの眷族は皆龍で、今龍は大変活躍してゐる。龍は東洋が多かったが、今は外国は赤龍が多い。今度の事件も赤龍が査べてゐる。それを神様が使ってゐる。今日本は狐が多い。狐と龍神が活躍してゐる。(後略)」