c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, 階段の高さは 0.5 で作成し、最後の段だけ 1.0 で作成。 0.5 の段は登れるけど 1.0 の段は登れない設定で作成しています。, 今回は「Character Controller」をImportして使用しました。Character Controllerではこの部分で設定出来ます。 Slope Limitでどの位の傾斜の面まで登れるかを指定します。今回は階段なので90°を設定します。, Step Offsetでどの位の段差まで登れるを設定します。今回は 0.5 を設定しました。, 階段を登る時にはそれっぽいアニメーションが欲しい所では有りますが今回使ったモデルではその様なアニメーションが無いので省いて有ります。, nakamura001さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;

モーターで動かすダンボール製ビー玉持ち上げ装置「階段リフト」の作り方、後編スタートです!前編を見てない方はこちら→ 前編, 前編では、階段1(動かない方)を作りました。後編では、階段2(動く方)を作り、モーターにつなげて完成させます!※使う物は前編で確認してください。, 同じ色の点と点を結びます。点はたてと横の線が交わるところです(場所を間違えないよう注意しましょう)。, 斜めの線4本のうち、真ん中の2本をつなげます。同じ色の点を結んでください。※斜めの線と横の線が交わるところが点です。, カッターで切り取りましょう!線がいっぱいあるので間違えないよう気をつけてください。, 全部貼ると下の写真のようになります。※左から2番目は1本少なくできた気もしますが、その辺は皆さんの裁量にお任せします。, ストローを入れるための穴をあけます。切り取る前の方が丈夫なので、先に穴をあけます。千枚通しを使って小さい穴をあけたら、鉛筆を少しずつ入れてちょうどいい大きさにします。ピッタリの穴ができたら切り取りましょう。, 最後に、つまようじを下から4段目のフタに差します。場所は真ん中あたり(フタの真ん中という意味ではなく、階段全体の長さのちょうど半分という意味です)。, つまようじは裏側のギリギリはみ出さないところまで深く差します。ボンドがはみ出たらキレイにふきとってください。.

ダンボール工作 ビー玉コースター 階段 作り方2 Youtube.

d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) モーターで動かすダンボール製ビー玉持ち上げ装置 「階段リフト」の作り方、後編スタートです! 前編を見てない方はこちら→ 前編. ブログを報告する, Unity 4.1 で追加されたMecanimのアニメーションの録画/再生機能を使ってみました, ダイキンCGユーザー事例セミナー2012 秋でCC2の「Unityを使用したスマートフォンゲーム開発…, Addressables パッケージの 1.8.3/1.8.4 で Sprite Atlas のロード時にエラー, Android 環境で AssetBundle 化した Video Clip を再生する時の注意点, プロジェクトビューでアセットをダブルクリックした時に VS Code で開く問題の解消法, Unity の Analytics 機能が行っているユーザ情報の送信を全て止める方法, ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド風 Toon Shader のチュートリアル. 「階段の作り方」動画の中で紹介しています。 滑車の作り方も動画を公開していますので解説は省略します。 このエレベーターでは滑車とアームを使いましたが、滑車と糸でも作れますね! 糸で引っ張るエレベーターは、 ビー玉コースター17 で登場します。 ただのビー玉が坂道を延々と上り続ける。そんなLupinIIIさんの「永久機関を作ってみた」、という動画が話題になっています。作る過程もおさめられた動画をまずは、ご覧ください。通常の動きをする模型との比較もあって、頭が混乱してしまいます。

Diy かわいい収納家具 階段型オープン棚 キャットタワーの作り方 Vol 1. | (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); msmaflink({"n":"タミヤ 楽しい工作シリーズ No.110 4速クランクギヤー (70110)","b":"タミヤ(TAMIYA)","t":"70110","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/61iTuJKwcML.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B001Q131WQ","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1776500","rakuten":"1728142","yahoo":"1776576"},"eid":"XgVAx","s":"s"}); こちらのモーターはタミヤ「4速クランクギヤーボックス」です。同じモーターを使う人は、同じ高さの台を作ってください。違うモーターを使う人は、ちょっとした計算が必要です。幅や奥行はモータ―を測って、きちんと乗っかるサイズにすればOK。高さについては、これから紹介する計算方法で答えを出しましょう。簡単な計算なので算数が苦手でも大丈夫!まず、台の高さが分からないのでX(エックス)とします。, ここまで測ればもう答えが出ます!a-b-7=答え この式に測った数字を当てはめるだけ!※7はどっからきたの?とか深く考えなくて大丈夫。, 同じモーターの場合は、16.4-1.1-7=8.3㎝で作ってください。幅と奥行きはお任せします。, 1.6~2㎝くらいの円を2つ用意して、つまようじサイズの穴をあけてアームにフタをします。接着剤は使いません。, 次は、モーター台を土台に固定します。固定する場所は、モーターのシャフトが階段のつまようじの真下にくる位置(下の左の写真)で、アームが少し斜めになるくらいの位置(下の右の写真)。真っすぐでもOK。※一発勝負でもいいけど、やっぱり固定する前にテストしておきましょう!円盤にアームを取り付け、モーターと電池ボックスをつなぎ、台を手で押さえた状態でスイッチを入れて動かしてみましょう。実際に動かしてみて、一番よく動くところに設置するのがベスト!, これで階段が完成しました!あとはビー玉の入口や出口にレーンをつなげて、自分好みのビー玉コースターを作ってください!ここから先は、玉の入口を作る時のアドバイスというか補足です。, レーンは、階段が一番下にあるときの最下段の高さより2㎜くらい高い位置に設置。また、階段とレーンの間に2㎜くらいのすき間をあけましょう。, 動画を確認してもらえれば分かりますが、階段が持ち上がったときに入口で待機しているビー玉が一緒に持ち上がるときがあります。レーンから落ちそうになるので、それを止めるためにこの半円を付けます。, 円盤にアームを取り付け、モーターと電池ボックスをつなぎ、台を手で押さえた状態でスイッチを入れて動かしてみましょう。. b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript

ミニビー玉コースター登場!と言っても、使っているのは8mmのビーズなので正しくはミニビーズコースターなんでしょうけど、そんな小さなことは気にしないでください。ルールに縛られてたら面白いアイデアなんて生まれません!, という訳で、「エレベーター」作りと「階段」再挑戦が課題のこの作品。エレベーターは今回が初挑戦。一度に玉3個を運べる装置で、裏の滑車を使って動かしています。階段は同じ段に玉が2個乗れる仕様で、カムを使って動かしています。前回の階段では、滑りやすくするためにお掃除用コロコロのシールを使いましたが、今回はコロコロを使わずに作るというのが課題でした。この2つの仕掛けを簡単に解説していきます!, エレベーターは上下に往復する動きをするので、直線的な往復運動が必要です。しかし、滑車の動きは往復運動ではなく回転運動なので、滑車の力を利用してエレベーターを動かすためには、回転運動を往復運動に変える必要があります。それを実現しているのがアームです。アームは上下の穴につまようじを挿しているだけ(固定していない)なので稼働します。下のつまようじは回転運動ですが、上のつまようじは柱にあけた溝に沿って動くので往復運動になります。これでエレベーターが上下に動くという訳です。回転運動を往復運動に変えるこの方法は、色んな装置に使えるのでぜひ作ってみてください。「階段の作り方」動画の中で紹介しています。滑車の作り方も動画を公開していますので解説は省略します。このエレベーターでは滑車とアームを使いましたが、滑車と糸でも作れますね!糸で引っ張るエレベーターは、ビー玉コースター17で登場します。, エレベーターの箱が下りてきた時に入口前のストッパーを押し下げて玉を入れる仕組みになっているのですが、これが一番難しかったところです。ビーズは完全な球体ではないので、転がる勢いが弱いと途中で止まることがあります。それが、エレベーターに入るタイミングで発生すると詰まりの原因になるので、止まらないようにするための工夫が必要でした。最終的に入口周りの平坦な部分を無くし微妙な傾斜をつけたことで改善したのですが、既に完成していたコースが邪魔になってしまい修理に時間がかかりました。部品一つ一つも小さかったので余計に大変でした。, 途中で止まったりする気まぐれさはデメリットかも知れませんが、そんなビーズにもメリットはあります!同じサイズのビー玉より軽い!種類もビー玉より豊富!しかも安い!なので、きっとまた使うと思います!, なので、きっとまた使う日がきっと来るでしょう!使用したモーターはタミヤ「低速ギヤボックス」.

||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); 動画でーすということでざっくり完成ご希望ありましたのでビー玉転がすムービーですえー。地味で、、シュールです。笑材料方眼画用紙 1袋厚目の画用紙 1袋… msmaflink({"n":"タミヤ 楽しい工作シリーズ No.227 カムプログラムロボット 工作セット 70227","b":"タミヤ(TAMIYA)","t":"70227-000","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51B-kEyMGpL.jpg","\/51pi4QH072L.jpg","\/41V5JHg2lNL.jpg","\/61j2pQ9RuSL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B073S47B11","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1776500","rakuten":"1728142","yahoo":"1776576"},"eid":"o0xJA","s":"s"}); 3、階段を土台に設置する。まず、土台となるダンボールを用意します。大きいビー玉コースター作るつもりで大きいダンボールにしましたが、階段を立てて手前にモーターを設置できるくらいの大きさでも大丈夫です。階段1の足の裏にボンドを塗って台に立てます。向きを間違えないよう注意しましょう!, 次に、階段2を設置するための柱を作ります。長さ15㎝で、幅1㎝を2枚、幅3㎝を2枚 用意して、柱に組み立てます。, 高さ15㎝、幅3㎝、奥行1.6㎝の柱が出来上がったら、ボンドを塗って、階段1にくっつけます。下は土台にくっつけてください。, 続いて、シャフトを立てるためのパーツを作ります。下の写真のように9.6㎝×3㎝のダンボールに線を引いて印をつけます。, シャフトとピッタリの穴をあけます。穴をあけてから切り取って、3枚ずつ重ねて貼り合わせます。, シャフトを立てて固定します。接着剤は穴の中に塗ります(上にはみ出ないように)。※多少のズレなら何とかなりますが、なるべく垂直に立ててください!, もう一つは下に貼ります。シャフトは右寄り。階段の端から右に1.5㎝はみ出るように貼ってください。, 乾いたら、階段2を入れて手でつまようじを持ち上下に動かしてみましょう!スムースに動けばOKです!スムースに動かない時は原因を見つけましょう。, 4、モーターを取り付けて、玉の入口を作る。いよいよ最後の工程です!あとひとふんばり!まずは、円盤を作ります。半径4㎝の円を3枚用意。, 切り取ってボンドを塗り、3枚重ねます。※このパーツは円じゃなくてもイケますが、見た目がいいので円にしてます。, 裏からグルーガンで接着します。表はシャフトがはみ出さないように気をつけてください。, 印をつけて、つまようじを入れる穴をあけます。穴は、つまようじをくるくる回せるくらいの大きさです。, 角を丸くしましたが、見た目を良くするためなのでやらなくても問題ありません。これでアームは準備OK!. 前編では、階段1(動かない方)を作りました。 後編では、階段2(動く方)を作り、モーターにつなげて完成させます! 階段を登る処理。指定の高さより段差が高い場合には登れない様に設定したサンプル。実際の動作はこちらで試せます。ソースコードはこちら。階段の高さは 0.5 で作成し、最後の段だけ 1.0 で作成。 0.5 の段は登れるけど 1.0 の段は登れない設定で作成しています。