画像を拡大

私、現役時代は幅跳びが専門でした。で、7mジャンパーでした。 幅跳びって陸上の中ではわりとメジャーな種目だと思うのですが、巷には幅跳びの跳び方について紹介している情報がぜんぜん見当たらないので、何回かに分けて幅跳びで跳ぶ方法をご紹介しようかと思います。  ・2人以上がクリアできた場合。1人もクリアできなかった場合は走高跳は2cm、棒高跳は5cmでバーを上げ下げして、再度試技を行い、最終的に一人になるまで行います。(クリア出来たら上げ、出来なかったら下げる) こういう見方をすれば走高跳ってもっと面白くなりますね。

All Rights Reserved. スピードがマックスになるように。, 助走のときから歩幅を大きくすることで踏み切った後に距離を伸ばすことができるのです。, 助走をしながら、踏切ラインのところでは重心を落とします。 走り幅跳びの競技形式は、自由な距離の助走から、白色の踏み切り板で踏み切って、その先にある砂場に向かって跳んだ距離を競います。, 競技人数が8名以上になる場合は、一人が3回ずつ跳んで競技を行い、上位8名は更に3回跳んで競い合います。, 踏み切り板は、白く塗装された木で出来ており、踏み切った足がこれより前に出た場合、無効試技(ファウル)となります。, なお、ウレタン舗装された全天候型の助走路の場合、選手のレベルに応じて踏み切り板の位置を変更出来る構造となっています。, また、踏み切り板の前に緑色の粘土版、もしくは10cm幅のゴム板があり、ファールした時にはそこに足跡がつき、すぐに分かります。, 競技ルールとしては、助走路にはマーカーを2つまで置いて良く、踏切板より前で踏み切ってもルール違反にはなりませんが、計測は踏み切り板からになります。, 一方、踏切板からはみ出して踏み切って跳躍したり、板の両端の外側から跳んだり、空中で宙返りのような動きをすると、記録が認められず無効になってしまいます。, また、順位は、競技での走り幅跳びの記録が最も良いものが競技選手の記録となり、その際の計測の仕方は、踏み切り板、もしくはその延長線上と、踏み切り板から着地後までの最も近い距離を、垂直になるようにして測ります。, 同じ記録になった場合は、その選手の2番目の記録で順位を決め、それでも順位が決まらないようなら、3回目の記録で決めます。, 各選手に3回の試技が与えられ、上位8番目の記録の選手にはさらに3回の試技が与えられ、合計6回の試技の中での最高記録により順位を決める。, ●着地の時、競技者の身体の跡より踏み切り線に近い砂場の外側に触れる。 飛んだ距離は8m95。2位のボブ・ビーモンが出した記録である8m90を超えたのですが、 走り高跳び(棒高跳び)は陸上競技の中で最も同記録が発生しやすい種目です。 最高記録が同じになった選手の順位はどのようにして決められるでしょうか。 ルールでは次の3段階の方法にて順位が決定 …

 ・無効試技(×)の数が少ないほうが上位になります。最後に跳んだ高さ以降の数は数えません。

(2008.09.03)

走り高跳び(棒高跳び)は陸上競技の中で最も同記録が発生しやすい種目です。 2019年12月現在で、走り幅跳びの世界記録保持者は?, 男子の部ではアメリカのマイク・パウエル選手です。 競技が行われている際に、追い風が2mを超えてしまうと参考記録になってしまいます。, このように陸上競技では風力が記録を左右するといっても過言ではありません。 日本語のスタートの合図は、400mまでの競走では、「位置について」「用意」の後、号砲が鳴ります。400mを超える競走では、「位置について」の後に号砲です。2010年からの日本選手権では、英語で合図をします。「位置について」は「On your marks(オン・ユア・マークス)」、「用意」は「Set(セット)」です。 世界陸連(WA)は、2010年から不正スタート(通称:フライング)のルールを改正しました。WAの主催大会では、混成競技以外のトラック種目では、1回目のフライングで失格となります。日本選手権でもこのルールが適用されます。, 選手の“胴体”が50mm幅のフィニッシュラインのスタートラインに近い端の垂直面に到達したときを“フィニッシュ”と定義します。この“胴体”は厳密にいえば“トルソー”と呼ばれる部分で、頭、首、腕、脚、手、足を除いた部分を指します。日本選手権では、記録の計測と順位の判定に写真判定システムが使用されます。選手がフィニッシュラインを通過する瞬間だけが撮影できる時計内蔵の特殊なカメラ“スリットカメラ”が使われています。 200mまでの短距離走と跳躍の走幅跳と三段跳は、風の影響で記録が変わるので、追い風が2.1m以上だと参考記録(通称)となります。記録は公認されません。追い風を「+」、向かい風を「-」で表記します。, トラック種目の予選では、「3-2+2」といった表記をみかけます。これは次のラウンドへの進出基準を示しています。3組あって、各組2着までに入った計6人は、自動的に次のラウンドに進出が決まり、さらに3着以下の全選手の記録を比較して上位2人もまた次ラウンドに進出できるという意味になります。 これを場内アナウンスでは「予選は3組あり、各組2着までと、3着以下記録の上位2名が決勝進出となります」と紹介されることになりますが、陸上通の間では「3組2着プラス2」で意味が通じます。, 800mはスタートでは決められた自分のレーンで走り始めますが、バックストレートの直線に入るところでレーンを離れることができます。選手がレーンを離れオープンになる地点に引かれる幅50mmの円弧のラインをブレイクラインといいます。このブレイクラインを選手が認識しやすくするためにコーンが置かれます。これまでこのラインの位置を示すために黄旗がトラックの脇に設置されましたがルール改正により必要なくなっています。 この地点で、選手がブレイクラインの手前でレーンを離れてしまうと失格の対象となりますので、審判員が配置されています。, スタートのときに、示される旗の色の意味を知っていると現場で何が起こっているかがわかります。呼び戻しのピストルが鳴った後、赤・黒旗が該当する選手に示された時はフライングによる失格です。フライングの失格は短距離だけが対象ではなく中長距離を含むすべての走る種目が対象です。 グリーンカード(旗)が振られる“ノーカウント”。機器などの不具合が原因で選手に非がない場合です。混成競技の1回目のフライングでは黄・黒旗・カードが示されますが、これ以外では黄色が示されることがあります。意図的な“遅延行為”などがあったと判断されたときに提示され、2度目は赤旗・カードが示され失格(競技会からの除外)となります。, トラック種目では、選手がレース中に違反をしないよう見守る審判員がいます。特定の選手に有利になることなく誰もが同じ条件で記録と順位を競うためには必要です。カーブを走るレースでは、特にショートカットしてしまわないよう注意が必要です。この審判員を監察員といいます。 競技中に審判で使われる旗には4つの色があり、白、赤、黄、緑です。白と赤は分かりやすいですが、前項で解説したように黄色と緑色も使われます。監察員が持つのは黄色のみです。違反があったと判断したときは赤旗ではなく黄色旗を掲げることになっています。最終的に失格という判断を下すのは審判長だからです。, 1500m以上のレースのスタートラインは、曲線となっています。スタート後、決められたレーンを走る必要なくオープンになるので、外側の選手が不利にならないためです。 1000mを超えるレースで出場選手が多い場合には、転倒などを防止する目的で、2つのグループにわかれた2段階スタートが認められています。競技者のおよそ2/3を第1グループ、残りを第2グループとし、第1グループは通常のスタートラインから、第2グループはトラックの外側に別に用意された二つに分けられた外側のスタートラインからそれぞれスタートし、最初の曲走路が終わった地点で合流します。, 日本選手権で実施されるハードル競走は4種目あります。男子は110mと400m、女子は100mと400mです。いずれも10台のハードルを飛び越えますが、高さと間隔が異なります。 高さは男子110m:1m067、400m:914mm、女子100m:838mm、400m:762mmです。このように高さが中途半端なのは、陸上競技の発祥地がイギリスであることの名残です。男子の高さは3フィート6インチですがJR在来線のレール幅と同じです。日本最初の鉄道はイギリスの技術を導入して開業しましたがその時のレール幅が1m067だったのです。 ハードルを設置する位置にはトラック上に青、黄緑、黄と色違いの5cmのマークがペイントされています。, ハードルでもっとも大事なのは、選手が自分のハードルを越えることです。故意にハードルを倒したと審判長が判断した場合には失格となります。隣のレーンの選手への妨害をしていなければ、足または脚がハードルの外側に出てもかまいませんが、バーの高さより低い位置を通ってはいけません。400mハードルではカーブを走りながらハードルを越えるために、後から越える“抜き足”が左脚だった場合、バーより低い位置を通ってしまうことがあります。この違反により過去、日本選手権で、トップでフィニッシュしながら失格した選手がいました。 監察員も他のトラック種目に比べ多い人数が配置されます。, 3000mを走るうちに障害物を28回、水濠を7回越えなければなりません。スタート後、フィニッシュラインを初めて通過してから各周に5個の障害物があり、その4番目が水濠であることがルールです。水濠以外の4つの障害物は移動式ですが、男子は高さ914mm、女子は762mm です。手をかけて越えてもかまいませんが、外側を通ったりくぐったりしてはいけません。 日本の競技場では、水濠はトラックの外側にありますが、世界の多くは内側です。水濠が外でも内でも、先のルールに合致していれば問題ありません。スタート位置は外側に水濠がある場合にホームストレートの中央付近、内側に水濠がある場合はバックストレートとなります。, 走高跳と棒高跳では3回続けて失敗したら競技は終了です。同じ高さには最大3回挑戦できますが、同じ高さに3回挑戦する必要はありません。1回目に1m80を挑戦し失敗、2回目に1m85を挑戦し失敗、3回目に1m90に挑戦ということもありえます。跳び始めの高さは選手が決めることができます。パスすることも可能です。パスとはその高さを跳ばないということです。 最も高く跳んだ選手が優勝ですが、同条件が複数いた場合は、その高さの失敗が少ない選手の順位が上になります。それでも決まらない場合は、全体の試技で失敗の少ない選手が勝者となります。それでも決まらない場合は、同順位となります。優勝決定戦を行うこともできます。, 棒高跳の順位の決め方は、走高跳と一緒です。 ポールの材質、長さ、太さには制約がありません。日本が戦前にこの種目で活躍していた頃には、竹が使われていたこともありますが、現在ではグラスファイバー製が主流です。 男子選手が使うポールの長さは約5m。世界記録保持者のブブカ選手は約5m30cmのポールを使用していました。各選手は自身の身長や体重、筋力などに合わせて自己所有のポールを持ち込んで競技します。 バーを越えても倒れてきたポールがバーを落としてしまった場合は無効試技となるため、跳び終えたときポールをいかに上手に助走路側に押し戻すかも大事な技術となります。, 走幅跳と三段跳の決勝では、すべての選手は3回の試技ができ、さらに上位8名はもう3回の試技が許されます。最も遠くまで跳んだ選手が優勝ですが、もし同記録だった場合には、2番目に良い記録、3番目、4番目というように比較して上位者を決めます。 記録は砂場に残された痕跡の踏切板に最も近い場所から踏切板までの距離が測られますが、踏切板を踏み越した場合には赤旗が上がります。選手は砂場を逆に戻ってはならず、審判員は踏み切りだけでなく砂場を出る動作まで確認して白旗を挙げます。 選手の跳躍順番は4回目以降、変更になります。最終跳躍者は、3回目までに最もよい記録の選手です。, 三段跳の順位の決め方や跳躍順などのルールは走幅跳と同じです。 三段跳は、ホップ、ステップ、ジャンプの順で成り立っています。選手はホップで踏み切ったのと同じ足で最初に着地し、ステップでは反対の足で着地し、つづいてジャンプを行います。 踏切板の先には、走幅跳と同じく、つま先が踏みでたかどうかの判定をしやすくする目的で、45度の角度の粘土層が塗りつけられています。無効試技の度に、審判員が“粘土板”を取り換えているのは、痕跡のついていないものと交換しているのです。, 投てき種目の試技順のルールは走幅跳と同じです。砲丸投、円盤投、ハンマー投は円形のサークル、やり投は助走路が競技場所です。 サークルの直径は、砲丸投とハンマー投が2m135、円盤投は2m500です。やりの助走路は幅が4mです。 砲丸投は、英語では、投てき4種目のなかで唯一throwではなくShot Putと言います。砲丸(shot)をオーバーハンドで“投げる”行為は禁止で、押し出す(put)ようにと定められています。選手が肩を痛めないようにとの配慮です。 砲丸とハンマーは、男子用が7.26kg、女子用は4kgですが使う金属の比重の違いにより直径の異なる物があります。, 投てき物の有効着地位置はやり投が約29度、その他は34.92度の角度をなす幅50mmの白線の内側です。この白線は着地位置に含まれず、ライン上に落下した場合は無効試技として赤旗が上がります。円盤は男子用が2kg、女子用は1kgです。円盤投とハンマー投では、危険防止のため囲いを設置します。高さや強度、間口の幅など細かく定められています。円盤投では、向かい風の方が記録が出ると言われます。フィールド競技では風の影響を受ける種目には、選手が風の向きや強さを知ることができるように“吹き流し”が用意され、全ての跳躍種目と円盤投とやり投にも用意されています。, ハンマーは、金属製の頭部(ヘッド)、接続線(ワイヤー)、ハンドルの3つの部分から構成されています。 遠心力を利用してより遠くに投げる競技ですので、ヘッドからハンドル内側までの長さが長ければ長いほど物理の法則の理論ではより遠くに飛ぶはずです。そのためルールで長さが規定されています。 ハンマー投だけでなくサークルを使う種目では、投てきを終えた後、サークルの中央延長上に引かれた750mmの白線より後方から外に出なくてはなりません。満足いかない投げだったとき、記録を残したくない選手が、投てき後サークルの前半分から外に出て赤い旗があがるケースを見かけます。, やりの重さは男子用が800g、女子用が600gですが、選手が同じ条件で記録を競うことができるように、長さに加え、重心の位置や柄の直径など細かい規定があります。 やり投の世界記録は1984年には104mに達し、競技場の芝生を使って競技ができないという危機に直面しました。そのため1986年には規則が改定され重心を前に移動させた“飛ばない”やりが使用されるようになりましたが、今の世界記録は98m48。100mまであとわずかです。記録の更新が陸上競技の魅力なのですが、やり投は、飛び過ぎると困るという悩みを抱えているのです。, 日本のお家芸と呼ばれているのが4×100mリレー。バトンパスには“オーバーハンドパス”と”アンダーハンドパス”があり、日本は、利得距離は短いが、次走者がスムーズに加速することができ、失敗が少ない”アンダーハンドパス”を採用している。リレーは、単に個々の走力だけでは勝負の行方がわからない。いかに速度を落とさずスムーズなバトンワークができるかが勝負のカギとなる。日本はアンダーハンドパスに磨きをかけることで、世界の強豪国と互角に戦ってきた。, 1人が400mずつ走る4×400mリレー(4人の総距離が約1マイルであることから”マイルリレー”とも呼ばれる)。第1走者はセパレートコースを走り、第2走者はバックストレート以降オープンレーンとなり自由なレーンを走ることができる。第3走、4走者は前走者が200m地点を通過した順位で内側よりスタート位置に待機する。, 日本には、2000万人のランナーがいると言われており、世界で最もフルマラソンの完走者が多いのは日本人である。2019年9月に行われた東京オリンピックのマラソン日本代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)では、壮絶な混戦が繰り広げられ、視聴率は男女合わせて29.9%と驚異の数字を叩き出し、マラソン人気の高さが名実ともに改めて証明された。, 走るのではなく、歩く速さを競う競技。ルールとして、常にどちらかの足裏が地面に接していなくてはならず(ロス・オブ・コンタクト)、踏み出した脚が地面についてから垂直になるまで、その脚は曲げてはならない(ベント・ニー)。日本の競歩は、近年急成長を遂げ、世界大会でのメダル獲得を右肩上がりで継続し、ドーハ世界選手権では男子50km競歩、男子20km競歩で日本史上初のダブルで金メダルを獲得した。, 混成競技は走・投・跳から構成される複数の種目を1人の選手が行う競技。各種目の合計得点で順位を競います。 ボブ・ビーモンが記録を出したのは、1968年です。, それから約23年ぶりの1991年8月に東京での大会にて、マイク・パウエルが世界記録を更新しました。, 女子の部ではソビエト連邦のガリナ・チスチャコワ選手が7m52という記録を持っています。, 最近では2016年にアメリカのブリトニー・リースという選手が7m31を出していますが、世界記録更新までには至っていませんね。, 女子の部では、池田久美子選手です。

良いですね。, 走り幅跳びの距離の計測は踏切版から一番近い「跡」までなので、足は遠くに行ってもその後ろにお尻が落ちてしまえば、お尻の位置までとなります。, こうした着地も数を重ねるごとに自分なりのコツというものをつかむことができるでしょう。, それではここで、走り幅跳びの世界記録に注目してみましょう。 着地した後には、後ろに倒れてお尻が落ちないように、前に倒れるようにするのが

2.同記録になった高さまでの無効試技数が少ない方を上位とする。 記録を伸ばせるよう頑張ってほしいものです。, ドラマ、中継などなど、いろんな音の仕事をさせていただきました名古屋のつくしです。かけだし音声さんのための基礎知識と、その他書きたい記事を、ぼちぼちと。, 表情筋 鍛えない方がいい?トレーニングは逆効果?肌や小顔のためにメリットと思っていたことはデメリット?!, フローリングを傷つけない方法!食器棚などそれぞれの原因に対するおすすめ傷防止グッズはこれ!, 【サランラップの代わりは?】代用品はこれを使いましょう!ない時(切れてる時)焦りますよね.

 ・追加試技ではそれぞれの高さを1回のみ試技をします。 公益財団法人日本陸上競技連盟(Japan Association of Athletics Federations)は、日本における陸上競技界を統轄し、代表する団体として、 陸上競技を通じスポーツ文化の普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与し、豊かな人間性を涵養することを目的としています。 活躍も期待できそうですね。, 多くの人が経験したことのある陸上競技ですが、その記録が生まれるには厳しい測定と風力の自然条件によって左右されているんですね。, 今まであまり注目していなかった競技でも正しいルールなどの知識を増やすことで、今まで以上に熱い気持ちで応援できるかもしれませんね。, そして、今、走り幅跳びを学校でやってるんだという学生たちも、コツなどを参考に 走り高跳び・棒高跳びは他のフィールド競技よりも試技順が競技に影響するように思いますが (2012.06.13追記). 「走り幅跳び」の「ルール」について説明します。 走り幅跳びの競技形式は、自由な距離の助走から、白色の踏み切り板で踏み切って、その先にある砂場に向かって跳んだ距離を競います。 Contents1.

IAAFのルール改正にも即座に対応。最新ルールのシステムが利用できます。 ルールでは次の3段階の方法にて順位が決定されます。

© 2008-2019 Japan Association of Athletics Federations. All Rights Reserved. 「走り幅跳び競技」の概略 …  ・追加試技の最初の高さは最高記録の次の高さです。 © 2008-2016 Japan Association of Athletics Federations.

走り高跳びの競技規則について,詳しく知りたいです。特に知りたいのが,順位決定の方法です。有効となった記録,及び総試技数が一致した場合,どのようにして判定すればいいのでしょうか。それ以外にも,走り高跳びの競技規則について詳 走り幅跳びと走高跳の順位 の ... ハンドボールのルールについてなのですが、 ゴールキーパーに触れたボールがアウターゴールラインから出た場合はゴールキーパースローとなる、 ... 走り幅跳びで、 遠くまで飛ぶコツを教えてください。

 ・このルールは1位決定のみに適用され、2位以下には決定戦は行いません。但し1位決定戦の結果生じた2位以下の順位はそれに従います。 このようなルールのある走高跳は陸上競技で最も駆け引きのある種目です。 レースの規模、出場する選手の数によって走る回数は違います。日本陸上界の頂点を極める日本陸上選手権を例に見ると2011年の場合、決勝までの道のりは次のようになっています。Hとは、ハードルの略称として使われます。, 国際陸連(IAAF)は、2010年から不正スタート(通称:フライング)のルールを改正しました。IAAFの主催大会では、混成競技以外のトラック種目では、1回目のフライングで失格となります。混成競技では2回目の不正スタートをした競技者が失格となります。, 長距離でのベルは、先頭が最後の1周に入ったことを示す合図です。レースは、一般的に1周400mのトラックで行われるものであり、1万メートルだと実に25周。一般のファンにとって、いつが最終周なのかは分かりにくいものであり、観戦にやさしいシステムです。, 走幅跳、三段跳の決勝では、計6回の跳躍チャンスが与えられます。しかし、4回目以降を跳べるのは、最初の3回で上位8人に残った選手のみ。最初の順番は抽選ですが、4回目以降は3回目までの成績が下位の人から跳びます。これはやり投、円盤投、砲丸投、ハンマー投げといった投擲(とうてき)種目も同じシステムです。, 両種目とも3回連続で失敗しなければ、競技を続行できます。また、成功するまで同じ高さを跳ぶ必要はありません。1回目、または2回連続で失敗した後、バーの高さを上げることも可能です。, 同じ高さとなった場合、その高さでの試技の回数が少ない方の順位が上となります。それも同じ場合は失敗した試技の少ない方が上の順位となります。, 五輪では男子が10種、女子が7種です。・男子の10種競技は、(1日目)100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m (2日目)110mH、円盤投、棒高跳、やり投、1500m・女子の7種競技は、(1日目)100mH、走高跳、砲丸投、200m (2日目)走幅跳、やり投、800m2日間でこれらの種目をすべてこなす選手たちに敬意を表し、この種目の優勝者はそれぞれ「陸上の王様(キング・オブ・アスリート)」、「陸上の女王(クイーン・オブ・アスリート)」と讃えられます。, 特に100分の1秒以下の世界で競う短距離は、スタート時における一瞬の遅れが命取りとなる競技です。そのため、選手たちはスタートの合図に全神経を集中させています。彼らがベストパフォーマンスを発揮できるよう、短距離のスタート前は静かにしましょう。, 走幅跳、三段跳、走高跳、棒高跳の選手たちは、自分のリズムに乗って競技を行うため、観客に手拍子を求めることも珍しくありません。そんな時は恥ずかしがらずに、選手の求めに応じてあげましょう。. しかし、走り幅跳びの詳しいルールや正しい測定方法まで知っている方はそう多くはないのではないのでしょうか。 今回は走り幅跳びの主なルール、計測の仕方、そして距離をのばすコツから世界記録、日本記録までお伝えしていきます

過去に無いハイレベルの戦いとなった北京五輪の女子走高跳を例に見てみましょう。 コンバインドaは80mhと走り高跳び、コンバインドbは走り幅跳びとジャベリングボール投げの2種競技です。 全国の陸上競技をやっている小学生の親御さんでどんな傾向になるのか、ネットで調べまくっている方少なくないんじゃないかな。 第1走者はセパレートコースを走り、第2走者はバックストレート以降オープンレーンとなり自由なレーンを走ることができる。第3走、4走者は前走者が200m地点を通過した順位で内側よりスタート位置に待機する。 マラソン. 1センチでもいや、1ミリでも記録を伸ばしたいのが選手たちです。, 先にも述べたように追い風を利用するという方法もありますが

記録は、競技者の身体(普通は足)の砂跡のうち、踏み切り地点より最も近い地点を着地点とし、踏み切り地点(踏み切り板の端)からの距離を記録とする。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. アスリートランキングドットコムでは試技の内容を入力するだけで順位を付与してくれます。(試技を入れずに最終記録のみを入力することもできます)また複雑な追加試技のルールにも対応している他、順位決定戦ラウンドも簡単に作成できますので安心です。

逆に重心が高いと勢いがなくなり、うまく踏み込めなくなるのです。, 走り幅跳びの飛び方には3つあります。 1.同記録になった高さでの試技数が少ない方を上位とする。 これも距離を伸ばすためのポイントになります。, 重心を落とすことで、足に力がはいり、踏み込みを力強くすることができます。 走り幅跳(はしりはばとび、英: long jump)は、陸上競技の跳躍競技に属する種目で、助走をつけて遠くへ跳ぶ能力を競う競技。, 競技の着地点は普通、安全性と記録の行いやすさから砂場となっている。その砂場にできた競技者の身体(普通は足)の跡のうち、踏み切り地点より最も近い地点を着地点とし、踏み切り地点からの距離を記録とする。手や尻を後ろに突いてしまった場合はその地点までの距離が記録となる。, 走幅跳は、おおよそ4つの局面からなる。助走局面と踏み切り局面、空中局面及び着地局面である。その跳躍記録は、助走のスピードと高い関係があることが分かっている。, 踏み切り板は、白く塗装された木で出来ており、踏み切った足がこれより前に出た場合、無効試技(ファウル)となる。なお、ウレタン舗装された全天候型の助走路の場合、選手のレベルに応じて踏み切り板の位置を変更出来る構造となっている。, 1935年にジェシー・オーエンスが史上初めて8mを越えた (8m13cm)。この記録は1960年まで25年にわたって世界記録として残った。現在の世界記録も20年以上破られていない。また、古代オリンピックにおいては「ハルテーレス」という1.5から4.5kg程度のおもりを両手に持って跳躍を行っていた。, 助走の距離は設けられていないが、走幅跳を行う大会は他の競技も実施するためあまり長い距離は他競技者の妨げになり失格となる[1]。1970年にアメリカの運動力学者が考案した前方宙返りを加えて跳躍するスタイルが存在したが、危険性が高いと判断され公式大会で行われるようになってから半年後の1974年8月に禁止された[2]。, 日本においては1998年(平成10年)までは教育の一環として小学校、中学校での運動能力テストの種目であったが、現在のスポーツテストでは行われていない。, 陸上競技における正しい表記は走幅跳であるが、学校教育や新聞記事など陸上競技関係者以外が多く関わる場面では走り幅跳びと表記されることもある。, 50m - 60m - 100y - 100m - 150m - 200m - 300m - 400m - 600m, 800m - 1000m - 1500m - 1500mSC - 1マイル - 2000m - 2000mSC - 3000m - 3000mSC - 2マイル, 4×100m - 4×200m - 4×400m - 男女混合4×400m - 4×800m - 4×1500m - スウェーデンリレー, 60mH - 80mH - 100mH - 110mH - 200mH - 400mH, 四種競技 - 五種競技 - 七種競技 - 八種競技 - 十種競技 - 跳躍五種 - 投擲五種, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=走幅跳&oldid=79703684, 試技開始の合図があってから1分以内に試技を開始しなければならない。ただし同一競技者が連続して試技を行なう場合は2分以内とする。, 各選手に3回の試技が与えられ、上位8番目の記録の選手にはさらに3回の試技が与えられ、合計6回の試技の中での最高記録により順位を決める。, 4回目以降は、3回目までの記録が低い選手から先に試技を行うように試技順が変更される。, 予選競技および混成競技においては全ての選手が3回の試技となる。「予選通過記録」が設定されている場合、それを突破した者は以降の試技を行えない。, 予選通過記録の突破者が決勝進出の上限人数(基本は12人)に満たない場合は、突破者を含めた全体の記録の上位者が進出となる。, 記録は、競技者の身体(普通は足)の跡のうち、踏み切り地点より最も近い地点を着地点とし、踏み切り地点からの距離を記録とする。手や尻を後ろに突いてしまった場合はその地点までの距離が記録となる。, 1932年ロサンゼルスオリンピックで南部忠平が3位となり、この種目で初のメダリストとなった。1932年ロサンゼルスオリンピックで南部忠平と1936年ベルリンオリンピックで田島直人がそれぞれ3位で、オリンピック・世界陸上を通じて日本人男子選手の最高位の成績である。.