10月01日 14:52, [3] 近畿大学国際学部の口コミページです。近畿大学国際学部の授業、ゼミ・研究室、先生、学費、就職先などに関する口コミを掲載しています。[3ページ目]   >>  近畿大学 mixiユーザー 近畿の国際関係学を学べる大学・短期大学(短大)を61校掲載中。エリア、定員数、学費、学校の特長、学部・学科・コースの詳細で自分に合った大学・短期大学(短大)を絞り込めます。大学・短期大学(短大)選びなら【スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進学)】

10月03日 01:12, [6] [mixi]近畿大学経済学部 【質問】ゼミ 国際経済学科 今度ゼミの募集があるんですが、国際経済のゼミでどこがいいのかあんまり分からないんで、情報をいただけたらと思いトピック作りました☆ 先輩方でゼミとっている方いたら情報くださいm(__)m 今度ゼミの募集があるんですが、国際経済のゼミでどこがいいのかあんまり分からないんで、情報をいただけたらと思いトピック作りました☆ 先輩方でゼミとっている方いたら情報くださいm(__)m, 貴重な情報ありがとうございますm(__)m 柚にいさんはちなみにどこのゼミやったんですか??, ぼくは国際経済です☆ 有澤ゼミは国際経済だと申し込み出来ないんですけど、柚にいさんは国際経済なんですか??. 10月01日 17:00, [5] 10月01日 11:01, [2]

mixiユーザー 近畿大学は、大阪府に本部を置く私立大学です。通称は「近大」。1925年に創立された大阪専門学校を前身とし、1949年に設立された大学です。英国THE世界大学ランキングでは、唯一日本の私立大学で800位以内にランクインしました。近代マグロに代表されるように、大学の研究姿勢が注目されています。

mixiユーザー 10月10日 12:18.

All rights reserved.   >>  大阪府の大学 mixiユーザー 近畿大学国際学部に入るための入試は?偏差値はどのくらい?授業・カリキュラムなどの特色は?実際に通っている人からの評判は?など、近畿大学国際学部にまつわる情報を一挙ご紹介いたします。近畿大学国際学部を志望している人は必見です。 「東大阪」「大阪狭山」「奈良」「和歌山」「広島」「福岡」にキャンパスを構え14学部と1つの短期大学部を備えており、西日本では最大級です。一般入試の志願者数は、2016年に3年連続日本一となりました。また、企業から商品開発などのアイディアを受託し研究する件数も日本一です。みかんやキャビアなどの近大ブランドは次々と生み出されており、今後の研究もさらに期待されています。. 10月01日 16:48, [4] 近畿大学の入試情報サイト。高校生・受験生の方へ、入試に関する情報、学部・学科や教育・研究環境の紹介、オープンキャンパスや進学相談会のスケジュール、学生生活や就職・資格に関する情報等をお …   >>  国際学部 2009年02月16日 18:11, [1]

mixiユーザー みんなの大学情報TOP



明治大学. mixiユーザー Copyright ©みんなの大学情報.

mixiユーザー 外の大学院へ進学するという選択肢もあります。. 近畿の国際関係の学部学科がある私立大学を16校掲載中。エリア、定員数、学費、学校の特長、学部・学科・コースの詳細で自分に合った私立大学を絞り込めます。私立大学選びなら【スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進学)】

  >>  口コミ, 目立つ学生だけを特別的に扱っている印象がすごい強い学部であると考える。また、留学から帰国してきても英語の授業が少なく、あまり早期留学の意味を得られてない気がする。, 英語で行われる授業が少ない、またはあっても必修と被っている。 基礎ばかりでそこまで専門性がない, 新設だから綺麗だが、何年汚くなっている。学生の中にはトイレの手洗い場に、カップ麺の汁を流しているものもいる, 1年から2年の前期は留学。二年の後期にさまざまな分野を学び、勉強したい分野を選ぶ。3年からゼミがスタートし四年には卒論と就活, 国際学部では絶対留学に行けるので、留学を目指している人にはとても良い大学だと思います。学費は高いのでその辺は考える必要があると思います。, 英語を活かして就活をする人が多いです。就活のサポートはあまり積極的ではないイメージです, サークル活動は盛んですが、国際学部は留学が必須なのでサークルに入っていない人も多いです。, 学生の人数も多く、様々なサークルがあります。中には珍しいものもあり、興味のあるサークルを見つけられると思います。, 1年前期で基本的な語学力をつけ、2年後期まで留学に行きます。3年前期から卒論の準備を始めます。, 国際法や民族問題、国際経済など、様々な観点からの国際問題を学ぶことができる。また、留学生と授業を受けることもあるので、ディスカッション能力を上げることができる。, 留学を活かした授業展開となるので、インプットやアウトプットどちらも充実したものとなる。講師にネイティブスピーカーの方もいらっしゃるので英語を学びながら国際社会について学ぶこともできる。, 国際学部の塔は新設なので綺麗である。オシャレなオフィスのようなので快適に授業に取り組むことができるだろう。, 生徒数が多く、サークルや部活の数も多いので自分に合ったものが見つかるだろう。色んな人と交流できるチャンスが転がっている。, 面倒見もとても良くていいとおもいます。先生方も優しく、大学に入ってよかったなと思っております。良い友達にも恵まれました。, みんなアメリカに留学ができるという点ではすごくいいと思うが、1期生のため授業のシステムなどがまだ不完全。先生1人に対して生徒数が多すぎる授業もあり、授業はグダグダ, 1期生という事もあり授業が不完全なものがある。先生もどう教えたらいいかわからないみたいで、グダグダの授業もある。, まだゼミに入ってないのでわからない。ゼミが始まるのは3年生から。1人の先生につき、20名くらいで、2クラスに分かれる。, 就職セミナーや先輩の話が聞ける機会が多い。国際学部なので、ベルリッツや商社などの話が聞けた。1期生という事もあり就活には力を入れていると思う。, アクセスはとてもいい。駅から大学までで一番駅に近い。アカデミックシアターもすぐ近くでとても便利な位置にある。, 1番新しい校舎である。とても綺麗で設備は完璧。アカデミックシアターも近くにあるのでカフェや図書館もとても使いやすい。, 少人数のクラスなので必然的に仲良くなれる。アメリカに留学していた事もあり、国際カップルが多めです。。, サークルは入っていないのでわからない。国際学部は留学があるので本格的なサークルに入るのは難しい。国際学部でサークルを作ろうとしている人もいる。, 国際学部なので勉強できる範囲は広い。1回生のうちは英語がメインで基礎的なものをする。2回生からは英語を使った勉強という形になる。自分が取ろうと思えば、英語を使う授業はたくさんとれる。, 授業以外に関しては賑やかでサークルもイベントも豊富であると思うが、学費がすごく高いのと、留学ができると言われていた日数が大幅に違っていて残念だった。。, 講義や授業の内容についてはあまり何も思わないがただ、日本人が英語を話すときに訛りがありすぎて時々分かりにくいと感じる。, まだゼミが始まっていなくて現在、ゼミ決めの途中なのでなんとも言えないが、ゼミ選びの説明会の日数をもう少し増やして欲しいと思った。(2日間しかなかった。), 就職実績についてはなかなか良いとされている大学だと思う。まだまだ就活をしたこと無いのであまり詳しいことはわからない。, 最寄駅から徒歩で10?15分程度だが道が狭い上に生徒数が多いので自転車や車の邪魔になることが多々ある, 施設については英語村という外国人がたくさんいて英語を使える機会が設けてある施設があるのが良いと思う。, 学内の友人関係についてはいいと思う。少人数のクラスもあるので友達になりやすい、(サークルのつながりも), 大学のイベントについてはオープンキャンパスや学祭がある。毎年参加者が多く賑わっていると思う。。。、。, 必須科目については英語で授業するクラスがある。もちろん外国人の先生だ。1年次がそのクラスがある。。。, 将来国連に勤めたい人にとっては、この学科には非常にいい授業がある。 例えば、国際法や国際機関に関する授業、国際の人権問題に関する授業、模擬国連などだ。 また、1年次後期ー2年次前期にかけてグローバル専攻はアメリカ、東アジア専攻は中国か台湾か韓国に留学する。 これは卒業単位の1つとなる。 よって全員が留学必須だ。 通常、留学必須の大学は、3年次ー4年次にかけて留学するプログラムが設けられているが、本学科は1年次後期ー2年次前期に留学するので3年次ー4年次の就活の時期と重ならないのでとてもいい。, この学科の講義・授業には、全て英語か、多くを英語でやる授業が含まれているので、大変すばらしいものがあるから。, 私はこの学科の1期生で、まだ基礎ゼミと留学前・帰国後セミナーしか受けてないので、まだゼミの全体像がつかめていないから。ちなみに、3年次からのゼミの説明会は2年次の10月上旬にある。, 私はこの学科の1期生なので、就職実績や就職活動などの情報が未だわからないから。 進学についても未だ不明。, 駅から大学まで徒歩15分圏内で、同じ圏内に学生アパートがたくさんあり、食堂や書店などもたくさんあるから。, 教室については、少人数の授業に対応しているから。 また学部棟が新しく、その棟の近くに図書館と24時間自習室があるから。, 学科の友人関係については、気軽に話せる人が多いから。 また、コミュニケーションがとれない人を私の学科で見たことがないから。, 「英語村[e-cube]」という、英語しか話してはいけない建物があるから。 また、血気盛んさが感じられるから。, 1年次前期はグローバル専攻は近大XELSの授業で徹底的に英語を鍛え上げ、TOEICを受け、また東アジア専攻は中国語か韓国語の基礎を徹底的に鍛え上げ、1年次後期ー2年次前期にかけてグローバル専攻はアメリカに、東アジア専攻は中国か台湾か韓国に留学し、グローバル専攻のELSコースは2年次前期の前半に帰国し、後半でTOEICの対策授業とTOEICを受け、2年次後期からの授業に備える。, 先生の指導はとても理解しやすいですし楽しいたまに笑いもとってくれるのでおもしろいとおもいますこういう先生は僕は好きです。, 通学のしやすさは駅からそれほど遠くないんでいいと思いますまた、歩いて通ってる人や自転車通学も多いです。, とても充実しています広いしトイレの数も多いし食堂の席の数なども多いんでそこでまた新しい友達と出会えるかもしれません。, とても大学のイベントやサークルが充実していて楽しいしおもしろいです。イベントの数は結構あるしサークルの集まりとかは楽しいですね。, 1年の時はあれもやりたいこれもやりたいといっぱい選んでたのでどれが本当に今の自分に必要なのか学べたのでいいと思います。, ネイティヴの先生の授業が留学前にたくさんあり、帰国後も少しある。第二言語の授業は抽選なので、取りたくても取れない人もいるので少し理不尽。, 国際学部は校舎がとても綺麗。アカデミックシアターというお洒落で24時間空いている図書館と自習室があるので人気。, この大学で私はたくさんのことを学ぶことができました。コミュニケーション能力もつけることができて良かったです。, さまざまなことを学べて良かったです。さまざまな教授から国際的、グローバルに活動していくこと、そのためにどうしたらいいかを学ぶことができ、世界を広い視野をもって見つめ直し、私自身成長することができました。, いいと思います。学校の周りにも色んなものがあり、バスの便もよく、道も整備されています。森林に囲まれた環境で空気が綺麗なので、勉学に勤しむことができ、一日のやる気になります。, 充実しています。学内の施設は比較的にあたらしく、研究室も綺麗で必要になるものが揃っています。.