高威力の小型重火器追尾性能 (一部作品) 国際情勢.

2016.10.27 Thu posted at 10:23 JST. 巡航ミサイル(じゅんこうミサイル、英: cruise missile)は、飛行機(航空機)のように翼とジェットエンジンで水平飛行するミサイルである。, 飛翔時の弾体は概ね大きな2枚の主翼と1枚の垂直尾翼、小さな2枚の水平尾翼を備えた小型航空機の形状をしている。後部にジェットエンジンを備え、燃料タンクが中央になる。航法・誘導装置は弾頭と共に前部に位置する。弾体断面形状が他のミサイルのような円形以外にも、丸みを帯びた台形のものも存在する。 ロシア新型ミサイル、画像が初公開 「フランス消滅」の威力. 通常ミサイル; ほとんどの機体がこれを最初から持っている。 普通の敵機体はこのミサイルを2回命中させることで撃墜できる; 対空兵装. 第二次大戦中、ナチスドイツによって開発されたミサイル技術はドイツの敗戦後、西側・東側双方に流れ、アメリカやソ連などの大国をはじめとする各国のミサイル開発へとつながっていきました。 巡航ミサイル … 基本情報 ブリンスタハイブトーテム(チョウゾルーインズ)連邦艇ランディングサイト(ルミナセウス トマホークミサイルはどれくらいの威力があるんですか?例えば学校に着弾すれば吹き飛びますか? ベストアンサー:RGM/UGM-109C TLAM-C 通常単弾頭は1,000ポンド(454kg)なので、 爆風殺傷半径 16M以内即死、40M以上で安全 破片殺傷半径 80M以内. 現有の巡航ミサイルの多くがフロントファンのターボジェットエンジンであるが後に一部の国では超音速飛行能力を獲得するために液体ラムジェットエンジンの開発と採用が進められている[注釈 2][2]。, 巡航ミサイルの飛行の初期段階は、目標地点と発進地点の緯度経度情報が与えられ、慣性誘導と電波高度計による誘導だけで自律飛行が可能である。, 対地攻撃任務でも敵陣深く侵入する場合には、敵レーダーの探知圏内に入ってから低空を飛行してレーダーで捕捉されないようにする必要があり、地上の障害物を避けながら高速度で低空飛行するためには、自然の起伏や送電線、鉄塔などの詳細な地表地図情報を搭載の航法コンピュータ内の地形等高線照合(TERCOM: Terrain Contour Matching)システムのような航法システムに入力しておく必要がある。, 過去には、この地表地図情報を得るには軍事衛星などによる偵察が必要だと云われていた。21世紀の現在でも常に敵性国・団体の地表地図情報は巡航ミサイル用に更新されているが、民間衛星による地上衛星画像や地下資源探査用の電波高度計マップが入手できるので必要な地表地図情報の入手は容易になった。こういった地表地形に基づく航法システムは、地表近くを低空飛行するためだけでなく、現在のGPSなどが存在しなかった頃に正しく目標まで誘導するための航法装置としても使用されていたため、GPSが多くの誘導兵器に搭載されるようになって、巡航ミサイルも起伏変化が必要な地表地形に基づく航法システムの弱点の補完としてGPSによる航法システムが搭載されるようになっている。, GPSシステムも備え、ある程度途中で撃墜されるリスクを許容すれば、地表情報を持たずに地上より充分離れた高度を飛行することで、敵国の深部を巡航ミサイルで攻撃は可能となる。敵国が先進国でなければ、巡航ミサイルをレーダーで捕捉し撃墜する能力を全く備えていない国のほうが多く、海岸線近くの都市を攻撃するには地表情報は必要ない。一方で、敵レーダーの防空探知範囲を知ることは今でも難しい。, 「空中魚雷」の構想は1909年のイギリス映画『The Airship Destroyer』に見られる。無線で制御された「飛行魚雷」で飛行船がロンドンを攻撃する[7]。, 第一次世界大戦時には航空機から投下後もすぐには着水せずに、長距離を滑空するように設計された小型の魚雷「航空魚雷(aerial torpedo)」が利用されており、これらが巡航ミサイルの始祖であるとされる[8][9]。同時期にはアメリカ合衆国では小型の複葉機にジャイロスコープを搭載し、目標地点まで自律飛行する飛行爆弾「ケタリング・バグ」のテストが行われていた。, 第二次世界大戦にはナチス・ドイツで開発されたV1飛行爆弾が実戦投入された。 中~高 A-10や零戦のは射程が長く威力も高い。 ノーマル以下だと装弾数無限、ハード以上だと装弾数800。 MSSL. 分類 トマ … 小さな主翼と動翼だけを備えてロケットエンジンの推進力で飛行している通常のミサイル と ... 敵防空施設、対空装備を破壊し、対空脅威のなくなった後、艦載機が命中精度の優れた大威力の高性能爆弾を投下し、敵の重要施設や拠点を破壊する方法に変わった。これは 偵察衛星、無人航空機� プライムのミサイル

メトロイド/ゼロミッションメトロイドプライムメトロイドプライム ハンターズメトロイドプライム2 ダークエコーズメトロイドプライム3 コラプションメトロイドⅡ RETURN OF SAMUSスーパーメトロイドMETROID Other Mメトロイド フュージョン, 『ミサイル』(Missile) は、アームキャノンに搭載された強力な小型重火器。『ノーマルミサイル』とも呼称される。バウンティ・ハンターや銀河連邦軍、スペースパイレーツなど、様々な組織・戦闘員に広く使用されている武装であるが、本稿ではサムス・アランが使用するミサイルを中心に解説する。, アームキャノンに搭載可能な小型重火器。後方に垂直尾翼が取り付けられた小型ロケット弾のような外観で、後方から炎を噴射しながら、減速することなくターゲットに着弾するまで空中を直進する。ノーマルビームやパワービームなどのビームウェポンよりも破壊力が高く、着弾地点で小爆発を起こし、攻撃対象およびその周囲の敵にかなりのダメージを与えることができる。威力が高めに設定されている反面、ビームウェポンよりも連射性能が低めに設定されていることが多い。さらにレッドゲート・ゲートシールドなどの特殊ゲートは、ミサイルを使用することで開放することができる。ブリンストーンなどの物質で構成された障害物やミサイルブロックなどを破壊する際にも有効。, 無制限に使用可能なビームウェポンとは異なり、ミサイルには弾数制限が設けられている。ミサイル1発を発射するごとに残弾数が1ずつ消費していき、残弾数が0になると使用不能になる。そのため、使用の際には残弾数に適宜注意しなくてはならない。ミサイルの残弾数は、敵やコンテナなどを破壊した際に出現するミサイルアモの取得によって補給できるほか、セーブルーム・ミサイルステーション・スターシップなどの設備を利用することで全回復できる。ミサイルタンクを取得すれば、保有数の上限値を増やすことも可能。, 『メトロイドプライムシリーズ』などの一部作品で使用されるミサイルには追尾機能が備わっており、攻撃対象をロックオンした状態で発射すると、ターゲットを自動追尾して着弾する。この特性により、通常のビームウェポンと比べて命中率が高く、使い勝手の良い武器となっている。, サムス・アランをはじめとするバウンティ・ハンターの面々や銀河連邦軍の兵士、メック、パイレーツ戦闘員など様々な戦士・戦闘員が使用している装備であり、また鳥人族・ルミナスなどあらゆる種族が独自に製造したミサイルも確認されているため、『メトロイドシリーズ』の銀河社会において広く使用されている武装であると推測できる。, 『ミサイル』サムスの基本的なサブウェポン。攻撃力の高いミサイルを撃ちます。RをホールドしながらYを押すことで発射。, ミサイル:アームキャノン内に装備された追尾機能を持つミサイルです。初期装備は5発で、ミサイルタンクを獲得すると所持数の上限が5発増加します。Yでミサイルを発射Aでビーム発射可能状態に戻ります。, サムスの記録:ロックオン完了後に発射したミサイルは、敵を捕捉し追撃する。攻撃力も高く、残量に注意して使いたい。, ミサイルは、アームキャノンに内蔵された追尾機能を持つ武器です。Yボタンを押すと発射します。Aボタンでビームに切り替わります。, ミサイルは、アームキャノンに内蔵された追尾機能を持つ武器です。↓で発射し、着弾時に爆発を起こします。Zボタンでロックオンして発射すると、ターゲットを追尾します。ミサイルは、ブリンストーン製の物質の破壊にも有効です。, アームキャノン内臓の基本ウェポンのひとつで、追尾機能を持っています。ファイアボタンを長く押して放すと、威力と追尾機能が強化されたミサイルを発射します。", 弾は倒した敵から集め、最大255発まで持てる。SELECTボタンを選んでBボタンで発射。, Yボタンでミサイルを発射します。敵をロックオンした状態で発射すると、相手をホーミングします。発射するとミサイルが減ります。, 「ミサイル」を入手すると、十字ボタン下でミサイルを発射できるようになります。敵をロックオンして発射すると、ミサイルは相手を追尾します。なお、発射するとミサイルの現在数が減ります。, パワービームよりも強力なウェポンで、チャージ攻撃が可能です。また、サムスのミサイルには、相手を追いかけて命中するホーミング効果ぎあり、チャージ攻撃を行うとホーミング効果が上がります。, 最初に手に入る、通常のミサイル。ノーマルミサイルを手に入れた時点では、10発まで撃てる。攻撃力はノーマルビームより高い。, ウェイブビームより威力が高い通常のミサイル。レッドゲートを開けられる。威力が高いが弾数が限られているので、相手を選んで戦おう。, 基本的なミサイル攻撃で、敵や対象物をロックしてから使用する。攻撃の対象物との間に障害物がなければ、攻撃がはずれることはまずない。, ミサイルは、使用回数に制限があるが攻撃力が高く、ロックオンした敵を追って飛ぶために命中しやすい。また、一部の障害物を壊したりゲートシールドを解除したりすることで、新たな地域へ進めるようになる。残弾数が少なくなったら、アイテムやミサイルステーションを訪れ、ミサイルを補充しておこう。ミサイルを発射すると、アームキャノンの発射口が開く。Aボタンで発射口を閉じるまでは、ビームを使えない。, ミサイルを1発発射する。敵を倒すのに使用するのはもちろん、ブリンストーン製の柱や床パネルなどを破壊するのにも使用する。, 銀河連邦旗艦オリンパスで入手できる能力。十字ボタンの下を押すことで、優れた破壊力を持つミサイルを発射できる。なお、対象をロックオンしてミサイルを撃つとホーミング(追尾)するようになるので、動きのすばやい敵にも有効だ。チャージビームより威力は劣るものの、チャージなしで撃てるため、攻撃のチャンスを逃しにくい。ビームとミサイルの最大の違いは、ミサイルには弾数制限があること。強力だからといってむやみにミサイルを撃っていると、いざという場面で使えなくなる。強敵に備え、ある程度の弾数は残しておきたい。敵を倒した際などに現れるミサイルアモを取れば補給可能。, ミサイルを発射する。攻撃するたびにミサイル用のアモを消費するが、弾がある程度敵を追尾しながら飛んでいくので、命中させやすい。パワービームより弾のスピードが遅く、連射もほとんど効かないが、高い威力を誇っている。速く動く敵を狙う際は、近づかないと命中しにくい。チャージすると追尾能力が高まり、威力も大幅に上昇。, アームキャノンから放たれる弾道ミサイル。敵をロックオンした状態で撃つことで、ターゲットを追尾する。ビームでは壊せない硬い壁もミサイルなら壊すことができる。使用数に制限がある。, アームキャノンに内蔵された追尾機能を持つウエポン。敵をロックオンした状態で発射すると相手をホーミングする。ブリンストーンでできた物質を破壊するのに便利。ミサイルと各ビームを組み合わせることで、より破壊力の高い攻撃が可能 (チャージコンボ) 。, アームキャノンに内蔵されており、ターゲットを追尾する能力を持つ武器。弾数制限はあるものの、着弾時の爆発が与えるダメージは比較的強力である。, メトペディア - メトロイド WikiはゲームジャンルのFandomコミュニティです。, アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://metroid.fandom.com/ja/wiki/ミサイル?oldid=22654, 『メトロイドプライム』では、YボタンとAボタンを交互に素早く押すことで、ミサイルの連射が可能となる裏技が存在する。この裏技は『Wiiであそぶ メトロイドプライム』においても健在である。しかし、後発のメトロイドプライムシリーズでは、この裏技は使用不可能となっている。. 発射されるまでは格納容積を小さくするために、主翼と垂直尾翼は弾体内や側面に折り畳まれており、飛翔時に空中でコイルバネのような機構によって展張される。多くの巡航ミサイルでは水平尾翼も同様である。, エンジンは同一の原型でも繰り返し使用される航空機用と異なり、油圧や始動機構といった補機類はできるだけ省かれ、コンパクトになるが圧縮比が低く性能の劣る遠心式圧縮機を採用するものもある。始動には火薬を使用したカートリッジスタータとイグナイタが使用される。 Missile 高度な電子頭脳を持ち、自動航行装置で長距離を飛行でき、正確に目標に命中する小型で高速の「トマホーク」の出現によって、航空戦は最初に巡航ミサイルで敵防空施設、対空装備を破壊し、対空脅威のなくなった後、艦載機が命中精度の優れた大威力の高性能爆弾を投下し、敵の重要施設や拠点を破壊する方法に変わった。これは偵察衛星、無人航空機による偵察活動と連携して行われる[10]。, 巡航ミサイルは主に通常弾頭で固定施設への精密攻撃に使用されている。アメリカ軍は湾岸戦争やイラク戦争のほか、アフガニスタン紛争などで反米勢力・テロリストを攻撃するため巡航ミサイルを多用した。ロシアもシリア内戦にアサド政権を支援して介入した際、空爆と併用して反政権側を巡航ミサイルで攻撃した。, 巡航ミサイルとその部品・技術は、弾道ミサイルと同様に国際的なミサイル技術管理レジームの規制対象である[11]。技術的には長射程の対艦ミサイルに近い兵器であるため、数百kmから1,000km以上離れた目標を攻撃できる性能のわりに、中長距離弾道ミサイルの開発・保有や発射実験に比べて、国際社会からの警戒や抗議、反対、圧力が少ない。このため、発展途上国や、中長距離弾道ミサイル・核兵器を保有しない先進国を含む多くの国も、巡航ミサイルを保有・開発している。日本のASM-3のように長射程化・高速化を追求し、巡航ミサイルに近い規模や設計・運用思想を持った大型の空対艦ミサイルも開発されている。, ロシアのプーチン大統領は2018年3月1日、予測不能な経路で低空飛行する巡航ミサイルは、ミサイル防衛システムに対して「無敵だ」と語った[12]。またロシアでは原子力推進を採用した巡航ミサイルの開発が行われている[13]。, 2004年の16大綱『中期防衛力整備計画(平成17年度-平成21年度)』の原案では、陸上自衛隊は島嶼防衛に使用する長距離支援火力として、射程300キロメートルの巡航ミサイルの研究開発をATACMSとHIMARSの導入と共に要求し、庁議の段階では盛り込んでいた。しかし、連立与党であった公明党の「明らかに専守防衛に反し、周辺国を刺激する」「自国に対地ミサイルを撃ち込む事になる」「ミサイルの推進方式を改良すれば射程を延ばす事は可能である」[14]との反発によって、いずれも土壇場で見送られている。また、同時期に海上自衛隊は先制攻撃のためのトマホークの取得をあからさまに要求してきたという[15][16][17]。, 2007年11月7日に行われた第10回日米安全保障戦略会議で、玉澤徳一郎元防衛庁長官がボドナー元米国防副次官に対して「中国の膨大な数のミサイルを考えた場合、発射されたこれらすべてを撃ち落とすことは不可能。ミサイル攻撃を受けた場合、まず重要施設をミサイル防衛で防護し、すかさずアメリカ軍機による相手発射施設の破壊を期待するより他ない。今後、わが国の防衛力を高めるには戦術抑止システムの配備を検討しなければならない」と述べ、具体的には「巡航ミサイルだ。米国の協力を得てわが国も保有したい」と述べた。同会議においてレイセオン社は日本に対してトマホークの導入を提案している。, 2009年に予定されていた新大綱策定と『中期防衛力整備計画 (2010)』で、自民党は『提言 新防衛計画の大綱について』において巡航ミサイルの導入を対艦弾道ミサイルの研究開発と共に要求した。しかし、第45回衆議院議員総選挙によって自民党から民主党へ政権交代したので、上記の要求は2010年12月17日に決定された民主党政権初の防衛大綱と『中期防衛力整備計画 (2011)』には盛り込まれなかった。, 2017年12月8日に、防衛省はJSM、JASSM-ER、LRASMの3種類の巡航ミサイル導入に向けた関連予算を平成30年度予算案に計上する方針を明らかにした。JSMはF-35Aに搭載され、JASSMとLRASMはF-15Jを改修して搭載される[18]。 1.

(CNN) ロシアのミサイル設計会社は27日までに、新型大陸間弾道ミサイル「RS-28サルマト(通称『サタン2』)」の画像を初公開した。同国の報道機関スプートニクは5月の時点で同ミサイルについて、「米テキサス州やフランス全土を消滅させる能力がある」と伝えていた。, ミサイルの画像はマキーエフ・ロケット設計局のウェブサイトに掲載された。タス通信は25日、国防省のボリソフ次官の話として、サルマトの弾頭は北極越しにも南極越しにも目標を破壊できると伝えた。, ミサイルの射程は1万1000キロ以上。弾頭は重量100トンで、「R-36Mボエボダ」の後継として設計された。, マキーエフのウェブサイトに掲載された説明によると、サルマトはロシア戦略軍の核抑止力を保証・実現する目的で設計され、ロシア軍と共同開発を進めている。マキーエフはロケットと宇宙技術開発を手がけるロシア最大級の研究開発機関。, ロシアとの軍事的緊張が高まる中で、北大西洋条約機構(NATO)はロシアと国境を接する国の防衛を強化してきた。ベルギーのブリュッセルではNATO国防相会合が開かれ、対応を協議している。, ロシア政府は今月に入り、米政府のロシアに対する「非友好的行動」を理由に、プルトニウム34トンの廃棄を定めた米ロの兵器削減条約を中断すると発表していた。, このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。. 登場作品 日本国産の超音速空対艦ミサイルxasm-3とは、防衛相技術研究本部が開発している空対艦ミサイルとなります。このミサイルの前段となる研究自体は1992年から行われており、20年以上の歳月をかけて開発されたと言っても過言ではないミサイルです。 英語名 ミサイルウェポン ダメージ量 日本の防衛大臣は「巡航ミサイル」という表現を避け、「スタンドオフミサイル」という表現を使っている。これは巡航ミサイルの導入目的が、長射程化する諸外国のミサイルの範囲外から攻撃すること(スタンドオフ攻撃)であり、敵基地を狙ったものではないという配慮だと考えられる[19][20][21]。, Ashley J. Tellis (編集), Michael Wills (編集) Christopher W. Hughes(著) 『Strategic Asia 2005-06: Military Modernization in an Era of Uncertainty』 Natl Bureau of Asian Research p.121, Military and Security Developments Involving the People's Republic of China 2014, U.S. Department of Defense, “ミサイル、「巡航」と「弾道」でなにがちがう? 射程だけじゃないそれぞれの特徴とは”, Remote Piloted Aerial Vehicles : The 'Aerial Target' and 'Aerial Torpedo' in Britain, http://books.google.ca/books?id=DANK-SZZh7YC&pg=PA16&lpg=PA16&dq=modern+aerial+torpedo&source=bl&ots=NJ4S4lYbJZ&sig=3mar-lBQUmNu8y8dJfDmFJ8OXGc&hl=en&ei=ORTGStrOJ4LY8Aa7tehC&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=6#v=onepage&q=modern%20aerial%20torpedo&f=false, ミサイル技術管理レジーム(MTCR:Missile Technology Control Regime,大量破壊兵器の運搬手段であるミサイル及び関連汎用品・技術の輸出管理体制), Russia will refit nuclear powered guided missile cruiser with mach 5 hypersonic 3M22 missiles with 2022 deployment - NextBigFuture.com, http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM09HAS_Z00C17A1FF8000/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=巡航ミサイル&oldid=78993515.