今回は、自分の守るべきポジションに悩んでいる人向けに、野球のポジション(守備位置)の適性・選び方を解説していく。, 野球におけるポジション選びというのは、野球をこれから始める人には特に重要な問題だろう。, 野球の花形であるピッチャーか、縁の下の力持ちであるキャッチャーか、機敏にファインプレーを見せる内野手か、グラウンドを縦横無尽に駆け回る外野手か・・・。, すべてのポジションに魅力があり、野球を始めようとする人にとっては悩ましいところだろう。, また、監督にとっても選手のポジション配置は重要な課題であり、選手の適性を見抜き、選手に相応しいポジションを与える事が出来れば、チームは何倍にも強くなっていくことだろう。, それでは早速、どの守備位置に、どのような選手を配置していくのが適性なのかを見ていこう。, どのような選手が、どのようなポジションに向いているのだろうか。投手から順に見ていこう。, 日本において、野球の花形ともいえるピッチャー。試合において、勝負を最も左右するポジションでもある。, 「肩が強い」や「球が速い」ということも適性のひとつであはあるが、最も重要視すべきは「コントロールの良さ」にある。, ”全力で腕を振った上で”ストライクが取れる選手で無ければ、試合は作れない。フォアボールを連発するような選手は、守備のリズム、ひいては攻撃のリズムまで崩しかねないからだ。, 狙ったところに100%ボールを投げられずとも、ストライクがある程度取れることは重要である。, また、メンタルの強さも大切。試合を左右する重要なポジションでもあるので、「打たれたらどうしよう」とか「ストライクが入らない」と動揺しないような心を持っていなければ、投手は務まらない。, キャッチャーは、「縁の下の力持ち」、「扇の要」とも言われる、チーム全体を支配しつつ支えなければいけないポジションである。, 有名な言葉に「打ち取ったらピッチャーのおかげ、打たれたらキャッチャーの責任」という言葉もあり、ピッチャーの力を最大限引き出しながら、内野・外野の守備位置を意識したり、バッターのクセなども把握していく必要があるだろう。, また、技術面でいえば、確実にボールをキャッチングできること、ボールを恐れず身体に当ててでも止められることも重要になる。, 少年野球のキャッチャーであれば、まずは確実にボールをキャッチングできることを重要視しても良いだろう。, ピッチャーはキャッチャーのキャッチングによって自分の調子を判断しているものだ。良い音で、しっかりキャッチングされると「今日の自分のボールは良い」と認識し、調子は上がっていく。, しかし反対に、キャッチした際の音が鈍かったり、ミットからボールをこぼされると、調子が沈んでいくのである。, また、ワンバウンドしたボールを身体に当て、確実に身体の前に落とすなどの技術や勇気も必要になる。, なので、ファーストの選手は他のポジションの選手にとって”的”のような存在が適している。背が高い選手や、大柄の選手はファーストに適正があるといえるだろう。, また、捕球体勢の都合上、けん制のタッチのしやすさや、捕球時にキャッチャー方向に身体を向けられる利点から、唯一左投げの選手が守ることのできる内野ポジションでもある。左投げの選手にも適しているといえるだろう。, 細かい動きよりも、しっかりした捕球が求められるため、俊敏性は他のポジションに比べれば重要度は低い。守備が苦手で、打撃に定評のある外国人選手などがファーストを守っていることが多いのは、このためである。, 打撃に魅力のある選手や、柔軟性を持っている選手には、最もおすすめしたいポジションだ。, セカンドの仕事は多く、守備範囲も広い。ゲッツーを取る場面や、ベースカバーに入る場面、バックアップや中継プレーと多岐に渡る。, また、速い打球にすぐさま反応し、捕球後はどこに投げれば最善であるかの一瞬の状況判断が必要となるため、俊敏性や小回りが利く選手、野球の知識に詳しい選手に適性があるといえるだろう。, 一塁に最も近いポジションであるため、肩の強さはさほど重要ではないが、捕ってから投げるまでの速さはかなり重要になってくる。, ゴロを捕球した後、瞬時にボールを正しく握り、適切な場所にボールを投げられる能力は必須といえる。, サードは通称”ホットコーナー”と呼ばれるポジションであり、内野の中でも特に強い打球が飛んでくるポジションである。, かといって、速い打球を恐れて後ろ気味に守っていると、ふとしたバント処理に対応ができない。サードはダッシュで前進しバント処理を行うことも多々あるので、速い打球に恐れず、素早く反応できる選手が求められるだろう。, また、ファーストへの距離が遠いため、肩の強さも必要になる。セカンド、ショートに比べれば俊敏性はいらないかもしれないが、一瞬の反射神経、的確にファーストへ送球できる肩の強さを持っている選手、更に言えばバッティングが得意であり、筋肉質な選手が適任といえる。, 速いゴロやライナーが飛んでくる機会の多いポジションなので、ボールを恐れない強心臓を持った選手に向いている。, .test1 { width: 300px; height: 250px; } 守備のスペクトラム(しゅびのスペクトラム、Defensive spectrum)は、セイバーメトリクスにおいて、フィールディングの各守備位置の連続性を示したものである。, 守備のスペクトラムは、次の通りに示される。

@media(min-width: 500px) { .test1 { width: 300px; height: 250px; } } 指名打者 - 一塁手 - 左翼手 - 右翼手 - 三塁手 - 中堅手 - 二塁手 - 遊撃手 - 捕手 - 投手の順である。, 多くのオリジナルのセイバーメトリクス概念と同様に、防御的な連続性はビル・ジェームズによって1980年代の彼の著作で最初に紹介された。スペクトラムの基本的な前提は、右へいくほど選手の守備負担が大きいことを表している。選手は一般的に左方向へ向かってコンバートされていくが、右方向へコンバートさせる事は非常に危険である。最初に遊撃手としてプロ入りした選手が最終的に異なる守備位置で終える可能性は一塁手より遥かに高い。, 打球への反応の速さを(RT)、初動の正確さを(RD)、空間認識能力を(RR)、走塁力を(SP)、捕球の正確さを(HD)、腕の強さを(AS)、送球の正確さを(AA)で示す。数値が高いほど、その守備位置において重要となるスキルである[1]。, 野球の130年の歴史を振り返った分析では、守備のスペクトラムが一度だけ変化している事を示している。19世紀後半と20世紀初頭に、三塁は一般に二塁よりも困難であると考えられた。この時代は併殺プレーも比較的稀だったので、ゴロを二塁手よりも遠い位置から投げなければならなかった三塁手の守備の責任は二塁手よりも高く、ナップ・ラジョイやロジャース・ホーンスビーに代表されるように優秀な打者は三塁手より二塁手に多かった。 @media(min-width: 800px) { .test1 { width: 336px; height: 280px; } }, ショートはメジャーリーグにおいて最も人気のポジションであり、日本でのピッチャーよりも競争率が高い。, セカンド同様、俊敏さが求められ、カバーリングなど、行う仕事が多いポジションであり、セカンドよりもファーストへの距離が遠いため、肩の強さも重要視される。, 特に、右打者の打球が転がってきやすいポジションであるため、打球に追いつくまでの反応の速さは俊敏さ、捕ってからファーストへボールを送る動作の速さ、そして送球したボールのスポードも必要であるので、内野手の中でも最も守備の上手い選手が適任だろう。, 逆シングルキャッチなど、ケースによって最適な動きが求められるポジション。セカンド同様、頭の回転が速い選手や、広い視野を持って考えられる性格の選手に向いているだろう。, 外野手は主にバッティングが得意な選手が守ると思われがちだが、決してそのようなことは無い。, 外野手がボールを後ろに逸らせば大量失点を招いてしまったり、不用意にランナーを進塁させてしまうからだ。, プロ野球においても、守備の苦手な外国人選手が守っていることが多いが、あの場合はエラーによる失点を含めても打撃において試合に出すメリットがあるからこそ成り立つのである。, レフトは右打者の打球が引っ張った際の強い打球が飛んでくる可能性が高く、その打球の飛距離を判断し、確実に捕球する能力が求められる。, さらに、これは外野手全般に言えることでもあるが、打球は飛距離が伸びれば伸びるほど、ボールに掛かっている回転が打球に変化をもたらすため、予想よりも飛んでこなかったり、左右にブレたりすることもあるので、それを含めた打球への判断力が必要になるだろう。, また、クロスプレーの場合には0.5秒の差でセーフかアウトかが決まる。そのため、肩の強さや中継への正確な送球も求められる。, レフトとライトの場合は、どちらかがファールゾーンとなっているが、センターに飛んでくる打球は全てフェアゾーンにあるボール。その分、前後左右への素早い動きが必要であり、いち早く打球に追いつく必要性もあるので、足の速い選手に向いているだろう。, また、キャッチャーと同様、球場全体を見渡せるポジションでもある。キャッチャーが内野手のポジショニングに気を配っているのであれば、センターの選手は外野手のポジショニングを調整していく視野の広さが求められる。, 守備において重要な、キャッチャー、ピッチャー、ショート、セカンド、センターを結ぶ”センターライン”の最後方ラインにもあたるので、打球への判断力はもちろん、広い視野を持って試合に臨める選手が適任と言えるだろう。, これは、一昔前に「ライパチ」という言葉があり、「ライトで8番打者(投手を除いて一番遅い打順)」と揶揄されていた影響が大きいだろう。, だが、現代野球においてそのような考え方は通用しない。例え守備が下手な選手であっても、よほど打撃センスの光る選手で無ければ起用は難しいだろう。, 現在の野球においては、イチロー選手がライトを守っていることも影響し、「ライトに置ける守備スキルの重要性」はかなり認知されてきているようだ。, そもそもライトの仕事は外野手の中でも多く、内野手の送球が一塁に送球された場合やけん制球が投げられた場合、その都度カバーに走る必要がある。, また、ランナーは進塁する度にライトから遠ざかっていく。そのため、バッターはランナーを進塁させたい場合にライト方向を狙って打ってくる。, そういった打球が飛んできた場合、肩の弱い選手や送球が不安定な選手では、余分な進塁を招いてしまう可能性が高く、最悪の場合には得点に結びついてしまう。, 強肩であること、送球が正確であることは、ライトにおいて必須となるスキルといえるだろう。だからこそ、イチロー選手はライトを任せられているのだ。, 守備に関する適性について、簡単に説明させて頂いたが、これを読んで「やりたいポジションがあるけど、適性が無いから諦めよう」とはしないでほしい。, 飽くまでも”守る上でこの適正があれば更に良くなる”というだけであり、努力や練習によって補うことはいくらでも可能である。, そもそもスポーツは楽しんで行うものであり、自分のしたくないことをするより、例え人より多くの努力が必要になったとしても、自分のやりたいことを貫き通すほうが、確実に野球を楽しめることだろう。, ただ、もし「少年野球をこれから始めるが、どこを守ろう」と悩んでいる人は、上記で説明した適性を参考に、これからの野球人生をより良いものにしていってくれれば幸いである。. 【2020年】MacBook Air/Proと一緒に買うもの6選!アクセサリー&便利グッズのおすすめはこれだ!, 【KN-HW24E レビュー】ヘルシオホットクックは共働き子育て世代こそ必須の家電!, iPhone&iPad Pro/Air/miniで外付けSSD/HDDは使える?おすすめの外部ストレージも紹介!. Copyright (C) 2020 infield fly All Rights Reserved. なぜなら、小学校から現在まで野球を15年以上楽しんでいる私が、野球に詳しくない方にも分かるように、徹底的に分かりやすく各ポジションに関する特徴・役割をまとめたからです!, 本記事では「野球の各ポジション・守備位置の特徴・役割、番号・英語・漢字表記、各ポジションの守備力の重要性」についてまとめています。, 各ポジションの特徴・役割を理解すれば、今までよりもっと野球を楽しむ事が出来るようになりますよ!, ファースト、セカンド、サード、ショートをまとめて「内野」、レフト、センター、ライトをまとめて「外野」と言います。, また、キャッチャー、ピッチャー、セカンド、ショート、センターの事をまとめて「センターライン」と呼ぶことも覚えておくと良いですよ。, センターラインは、9人のうち真ん中(センター)に集まっているポジションのことですよ!野球で特に守備力が重要視されるポジションなんです!, ダイヤモンドの中央にあるピッチャーマウンドから、キャッチャーに向かってボールを投げ込み、打者と直接対戦する唯一無二の存在。, ピッチャーの能力、調子によって試合の勝敗が決まる事が多く、調子が良いピッチャーはまさしく試合を「支配」することが出来ます。, ・野球の勝敗の7割はピッチャーで決まると言われるほど、重要なポジション ・野球のポジションで1番運動量が多くて大変 ・守備面ではピッチャー返しを処理する反応の速さと、バント処理でのフィールディングの良さが求められる, ピッチャーの特徴・役割や求められる能力についてもっと詳しく知りたい方は、 >>野球のポジション・守備位置におけるピッチャーの特徴・役割(作成中) という記事でもっと詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。, キャッチャーは、プロテクター・マスクと呼ばれる防具を身に付け、投手の投球を受ける野手の中では異質な存在。, 試合におけるキャッチャーの重要度は高く、「投手の投げる球種やコースを決める」「相手チームの選手の状況を判断する」「サインプレーの司令塔」等といった多くの役割を担います。, ・守備の要・チームの司令塔と言われ、頭も体も使う負荷の大きいポジション ・ピッチャーの球種・コースを決めたり、守備時のサインプレーを決めたりする ・常に周りを見渡せる観察力と、相手の嫌がる事を徹底的にやり抜く意地悪さが求められる, ここでは書ききれない、キャッチャーに求められる能力や、向いている性格などについては >>野球のポジション・守備位置におけるキャッチャーの特徴・役割(作成中) という記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい!, ファーストは、一般的には打力のある選手が守る事が多く、守備力がそれほど求められないというイメージがあると思います。, しかし、実際には内野の中で最もボールに触れる機会が多く、特に求められるのが「捕球力」です。, 草野球では、ファーストにある程度上手い人を置いておかないと、エラーだらけで試合が進まなくなっちゃいます。, ただし、守備範囲の広さはそれほど求められにくいポジションなので、足が速くない人でも十分に守る事が出来るポジションです。, ・ピッチャーキャッチャー以外では1番ボールに触れる機会が多いポジション ・プロ野球では打撃特化の選手が多く、外国人選手が守る機会が多い ・一見守備は楽そうなイメージを持たれがちなポジションだが、実は守備力が重要で、特に捕球力が求められる, ファーストに必要な能力や、もっと詳しい役割等については、 >>野球のポジション・守備位置におけるファーストの特徴・役割(作成中) という記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。, 連携プレーに絡む事が多く、サード、ショートゴロでのダブルプレーでの連携や、盗塁時の二塁のカバー、バント処理時の1塁カバー等、本当に担う役割も多く忙しいポジション。, セカンドゴロを捌く場合は、一塁との距離がサード、ショートに比べると近いため、肩の強さはそれほど求められません。, ・ショートに次ぐ内野の要と言われ、守備力が重要なポジション ・一塁への距離が近いため、ショートと比べると下がって守る事が多い ・一塁への距離が近いため、肩の強さはそれほど求められないが、併殺プレーを完成させるためには肩が強い方が良い ・球際への強さ、守備範囲の広さが特に求められる, そんなセカンドに求められる能力や、向いている選手のタイプ等といったもっと詳しい情報は、 >>野球のポジション・守備位置におけるセカンドの特徴・役割(作成中) という記事でまとめていますので、気になった方はぜひ参考にしてみて下さい。, サードは「ホットコーナー」と呼ばれ、右打者が放った痛烈・強烈な打球が飛んでくることが多いポジション。, 打球が速いため、打球を体で食い止めさえ出来れば、一塁への送球は間に合うことが多く、体を張って打球を止める姿はサードの醍醐味ですよね。(守ってる側としては打球速過ぎてめちゃくちゃ怖いです。笑), サードは逆シングルで捕球した場合、一塁への距離が比較的遠いため、肩の強さが求められます。また、バント処理ではダッシュ力も重要ですね。, ・ホットコーナーと呼ばれ、痛烈な打球が飛んでくる機会が多い ・サインプレーに関わる機会が少なく、実は内野で1番忙しくないポジション ・ただし打球はめっちゃ早くてとにかく怖い ・早い打球への反応速度と、逆シングルで対角に正確な送球ができる肩の強さが求められる, そんな男気溢れるサードに求められる能力、詳しい役割については、 >>野球のポジション・守備位置におけるサードの特徴・役割(作成中) という記事でもっともっと詳しく紹介していますので、気になる方はぜひ読んでみて下さい。, 捕球してからもたついてしまうと一塁がセーフになってしまうので、捕球してから送球に至るまでの動作の速さも必要ですし、送球の正確さも重要。, また、連携プレーに絡む事も多く、セカンド・ファーストとのダブルプレーや、外野との中継プレー、盗塁時のセカンドベースのカバー等、本当にたくさんの役割を担う、とっても忙しいポジションです。, ・内野の花形と呼ばれ、打球を処理する機会が多く守備力が求められるあるポジション ・サインプレーに関わる機会も多く、内野で1番忙しいポジション ・肩の強さ、捕球から送球までの早さ、守備範囲の広さと、総合的な守備力が求められる, そんな守備の華とも呼ばれるショートに向いている能力や、まだまだ紹介しきれていない役割については、 >>野球のポジション・守備位置におけるショートの特徴・役割(作成中) という記事で詳しく解説していますので、参考にしてみて下さい。, もちろん守備力があるに越した事はないですが、外野の中では比較的求められにくいポジションです。, しかし、草野球ではレフトにやたらと打球が集まる事が多いので、守備力のある人を置くべきなので、ご注意を。, 草野球って右打者が多くて、みんな引っ張りたがるからレフトによく打球が集まるんですよね…笑, ・左打者のライン際の切れる打球が難しい ・三塁への距離が近いので、肩の強さはそれほど求められない ・外野の中では比較的守備力が求められにくいポジション(草野球ではよく打球が飛んでくるので守備力必須), レフトに求められる能力、向いている選手の特性等の詳しい情報については、 >>野球のポジション・守備位置におけるレフトの特徴・役割(作成中) という記事で解説していますので、気になる方はぜひ読んでみて下さいね。, 打球が飛んでくる機会も多いですし、外野のあらゆる打球を処理する必要があるため、守備範囲の広さが求められます。, レフトやライトに比べると、素直な打球が飛んでくることが多いため、打球判断は比較的やりやすいポジションです。, ただし、センター真正面に綺麗に飛んでくるライナー性の打球の打球判断はめっちゃ難しいです!ボールは揺れるし、前出たらいいのか後ろに下がったらいいのか、瞬時に判断するのが大変!, ・外野の中では素直な打球が多く、比較的打球判断が付きやすいポジション ・ただし、正面のライナーの打球判断は激ムズ ・外野の中では最も守備範囲の広さが求められる, そんなセンターに求められる能力や適性について、もっと詳しく書いた内容は >>野球のポジション・守備位置におけるセンターの特徴・役割(作成中) という記事でまとめています。お時間ある時にぜひ読んでみて下さい。, 特に見せ場なのが、ランナー1塁でライト前ヒットを打たれた場面、1塁ランナーはすかさず2塁から3塁への進塁を試みます。, そこでライトから矢のような送球が3塁に届き、ランナーをアウトに出来れば、一気にチャンスの芽をつぶす事が出来るので、ライト最大の見せ場ですよね。, 肩が強いライトという印象があれば、それだけでランナーの抑止力に繋がるので、肩の強さと送球の正確さは本当に重要です。, ・センターに次いで守備力が求められるポジション ・ランナー1塁でのライト前ヒットからの三塁へのダイレクト送球が最大の見せ場 ・三塁への正確な送球が必要な場面が多く、肩の強さとともに送球の正確さが求められる, ここでは書ききれない、ライトに求められる能力や、ライトを守った事がある人にしか分からない経験談については、 >>野球のポジション・守備位置におけるライトの特徴・役割(作成中) という記事で詳しく解説していますので、気になる方はぜひご覧ください。, DH(指名打者)とは、守備にはつかず、打撃を専門に行う選手のことで、投手の代わりに打席に立ちます。, DH(指名打者)については、 >>【野球】DH(指名打者)とは?知っていると野球がもっと楽しくなる! という記事で詳しくまとめていますので、DH(指名打者)についてもっと知りたい!という方はぜひご覧ください。, 各ポジションの名前と番号、漢字表記と英語表記を覚えておくと、色々な場面で役立ちますよ!, 「WAR」という指標については、 >>【野球指標】WARとは?全ての選手の総合的な貢献度を数値で評価! という記事で詳しくまとめています。, 捕手: +10.0得点 遊撃手: +7.5得点 二塁手: +3.0得点 三塁手: +2.5得点 中堅手: +2.5得点 左翼手: -7.5得点 右翼手: -7.5得点 一塁手: -10.0得点 指名打者: -15.0得点, やはりセンターライン(キャッチャー、セカンド、ショート、センター)に求められる守備力の重要度は高くなっている事が分かりますね。, この結果から、やっぱりショートは内野の中で最重要ポジションという事が判明しました!, 本記事では「野球の各ポジション・守備位置の特徴・役割、番号・英語・漢字表記、各ポジションの守備力の重要性」について解説しました。, その違いや特性を理解した上で野球を見ると、今よりももっと野球を見るのが楽しくなりますよ。, 以上、「野球のポジション・守備位置の特徴を野球経験10年以上の僕が徹底解説」という記事でした。, しかも今なら、5000円以上の初回チャージで1000円分のポイントがもらえるお得なキャンペーンを実施中。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 守備のスペクトラム(しゅびのスペクトラム、Defensive spectrum)は、セイバーメトリクスにおいて、フィールディングの各守備位置の連続性を示したものである。. 概要. その結果、当時の守備のスペクトラムはこのように示される。, 一塁手 - 左翼手 - 右翼手 - 二塁手 - 中堅手 - 三塁手 - 遊撃手 - 捕手 - 投手, しかし、1920年代から1930年代には、守備のスペクトラムが変わり始めていた。併殺の増加は二塁手の守備の責任を増加させていった。1938年にセントルイス・ブラウンズのハーロンド・クリフトがシーズン30本塁打を放ち、初の攻撃型三塁手として注目された。1945年までには二塁は三塁よりも重要度の高い守備位置として確立された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=守備のスペクトラム&oldid=69393313. 野球は9人で行うスポーツであり、それぞれに守備位置が決められています。ここではその基本について説明していきます。まず投手は最も重要なポジションです。 © 2020 かつおろぐ! All rights reserved. 野球の各ポジションの位置は下記画像の通りです。 (野球のポジションを一目見て分かる画像で表す) ピッチャー、キャッチャーの事を「バッテリー」と言います。 ファースト、セカンド、サード、ショートをまとめて「内野」、レフト、センター、ライトをまとめて「外野」と言います。 また、キャッチャー、ピッチャー、セカンド、ショート、センターの事をまとめて「センターライン」と呼ぶことも覚えておくと良いですよ …