LJLにオフィシャルパートナーとして、日本最大級のデリバリーサービス「出前館」が協賛決定。試合会場か[…], 「DeToNator」がVALORANT部門の始動を発表 国内屈指のプロゲーミングチーム「DeToNator」がVALORANT部門の始動を発表しまし[…], CYCLOPS athlete gaming がVALORANT部門の設立を発表しました。当サイトでもご紹介している『野良連合』『Sengoku Ga[…], 国内屈指の日本のプロチーム「DETONATOR」が VALORANT部門を始動開始!, 【賞金総額3億円】『PUBGモバイル』eスポーツリーグが2021年2月より開催!NTTドコモ主催で選手全員に対して年間350万円以上を保証!, 『第3回全国高校eスポーツ選手権』ロケットリーグ部門 予選組み合わせ決定!全国178チームがエントリー!, プロゲーミングチーム“FAV gaming”、音響機器ブランド「JBL」によるスポンサーが決定!, 地域活性化にeスポーツを活用!横須賀市とNTT東日本&NTTe-Sportsが連携協定を締結, ゲーミング周辺機器の大手SteelSeriesが「せとうち ENLIFE」とスポンサーシップ契約を締結!, 国内優勝実績をもつプレイヤーで出撃!Sengoku Gaming VALORANT部門にFlame選手、Pepper選手が加入!, 「野良連合」がVALORANT部門を設立、CS:GO、CODシーンよりプレイヤーを獲得. 楽しく熱意の伝わるゲーム記事を書いていきたいと思います!, 2017年9月27日2018年1月5日e-sportse-sports, スタークラフト, 韓国.

SK telecom T1(以下SKT)は、Legue of Legends(以下LOL)史上、最も成功したチームだ。, FakerというLOLに留まらず、esportsシーン全体に名が轟く選手を有し、数多くの実績を残している。, 最もレベルの高いといわれる韓国地域で優勝した回数は数えきれないほどであり、世界大会も5度の優勝を遂げている。, LCKにはDeft、Viper、Rulerと素晴らしいADCが揃っているがその中でも、「最強はだれ?」と問われたらTeddyの名が一番多くあがるであろう。それほどまでに、SKTでのTeddyの活躍は凄まじい。, Bangという先代の偉大なADCの後釜ということもあり、プレッシャーも凄まじかったはずだろう。, しかし、Teddyは期待以上のキャリー力をファンに見せつけ、何度もMVPを取得した。, 死なない、キャリーする、マクロも素晴らしいと全く隙のないように見えるが、無理に弱点をあげるとすると大舞台の経験がないことぐらいだろう。, 今後MSIやWCSといった世界大会において、本来の力を発揮できるかどうかが課題である。, しかし、本来の力を発揮できたとき、Teddyという名はもしかするとあのADC界の絶対王者『Uzi』をも超える名声を手に入れるかもしれない。, Season9で4人メンバーを入れ替えたSKTは、個々の実力に疑いはないものの、チームの連携が不安視された。, しかし、最初から素晴らしい連携をSKTは披露し、さらにその連携や戦術は試合を重ねるごとに深みを増していく。, 「アナザーレベル」とも称された、もう一つの化け物チームGriffinには後れをとってしまったがリーグ戦を2位につけた。, そして迎えたプレイオフ、SKTは準決勝からのスタートになったが、その相手はKingZoneDragonX(以下KZ)。, KZはリーグ序盤こそ低迷したものの、途中からエースのDeftを中心にGriffinを破るなど破竹の連勝を決める。, プレイオフでもDWGを3-0で破って準決勝に進出し、最も勢いにのったチームだった。, しかし、Deftが霞んでしまうほどに眩い活躍を見せるTeddyや、やはり強かったと再認識させられてしまうFakerらの活躍によりSKTは3連勝。, 迎えた決勝戦、相手は2018年より頭角を現し今では時の人となったチーム「Griffin」。, エースであるTarzanやFakerよりも強いのではないかとささやかれるChovyなどを抱えた超強豪チームだ。, その奇抜な戦術と、Griffinのとんでもない技術に劣勢に立たされてしまったSKT。, しかし、最後のところでふんばり、試合を長引かせ自分たちの時間まで耐え抜いたSKTは試合をひっくり返す。, とくに最後の瞬間は2016年にPraYという伝説的選手が決めた長距離アローを彷彿とさせるTeddy選手のビックプレイもあり逆転勝利を収めた。, そしてこの勝利で勢いにのったSKTは2試合目、3試合目と序盤からリードを奪い全く隙の無い試合展開で3連勝しLCK Spring王者に輝いた。, LCK Springを優勝したSKTはMid-Season Invitational(以下MSI)の出場を決めた。, 世界最強地域として君臨してきた韓国だが、去年はMSI、WCSという2つの世界大会で中国に王者の座を奪われている。, SKTという、伝説的チームの誇りとして、そして最強地域韓国という称号を奪い返すため。, しかし、2017年にWorlds決勝で3連敗を喫し、2018年には世界大会はおろか、国内でも勝てなくなってしまったのだ。, 19歳という年齢ながら、レジェンドであるFakerにもしっかり意見をぶつけ、チームを引っ張ている。, そして2018年にスタメン4人を放出し、新たなメンバーを加え、新生SKTとなったが, 新生SKTで、トップレーン、ボットレーンどこからでもキャリーできるようになったが、Fakerはその新しい力に全く引けを取らない実力を発揮している。, 何度も栄光を掴み、つい練習を疎かにしてしまって、実力が新しいストイックな選手に抜かれてしまうというのはよく聞く話である。, 彼らは何度もチームをキャリーしてきたが、ADCがキャリーするにはSUPの手助けが必要であり、. ... 【FF14】オンラインゲームのチームが、お互いをブロックしあう最悪の結末… ※海外プロゲーミングチームについては世界上位のプロゲーミングチームのみ掲載しております。, Evil Geniuses(エビルジェネシス)はアメリカ(サンフランシスコ)を拠点に設立されたプロeスポーツチーム。Dota2、League of Legends、StarCraft II、World of Warcraft、Halo、Call of Duty、Rocket League、Rainbow Six Siege、PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSなどで数々の結果を出してる古参のプロチームです。, Cloud9(クラウドナイン)は「Echo Fox」「Evil Geniuses」同様アメリカのeスポーツチームの名門として2013年の設立から現在までマーチャンダイズにも積極的で大型トレーニング施設も所有しているトップチームです。プロeスポーツチームしてはTwitchをはじめSNSのフォロワー数は世界最大を誇ります。, FaZe Clan(ファゼクラン)は2010年にYoutubeのチャンネルを開設し、スナイパーチームとして活動を開始。2012年にプロチームを発足した世界でもファンの多いプロゲーミングチーム。Call of Dutyで結果を残し、Call of Duty:Black Ops IIのリリースによりさらにチームは拡大しました。2018年11月28日の時点で、FaZe Clanとそのメンバーは合わせて8200万のYouTube購読者、112億のYouTube閲覧数、1130万のTwitchフォロワー、1億3,000万のTwitchフォロワー、4,310万のTwitterフォロワー、4,580万のInstagramフォロワー、280万のFacebookいいねフォロワーとフォロワーを持っており、世界で最も人気のあるプロeスポーツチームの1つです。, Team EnVyUs(チーム エンヴィアス)は2007年にコール・オブ・デューティーのチームとして設立され、カウンターストライク、オーバーウォッチ、HALO、PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS、Rocket League、ストリートファイター、FIFAなどのタイトルで活動しているアメリカ合衆国に本拠を置くプロeスポーツチームです。, mibrはブラジルを拠点とするレジェンドチーム。2012年にチーム一度解散しましたが。『SK Gaming』CS:GO部門のメンバーが移籍して2016年3月に再始動。北米を拠点とするプロゲームチーム『Immortals』が買収しており、Immortalsが展開するチームとして活動中。, SK Gaming(エスケーゲーミング)はドイツを拠点とするプロeスポーツチーム。League of LegendsとHearthstone:Heroes of Warcraftで結果を残している。プール付きの豪華なゲーミングハウスが一時話題となりました。, Virtus.pro(ヴィルトゥス プロ)は、ロシア連邦に本拠を置くプロeスポーツチーム。 カウンターストライク、Dota 2、League of Legends、Hearthstone: ハースストーンなどで実績を残す。ポーランドにも拠点があり(CS:GO)何度か解散もしていますがCS(Counter-Strike)で最も成功しているチームの1つです。, CDEC Gamingは上海に拠点を置く中国のDota2プロチームです。チーム名の「CDEC」は「Chinese Dota Elite Community」の略で『Dota 2』世界大会「The International 2015」では米国のe-SportsチームEvil Geniusesと総額1800万ドル、日本円にして約22億円という賞金を争ったことで有名です。Dota2の大会では現行中国最強チームとして存在しています。, LGD Gamingは 2009年に設立された中国のプロゲームチームで、現在は「Dota 2」や「League of Legends」といったMOBA タイトルで活動。Dota2の公式世界大会でCDEC Gamingが2位、Evil Geniusesが1位をもぎ取った『The International 2015』では惜しくも3位という成績を残しています。現在は「Counter-Strike: Global Offensive」のチームも発足し勢いのあるプロチームです。, Vici Gamingは2012年に設立されたMOBA特化型の中国のプロゲーミングチームです。「Dota 2」「League of Legends」「StarCraft II」「FIFA」などで活動しており、2014年に開催されたDota 2の世界大会「The International 4」で準優勝となったことで有名です。「LGD」同様、2016年にCS:GOへも参入しています。, EHOMEは初代「Dota」の最強チームとして知られる中国のプロチームです。一時活動を停止していましたが2015年から活動を再開しています。他の中国MOBA勢同様にCS:GO部門もありこちらも世界一を目指すべく中国から腕利きの選手を招聘しています。また女性部門もあり中国で初めてCS:GOチームの女性部門を設立したチームとしても話題になりました。, Ninjas in Pyjamas(略称NiP、NIPとも呼ばれる)はスウェーデンのプロeスポーツチームで2000年に結成。実力のある選手たちのずば抜けたセンスによりカウンターストライクのトップチームの1つになったと言われているレジェンドチームです。カウンターストライク以外にも、Dota 2、Rainbow Six Siege、PlayerUnknownBattlegrounds部門のチームもあります。, Team SecretはDota2タイトルで最も知られている、2014年に結成されたグローバルプロeスポーツチームです。2019年シーズンは新たな選手を加入させ新体制で挑むとのことです。設立以来、Dota 2で最も成功したプロeスポーツチームと呼ばれています。またヨーロッパだけでなく国際的な舞台で活躍するグローバルチームです。, Team Liquid(チームリキッド)は、2000年に設立されたオランダに本拠を置く世界最大規模の強豪プロeスポーツチームです。Team Liquidはもともとスタークラフト(StarCraft)のチームとして発足しましたが、現在では「Starcraft 2」はもちろん「League of Legends」、「Counter-Strike: Global Offensive」、「Dota 2」部門など多数の部門を持つマルチゲーミングチームとして世界トップレベルの実力を誇る国際大会の上位の常連チームです。巨大な超豪華なトレーニングルーム施設を所有していることでも有名です。, SK Telecom T1は韓国の電気通信会社SKテレコムの有する「League of Legends」のプロeスポーツチームです。LoLでは韓国のリーグだけでなく世界的に圧倒的な実力の高さを見せつけて多くのファンを魅了しています。(代表選手のFaker選手は2013年、2015年、2016年の合計3シーズンで世界一の座を獲得しています), 「出前館」がLJLにオフィシャルパートナーに!!