さて、今回は"聴くドラマ聖書"のアプリをご紹介したいと思います。 Žqv(‘‘Žq‚Ì•º–@j‚ÖƒWƒƒƒ“ƒv ¡ Œ[–¾î•ñiƒz[ƒ€ƒy[ƒWj‚ÖƒoƒbƒN, ŠJ‚¢‚Ä‚¢‚é” C‚ ‚é‚¢‚Í•¶–¾‚ւً̈c\‚µ—§‚āi‚Qj. 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。, 【最強の書物】キリスト教の"聖書"ってどんな本?未だに売れ続ける永遠のベストセラー!?. ここ一年ほど、演習で『荘子』を読んでいる関係で、『荘子』の訳本を色々と見比べる機会が多くありました。もちろん、基本的には『荘子集釋』などから自分なりに訳を作っているのですが、どうにもしっくりこない場合、先人の意見を眺めてみるのも楽しいものです。 著者「荘子」のおすすめランキングです。荘子のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! ... 簡単にまとめてしまえば、無為自然、無用の用といったことをひたすら説いているだけなのだろう。実用的な内容でもない。ただ、実用性がないことが荘子の思想そのもの... 『荘子』全33篇の全訳、全4冊の第2冊(1975年5月16日 第1刷/2004年4月15日 第37刷)を読了。第2冊には外篇 秋水篇 第十七まで収録されて... 『荘子』全33篇の全訳、全4冊の第3冊(1982年11月16日 第1刷/2004年12月5日 第28刷)を読了。第3冊には第2冊で収録されきらなかった外篇... ”老荘思想の莊子。書名は「そうじ」、著者は「そうし」(莊子=荘周)。 聖書とは、簡単に言うとキリスト教の教科書のようなもので、旧約聖書と新約聖書から成り立っています。, ちなみに、原本でいうと元々旧約聖書はヘブル語、新約聖書はギリシア語で書かれています。, 。。。とまあ、これだけで終わってしまったらさすがに暴動が起こりそうなので、目的別のおすすめの聖書をまとめて見ました!, それぞれの項目の1番上には、その訳の中でのおすすめの聖書のリンクを貼っておきますね。, 古い仮名遣いや漢字などが使われていて、明治時代の頃なんかはこの文語訳が主流でした。, ただし、訳が古いので取っ付きにくさはあり、今では使われていない差別用語なども含まれているので注意が必要です。, 1970年に”新日本聖書刊行会”から初めて出版された聖書訳で、2017年に改訂版が出されました。, 個人的には最も馴染みのある聖書訳で、この訳じゃないとしっくりこない御言葉もいくつかありますね!, 1987年に”日本聖書協会”によって初めて出版された聖書訳で、2018年に改訂版が出されました。, だから、この聖書さえあれば、カトリックにもプロテスタントにもいつでも浮気ができます!(ダメです), 宗派に関わらず日本の多くの教会で使われているというのは、新共同訳聖書の大きな強みですね。, アメリカの神学者ケネス・テイラーによって翻訳され、1971年に初めて出版された聖書です。, ここまでの聖書とは違い、1度原文を英語訳したものをさらに日本語に訳した聖書になります。, このリビングバイブルは、分かりやすさ・読みやすさでは他の追随をゆるさない”聖書界のダークホース”なのです!!, なぜなら、リビングバイブルは原文への忠実さよりも、意味の分かりやすさに重点を置いた聖書訳だからです。, ただし、原文に含まれる微妙なニュアンスや深みのある表現が失われている部分もあるので、そこは注意が必要です。, 個人的には、普通の聖書を読んで分かりにくい部分があったらリビングバイブルで確認する、, “フランシスコ会聖書研究所”によって翻訳された聖書訳で、旧約・新約の完全な翻訳が完成したのは2011年になってからです。, ただし、解説や注もカトリックの教えに沿った内容なので、プロテスタントの方には違和感があるかもしれません。, ここまで、紙の聖書をご紹介してきましたが、今の時代にはニューカマーの存在があります。, 様々な訳から選ぶことができますし、文字も大きいので見やすく僕もよく利用しています。, また、現在は聖書を有名な俳優・声優たちが読み聞かせてくれる、“聴くドラマ聖書”のアプリもあるのでそちらもお試しあれ!, 聖書には旧約と新約があるというお話をしましたが、よほどのことがない限りはどちらもセットになっているものを選びましょう!, 例えば、旧約聖書の続編はカトリックでは正典ですが、プロテスタントでは正典に含まれず外典扱いになっています。, ですから、カトリックの方は続編あり、プロテスタントの方は続編なしを選ぶのが一般的。, とは言え、キリスト教の何らかの宗派に属していない方にはあまり関係がないので、好きな方を選ぶといいでしょう。, 大きいと持ち運びも大変だし、見た目の威圧感に負けて聖書を読むのをやめてしまっては意味がありません。, 僕も、親から聖書を譲ってもらったこともあるし、自分で買うのも面倒で教会で借りていた時期もありました。, でも、あるとき、決意して自分で自分の聖書を買ってみたら、急に聖書が大切な宝物のように感じるようになりました。, 聖書は確かに本の中では値段が高いかもしれませんが、あなたの一生を支えてくれる素晴らしい書物です!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 月間4万PVを達成!

・イントロダクション→https://chutetsu.hateblo.jp/entry/introduction 中国の古典に興味をもちましたが、今まで馴染んだことがありません。取っ付き易い... 神話や伝説などに登場するような巨大な魚・鳥の出てくるお話を探しています。 荘子の名言には「いかなる人も夢を見ている限り、それが夢であることに気づかない」、「井の中の蛙、大海を知らず」などがあります。 中国戦国時代の宋の思想家で、道教の始祖の一人とされる荘子(紀元前369年頃~前286年頃)の名言をご紹介します。

卑弥呼とはどんな人?生涯・年表まとめ【邪馬台国の場所や功績、まつわる謎や死因も紹介】.

至高の存在[荘子内篇第六 大宗師篇](その1) 神の働きを知り,人の何たるかを知る者は,実に人智の極みにある。神の働きを知る者は,その生き方を神の働きに従う(模倣する)。

© 2020 レキシル(Rekisiru) All rights reserved. 【荘子の部屋】ChuangtseWorld 荘 子 ──『荘子の世界』── *Lin Yutang(林語堂:1895~1976)による英文訳を,日本文に翻訳。 ... 【自己啓発】心に残る聖書の名言をまとめてみた【信仰歴28年のクリスチャンがご紹介】.

ここ一年ほど、演習で『荘子』を読んでいる関係で、『荘子』の訳本を色々と見比べる機会が多くありました。もちろん、基本的には『荘子集釋』などから自分なりに訳を作っているのですが、どうにもしっくりこない場合、先人の意見を眺めてみるのも楽しいものです。『荘子』の訳本も 『論語』同様に非常に多く、到底網羅はできていないのですが、使ったものだけでもメモ代わりに一覧にしておこうかと思います。, 『荘子』の最も有力な注釈としては、西晋の郭象による注釈が挙げられることが多いですが、郭象注の解釈に沿って忠実に翻訳した訳本は見当たりません。非常に独特な解釈で魏晋思想史上に名を残す郭象注の全訳は、今まさに待望されているところでしょうか。*1, さて、特定の注釈者に依拠した訳がないということで、基本的にはどの訳書も、『荘子』の原意に遡ろうとする方針のもと、訳されています。ただ、荘子の生きた時代についての研究は、近年の出土資料の出現によって大きく進んだところがあり、以下に紹介する本の解説ではやや古くなっている場合もあります。少し気をつけておいても良いかもしれません。, いずれにせよ、『荘子』の翻訳は、その寓話性が想像力をかきたてるからか、『論語』にもまして各人の個性がはっきり出た訳になっているように思います。訳の読み比べが特に面白い本、と言えるかもしれません。, 版が数種類ありますが、私が持っているのは二つ目のもの。おなじみの吉川幸次郎監修『中国古典選』シリーズの一つです。同じシリーズですので当然かもしれませんが、島田虔次『大学・中庸』と似た雰囲気を感じる本。原文+訓読+解説。 福永氏の研究について、日原利国氏は「荘子に傾斜するとか、体験的な実感をこめて語るといった程度でなく、荘子に入りこみ、荘周になりきっている。どれが荘子の思想で、どこまでが福永の意見なのか、区別のつかないところさえある。」と述べ、この本を「福永荘子」と呼んでいます。同時に、「精深であり、二十年来重宝している」と激賞します。*2 実際、一段毎に、翻訳なのか解説なのかエッセイなのか曰く言い難い、熱っぽい文章が附されており、非常に「読ませる」訳本になっていると思います。細かい注釈が附してあるわけでもなく、逐一諸説を紹介するわけでもありませんが、難解な哲学的思索やちょっとした余談、ふわっと真髄を掴む言葉の数々が楽しく、読み物として通読できる面白い本です。, ただ逆に言えば、訓読以外にきちんとした訳が付されていないので、少し分かりにくいところもあるかもしれません。その欠点を補ったのが興膳宏訳(ちくま学芸文庫、2013)で、福永氏の解釈に沿いながら、訳文を作り、解説は適宜注釈という形で入れ込んでいます。通読する分には福永本で構わないと思いますが、スタンダードな原文+訓読+訳文+注釈という形で読みたい方は、興膳本がお勧めです。(もちろん、興膳氏自身の中国文学的な視野からの研究や理解もときおり顔を見せていて、そこも面白いところになっています。), 続いて、宇野精一、平岡武夫監修の『全釈漢文大系』シリーズより。原文+訓読+翻訳+注釈+補説(+余説)という形式。 形式を見れば分かる通り、最も分量が多く、懇切丁寧な本です。訓読と翻訳が示されたのち、十分な量の単語の注釈が附され、更に補説があり、その上でときおり余説をこれでもかという程に引いています。(その分、サイズの大きい本にも拘わらず、小さい文字で詰め込まれていますが。) 『荘子』本文に疑問点がある場合、この本の注釈と補説を見れば、正しいかどうかはともかく、諸説の異同と一応の結論が用意されています。①とは逆で、通読には向かないかもしれませんが、調べ物にはなかなか便利という立ち位置でしょうか。先の日原氏の言では「赤塚忠の学識」と評される訳です。 尚、冒頭の解題に、『荘子』の伝記、『荘子』の受容史、『荘子』のテキストの問題、更に、『荘子』を読む上で参考になる注釈書や研究書が簡潔に整理されており、有用です。もちろんどの本にも解題はありますが、この本が最も要領良いでしょうか。, 私が見ているのは学研版です。学研『中国の古典』シリーズは、上段に書き下し・下段に翻訳文・末尾に詳細な注釈、という方式が初学者にも読みやすく、よく考えられた構成になっているだと思います(その代わり、原文が載っていないのですが→6/6訂正、学研シリーズには原文の小冊子がついています。通りすがりさんのコメント参照。)。講談社版は、文庫本ですが非常に分厚いことで有名。 池田氏の日本語訳は独特ながらも流暢で、自由な解釈が闊達に展開されている印象を受けます。横文字や補いの言葉を多用するところも特徴的。しかし、末尾の注釈は打って変わって細かく厳密に、広く諸説を参照しながら調べられており、その対比が何とも興味深いところです。, おなじみの岩波文庫金谷訳シリーズ。原文+訓読+最小限の注釈+翻訳で、非常にコンパクトです。このシリーズは翻訳だけで解説が少ない点が気になるかもしれませんが、その分翻訳の際に多めに言葉が補われており、読みにくい、言葉足らず、といったことはありません。 他の金谷訳と同じく、穏当で中立的な訳で、訳者の「色」をあまり感じないという印象でしょうか。とにかく『荘子』の本文を読んで自分なりに想像力を広げてみたい、という方に向いているのかもしれません。(そのためには原文を読むのが最も良いのでしょうが。), 最初に述べたように、ここで挙げきれなかったものもまだまだあります。特に、森三樹三郎訳(中公文庫1974)など書こうとして書けていないものは、また機を見て加筆しようと思います。, *1:郭象注については、ごく一部ですが水野厚志氏の訳注があります。また、郭象の思想について、オンラインで読める古典的な論文に、堀池信夫「「荘子」の思想と郭象の思想」があります。郭象の思想については面白い研究が色々とありますが、詳しくは別の機会に。, 中国思想の研究を志す学生数名で運営しています。お気軽にコメントください! 荘子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。

【荘子の部屋】ChuangtseWorld 荘 子 ──『荘子の世界』── *Lin Yutang(林語堂:1895~1976)による英文訳を,日本文に翻訳。

しかし、キリスト教と... ども!キートンです。 『荘子 第一冊 内篇 (岩波文庫 青 206-1)』や『荘子 第2冊 外篇 (岩波文庫 青 206-2)』や『荘子 第3冊 外篇・雑篇 (岩波文庫 青 206-3)』など荘子の全19作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。. 莊子本人の筆と言われている内篇は安心してすっと腹に入ってきた。外篇は読みやすかったが... 『荘子』全33篇の全訳、全4冊の第4冊(1983年2月16日 第1刷/2004年4月15日 第26刷)を読了。第4冊には第3冊で収録されきらなかった雑篇の... 荘子は内篇が荘子本人の言葉とされている。外篇、雑篇は思想解釈および二次的著作集。現代語訳しか読めないのが悲しい。せめて読み下し文くらいは読める様になりたい... 世に「老荘思想」といい、老子の無為自然の思想を継いだものとして語られるところですが、その実、老子の政治思想をそぎ落として個々人のおのずから然る、ジネン本来... 荘子・内篇──霊性向上のためのガイドブック (由井寅子のホメオパシー的生き方シリーズ 8). 荘子の名言には「いかなる人も夢を見ている限り、それが夢であることに気づかない」、「井の中の蛙、大海を知らず」などがあります。 中国戦国時代の宋の思想家で、道教の始祖の一人とされる荘子(紀元前369年頃~前286年頃)の名言をご紹介します。

今回は、クリスチャン歴=年齢のわたくしキートンが、聖書の魅力についてお話した... https://keaton511.com/wp-content/uploads/2020/05/キートンの_キリスト教講座_.png, 【比較表付き】聖書のおすすめをクリスチャンの僕がご紹介します【聖書訳の種類も説明】, 聖書 新改訳2017 中型スタンダード版 引照・注付 NBI-20 (いのちのことば社). ブログを報告する, 漢文に興味がある高校生向けの入門書紹介2(角川ソフィア文庫 ビギナーズ・クラシックス)【中国哲学(思…, https://chutetsu.hateblo.jp/entry/introduction, https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/J4B0J02PPY8X?ref_=wl_share. 皆さんは、聖書を読んだことがありますか? 今回は、キリスト教の3大宗派の1つ、"プロテスタント教会"についてご紹介したいと思いま... ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは... ジーザスエブリワン!キートンです。

『荘子 内篇』(福永光司、興膳宏訳、筑摩書房、2013年)は、訓読、原文、現代語訳、注によって構成されている。現代語訳は、一般の読者を想定してわかりやすく和訳されているので、荘子の思想に親し … (6ページ目)著者「家田荘子」のおすすめランキングです。家田荘子のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:愛知県に生まれる。作家。僧侶。高野山本山布教師。 孔子の言葉が綴られている「論語」は、2500年の時代を超えて、現在も読み続けられているおすすめの古典です。人間関係やビジネスの現場でも道標になる名言集としても人気が出ています。そんな論語のおすすめの本をランキングで紹介しています。, 「論語」は2500年前の中国で生まれています。当時中国は戦乱の世(春愁戦国時代)でしたが、そんな殺伐とした世の中で、孔子は「仁」の思想を広めるために中国を旅していたそうです。(「仁」は慈愛・仁愛・人を思いやる気持ちのことです。), 孔子の思想には「仁」の他にも、「忠・孝・義・礼・智・信・恕・譲・恭・敬・悌」があります。儒教を広める活動のため、命の危機にさらされるような出来事に何度もあいながら、弟子への教育や詩・古典の研究を続けて79歳で亡くなっています。, 「論語」は孔子が亡くなったあと、弟子達によってまとめられた「名言集」のようなものです。現代では世界中で翻訳されていて、論語の読者は英語圏にも広がって親しまれています。自分にぴったりな論語の本を見つけて楽しく知識を増やしましょう。, 論語は古典として現代でも読まれ続けていて、論語の内容を生活に役立てている人が沢山います。易しい言葉の解説があるものから、詳しい考察がついているものまで色々な種類がありますので、読みやすい本を見つけることから始めるのがおすすめです。, 論語を全く読んだことのない初心者や、学校の勉強などで堅苦しいイメージがついている場合には、分かりやすさを基準にして選んでみるのが良いでしょう。論語の本の中には難易度の高いものも多いので、入門書から始めてみると読み進めやすくなります。, 初心者向けの論語には、人気キャラクターのイラストが漫画が入っているものがあります。ディズニーキャラクターのクマのプーさんや、ドラえもん・マイメロディなど可愛いイラストかついているものは、子供でも理解できるような優しい言葉で説明されています。, 平易で親しみのある言葉遣い解釈だけでなく、書き下し文がついている場合も多いです。中には漢文(原文)が入っているものもありますので、大人でも楽しく読めるでしょう。ちょっとした隙間時間にぱっと本を開いて目を通すような楽しみ方ができます。, 子供向けやイラスト付きの論語は子供向きのイメージが強いですが、初心者の大人が読んでも面白いものは多いです。堅苦しいものが苦手な場合には、イラストや漫画で説明されている論語から入ってみるのがおすすめです。, 論語の本は漢字だけで書かれている「原文」に加えて、「書き下し文」と「現代語訳」がついているものが多いです。初心者であっても論語を読むなら原文と書き下し文が入っているものはひとつ手に入れておくのをおすすめします。, 現代語訳は解釈が難しい書き方がされているものもありますが、非常に平易ですんなり読める本もたくさんあります。現代語訳を読んでいくことで書き下し文や原文を理解しやすくなるので、まずは読みやすい現代語訳がついているものを選んでおきましょう。, 現代語訳のほかに、超訳された論語が入っているものもあります。超訳は翻訳者の解釈がはいっているので厳密な翻訳とは違っていますが、個性的で好奇心をそそるような面白いものがあるので、超訳で読んでみるのも楽しいでしょう。, 論語は全部で500以上の短文が集まっていますが、中には誰もが知っている有名なものがあります。「温故知新」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」「和を以て貴しとなす」など、知っている論語が入っている本を選ぶと、読み始めるきっかけを作りやすいです。, 知っている論語から読み始めることで理解スピードが速くなりますので、本の読み方がスムーズになっていきます。そのような部分から見ると、20篇全て入っている本はむしろ読みやすいとも言えます。, 論語を選ぶ時には著者・訳者に注目してみるのもおすすめです。有名な著者が翻訳をしていると親しみを持ちやすいですし、好きな作家が論語の本を出しているなら楽しく読み進めることができます。, 好きな作家の出した論語の本であれば手にとるまでのハードルが低くなりますし、他の本と比べても読むのが楽しいです。論語の翻訳ではなくても、好きな作家が論語について書いた本があれば、それから読み始めてみる方法もあります。, ドラえもんなどのイラストや漫画が入っている論語に関しても、好きな作家が参加している本のひとつになるでしょう。子供向きに作られている場合であっても、初心者が理解しやすい入門書として読めます。, 有名人が書いている論語の本を選んでみるのも、読み始めるまでのハードルが低くなります。テレビやインターネットなどで、話している姿を見たことがあるだけでも親しみを持てるからです。, 2500年前の乱世だった中国の時代について、孔子を含めた登場人物が生き生きと目に浮かぶように表現されている本であれば、有名人が書いている本のほうがイメージしやすいかも知れません。必要以上に堅苦しく考えずに、スムーズに論語を読みやすくなります。, 論語の本の中には細かい解釈や説明がされているものや、春愁戦国時代の政治情勢や背景を交えて解説されているものもあります。論語について深く理解したい場合には、充実度の高い本を選ぶのがおすすめになります。, 論語の短文は全部で500以上ありますが、全て読んでみたい場合には20篇が全部入っている本を探す必要があります。20篇全て読むことができる論語の本はとても多いので、色々と比べながら読みやすいものを見つけるがおすすめです。, 入門書や初心者向きの論語には一部をピックアップして易しく解説されているものも多いですが、20篇全てが入っているものも沢山あります。初心者の場合には20篇全部読むことができて、かつ平易な文章で書かれているものが良いかも知れません。, 20篇全てが入っているわけではないけれども、充実した内容の論語の本もあります。独特のユニークな切り口で考察が入っていたり、現代の状況と組み合わせて論語が解説されてあるものなども面白いです。, ”孔子とドラッカー”の組み合わせなど、どのような考察がされているのか好奇心をそそられるようなタイトルの本も見られます。ビジネスや人間関係に生かす論語など、実用書として作られているものもあるでしょう。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51s6NJ0XFoL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B0%258F%25E5%25AD%25A6%25E7%2594%259F%25E3%2581%25AE%25E3%2581%259F%25E3%2582%2581%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B0%258F%25E5%25AD%25A6%25E7%2594%259F%25E3%2581%25AE%25E3%2581%259F%25E3%2582%2581%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4569778127?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4569778127"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B0%258F%25E5%25AD%25A6%25E7%2594%259F%25E3%2581%25AE%25E3%2581%259F%25E3%2582%2581%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 小学生向けの丁寧で易しい言葉遣いになっています。テレビ番組などにも出演が多い斉藤孝の著書ということもあって親しみを持ちやすいでしょう。ふりがながついているので小学生ひとりでも読めますが、親子で一緒に楽しめるところがおすすめです。, 小学生でもわかりやすいやさしい言葉で論語の解釈が説明されているのですが、書き下し文と原文もついています。書き下し文・原文だけではうまくイメージできないことも、すんなりと理解しやすいのが魅力になっています。, やさしい説明がしてある部分は、小学生の生活のなかで起きやすいことと結びつけてあるので、「塾」「ゲーム」などの単語が出てきます。大人になっても理解しやすいですが、小学生の子供がいるお父さん・お母さんだと興味を持ちやすい内容になります。, [{"key":"頁数","value":"111ページ"},{"key":"出版社","value":"PHP研究所"},{"key":"著者","value":"齋藤孝"},{"key":"発売日","value":"2010/5/11"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51RuWNxaqkL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2583%25A9%25E3%2581%2588%25E3%2582%2582%25E3%2582%2593%2B%25E3%2581%25AF%25E3%2581%2598%25E3%2582%2581%25E3%2581%25A6%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2583%25A9%25E3%2581%2588%25E3%2582%2582%25E3%2582%2593%2B%25E3%2581%25AF%25E3%2581%2598%25E3%2582%2581%25E3%2581%25A6%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F 商品検索結果"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4095018267?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4095018267"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2583%25A9%25E3%2581%2588%25E3%2582%2582%25E3%2582%2593%2B%25E3%2581%25AF%25E3%2581%2598%25E3%2582%2581%25E3%2581%25A6%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ドラえもん・のび太・しずかちゃんなど、ドラえもんに登場するキャラクターのイラストが入っていて楽しく読み進められます。藤子・F・不二雄の描く孔子の弟子のイラストなどもあるので、この本だけで楽しめる子・F・不二雄のイラストが見られます。, 本来の論語は全部で500以上の短文が詰め込まれているのですが、この本は40の論語がピックアップされています。ドラえもんのオリジナルイラスト付きで、易しく説明されていて、論語を知るためのきっかけにするのも良いかも知れません。, 漢文と略文がありますので、難しい読み方で学ぶこともできます。難しい部分が理解できなくてもかみ砕いだ文章の解説がついていたりなど、大人が読んでもためになる構成になっています。, [{"key":"頁数","value":"111ページ"},{"key":"出版社","value":"小学館"},{"key":"著者","value":"藤子・F・不二雄/安岡定子"},{"key":"発売日","value":"2016/10/27"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41awjx11bQL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E3%2582%25BD%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E3%2582%25BD%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4043675011?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4043675011"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E3%2582%25BD%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 論語にある全20篇のすべてが収められています。原文・書き下し文・現代語訳に加えて、注釈がついているため、ひとつひとつの短文を深く理解しやすくなっています。難しい言葉が使われていなくて、学生でも読めるレベルなのが魅力でしょう。, 孔子が生きていた時代背景(戦乱の世)の政治情勢や、キリスト・仏陀との比較などが加わっていて、孔子についての知識を広げることもできるでしょう。わかりやすい注釈がかしこまっていないので楽しく読むことができます。, 論語について知りたい初心者に向けておすすめできる本になっています。オリジナルの論語自体が短文の集まりということもあり、ちょっとした隙間時間にも本を広げられるくらい読みやすい文体で解説されています。, [{"key":"頁数","value":"270ページ"},{"key":"出版社","value":"角川書店"},{"key":"著者","value":"加地伸行"},{"key":"発売日","value":"2004/10/23"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/416bjPpilrL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25B6%2585%25E8%25A8%25B3%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A1%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A5%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25B3%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25B6%2585%25E8%25A8%25B3%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A1%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A5%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25B3%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4799312618?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4799312618"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3Dhttps%253A%252F%252Fhb.afl.rakuten.co.jp%252Fhgc%252F17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04%252F_RTcand00000001%253Fpc%253Dhttps%25253A%25252F%25252Fsearch.rakuten.co.jp%25252Fsearch%25252Fmall%25252F%252525E8%252525B6%25252585%252525E8%252525A8%252525B3%25252B%252525E8%252525AB%25252596%252525E8%252525AA%2525259E%252525E3%25252580%25252580%252525E3%25252583%25252587%252525E3%25252582%252525A3%252525E3%25252582%252525B9%252525E3%25252582%252525AB%252525E3%25252583%252525B4%252525E3%25252582%252525A1%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252583%25252588%252525E3%25252582%252525A5%252525E3%25252582%252525A8%252525E3%25252583%252525B3%252525E3%25252583%25252586%252525E3%25252582%252525A3%252525E3%25252583%252525AF%252525E3%25252583%252525B3%25252F%2526m%253Dhttps%25253A%25252F%25252Fsearch.rakuten.co.jp%25252Fsearch%25252Fmall%25252F%252525E8%252525B6%25252585%252525E8%252525A8%252525B3%25252B%252525E8%252525AB%25252596%252525E8%252525AA%2525259E%252525E3%25252580%25252580%252525E3%25252583%25252587%252525E3%25252582%252525A3%252525E3%25252582%252525B9%252525E3%25252582%252525AB%252525E3%25252583%252525B4%252525E3%25252582%252525A1%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252583%25252588%252525E3%25252582%252525A5%252525E3%25252582%252525A8%252525E3%25252583%252525B3%252525E3%25252583%25252586%252525E3%25252582%252525A3%252525E3%25252583%252525AF%252525E3%25252583%252525B3%25252F%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 本の冒頭には、孔子や孔子の弟子をはじめとする登場人物の一覧が掲載されていてユニークです。オリジナルの切り口で論語が楽しく読めますし、理解しやすい文章ながら原典を大切にしてあるのが魅力です。, 原文をきちんと翻訳してある論語の本だと、とっつきにくかったり説教じみているイメージがする場合があるかも知れません。しかしこちらの本は好奇心が強まるような書き方がされているので、おもしろく読み進められます。, 論語は漢文や難しい古典的な言葉で書かれているので抵抗があるという場合にもおすすめです。超訳なので堅苦しくないだけでなく、楽しく読み終わったあとには論語についての知識が深まっているでしょう。, [{"key":"頁数","value":"288ページ"},{"key":"出版社","value":"ディスカヴァー・トゥエンティワン"},{"key":"著者","value":"安冨歩"},{"key":"発売日","value":"2012/12/14"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41KWUBaJFVL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E8%25AA%259E%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E9%25BD%258B%25E8%2597%25A4%2B%25E5%25AD%259D%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E8%25AA%259E%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E9%25BD%258B%25E8%2597%25A4%2B%25E5%25AD%259D%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4480065784?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4480065784"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E8%25AA%259E%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E9%25BD%258B%25E8%2597%25A4%2B%25E5%25AD%259D%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 原文は入っておらず、現代語訳だけが書かれています。すんなりと読みやすい文章なので、論語の意味を理解したい場合にはおすすめできる本になっています。原文を暗記したりなど勉強に使うものというよりは、原文の意味を理解しやすい本になるでしょう。, 論語はもともと漢文で書かれていますし原書を読むのは難しいですが、現代語訳であれば読みたいページから少しづつ読みすすめやすいのも魅力です。2500年前の偉人ではありますが、堅苦しくなく語録本のような感じで読めるようになっています。, 聖人君子のような紹介をさえる事が多い孔子ですが、現代語訳で読んでみると人間らしい部分が垣間見えたりなど読み物としても楽しいです。論語の初心者であれば、こちらの本から読み始めて、理解したあとに難易度の高い原文の翻訳に挑戦するのもおすすめです。, [{"key":"頁数","value":" 282ページ"},{"key":"出版社","value":"筑摩書房 "},{"key":"著者","value":"齋藤孝"},{"key":"発売日","value":"2010/12/8"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/512eJyL8HxL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2585%25A8%25E6%2596%2587%25E5%25AE%258C%25E5%2585%25A8%25E5%25AF%25BE%25E7%2585%25A7%25E7%2589%2588%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2585%25A8%25E6%2596%2587%25E5%25AE%258C%25E5%2585%25A8%25E5%25AF%25BE%25E7%2585%25A7%25E7%2589%2588%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%2F 商品検索結果"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4416716540?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4416716540"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%2585%25A8%25E6%2596%2587%25E5%25AE%258C%25E5%2585%25A8%25E5%25AF%25BE%25E7%2585%25A7%25E7%2589%2588%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 論語は短文を集めて作られているものですが、この本では短文をさらに「一文超訳」として短くした説明が加わっています。ぱっとみて一瞬で論語内容が理解しやすいところは魅力になるでしょう。原文・書き下し文に加えて、現代語訳がついた構成です。, 論語の中に登場する人物の注釈が加わっているのも理解が深まりやすい点です。ページ上の部分に大きな文字で現代語訳と、ページ下の部分に原文と書き下し文が掲載されています。書き下し文のすぐ横に注釈がついていて読みやすいです。, 1ページの中に現代語訳・原文・書き下し文がはいっているので、比較しながら読みやすいです。論語20篇がすべて入っているので、わかりやすく原文も現代語訳も理解したい場合にはおすすめできる本になっています。, [{"key":"頁数","value":"424ページ"},{"key":"出版社","value":"誠文堂新光社"},{"key":"著者","value":"野中根太郎"},{"key":"発売日","value":"2016/12/7"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31M0opkP7FL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2596%2589%25E8%2597%25A4%25E5%25AD%259D%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2596%2589%25E8%2597%25A4%25E5%25AD%259D%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4480433864?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4480433864"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%2596%2589%25E8%2597%25A4%25E5%25AD%259D%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 論語20篇がすべて入っています。ページ上に原文と書き下し文と、ページ下に現代語訳が入っている構成です。現代語訳の部分は解説としても読めますし、書き下しにはルビがふられているなど工夫されていて読みやすいです。, 「中庸」「仁」など、道徳的なイメージのため拒否反応を示してしまいそうな部分が、読みやすく翻訳されていて入門書としてもおすすめです。喜びや悲しみなど人間らしい感情が伝わってくる表現や描写があって、孔子の精神が生き生きと伝わってきます。, 初心者向きの入門書としても使えるだけでなく、原文と書き下し文を比べながら何度も読み返すことができます。最も有名な古典のひとつですが現代でも通じる内容が非常に多く、大人になっても面白く読めるでしょう。, [{"key":"頁数","value":"462ページ"},{"key":"出版社","value":"筑摩書房"},{"key":"著者","value":"齋藤孝(訳)"},{"key":"発売日","value":"2016/10/06"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/418ZQeJO%2BsL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%2591%2589%2B%25E6%2599%25BA%25E8%258B%25B1%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%2591%2589%2B%25E6%2599%25BA%25E8%258B%25B1%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/448043254X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=448043254X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%2591%2589%2B%25E6%2599%25BA%25E8%258B%25B1%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 論語の中から50つがピックアップされています。孔子を変革者として考察されていたり、恋歌についての章があったりと、ひとくせアリので好奇心をくすぐる解説になっています。道徳的で退屈な、論語のイメージをがらっと変えてしまう本です。, 堅苦しくてかしこまっている内容ではなく、人間らしい孔子の一面に触れることができます。初心者の場合には、スタンダードな入門書と比較しながら読んでみるとより面白いかも知れません。他の本には書かれていない論語の魅力も知ることができます。, 500以上ある論語の中から50篇が選ばれていてるので、深く考察されているのが特長でもあります。入門書や20篇全てに解説が入っている論語の本とは違うのは、解釈に重点を置いていて現代の論語の読み方を考えることができる部分です。, [{"key":"頁数","value":"283ページ"},{"key":"出版社","value":"筑摩書房"},{"key":"著者","value":"呉智英 "},{"key":"発売日","value":"2015/8/6"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41VIFGo5%2B3L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25AE%258C%25E8%25A8%25B3%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E4%25BA%2595%25E6%25B3%25A2%2B%25E5%25BE%258B%25E5%25AD%2590%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25AE%258C%25E8%25A8%25B3%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E4%25BA%2595%25E6%25B3%25A2%2B%25E5%25BE%258B%25E5%25AD%2590%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/400061116X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=400061116X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25AE%258C%25E8%25A8%25B3%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E4%25BA%2595%25E6%25B3%25A2%2B%25E5%25BE%258B%25E5%25AD%2590%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 原文・書き下し文・現代語訳の後に、解説が加わった構成になっています。書き下し文が大きな文字で表示されているので、解説を読みながら理解していけます。かなり分厚い本になっていますが、ちょっとした読書する時間にも読むことができます。, 入門書を読んだことがある初心者であれば、スムーズに読み進められるでしょう。全く何の知識もない状態で読み始めるよりは、初心者向きの入門書を読んでから挑戦したほうが楽に読み進められます。, 難解な言葉使いや堅苦しい表現はありません。歌ったり楽器を演奏している孔子など、人間らしくて親しみが持てる内容が書かれています。ユーモラスで温かい姿や、怒ったり喜んだりする孔子の様子は、かしこまった論語のイメージを覆すでしょう。, [{"key":"頁数","value":"672ページ"},{"key":"出版社","value":"岩波書店"},{"key":"著者","value":"井波律子(訳)"},{"key":"発売日","value":"2016/6/9"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51XXSY304QL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%25B2%25A9%25E6%25B3%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%25B2%25A9%25E6%25B3%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4003320212?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4003320212"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%25B2%25A9%25E6%25B3%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 大正14年に刊行され現在でも読み続けられています。原文、訓読分、現代語訳が入っています。シンプルでなので論語を勉強したい場合にはおすすめできるでしょう。こちらの論語を理解するためには、孔子や生きていた時代背景を理解しておくのがポイントです。, 入門書ではありませんが、孔子の弟子たちの様子が沢山書かれているので親しみを持って読み進められます。コンパクトにまとめられた簡潔な論語ですが、スタンダードな本としておすすめできます。, 論語に対して堅苦しいイメージを持っていたり、道徳的で説教じみている印象がある場合には、人間らしい孔子や弟子たちの様子が生き生きと描かれている本と、「組み合わせて」読んでみるとより理解が深まります。, [{"key":"頁数","value":"406ページ"},{"key":"出版社","value":"岩波書店"},{"key":"著者","value":"金谷治(訳)"},{"key":"発売日","value":"1999/11/16"}], 論語は現代でも世界中の人から愛読されている古典の名著です。心の中に留めておけば、様々な出来事が起こる毎日の中で行動の指針にできるでしょう。ぜひ論語の本で楽しく知識を広げてください。.