薄緑色、青緑色、青色のものもありますが、白っぽいものは少ないようです。 ヒスイ(翡翠、英: jade 、ジェイド)は、深緑の半透明な宝石の一つ。 東洋(中国)、中南米(アステカ文明)では古くから人気が高い宝石であり、金以上に珍重された。 古くは玉(ぎょく)と呼ばれた。. ヒスイと言えば、緑色が美しい宝石として、日本でもなじみの深いものです。また、ヒスイは指輪やネックレスだけでなく、置物などの調度品としてもよく見られています。, しかし、全てが同じヒスイというわけではありません。見た目だけでははっきりとした区別がつきにくいのですが、実はヒスイには2種類あり、それぞれ別の鉱物となっています。, ヒスイはジェード(Jade)と呼ばれておりジェードはヒスイ全般を指します。そして、そのジェードの中で「ジェダイト(Jadeite)」と「ネフライト(Nephrite)」とに分かれます。, ジェダイトは「硬玉」と呼ばれ、ヒスイ輝石として取り扱われています。古来宝飾品として利用されていたのはこちらで、「宝石」と呼ばれるのはこちらだけになります。 中国では「玉」と呼ばれており、女性のかんざしや装飾品に使われていました。 日本では勾玉(まがたま)に利用され、遺跡から多く発掘されています。 また、ジェダイトのヒスイには長寿や健康などの効力があるとされており、女性のみならず権力者の手に渡っていました。, ヒスイ輝石は変成岩に産出されるもので、純粋な精度のものは白色をしています。しかし、鉄やクロムを含有することによって見慣れた緑色や紫色などほかの色に変わります。, ヒスイ輝石は赤道付近の国から産出されていますが、日本でもヒスイは産出されており世界で最古の産出地ではないかと言われています。そのため、ジェダイトは「本ヒスイ」と呼ばれ、ネフライトと区別されることもあります。, 硬石とされるジェダイトと相反してネフライトは「軟石」と呼ばれています。 透閃石であるこの硬石は、一般的に宝石とされているジェダイトとは全く別の石であることがわかります。, ネフライトは古代中国では宝石として取り扱われていましたが、時代が進んでジェダイトが産出されるとそれぞれを区別するようになりました。 これはジェダイトよりも硬度がやや低いことからこの名前が付けられました。, また、中国ではネフライトしか産出されず、現在でも中国産のヒスイの中にはネフライトを利用して、ジェダイトと偽っている模造品が見つかったりしています。そのため一見するとネフライトの方は価値が低いもののように思われてしまい、実際にも間違いとは言えません。, しかし、ネフライトの中でも白みを帯びており、透明度が高くなっていると「羊脂玉」と呼ばれており、大変質の良いものとして時にはジェダイトよりも高価で取り引きされています。, ヒスイは現在でも宝石として利用されています。ヒスイ輝石は研磨され、美しく仕上げられています。しかし、ヒスイは見てのとおり不透明な石ですので、研磨する際は仕上がりの想像が難しい宝石となっています。 原石を見ただけではどの程度美しい表面になるかはわからないため、原石での価格評価はまずされません。, また、軟玉とされるネフライトは彫刻などの装飾がなされることが多く、古代中国では竜の形に削り出されたものなど、細かな細工が施された作品が多く見られます。それらの工芸品は現在でも生産されており、中国各地で買い求めることができます。 ほかにもヨーロッパでは杯や斧(おの)などの日用品も作られています。, ヒスイは良質なものと、そうでないものとの違いを見分けることが難しい宝石として知られています。 特に、研磨をしていないヒスイであれば特に難しく、ヒスイとよく似た緑色の石を間違えて採ってしまうこともよくあることですので、「キツネ石」というあだ名まで着けられるほどです。, ヒスイを見分けるときの方法として有名なのは、石自体に光を当てることです。 光に透けて見える繊維の交差具合によってジェダイトかネフライトかを見分けることが可能です。 しかし、一般的に販売されている場合はなかなかそのような見分け方をすることはできません。, 見た目だけでヒスイを見分けるときには、研磨の程度や表面の透明度などがポイントになります。 品質の高いものであれば、不透明な宝石であるヒスイでも向こう側が見えるほどの透明度があるのが特徴となっており、付加価値も高くなっています。, 「友人に勧めたいお店」として、査定金額や接客において、お客様満足度第1位に選ばれた買取専門店です。, 「珊瑚」のアクセサリーというと、どんなものを思い浮かべますか? 「少し古くさい」「老けて見られそう」―― 。そんなふうに思っている方も多いのではないでしょうか。 また、ムラがなく、血のように赤い珊瑚は、「血赤」「オックスブラッド」と呼ばれ最高級品とされますが、珊瑚というと、そのような赤いものを想像しますよね。 でも実は…  もっと読む, 結婚指輪は生涯を通じてずっと身につけるものだからこそ、妥協せずに納得できるものを選びたい――。そんなこだわりを持った二人にこそおすすめなのが、「オーダーメイド」の結婚指輪です。 デザイン、セッティング、素材まですべて注文して作るため、まさに“世界で一つだけ”のオリジナルリングとして、結婚指輪にふさわしい特別なものになる…  もっと読む, さりげないデザインでありながら、洗練されたセンスや時代感覚も兼ね備えた「アガット(agete)」のジュエリー。国内では男女ともに固定ファンが多い人気ブランドです。有名デパートでの取り扱いが多く、入手しやすいのも魅力です。 今回は、アガットについて、その魅力や人気コレクションなどをご紹介します。 アガット(agete)と…  もっと読む, 職人の手で生み出された芸術性と、タイムレスなファッション性を兼ね備えた、ジュエリーブランド「アーカー(AHKAH)」。デザインと品質がともに優れたアーカーのアイテムは、時を超えて多くの人から支持されています。 ここでは、そんなアーカーについて、ブランドのこだわりや魅力をお伝えしていきます。 ジュエリーブランド「アーカー…  もっと読む, 100年以上続く、デンマークのジュエリーブランド、ジョージ・ジェンセン。真の美しさの追求と機能性の融合をコンセプト。そのコレクションには世界中にコレクターが存在するトップブランドです。 スカンジナビアンデザイン(北欧デザイン)とは スカンジナビアンデザインとは、ヨーロッパのスカンジナビア半島に位置するデンマーク・スェー…  もっと読む, 日本が生んだ「真珠王」として世界的に有名な御木本幸吉。養殖真珠で世界のジュエリー業界へと進出し、一躍その名を知らしめた存在です。 彼が創立したジュエリーブランド「ミキモト(MIKIMOTO)」のパールは、現在も国内外で高く評価されています。世界中の女性が求めるハイクオリティな数々のパールアクセサリーの人気は、現在もなお…  もっと読む, ハイクオリティな真珠のジュエリーといえば、「TASAKI(タサキ)」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?国内の真珠養殖場から始まり、今や世界にその名を知られる日本の真珠ブランドです。 今回は、真珠の可能性を切り開く世界トップクラスのジュエラー「TASAKI(タサキ)」の取り組みをご紹介します。 世界トップクラス…  もっと読む, こんにちは!なん子です! 真っ赤な『血』と『一途な愛』の象徴、ガーネットを身につけるということ 時は遠くさかのぼり、紀元前のヘレニズム時代に中央アジアまで東方遠征したアレキサンダー大王は、インド産のガーネットを自国に持ち帰ったといわれています。そのころから多く人々に使われるようになったとされるガーネット。いったんローマ…  もっと読む, 個性が光る特別な指輪を身に着けたいとき、一生もののジュエリーを探しているとき、選ばれるのが老舗ジュエリーハイブランドの「ブシュロン(BOUCHERON)」です。ここでは、ブシュロンのブランドや定番アイテムについてご紹介します。 ブシュロン(BOUCHERON)とは? 「ブシュロン(BOUCHERON)」は、1858年に…  もっと読む, こんにちはなん子です! 珊瑚は古来より世界各地で縁起の良い宝石とされ、珍重されてきました。 例えば、ギリシア神話によると、英雄ペルセウスが、見つめたものを石に変える怪物メドゥーサの首を切り裂いた時、流れた血が地中海に落ちて珊瑚が生まれたとされています。イタリアではこの物語を背景にして、ローマ時代から珊瑚を護符として身に…  もっと読む, こんにちはなん子です! 翡翠は、いにしえより中国や日本、マヤなどの東洋において、生命力をつかさどる命の石として大切にされてきました。 翡翠は健康と長寿をつかさどり、博愛心や正義感を高めて人徳を深め、商売や事業を成功に導く力があると信じられています。 こういった背景があり、翡翠は中国では他のどのような宝石よりも格が高い宝…  もっと読む, 宝石言葉:真実・友愛・忠実・勝利・貞節・生命力・真実の愛・秘めた情熱 みなさん、こんにちは! カイトリーヌです。新しい年が始まる清々しい1月の誕生石ってどんな宝石なんでしょう。教えてくださ~い! 1月の誕生石は「ガーネット」です。それではご紹介しますね! ガーネットってどんな宝石? 深みあるワインレッドがガーネットのイ…  もっと読む, 宝石言葉:神秘・冷静・高貴・空想・知性・希望・誇り高き人・問題の解決 みなさんこんにちは!カイトリーヌです。クリスマスに大晦日。12月って楽しいイベントが多くて大好きです!そんな12月の誕生石ってどんな宝石なんですか? 「タンザナイト」と「ターコイズ」の2つあるんです。今回はタンザナイトについてご紹介しますね! タンザ…  もっと読む, 宝石言葉:友情・輝き・社交性・自信・希望・金運・生命力・豊かな感受性 みなさんこんにちは!カイトリーヌです。秋も終わり冬に移り行く11月って風情があって素敵ですよね!こんな11月の誕生石ってどんな宝石なんでしょう? 11月の誕生石は2つ、シトリンとトパーズです。今回はシトリンについてお話ししますね! シトリンってどんな…  もっと読む, 宝石言葉:情熱・仁愛・勇気・生命力・エネルギー・威厳・色気・血液の浄化 こんにちは!カイトリーヌです。7月の誕生石ってどんな宝石かな?教えてください! わかりました!7月の誕生石であるルビーについて、お話していきましょう! ルビーってどんな宝石? 夏真っ盛りの7月。照りつける灼熱の太陽の季節にぴったりな、7月の誕生石と…  もっと読む, ムーンストーンとは ムーンストーンは和名を「月長石」といい、元は長石という鉱物の仲間です。長石が全てムーンストーンになるのではなく、長石の中でも外見が青白く美しいもののみがムーンストーンという宝石として取り扱われているのです。 ムーンストーンの産出地はオーストラリアやインド、ミャンマーなどの気温の高い国もあれば、ノルウ…  もっと読む, ぺリドットとは ペリドットは以前までペリドートやクリソライトなどたくさんの呼び名を持った宝石でした。特にヨーロッパでは国によって様々な呼ばれ方をしており、中にはトパーズやイブニング・エメラルドとも呼ばれることがあったようです。しかし、近代になり呼び名は「ペリドット」と統一されました。ペリドットとはアラビア語ですが、その…  もっと読む, 真珠は種類により希少価値が異なります。また、真珠とよく似た模造品が販売されるケースがあるため、見分け方に注意が必要です。 ここでは、真珠の違いと見分け方についてお伝えしていきます。真珠の価値について知りたいとき、真贋を確かめたいときにぜひご一読ください。 天然真珠と養殖真珠の違いや見分け方 宝飾品のパールは、真珠貝によ…  もっと読む, トルコ石とは まずトルコ石は名前にトルコの国名が付けられていますが、トルコで発掘される宝石ではありません。 実はトルコ石の産出国はイランやペルシャなどです。これらの国で産出された鉱物がトルコを経てヨーロッパ地方へ売り出されていたため、ヨーロッパでは「トルコの石」として認識されて、現在もトルコ石や時には「ターコイズ」と呼…  もっと読む, アレキサンドライトとは アレキサンドライトはもともと「クリソベリル」という鉱物の一種です。クリソベリルはアレキサンドライトだけでなく、キャッツアイなどの宝石の元にもなります。 昼間、太陽光の下で見るとエメラルドのような緑色の輝きを放ち、夜の蛍光灯などの下で見ると赤色に変化する宝石をアレキサンドライトと言います。 無機質…  もっと読む, アメジストとは 日本の中でも知名度が高く、所持している人も多いと思われる宝石がアメジストです。 宝石と言いますと、指輪やネックレスのような高価な装飾品を思い浮かべますが、アメジストは宝石よりもパワーストーンとしての認識が高く、原石のまま所持されていることも珍しくはありません。 アメジストは「紫水晶」とも呼ばれ、その名前…  もっと読む, アクアマリンとは アクアマリンの薄く透き通った水色が特徴です。しかしアクアマリン自体はベリルという鉱物で、これはエメラルドと同じ種類になります。 エメラルドとの違いは、色が青いか緑色かだけですが、エメラルドは原石から傷が多く入っており、加工にとても時間が掛かってしまいます。アクアマリンは傷がほとんど見られないままの原石…  もっと読む, 人には生まれ月ごとにそれぞれ誕生石があり、持つ人のパワーを高めてくれます。運気をあげて過ごせる一年になるよう、自分の誕生石について詳しく知っていきましょう! 新年だから心機一転!今年もいい一年になるように誕生石を身につけようかな?わたしは4月生まれだからダイヤモンド!ダイヤモンドの意味っていったい何なのかしら? そうで…  もっと読む, [ 営業時間 ]10:00~21:00最終受付時間 20:30(定休日なし)※施設に準ずる, [ 営業時間 ]11:00~21:00最終受付時間 20:30(定休日なし)※施設に準ずる, [ 営業時間 ]【月~土】10:00~21:00(最終受付20:30) 【日・祝】10:00~20:30(最終受付20:00), [ 営業時間 ]10:00~20:30金曜日のみ21:00まで(定休日なし)※施設に準ずる, [ 住所 ] 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-7-1 青葉台東急スクエア South-2 3F, [ 営業時間 ]平日11:00~20:00/土日祝10:00~20:00(定休日なし)※元旦は除く, [ 住所 ] 新潟県新潟市中央区八千代2-1-2万代シテイ・ビルボードプレイス 3F, [ 営業時間 ]10:00~20:30最終受付時間 20:00(定休日なし)※施設に準ずる, [ 営業時間 ]10:00~20:00最終受付時間 19:30(定休日なし)※施設に準ずる, [ 住所 ] 愛知県名古屋市中村区 名駅4-7-25先名駅 ナゴヤ地下街サンロード, [ 営業時間 ]平日・土曜11:00~20:30/日曜・祝日11:00~20:00(定休日なし)※施設に準ずる, [ 営業時間 ]10:00〜19:30 【最終日】12:00受付終了(定休日なし)※施設に準ずる, [ 住所 ] 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町ジェイアール京都伊勢丹 3F 特設会場(キレイテラス奥), [ 住所 ] 京都府 京都市下京区真町(しんちょう)90-3四条木屋町櫛田(くしだ)ビル1F, ブランド コンシェルは「なんぼや」グループの 予約もできるブランド買取専門店です。 ※全店買取基準は同一です。, 宝石を高く売るなら「なんぼや」にお任せください。宝石買取実績の豊富なコンシェルジュが査定し、高価買取いたします。, 時を超え愛される宝物~クラフトマンシップ光るブランド「アーカー(AHKAH)」の魅力, 機能性と芸術性の融合~北欧デザインの代表ブランド「ジョージ・ジェンセン(Georg Jensen)」, 世界初!真珠の養殖を成功させた日本のジュエラー「ミキモト(MIKIMOTO)」の誕生秘話, 世界的名門!老舗ジュエリーハイブランド「ブシュロン(BOUCHERON)」の定番コレクション. 水面の下に光っている石を見つけて拾うといいそうです。 ええ、多分そのくらいだと思います。, どうしてそうなるか計算してみましょう。

店長 こたきひろゆき, ギャラリーにお越しの際は事前にご予約いただけると確実です。とくにご覧になりたい石が決まっている場合は、用意しておきますのでお知らせください。, 【住所】〒390-0846 長野県松本市大手2-2-5 比重は3以上あることが多いため、比重では確認できません。 平らな面があって、平らな面を指でこするとすべすべする石があったら、 1秒に10個なら、1分で600個、1時間なら36,000個の石を ・郵便振替

輝石類はいずれも比重が3以上あるため、比重測定ではヒスイとの区別は困難です。, 斜灰れん石には全体が白色で一部が緑色になっている石もあり、ヒスイと間違えやすいです。 ただ比重が2.7とヒスイに較べてやや軽いのと、表面が荒れ易いのが特徴です。 もしかしたらヒスイかもしれません。 海水で濡れているときに表面をこするとぬるぬるします。 翡翠(ヒスイ)って何ですか? 宝石として知られる翡翠ですが、鉱物学ではヒスイ輝石に分類されます。 ヒスイ輝石は本来は無色または白色なのですが、 エメラルドグリーンに透き通った部分が見つけられることがあります。 そこが一般によく知られている緑色の宝石翡翠になります。 それでも表面が粉っぽく白くなってしまわなかったら、 手に持っているうちにだんだん乾いてきますが、 例えば、インド翡翠はインド産のヒスイではなく、アベンチュリン(緑色の石英の塊)です。宝石業界では、この様な名称をフォルスネーム(false name:誤称)と呼びます。 そんな石を見つけたらキープしておきましょう。 内部からにじみ出ているような色合いといったらいいでしょうか。 ヒスイの用途と違い. だんだん分かってくるそうです。もっと具体的には、次の10ポイントをチェックしましょう。, 海岸で1~6まで、家で7~11までチェックしてみましょう。 ティールームコイデ内ギャラリー 糸魚川翡翠工房こたき この感じはヒスイ原石をいつも手にしていると ヒスイと間違えてしまう石のことを総称してキツネ石といいます。 当工房は、お客様のご納得頂ける良い物だけをお届けしたいと考えております。 商品は性質上、原則として返品は出来かねます事、ご了承ください。

確実に見つけるにはその10倍の時間が必要でしょう。 両方合わせて透緑閃石ともいいます。 分かるようになってくるので、その方法を紹介しましょう。地元の人は、何よりもヒスイの質感を重視しているようです。 良品の発送日等、詳細は改めてご連絡差し上げます。, 【返品保障14日間】 3時間でようやく10万個。これでなんとかヒスイが見つかります。 甲州貴石切子は何がスゴイ!?ガラスの切子との違いは?発案者深澤陽一氏に直撃インタビュー!, 婚約指輪はティファニー?カルティエ?結婚経験3回の私が絶対に外せないただ1つのポイント. そんな良質のものはめったに見つかりません。

透明感が高く、縞模様のある瑪瑙(玉髄)もあります。 赤みを帯びる場合もあり、一般にピンクヒスイと思われているのは、実はこの石です。

翡翠は、白・緑・淡緑 … 糸魚川翡翠は性質上、写真撮影時に輝きを再現する事が難しい宝石の一つでございます。 白色の石英(瑪瑙)、曹長岩、沸石、斜灰れん石など、

比重もヒスイと同程度ですが、ヒスイよりも壊れやすく、またヒスイのような澄んだ色にはなりにくいようです。, ※ある無くなってしまったサイトの文章を転用しております。また再掲載されるようであればこのページは無くなります。. 小学6年生の時に古代エジプト展に展示されていた宝飾品を観て宝石にハマる。大学で金工を専攻。宝石の卸売会社で7年間働いた経験あり。好きな石はダイヤモンドと翡翠。, 鮮やかなグリーンカラー。透明感のあるとろりとした艶を持つ石、ヒスイ。ダイヤモンドやサファイアのような輝きはありませんが、あのぽってりした形と色を見るだけで癒されます。実は私が最も好きな石です。, しかしこのヒスイ、宝石の中で最も本物と偽物との見分け方がつかない厄介な石。そしてヒスイと名の付く石は複数あり、専門家でも見分け方は難しいのです。, これはヒスイ?それともキツネ石?あなたもきっと迷うはず。今回は、一番わかりやすい見分け方をご紹介しましょう。, ヒスイは日本でも採取できます。新潟県の糸魚川産ヒスイ、北海道の旭川産ヒスイは有名ですよね。日本には10箇所ほどヒスイ原石産地がありますが、残念ながら日本ヒスイは宝石加工には適さない品質が多いため、宝石店に出回ることはほとんどありません。, しかし日本のヒスイは縄文時代以降5千年の歴史があり、ヒスイの勾玉はお守りとして今でも人気があります。ヒスイの名品といえば台湾の故宮博物館に所蔵されている「白菜」が有名ですが、日本の出雲大社にも素晴らしいヒスイの勾玉があります。, ヒスイは漢字で書くと「翡翠」となります。カワセミの美しい緑の羽根のような色合いの石という意味があります。, 現在一般的に宝石の「翡翠」と呼ばれるものはジェダイド(硬玉)のことを指しますが、ネフライト(軟玉)と呼ばれるとてもよく似た鉱物があります。, 実際両者は同じ鉱物だと何千年も信じられていましたが、1863年にフランス人鉱物学者が全く異なる鉱物であることを解明しました。, 昔はネフライトを「台湾ヒスイ」などと呼び、宝石店でヒスイとして販売されていましたが、現在の日本では、宝石のヒスイというと、硬い石のジェダイドのみにその価値を認めています。, ヒスイ、という名称にも騙されてはいけません。例えば、インドヒスイはグリーンアベンチュリン、オーストラリアヒスイはクリソプレースというヒスイとは異なる鉱物からできた宝石です。, ヒスイの産地は中国だと思っている方が多いようですが、中国ではジェダイド(硬玉)は産出されていません。中国の観光地で多く売られている「ヒスイ製」と書かれた仏像やアクセサリーはほとんどが、ネフライト(軟玉)または他の石でできているといわれています。, ヒスイはカラーバリエーションが豊富で緑色の他にオレンジや黒などもあり、日本で緑の次に人気があるのは紫のヒスイです。これは「ラベンダーヒスイ」と呼ばれています。, 最高級のヒスイの色は「琅玕(ろうかん)」と呼ばれています。琅玕(ろうかん)は透明感がありテリが良くトロリとした鮮やかなグリーンの色をしています。, 販売店の店頭でヒスイが本物か偽物を見分ける方法として、ペンライトなどで石の裏から光を当てる方法があります。本物のヒスイなら、どんなに高級なものでもうっすらとした濃淡やごくごく小さなチリのような内包物があるはずです。, 樹脂加工された偽物の石や透明度が低い他の緑の石の場合は、色はほぼ均一で色むらなどは見当たらないのが一般的です。, ただし、大きさや品質によっては、それだけでは本物か偽物か肉眼では全く見分けられないものもありますのでご注意ください。, 宝石店ではなく、例えば新潟県糸魚川市のヒスイ海岸などで、拾った原石のヒスイとヒスイによく似たキツネ石(ロディン岩)とを見分ける方法として一番確実なのは、「削ってみる」ことです。, キツネ石、その他ネフライト(軟玉)の石は、鉱物用のカッターで削ると一瞬で石の内部まで刃が通ります。しかしジェダイド(硬玉)の場合は、石にカッターの刃を当ててもガリガリと表面が削れるだけです。, しかしこの方法では判別できたとしても、研磨してみたら、全くといっていいほど見分けはつきません。お店に並んでいる状態では見分けるのが難しいというのが現実でしょう。, 本当にジェダイド(硬玉)かどうかを判別するには、やはり専門の鑑別機関に持ち込むのが一番確実です。ネフライト(軟玉)の主成分はアクチノライトやトレモライトで、ジェダイド(硬玉)はジェダイトという鉱物でできていますから、専門の機械で計測すれば違いは一目瞭然です。, いかがですか。プロの専門家でも見分けがつきにくいヒスイの見分け方。おばあちゃんの形見のヒスイの指輪が、実は調べたらネフライトだった、という話は今でも良く耳にします。, そんなプロでも見分け方が難しい宝石ですので、購入する時はヒスイに詳しく、信頼できるお店で購入することをお勧めします。「ジェダイドのヒスイが欲しい」と言えば、きっときちんと応えてくれるはずです。, カラッツGemMagazineは宝石鑑定士が監修する国内最大級の宝石専門メディアです。宝石の豆知識をはじめ、本物と偽物宝石の見分け方、著名人へのインタビューなど宝石にまつわる色々な情報を発信しています.