All rights reserved. 『リング』シリーズの山村貞子と『呪怨』シリーズの佐伯伽椰子というジャパニーズ・ホラーを代表する2大キャラクターが共演したクロスオーバー作品[2]。白石晃士監督。, なお、タイトルについては『貞子VS伽椰子』と表記している資料もあるが、本記事では公式サイトでの表記を用いている。, キャッチコピーは、「どっちの呪いが、最恐か。」、「呪い勝つのは、どっちだ! 和製ホラー最恐ブランド、両シリーズ累計興収は120億円超え!! ドラマや映画に活躍されているベテラン女優さんです。「金田一少年の事件簿」の初代ヒロイン役でも有名です。. 日本ホラー史上最恐のスーパープロジェクト! 日本での大ヒットに伴い、ジャパニーズホラーとして全米を震え上がらせました。, 前作「ザ・リング」の続編として作られました。呪いや怨念など日本の怖さが忠実に表されています。, リングに出てくる貞子に特化して作られた映画です。3Dで貞子が飛び出すとあって怖さが倍増した映画です。, ●2013年 映画「貞子3D2」 TVモニターから貞子、階段から伽椰子が迫る極限恐怖!

『呪怨』=最も怖い映画シリーズ第1位!

可愛らしい子役の女優さんです。CHARM KIDSのグループに所属しています。, 出典:https://www.fashion-press.net/movies/gallery/23207/9496, ●ともさかりえ/祖父江初子役 もはや、まともに観れないと思っていたVSシリーズが…やっと普通に観れました(^-^; 呪いのビデオを都市伝説にするとこや、ビデオを観る過程が現代っぽくなってました(^_^;) そして、2大スター対決にもっていくところは、某映画の爪の人VSホッケーマスクの人を思い出しました。 衝撃のlastは実際に観て確かめて下さいね!! 貞子の誕生を中心に描かれたホラー映画です。仲間由紀恵の初映画作品でもあります。, ●2002年 ハリウッドリメイク版映画「ザ・リング」 イケメン若手俳優で、映画だけでなくドラマや舞台でも活躍されています。, ●塚本高史/石田祐介役 『リング』=最も有名なホラーキャラクター第1位! ホラー要素よりも、エンタメ要素が強いのだが、そのエンタメ要素が個人的にかなり面白かったJホラーのスターである2体の衝突終始ワクワクしていた特に終盤が楽しい一番良かったのは、霊媒師のキャラ癖のある感じだけど、雑魚ではないとこクールだった, まあまあ見れる。リングと呪怨とは切り離して考えた方がいいかも。それぞれの単独でのシリーズに繋がらなくなっちゃうし。これって続きあるんかな。, 都市伝説や「貞子」について大学で講義する森繁新一(甲本雅裕)。上野夏美(佐津川)は両親の結婚式が映ったビデオテープをDVDにコピーしてほしいと倉橋有里(山本)に頼む。さっそく、中古屋で600円のビデオデッキを購入したのだが、そのデッキの中に古めかしいテープが入っていた。夏美はその映像を真剣に見てしまったのだ。その頃、ショップ店員が死んだ。すぐに森繁に相談する2人。森繁は舞い上がるほど喜んで、「本物だとしたら2日後に死んでもいい」とまで言う。まずはすぐに診てもらえる霊能者・法柳(堂免一るこ)のもとへ・・・しかし、失敗。法柳と森繁は死んでしまう。人に渡せば呪いが解けると信じて、有里は夏美から直接ビデオテープを渡してもらうという作戦に出た。電話がかかってきた瞬間、ちゃらい常盤経蔵(安藤政信)が登場する。 女子高生・高木鈴花(玉城)は父親の都合で呪いの家の向かいに引っ越してきた。クラスメートから、向かいの家が幽霊屋敷だと聞いた鈴花。小学生4人がその屋敷に入ってしまう。そして行方不明。鈴花は小学生たちが気になり、夜中なのについ屋敷に忍び込み、悲鳴を聞いて両親も屋敷に入るが、両親はトシオと伽椰子によって呪い殺されてしまう。 化け物には化け物をぶつけろ!てな感じで、経蔵と珠緒は幽霊屋敷に向かう。 もう死亡時刻が迫ってくる中、夏美は森繁がDVDにダビングしたビデオをネットにアップロードして、「みんな死ねばいいのに」と厭世的、自暴自棄となる。そして自殺・・・ 経蔵に教えられた通り、有里と鈴花が屋敷に入り、そこで鈴花は呪いのビデオを見る。相反する二つの呪いをぶつけてしまうのだ(笑)。 前半は真面目に作ってあるので、それなりに恐怖感を煽ってくるのだが、安藤政信が登場してからは、ちょっとギャグ要素が強くなる。まぁ、怖がらせるというより、お祭りなんだからしょうがないけど・・・, 『リング』も『呪怨』も大好きです。ただこれは…なんていうかもう「思いついたからやってみただけ」という感じが凄い…ネットで調べてみると『経蔵と珠緒のコンビが人気』らしいですが私には何がいいのかさっぱり…演技が臭いし寒々しい…映画としても恐怖感が全くないです。ジャパニーズホラー特有の『ぞくっ』とする感じは皆無です。申し訳ないですが二度と見たいと思わないですね…, 4DXで観賞。これを4DXでやってた映画館に拍手。しかも初日のレイトショーだったので、ほぼ満席。完全なお祭りムード。そんな中自分はというと、この対決の双方の映画を大して思い入れが無く、あまりの混み具合に理解に苦しんでました。こーゆー話は過程は二の次で、「バケモノにはバケモノぶつけるしかねぇだろ」メインイベントだけ待っている状態。で最後は、女神転生かポケモンか、多分この後も続くんだろうな、という終わりでした。映画が終わって、暗いのが開けると、すべての観客が笑顔で喋り出す、こんな映画体験は初めてでした。, 劇場にて鑑賞。タイトルコール~お約束の砂嵐~ブルースクリーンのTV画面からの引きで室内を見せ、作品に放り込まれるファーストシーン。『リング』ベースで物語が進行し、『貞子feat.伽椰子』と云った態だと思ったら、エンドクレジットで「世界観監修」と云う欄に鈴木光司の名があった。上映中、アチラコチラで失笑が漏れるシーンが数回あったが、全篇本気で怖がらせようとしているのは伝わった。呆気に取られてる内に迎えるラストはやや難解だし、置き去りにされた伏線めいたのも存在する。ご贔屓の監督なので甘い目の採点。70/100点。・『リング』シリーズ('98~)は、'95年のTVドラマから始まり、『貞子3D('12)』とタイトルを変えた続篇シリーズが作られた。一方、『呪怨』シリーズ('12~)は、『学校の怪談G('98)』と云うオムニバスTVドラマの短篇からスタートし、製作会社オズの倒産を持って、『呪怨 -ザ・ファイナル-('15)』が公開された。はっきり云ってしまえば、孰れの近作も食傷気味で余り歓迎出来無い仕上がりだった。そしてどちらのシリーズも海を渡ったハリウッドでリメイク版が数作ずつ作られたが、それもこの数年、新作は途絶えてしまっている。進化し続けるJホラーと云うジャンルにおいて、監督は間違い無くトップランナーの一人だと思う。この手垢が附き過ぎた世界観の確立したヒットシリーズ2タイトルを、監督がどの様に掛け合わせるか興味を持った。だがよく考えると、幾ら嘗て食べ過ぎて厭き気味だった食材同士を、自分好みの腕の良いシェフが調理するとなると、諄くなる事はあったとしても、自分の舌に合わない不味い料理になる筈がない事に、鑑賞後気付かされ、相変わらず旺盛な監督のサービス精神が見せ付けられる内容となっていた。・丁寧な導入部を始め、物語の整合性を保ち判り易さを優先する為か、二つのシリーズのお約束や設定が大きく変更されている。ごく短時間に圧縮された「呪いのビデオ」はなかなかフルサイズで観せず、最後は更に変化しているし、佐伯家に関しては、外観だけに留まらず間取り迄、微妙に変わっていた。ビデオを観た事による呪われた期間は極端に縮められ、甲本雅裕の“森繁新一”教授の自費出版本には四つの呪いの解き方が記されており、劇中、他にもあるかもしれないと発言していた。・基本的な作りや展開は、『カルト('13)』での大まかなフォーマットを活かしつつ、登場する新しい「呪いのビデオ」は『ほんとにあった!呪いのビデオ the MOVIE('03)』内の映像を彷彿させ、他にも監督のフィルモグラフィーの断片がアチコチに散見出来た。亦、それなりの予算を持ったメジャー映画なので、普段、大人の事情で自らVFXを担当する事が多い監督が、本当に撮りたかったのはこんな画だったのかと感心した。・監督によると、安藤政信の“常盤経蔵”と菊地麻衣の“珠緒”のキャラクター造形は手塚治虫の“ブラック・ジャック”と“ピノコ”のコンビを意識したと云う。確かに二人の衣裳や遣り取りにその原型を窺い知る事が出来る。登場した時から二人組だと云う暗示が、迎えるクライマックスで予想通りの顛末になっていた。ところで本作では、貞子のみが髪の毛で攻撃していたが、過去の『呪怨』シリーズ内では伽椰子も髪を使っていたと思うのだが、これもキャラクターを差別化する為の細かな変更点だろうか。・“倉橋有里”の山本美月は普段の表情と対比した自らの運命と向き合う意思の強さが出てたし、“高木鈴花”の玉城ティナは今にも零れ落ちそな瞳が印象的だった。追い詰められ豹変する“上野夏美”の佐津川愛美も呆然自失の様が佳かった。手足がスラッと伸びた“貞子”の七海エリー、動きが少し変わった“伽椰子”の遠藤留奈、登場シ-ンの殆どは座位だった“俊雄”の芝本麟太郎と云う三人のキャストも一新されている。他にも監督ならではのキャラクターが味わい深かった。・都市伝説やいじめと云う現代風のアレンジがなされた中、往年のビデオ画面を意識したノイズ雑じりの走査線が際立ったザラついた画質を大きなスクリーンで観るのも悪くなかった。エンドクレジットで流れる聖飢魔IIの主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」には主に『呪怨』系のアレヤコレヤがサンプリングされていた。・元々'15年のエイプリルフールの企画から始まり、Twitter上で手を挙げた監督に白羽の矢が立ち実現した企画(ここら辺り迄はリアルタムで成り行きを眺めていた)。但し同じアイデアをユニバサールも持っており、共同で角川映画40周年記念作として完成に漕ぎ着けたらしい。・鑑賞日:2016年6月18日(土), 人間サイドの演技力のなさが減点ポイント。それはそうと百合ですよ。冒頭から寄り添って居眠りしてる女子大生2人はかたや心中を望む百合で、かたや相手のためなら自分の命をかけられる百合ですからね…貞子と伽椰子も仲良くなって融合したっぽいし、貞子にテレビに引きずり込まれたトシオ君も最終的には元気そうだったので和解できて良かったのかなと。でもこれからネットにバラまかれた映像観た人を呪ってくのはいいんだけど、お母さんが貞子さんと行っちゃったらトシオ君おうちで一人きりなの寂しくない?一緒に行くのかな、でも呪いの家から出られないんじゃないの?ニャンニャン言うトシオ君がいたく気に入ってしまったので、彼のこれからがとても心配です。融合したとは言え割合も貞子8:2伽椰子ぽいのでもうちょっとなんとかならんかなあと思います。, 映画館でも見ましたが、そのときの感想は「なにこれ・・・」で、amazonプライムで見られるようになったので、もう一度見ました。感想は「やっぱ、これおかしいだろ」なんですが、コワすぎの監督と言う紹介があったので、あれー、そういうスタンスか~となってしまいました。リングに関しては小説も読んでいるので、この作品はなしだな~と思っていたんですが、コワすぎ の系統の作品だと考えると、これはこれでありな感じがしてしまいます。ちょっと評価が難しいですね。少なくともホラー作品としての評価は下の下。ホラーコメディとしての評価としては、中の上と言った感じです。, ユリとすずか以外、演技力が皆無。学芸会お疲れ様です!彼女らが単体で出てくるホラーシーンはちゃんと怖くて手に汗握るのに、大根たちが出てくると途端にギャグのパロディ映画みたいになるギャップたるや。特にろうあの相棒の子役が棒読みもいいところ。かっこつけたセリフが多い分、大根が際立って痛々しい。貞子が伽椰子の動きを若干まねたようにカクカク動き出しちゃう終盤とか笑えてしまった。一番笑えたのは「一度会ってみたかったんだ貞子!」の呼び声にこたえて袋の中に髪の毛吐き出してくれるまさかのサービスシーンでしたけども。なんていうか、ジャパニーズホラーの金字塔であるリングシリーズと呪怨シリーズが本作で見事に穢されたようなネガティブな印象を抱きつつも、最恐の呪いに呪いをぶつけて昇華ァ!という発想は悪くはない。多分、日本のホラー作品にしかできない!とまじまじと思ってしまう部分もあった。ラストはあってないようなもんで私に脚本任せてくれた方がまだ良かったのでは、とまで思ってしまうけど1本の映画としては憎めない。憎めないぞーーーーーー絶対駄作なのにィィィィ!!!!, 最後は混ざるんかーいって突っ込みを入れてしまいました。びっくりする怖さは全然ありません。1つのアクション映画かもしれません。, 映画館で観ました!観る前はちょっとドキドキしてたけどそこまで怖さはなかった!周りの人もみんな静かに観てた感じw結末に、ん?ってなったけど幽霊同士が戦うって珍しいから面白かった!, 【2016.06.22ニコ生で生コワすぎ】緊急特番生中継。工藤、市川、田代が貞子と伽椰子がでるという廃学校に潜入。無料放送とはいえ凄まじくクオリティの高い生フェイクバラエティを堪能。田代のカメラワークが回を増すごとに目に見えて上手くなってる。イスを使って俊雄が誘導、チラチラ現れる鬼ごっこ。松島初音が生のコメントを拾いながら視聴者とのリアルタイムな共犯関係を作り上げるダイナミズム。工藤「カドカワ、ドワンゴ、ユニバーサルー。」「コレくるよ、きっとくるよー!」笑。ブラウン管から貞子バシュっと登場。階段降りても降りれない得意の白石空間に伽椰子と貞子が代わる代わる現れる。工藤との3ショット撮影成功→Twitterに即アップ。最後は工藤と市川が痙攣。いつもの白石作品の幽霊側にゲストとして招いた印象。――――――――――――――――――【2017.3.17DVDにて鑑賞】・貞子は呪いのビデオテープ、伽椰子は呪いの家といった都市伝説の一部として登場するので分かりやすく話に入っていきやすい工夫あり・盲目の少女を連れた霊媒師がキャラたってた・ラストはまさかの2体が合体そのまがまがしい業態はさすがの白石作品・子供がいなくなったり殺されたりするシーンはもはやギャグ・玉城、山本、佐津川の恐怖演技に怖さは感じなかったが眼福感はあった, 2大モンスターのVS版としてはまあまあだったと思うが、もう少しその因果関係が丁寧に描かれればよかったのに・・・あまりにもラストの戦いが唐突過ぎるのと、結果の見えないラストが・・・?個々のエピソードはそれなりに怖かった!, 物音がして、そこへ近づいてみると、猫がにゃーといって出てくる、そしてホッとするのもつかの間、恐ろしいものがそばにいる。こういうショックシーンを、なんだ猫か演出と呼ぶ(某ラジオの受け売りですが)。この作品はこのなんだ猫か演出シーンをこれほど分かりやすく多用している点で面白い。とはいえ、緊張と緩和のバランスや、フィクションバランスの早くからの放棄があって、部分部分は良く出来ていながらも、映画全体としてのホラーはあまり良くできてはいない。早くから貞子や伽倻子を出さざるを得ないということもあるからだろう。設定も急ぎ足仕様に変更されてるね。貞子は1週間が2日になってるし、伽倻子は家に入ってしばらく後って感じだったのが、即持ってかれるしね。まあ、タイトルからして、大味なネタを繰り出すお祭りのような作品。言ってみれば、Jホラー界のアベンジャーズみたいなもんだ。ホラー要素よりも、強敵と強敵をぶつけてみる面白さというところに観る醍醐味があるからこれで良いとも言える。今まで見たことない若い人にとっては1粒で2度美味しいホラーになってるかもしれないが。Jホラーはここまでしないといけなくなったかという残念感と、まだ組み合わせの面白さというところの発見で、新たな境地もあるかという期待もある。まあ、二大勢力をぶつけた以上、これ以上は無理だと思うけど。, 一体これは・・何もかも酷すぎる非常に残念。白石監督の作品は好きだが、これは頂けん。わざとひどくしたとしか思えない。, 4DXでの鑑賞。貞子と伽椰子が夢のコラボ。貞子と伽椰子が同時に出現する異色さに加え、4DXの環境効果が絶妙な感じで突っ込みどころが満載。ストーリーは無理矢理感があったが、怖さと面白さが丁度良く混ざりあっている。エンディング曲も今回の作品にピッタリだった。, この時期ハリウッド映画でヒーロー対決物が目立ったので、乗っかったのだろうと思える映画。ホラーだとちょっと古いけど『13日の金曜日』のジェイソンと『エルム街の悪夢』のフレディーが戦う映画があった。貞子と伽椰子が出てくるのはそれぞれ『リング』と『呪怨』で、両方共”Jホラー”の代表作。その後、同様の映画が何本も作られた。今回の映画はどんな感じにするのか興味ありました。見たかったのは、貞子と加椰子のバトルで、これに霊媒師の経蔵が絡んできて、悪魔祓い的なことをするのを期待していました。内容的には通常のパターンをなぞっているので、そんなに極端に面白くないというわけではないけれども、個人的にはかなり期待はずれだった。『リング』と『呪怨』の定型の映画を2本作ってくっつけようとして失敗し、オチがつかなくなったような感じです。定型映画の部分が長くて、飽きてしまい、少し眠くなった。バトルはほとんどなくて、霊媒師の経蔵(助手と称する小さい盲目の女の子も同様。存在理由が最後まで不明だった。)も最後まで逃げ腰で絡んでこない。その上、終わり方がすごく中途半端でよくない。後は想像におまかせします、ということで深みを出したつもりかもしれないけど、これはないと思う。”Jホラー”はこういう終わり方のものが多いけど、少なくともオチはつけてもらわないとすっきりしないし面白くない。一時”Jホラー”が流行ったけど、今はどうなのだろう?そんなに見ているわけではないけれど、かなりダメになっているよな気がする。最近の”Jホラー”はアイドル映画(アイドルとホラーは明と暗なので基本的に合わないと思う。)みたいになってしまっているような気さえする。もっと魅力的な新キャラクターを考えるなり、新しい見たことないような物語を作るなり、映像や演出を工夫するなどしてほしい気がした。そうでないと”Jホラー”はもう見にいかないかな?という気になる。, 【2週間無料トライアル】メジャーからZ級まで世界中のホラー映画・ドラマが《見放題》, 北村匠海、満席の客入りにニッコリ 矢崎仁司監督は感極まる2020年11月14日 22:15, 綾野剛、熱く説く エンタメは「不急ではあっても不要ではない」2020年11月14日 19:30, 「キングダム」佐藤信介監督、Netflix映画「Water Margin」でメガホン2020年11月14日 11:30, 石岡瑛子さん世界初の大規模回顧展が開幕 コッポラ、ターセム・シンらとのコラボレーション2020年11月14日 11:00, マーベルドラマ「ワンダヴィジョン」、21年1月15日に日米同時配信2020年11月14日 08:30, 「鬼滅の刃」興行収入200億円突破! 歴代興収ランキング5位に2020年11月9日 12:12, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定2020年11月7日 08:00, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?2020年11月12日 14:00, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場2020年11月10日 13:00, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編2020年11月10日 06:00, 「キングダム」佐藤信介監督、Netflix映画「Water Margin」でメガホン, 石岡瑛子さん世界初の大規模回顧展が開幕 コッポラ、ターセム・シンらとのコラボレーション, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編, 「ストックホルム・ケース」(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group.