© 2018 Evernote Corporation. %{query} の検索結果のうち、%{current} / %{total} 件目を表示しています, 現在 %{request_count} 個のリクエストがオープンです。返信するには. Evernote アカウントを複数お持ちの場合(例: 個人用アカウントを 2 つ、または個人用とビジネス用アカウントを 1 つずつ)、ログインとログアウトを繰り返さずに簡単にアカウントを切り替えることができます。 リンククリック時に呼び出されるonClickイベントに実行するJavaScriptを直接記述します。window.close()メソッドを呼び出し、ウィンドウまたはタブを閉じます。 実行結果 上記のHTMLファイルをWebブラウザで表示します。下図のウィンドウが表示されます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 表示されている質問に、私たちユーザーが答えるという「対話」をしながら設定していきます。, ❶ [ホーム]タブ➡[段落]グループの「ダイアログボックス起動ツール」をクリックします。, ❷ [段落]ダイアログボックスが起動しますので、   左下[タブ設定]をクリックすると「タブとリーダー」ダイアログボックスが起動します。, ❻ 規定値:Wordには何もしなくても4文字ずつ、   つまり4の倍数の文字数に見えないタブがすでに設定されています。, その文字数を「規定値」で変更できます。 もし、よく使うタブの間隔があれば、この規定値に設定すると便利です。, ❶ 設定したい段落内をクリックしてカーソル「|」を置きます。  (タブ設定で飛ばしたい文字列の左側にカーソル「|」を置くのがポイントです!), ■ 段落とは・・・  ページの最初~段落記号「↲」までの間、  その後は、段落記号「↲」と次の段落記号「↲」までの間のことを1段落といいます。, ❺ Wordは、書式を設定した行から改行すると、改行先の行にも同じ書式が引き継がれます。, ■ 書式とは・・・文字の大きさや色、今回のタブ設定など、装飾や体裁を整える設定のことです。, 縦棒タブは他のタブと違って、文字を揃えるのではなく縦棒を揃えて入力できます。 好きな場所に区切り線を入れられるので便利ですね。, ❹ Wordは、書式を設定した行から改行すると、改行先の行にも同じ書式が引き継がれます。, ❷ [レイアウト]タブ➡[ページ設定]グループ➡[文字列の方向]➡[縦書き]   の順にクリックします。, 本文中に『Wordは、書式を設定した行から改行すると、 改行先の行にも同じ書式が引き継がれます。』とご説明しました。, ということは、タブ設定を忘れた段落がある場合、 タブ設定済みの段落がすぐ上にあれば、設定済みの段落の後ろに一旦くっつけて、あらためて改行する ことで書式を引き継ぎます。, 今回ご紹介しました、ルーラーとダイアログボックス 2つの設定方法 をマスターすることで、, 1.ルーラー上でざっくりとバランスを取る 2.タブとリーダーダイアログボックスを使って微調整する, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 音楽学校ギター科在学中よりバンド活動→デビュー曲まで決まるも失敗→ギタリストコンテスト地区大会優勝→派遣社員で事務やPCヘルプデスク→正社員のパソコンインストラクター→契約社員で公立文化施設の管理事務→フリーのパソコンインストラクター。, ・MOSマスター ・サーティファイマスター ・P検 ・日商PC検定 ・3級ウェブデザイン技能士         and more... 〈パソコン関連資格21種保有〉, インデント[indent]とは、直訳すると「凹ます・刻む」です。パソコン用語としては『字下げ=文字列を凹ませる』ことです。文字列を、タブ設定は行単位で揃えますけれども、インデントは段落ごと“ごっそり”と揃える機能です。図解で丁寧に解説します!, 文字列の折り返し方法の7種類と、文字列の折り返しができないときの対処方法もご紹介します。『文字列の折り返し』を実践すると、簡単に図と文字列を扱えるようになります。なぜならクリックふたつで設定!あとは図を自由にドラッグするだけだからです。, 急にテンキーから数字が入力できなくなって、焦ったことはありませんか?実は、すごくよくいただくご質問なのです。テンキーをキーを見ないで入力できるようになれるポイント「テンキーのホームポジション」をマスターする方法も合わせてご紹介します。, 前回までの【はがき宛名面印刷ウィザード】【差し込み印刷の住所録の作り方】そして今回の【差し込み印刷・はがき宛名面】で、はがき宛名面の差し込み印刷を完全マスターです!実際に印刷してみると、難しいと思っていた差し込み印刷に自信が持てます!, パソコンで「日本語」を入力していたつもりが「英字」の羅列になっていた・・・ということはありませんか?たった1つのキーで解決できます。全角スペースと半角スペースを、自在に操ることができる入力技も合わせてご紹介します。, Windows(R), Microsoft(R)Outlook, Word, Excel, PowerPoint, Access, Internet Explorer, Edgeは、Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。, Google, Google Chrome, YouTube, Gmailは、Google Inc. の商標または登録商標です。, Mozilla Firefoxは、米国 Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。. 複数ブラウザを起動するとパソコンの動作が重たくなってしまいますし、ログイン、ログアウトを都度繰り返すのも面倒で手間な作業です。 そこで1つのブラウザで同一サイト・webサービスに複数アカウントで同時ログインする方法について調べてみました。

の雑誌を閲覧できるのはいつ頃か?, 複数の端末で同時に利用できるか?, 雑誌をダウンロードすることはできるか?, 雑誌横断検索について知りたい。, お店などでの法人利用はできないか?, 1Gストレージサービスとは何か?, 雑誌読み放題 タブホの月額料金を知りたい。, 雑誌読み放題 タブホ は月額料金以外に必要な料金はあるか?, 雑誌読み放題 タブホを月の途中に会員登録・退会した場合、料金は日割り計算とならないか?, 無料お試し期間について知りたい。, 雑誌読み放題 タブホを申し込みたい。, アプリをインストールしたい。, スマートフォン/タブレットにダウンロードした雑誌を削除したい。, ダウンロードした雑誌はどこに保存されるのか?, ダウンロードした雑誌を、他の端末に移せないか?, 雑誌読み放題 タブホからログアウトできない。, 雑誌を読もうとすると利用規約が表示される。, お気に入りの雑誌を見つけやすくしたい。, ログイン情報管理に表示される「ログインID」とは何か?, ペアレンタルコントロールとは何か?, 雑誌読み放題 タブホを解約したい。, 雑誌読み放題 タブホを解約した後にまた申し込むと、初月無料にならないか?, 雑誌読み放題 タブホを解約したのに、まだ雑誌を見ることができるのはなぜか?, 雑誌読み放題 タブホについて問い合わせたい。, 青少年が安心・安全に利用できるしくみはあるか?, ネットプリントを利用したい。, データ復旧サービスを利用したい。, お申し込み | 雑誌読み放題 タブホ, ご利用開始 | 雑誌読み放題 タブホ, 現在契約しているコンテンツサービスを確認したい。, タブホの「ヘルプ」(オプティム公式サイト), eoユーザーサポートお問い合わせフォーãƒ, タブホ契約者特典(しまうまプリント公式サイト), Q&A写真プリント(しまうまプリント公式サイト), ネットプリントお問い合わせ先(しまうまプリント公式サイト), データ復旧サービス(AOSリーガルテック公式サイト), データ復旧サービスよくあるご質問(AOSリーガルテック公式サイト), データ復旧サービスお問い合わせ先(AOSリーガルテック公式サイト). Excel(エクセル)のIF関数で複数条件に対応するためには、IF関数の中にIF関数を入れ子(ネスト)にすることで細かく条件を分岐させることができます。, IF関数では、1つの論理式で真(TRUE)と偽(FALSE)の2つに分岐します。分岐した先の「真の場合」と「偽の場合」にIF関数を指定することで複数の条件を判定することができます。3つだけではなく4つ、5つ以上の条件にすることも可能です。, ただし複数のIF関数を入れ子にすると数式が煩雑化してしまいます。そんな悩みを解決する「IFS関数」もご紹介しています。, IF関数の書式は「=IF(論理式,値が真の場合,[値が偽の場合])」のように記述します。引数については下記の記事で図解入りで説明していますのでご確認ください。, IF関数を入力する【セル(例では、C2セル)】を選択し、セルに『=IF(』と入力します。, B2セルが80点以上かどうか条件を指定します。「=IF(」に続けて『(B2>=80,』と入力します。引数と引数はカンマ「,」で区切ります。, 条件に合っていたらC2セルに「◎」を表示するように指定します。「=IF(B2>=80,」に続けて『"◎",』と入力します。, B2セルが80点以上でない場合、さらに60点以上かどうかで条件分岐させます。「=IF(B2>=80,"◎",」に続けて『IF(B2>=60,』と入力します。, 60点以上であれば「○」を表示させます。「=IF(B2>=80,"◎",IF(B2>=60,」に続けて『"○",』と入力します。, 60点未満であれば「△」を表示させます。「=IF(B2>=80,"◎",IF(B2>=60,"○",」に続けて『"△"))』と入力し、【Enter】キーを押します。, IF関数の結果を確認すると例の場合、B2セル80点以上だったので「◎」が表示されました。IF関数を入力したセルの右下にマウスポインターを置き、十字アイコンになったら他に数式を反映させたいセルまで【ドラッグ】します。, 他のセルにもIF関数の数式がコピーされ、条件分岐の結果が表示されました。80点以上は「◎」、80点未満60点以上は「○」、60点未満は「△」が表示されています。, IF関数を入れ子にした場合、下記のようにフローチャート(流れ図)で考えると判定の流れが見えるのでわかりやすくなります。試してみましょう。, まず1つ目のIF関数の条件は「B2セルが80点以上かどうか」を判定しています。真の場合は「◎」、偽の場合は2つ目のIF関数の条件を確認しにいきます。, 2つ目のIF関数の条件は「B2セルが60点以上かどうか」を判定しています。真の場合は「○」と表示し、偽の場合は「△」と表示するように指定しています。, IF関数を入れ子にすることで4つの条件を判定できる方法を説明しています。4つ以上にする場合はさらにIF関数を入れ子にしていきます。, 条件に合っていたらC2セルに「優」を表示するように指定します。「=IF(B2>=80,」に続けて『"優",』と入力します。, B2セルが80点以上でない場合、さらに70点以上かどうかで条件分岐させます。「=IF(B2>=80,"優",」に続けて『IF(B2>=70,』と入力します。, 70点以上であれば「良」を表示させます。「=IF(B2>=80,"優",IF(B2>=70,」に続けて『"良",』と入力します。, B2セルが70点以上でない場合、さらに60点以上かどうかで条件分岐させます。「=IF(B2>=80,"優",IF(B2>=70,"良",」に続けて『IF(B2>=60,』と入力します。, 60点以上であれば「可」を表示させます。「=IF(B2>=80,"優",IF(B2>=70,"良",IF(B2>=60,」に続けて『"可",』と入力します。, 60点未満であれば「不可」を表示させます。「=IF(B2>=80,"優",IF(B2>=70,"良",IF(B2>=60,"可",」に続けて『"不可")))』と入力し、Enterを押します。, IF関数の結果を確認すると例の場合、B2セル80点以上だったので「優」が表示されました。, IF関数を入力したセルの右下にマウスポインターを置き、十字アイコンになったら他に数式を反映させたいセルまで【ドラッグ】します。, 他のセルにもIF関数の数式がコピーされ、条件分岐の結果が表示されました。80点以上は「優」、80点未満70点以上は「良」、70点未満60点以上は「可」、60点未満は「不可」が表示されています。, 3つのIF関数を使用し、4つに分岐できるようになりました。フローチャート(流れ図)で条件分岐の流れを見てみましょう。, IF関数を入れ子にして複数条件に対応すると数式が煩雑化します。IF関数を入れ子にするのではなく「IFS関数」を使えば直観的にわかりやすい数式にすることができます。, IFS(イフズ)関数は、条件が満たされているかどうかを判定し、最初に真(TRUE)になった条件に対応する値を返します。書式は「=IFS(論理式1,値が真の場合1,[論理式2,値が真の場合2],…)」のように記述します。, 【C2セル】を選択し、『=IFS(B2>=80,"優",B2>=70,"良",B2>=60,"可",B2<=59,"不可")』と入力し、Enterを押します。, 80点以上は「優」、70点以上は「良」、60点以上は「可」、59点以下は「不可」が表示されるように指定しています。, IFS関数はIF関数と違って「偽の場合」がありません。最初に条件に当てはまった結果が返ります。, IFS関数関数の結果を確認すると例の場合、B2セル80点以上だったので「優」が表示されました。, IFS関数を入力したセルの右下にマウスポインターを置き、十字アイコンになったら他に数式を反映させたいセルまで【ドラッグ】します。, IF関数とIFS関数の数式を見比べてみましょう。この記事でご紹介した同じ内容の条件分岐です。, IF関数は入れ子になっているので数式を一目見ただけでは出力する結果がイメージしにくくなっています。, 一方、IFS関数は、条件とその条件に合った結果が並んでいるのでわかりやすいです。ただしIF関数では、「偽の場合」を引数で指定できるので「偽の場合」が必要な場合はIF関数を使用することになります。, Excel関数+組み合わせ術 [実践ビジネス入門講座]【完全版】 作業効率とクオリティがいっきに高まる、究極の使いこなしテクニック 【Excel 2019/2016/2013 & Office 365対応】, Office Hackでは、ここでご紹介できなかった関数の一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。, 1つ目のIF関数の条件は「B2セルが80点以上かどうか」を判定しています。真の場合は「優」、偽の場合は2つ目のIF関数の条件を確認しにいきます。, 2つ目のIF関数の条件は「B2セルが70点以上かどうか」を判定しています。真の場合は「良」と表示し、偽の場合は3つ目のIF関数の条件を確認しにいきます。, 3つ目のIF関数の条件は「B2セルが60点以上かどうか」を判定しています。真の場合は「可」と表示し、偽の場合は「不可」と表示するように指定しています。.