ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 豊後国の用語解説 - 現在の大分県の大部分の地。西海道の一国。上国。古くは豊前国と合せて「豊国 (とよのくに) 」と称したことが『豊後国風土記』『古事記』にみえる。『豊後国風土記』には8郡,40郷とある。 15日は、はじめは高気圧に覆われて概ね晴れますが、湿った空気の影響により、次第に曇りとなるでしょう。

1 馬車や農機などの車輪が動かないよう、所定の穴に指して固定するピン。2 (比喩的に)物事の要(かなめ)。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 15日は、はじめは高気圧に覆われて概ね晴れますが、湿った空気の影響により、次第に曇りとなるでしょう。 16日は、気圧の谷や湿った空気の影響で概ね曇りですが、朝晩は晴れるでしょう。<天気変化等の留意点> 奄美地方では、15日は晴れでしょう。16日は晴れや曇りとなる見込みです。

九州南部・奄美地方は、概ね晴れとなっています。

No reproduction or republication without written permission. 高茂岬(こうもみさき)は、愛媛県 南宇和郡 愛南町に属し、豊後水道に突き出る船越半島にある。 足摺宇和海国立公園に指定されている。. 奄美地方では、15日は晴れでしょう。16日は晴れや曇りとなる見込みです。 16日は、気圧の谷や湿った空気の影響で概ね曇りですが、朝晩は晴れるでしょう。<天気変化等の留意点>

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 豊後水道の用語解説 - 大分県と愛媛県との間,太平洋と瀬戸内海を結ぶ海域。北は速吸瀬戸 (豊予海峡) ,南は愛媛県の高茂崎と大分県の鶴御崎にいたる東西約 50km,南北約 40kmの海域。水深は中央部で 80~90m,速吸瀬戸の南東の最深部で 300~400m。 ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 福岡県は、高気圧に覆われて概ね晴れています。 2020年11月15日16時32分福岡管区気象台発表 また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 波浪推算値は毎日9時(協定世界時の0時)、21時(同12時)の沿岸波浪図を基にしています。; 波高0の場合、または代表点が海氷で覆われている場合、周期・波高・波向いずれも「-」(csvファイルでは"0,0.0,17"もしくは"-9,-9.0,-9")としています。 特記事項はありません。2020年11月15日16時32分鹿児島地方気象台発表種子島・屋久島、奄美地方では、うねりを伴った高波に注意してください。薩摩、大隅地方では、空気の乾燥した状態が続くため、火の取り扱いに注意してください。 15日15時 近海の波を解析した沿岸波浪実況図、近海の波の24・36・48時間後を予想した沿岸波浪予想図の見方の説明です。日本近海の実況、24・36・48時間後での波の高さ、周期、向き、海上の風の強さ、風向の見方を説明しています。 福岡県は、高気圧に覆われて概ね晴れています。 屋久島町では、15日は晴れでしょう。16日ははじめ晴れますが次第に曇りとなる見込みです。 No reproduction or republication without written permission. 奄美地方は、15日から16日は高気圧に覆われるでしょう。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, 現在の大分県の大部分を占める地域の旧国名。『続日本紀(しょくにほんぎ)』文武(もんむ)天皇2年(698)条に豊後国真朱(しんしゅ)を献ずとあるのが史料上の初見。古くは豊国(とよくに)があり、それが7世紀末に豊前(ぶぜん)・豊後に分かれたとするが不詳。『延喜式(えんぎしき)』(927成)では西海道(さいかいどう)にあり上国。郡は大分(おおいた)、国東(くにさき)、速見(はやみ)、海部(あまべ)、大野、直入(なおいり)、日田(ひた)、玖珠(くす)の8郡。国府は大分郡にあり、現在の大分市古国府(ふるごお)地区に比定されるが遺構は未確認。国分僧寺は大分市国分に所在するが、国分尼寺は未発見。豊後一宮(いちのみや)は由原八幡宮(ゆすはらはちまんぐう)(柞原八幡宮)、式内社(しきないしゃ)としては西寒多(ささむた)神社のほか5社。平安時代には国東郡富貴(蕗)(ふき)など宇佐神宮信仰と結び付いた六郷満山文化、臼杵(うすき)・大野川流域・国東など各地に磨崖(まがい)石仏を中心とする仏教文化が展開した。, 1185年(文治1)には関東御分国となるが、のち大友能直(よしなお)が守護となり、3代頼泰(よりやす)は、対蒙古(もうこ)外交を機に鎮西(ちんぜい)一方奉行(ぶぎょう)として豊後に下向、府中高国府(ふちゅうたかごお)(大分市)に守護所を設置。能直以来、庶子は在地の国人と養子縁組などをして土着する。南北朝内乱時には北朝方の拠点となる。この間に、大友氏は守護大名へと成長を遂げ、大内氏と並んで西国の有力守護大名となる。大友氏内部の家督争いのなかで国内も争乱状態となるが、18代親治(ちかはる)のころから戦国大名化し、19代義長は家内法ともいうべき「条々」を発し、家臣団統制・軍事警察の強化を行う。21代家督となった義鎮(よししげ)(大友宗麟(そうりん))は、九州6か国の守護を手中に収め、キリシタン大名として君臨する。豊後府中は南蛮貿易の拠点となり、育児院・病院・教会堂が建てられ、キリスト教布教の中心となり、直入郡朽網(くたみ)、大野郡野津院(のついん)・速見院・由布院(ゆふいん)など国内各地にもキリスト教徒が分布した。1578年(天正6)以来、島津氏との反目が続き、86、87年には薩摩(さつま)軍が侵入し、府中や宗麟の隠居城臼杵丹生島(うすきにゅうじま)城も焼き払われた。豊臣(とよとみ)秀吉の出馬により落着をみたが、22代大友義統(よしむね)(吉統)は、豊後一国のみを安堵(あんど)されることとなり、92年(文禄1)秀吉の命により朝鮮に出兵するが、咎(とが)ありとして翌93年除国され、豊後は太閤蔵入地(たいこうくらいりち)となる。93年秀吉は、山口宗永・宮部継潤(けいじゅん)を検地奉行として「五畿内(ごきない)同前」の検地を実施し、岡(竹田)に中川秀成を配するなど大名領と代官が配された蔵入地が置かれた。, 関ヶ原の戦い後、臼杵に稲葉貞通(さだみち)、佐伯に毛利高政、日出(ひじ)に木下延俊、森に来島(くるしま)(久留島)康親が入部した。杵築には1645年(正保2)に松平英親が、府内にはたび重なる領主交替を経て1658年(万治1)松平忠昭が入り、譜代(ふだい)大名領となった。1601年(慶長6)からは肥後熊本藩加藤清正(きよまさ)(のち細川氏)領が、1669年(寛文9)からは肥前島原藩松平忠房(一時期、戸田氏領となる)領が、1713年(正徳3)からは日向(ひゅうが)延岡(のべおか)藩牧野成央(なりなか)(のち内藤氏)領が成立し、七つの小藩と他国領が存在した。日田・玖珠郡を中心に置かれた幕府領は、一時期藩領となるが、1686年(貞享3)からは幕府領として維持され、日田に置かれた代官所(のち西国郡代役所、永山布政所ともいう)が九州一円の幕領支配の中心となり、豆田(まめだ)・隈(くま)両町を中心とする日田地方には広瀬淡窓(たんそう)を頂点とする日田文化が開花した。1811年(文化8)岡藩に勃発(ぼっぱつ)した一揆(いっき)の波は、同年末から12年初めにかけて豊後のほぼ全域から豊前にまで及び、「小藩分立」体制を揺るがした。1868年(慶応4)閏(うるう)4月、幕府領は日田県となり、71年7月の廃藩置県によって豊後には岡、臼杵、杵築、日出、府内、佐伯、森、日田の8県と島原・熊本県領が成立したが、同年11月に大分県に編入された。, 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例. 特記事項はありません。2020年11月15日16時32分鹿児島地方気象台発表種子島・屋久島、奄美地方では、うねりを伴った高波に注意してください。薩摩、大隅地方では、空気の乾燥した状態が続くため、火の取り扱いに注意してください。 北で瀬戸内海(伊予灘)、南で太平洋(フィリピン海(日向灘))に接する。ただし、豊後水道北部を瀬戸内海に含めることもある。また、愛媛県に近い水域は、由良半島を境に南側を宇和海(うわかい)、北側を内海(うちうみ)と呼ぶ。, 豊後水道が最も狭くなった部分が、豊予海峡である。大分県大分市(旧佐賀関町)佐賀関の関崎と、愛媛県伊方町(旧三崎町)の佐田岬の間に位置し、その幅は約14kmである。, 2009年(平成21年)10月3日、海上保安庁に豪船籍のLNGタンカーから海図に記載のない浅い地点があると通報があった。同庁が直後に航行者に対して航行警報を発するとともに、同月12日に測量船「海洋」を緊急派遣し測量した結果、従来海図上で水深約90m程度とされていた地点に直径約400mの地形的な高まりが発見され、最も浅い部分で水深約35mと判明。同月22日に新たに水深が判明したことと、あわせて船舶航行の安全性に問題はないことが発表された[1][2]。, 発見された海域周辺は1940年(昭和15年)に測量されたが、当時の技術的制約によりこの地点の存在は知られていなかった。, かつてはニタリクジラまたはカツオクジラ(現在でも土佐湾に定住する)をはじめ多くのクジラが見られたとされ[3]、現在でもハンドウイルカ、ミナミハンドウイルカ、ハセイルカの3種類のイルカが定住する[4]。, (著)宮脇 和人 「鯨塚からみえてくる日本人の心―豊後水道海域の鯨の記憶をたどって」, 豪 タンカーのシーマン・シップ~船舶からの通報により、豊後水道で新たな浅所を発見~, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=豊後水道&oldid=79638626.