")と絶賛した。ルーニーは、「[『ムーンライト』は]アイデンティティを模索したり、孤独な世界で繋がりを求めたことのある全員に対して、重苦しく響くような和音を打ち鳴らすだろう」と記事を締めくくっている[58]。『タイム・アウト・ニューヨーク』では全体的に好評価が並び、ジョシュア・ロスコフは5つ星満点を付けた上で、バリー・ジェンキンスの監督を讃え、「疑いも無い事実として映画を観に行く理由がある—できれば他人とだが、理解し、寄り添い、心を痛めるためだ」として作品を絶賛した[59]。, Collider.com (en) のブライアン・フォーモは A-の評価を付け、演技と監督を賞賛したが、「見事だというより、むしろ個人的な作品」だと述べた[60]。同様に、『スラント・マガジン(英語版)』のジェイク・コールも、演技は賞賛したものの、脚本に関しては批判を加え、「映画の大半は使い古された[題材]だ」と述べた[61]。ターシャ・ロビンソンは『ザ・ヴァージ』に掲載した映画評で、脚本の筋から一部が抽出され、映画用に3章仕立てになってしまったことは嘆きつつも、作品はいつまでも記憶に残るものだったと語っている[62]。, トロント国際映画祭での上映後、『ロサンゼルス・タイムズ』のジャスティン・チャンは、「非常にロマンチックで、珍しくも聡明」(英: "achingly romantic and uncommonly wise")と作品を評し、オスカーの有力候補ではないかと述べた。チャンはさらに、「[バリー・ジェンキンスは]観る者に、過去のシャロンの外見とうわべのアイデンティティを表すものを見るよう迫り、それらを静かにはがして中に進むように、よくあるステレオタイプの中へと入っていく。[中略] 多くは語らない。全てを語る」と述べた 『3時10分、決断のとき』は公開後、批評家たちによっておおむね好意的なレビューがなされた。 著名な映画評論家の ロジャー・イーバート は、より優れた俳優たちや彼らの含蓄深い台詞のおかげで、本作品が1957年に製作されたオリジナルを上回ったと評価した [3] 。 ‘Moonlight’ & ‘Michael Moore In TrumpLand’ Top 2016 Theater Averages – Specialty B.O. 0秒になるたびに、なにごともなかったかのように“ブレーキ”がかかる。 なぜ閉じ込められているのか。車はどこへ向かっているのか。犯人の目的は何なのか。 ・ つーか、映画のホームページで重要なネタバレがされてますけどね。 ホームペー… 映画のご紹介・あらすじに加え、著者の独断と偏見による「語りポイント」を解説。※個人運営ですので、著者が多忙になるとしばらく新規記事が更新されなくなりますが、その場合、気長にお待ち願えると幸いです。 . 映画『ミッドサマー』を解説!本作の伏線を時系列で追うとどうなる?話題のフェスティバル・ホラーをネタバレ ... 2020年11月8日 22時0分. ", 原文:"It was the first time someone had come to their community and wanted to represent it onscreen, and since Barry Jenkins had grown up in that area, there was this sense of pride and this desire to support him. 神威杏次official blog 『3時10分、決断のとき』(さんじじゅっぷんけつだんのとき[2]、3:10 to Yuma)は、2007年のアメリカ合衆国の西部劇映画。ジェームズ・マンゴールド監督作品。出演はラッセル・クロウとクリスチャン・ベールなど。西部の悪名高い無法者と、彼を刑務所行きの汽車まで護送しようとする牧場主の物語。西部劇としては近年稀に見るヒット作となった。, 1953年3月に発表されたエルモア・レナードの短編小説を映画化した1957年に公開された『決断の3時10分』のリメイク。, 強盗団の頭目として西部に悪名を轟かせる無法者をラッセル・クロウ、彼をユマの刑務所行きの汽車まで護送する牧場主をクリスチャン・ベールがそれぞれ演じている。残虐性と寛容さ、正確な射撃の腕前と深い教養という相反する要素を併せ持つ男ベン・ウェイドを演じたクロウの演技は、批評家たちから賞賛を集めた。映画中で年老いた賞金稼ぎを演じたピーター・フォンダ、偏執的な強盗団の副頭目を演じたベン・フォスターの演技も高く評価されている。, 2007年9月7日に全米で公開され、その週の興行収入1位を記録した。アメリカ国内では約5300万ドル、アメリカ国外では約1600万ドルの興行収入を挙げ、衰退著しい西部劇映画としては久々のスマッシュヒットとなった[1]。2007年度のアカデミー賞において、作曲賞と録音賞の2部門にノミネートされたが、受賞には至らなかった。, 物語の舞台は、南北戦争が終わってまだ間もないアリゾナ準州。北軍の一員として従軍し、切断には至らなかったが片足を不具にし退役した牧場経営者ダン・エヴァンス。彼の牧場は、その存在を疎ましく思う町の有力者とその部下たちによって様々な嫌がらせを受けていた。, そんなある日、ダンは有力者と交渉するためにビスビーの町に赴く。その道すがらダンは無法者ベン・ウェイド率いる強盗団と遭遇、そして彼らに襲撃された駅馬車を発見する。ダンはただ一人生き残ったピンカートン探偵社に所属する賞金稼ぎを救助する。, 有力者との交渉は惨憺たる結果に終わったものの、ダンは酒場で寛ぐベンが保安官たちに捕まる現場に居合わせる。ベンの強盗団によって度々損害を蒙っていた鉄道会社の重役は、彼を縛り首にするため明後日の「ユマ行き3時10分発」の汽車に乗せようとする。ベンをコンテンションの駅まで護送する一行に、ダンも同行を願い出る。, 道中で何人も犠牲者を出しつつも、ダンは何とかベンを連れてコンテンションの町に到着する。だが、そこにベンを奪い返そうとする強盗団が押し寄せてくる。ベンを狂信的に崇拝する強盗団の副頭目は、一行が籠もるホテルを包囲、更に護送班を殺害した者に報奨金を出すと群衆を扇動する。, 強盗団のみならず町中を敵に回したダンとその一行。保安官や鉄道会社の重役までもが絶望的な状況に屈し、保身に汲々とする。そんな中、ベンはダンに交渉を仄めかすがダンは生活苦の真っ只中であっても息子らに父親としての尊厳と誇りを賭けて護送を成功させたいと、孤独な戦いに挑む事を決断する。銃撃の合間を縫って、ダンの手によりベンを刑務所行きの護送車両に乗せ目的を達成するも、直後にダンはベンの手下により銃撃される。致命傷を負い横たわるダン、ベンの身柄奪還に集まった手下を頭目自ら射殺し、父親ダンの後を追ってきた息子のウィリアムがベンに銃口を向ける最中ダンは息を引き取る。ベンは刑務所へと向かう護送車両に乗り込み、駅を後にする。, 『3時10分、決断のとき』は公開後、批評家たちによっておおむね好意的なレビューがなされた。, 著名な映画評論家のロジャー・イーバートは、より優れた俳優たちや彼らの含蓄深い台詞のおかげで、本作品が1957年に製作されたオリジナルを上回ったと評価した[3]。エバートはこの映画に、彼にとっての満点に相当する四ツ星を与えている。, 『ヒューストン・クロニクル』の批評家ブルース・ウェストブルックは、この映画を「『許されざる者』以降で最高の西部劇映画」だとした。同時にウェストブルックは、主人公が孤立無援の中勇敢に戦うという点で、この映画が『真昼の決闘』から着想を得た可能性を指摘した[4]。, それらの好意的な評価の反面、『ウォールストリート・ジャーナル』の批評家ジョー・モーガンスターンは映画に批判的なレビューを書いた。モーガンスターンは本作品がオリジナルより20分以上も上映時間が長くなっていながら、そのストーリーがオリジナルと比べて変わり映えがしないと批判した[5]。, '3:10 to Yuma' Gets Derailed By Epic Ambitions, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=3時10分、決断のとき&oldid=80283570. この記事では、映画『海を感じる時』についてご紹介して参ります。映画『海を感じる時』のあらすじと結末(ネタバレ注意です!)についてご紹介しています。主演の市川結衣さんの濡れ場・ベッドシーンがとても衝撃的な作品ですね。ぜひチェックして観て下さい。 Chang further wrote: "[Barry Jenkins] made a film that urges the viewer to look past Chiron’s outward appearance and his superficial signifiers of identity, climbing inside familiar stereotypes in order to quietly dismantle them from within... [Moonlight] doesn't say much. "[63], 作品が絶賛されている一方で、『スペクテーター(英語版)』のメラニー・マクドナフは、「退屈」で「全く要領を得ない」と酷評したほか[64]、俳優のサミュエル・L・ジャクソンは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』や『素晴らしきかな、人生』と共に、「オスカーの釣り餌のような作品」(英: "'Oscar bait' movie")として退けている[65][66]。, 第74回ゴールデングローブ賞で、『ムーンライト』は6部門のノミネートを受け、『ラ・ラ・ランド』(7部門)に次いで2番目となった[67]。作品は映画部門 作品賞 (ドラマ部門)を獲得したほか、監督賞(ジェンキンス)、映画部門 助演男優賞(アリ)、映画部門 助演女優賞(ハリス)、脚本賞(ジェンキンス)、作曲賞(ブリテル)の5部門にノミネートされた[68][69]。, 第70回英国アカデミー賞では、作品賞・助演男優賞(アリ)・助演女優賞(ハリス)・オリジナル脚本賞の4部門にノミネートされた[70][71]。, 第89回アカデミー賞では、作品賞、監督賞(ジェンキンス)、助演男優賞(アリ)、助演女優賞(ハリス)、脚色賞など8部門でノミネートを受けた[72]。また、ナット・サンダース(英語版)とジョイ・マクミロン(英語版)が編集賞にノミネートされ、マクミロンはこの部門で初めてノミネートされた黒人女性となった[73]。最終的に作品賞・助演男優賞・脚色賞の3部門を獲得したが、作品賞の発表時に誤って『ラ・ラ・ランド』受賞がコールされるというハプニングがあった[74][75][76]。作品に出演したジャネール・モネイは、キャスト全員が黒人の映画として初の作品賞、ムスリムとして初の助演男優賞(アリ)、LGBTを扱った映画として初の作品賞[77]であることに対し、喜びのメッセージを発表している[78][注釈 7]。, 映画の脚本は、戯曲として書かれたものの未上演・未発表であったことから、賞によってオリジナル・翻案など異なる部門へノミネートを受けた[80]。全米脚本家組合賞や英国アカデミー賞ではオリジナル脚本賞に分類されたものの、アカデミー賞では翻案と見なされて脚色賞へのノミネート・受賞となった[80]。, 「誰かが彼らのコミュニティにやってきて、それをスクリーン用に撮影しようなんてことは初めてだったけれど、バリー・ジェンキンスがあの地域で育っていたので、誇りのような感覚と彼を支援したいという願望があった。世界中の他のロケ地では感じられなかったような愛をこのコミュニティから感じたし、みんなが正反対の場所だと考えているところでこんなことが起きるのは奇妙なことだった」, "[The script] was the best thing I've ever read. 『最愛の子』原題:親愛的2014年 中国・香港監督:ピーター・チャン出演:ヴィッキー・チャオ、ホアン・ボー、トン・ダーウェイ、ハオ・レイ, 中国の「一人っ子政策」から派生する、児童誘拐、人身売買、経済格差、人間のメンタル面に及ぼす影響…など、さまざまな問題点を浮き彫りにする社会派映画。壮絶で良い映画ですが、重いので、メンタルが落ちてる時には閲覧注意。, 中国の「一人っ子政策」の下、3歳の息子が行方不明になる。三年後に他人の子として生きている息子を発見した夫婦は、息子を連れて帰るが、息子は自分たちのことをすっかり忘れていて、育ての親に愛着を持っている。取返しのつかない状況に苦しむ、それぞれの話。, ネットカフェを営むティエンは、元・妻と3歳の息子の帰りを待っていた。ジュアンとはすでに別れていて、息子・ポンポンの養育権はティエンにあったが月に一度の面会日だった。戻って来たポンポンは友達と遊びにでかけるが、外で母のクルマをみかける。思わず追いかけるポンポン。しかし母親は気づかず走り去ってしまう。そして、何者かにさらわれるポンポン。そこから、ティエンとジュアンは必死に息子を捜索するがみつからない。 2年後、ティエンはジュアンを誘って、ある会に参加する。行方不明の子供を持った親たちが集まる会だった。リーダーのハンを中心に、励まし合い、なにか情報が入れば協力しあって現場に探しにいくなど熱心に活動をしているグループだった。 3年後、情報をもとに訪ねた村にポンポンに似た子供…ポンポンもどきがいた。, ポンポンもどきはティエンたちの事を覚えていない。違う母親がいて、違う名前で呼ばれていたポンポンもどきを思わず抱きかかえて走るティエン。村人たちが追いかけティエンたちは取り押さえられる。 警察が調べると、村での母親・ホンチンはやはりポンポンもどきの実親ではなく、すでに死んでいる夫がどこからか連れてきた養子だった。ポンポンもどきはポンポンだった。, しかもそれは。夫によるれっきとした誘拐事件。夫から「不妊症だ」と言われていたホンチン自身も、自分が産んだ子だとは思っていないが、とはいえ、3年間も一緒に暮らし、息子として育てた「自分の子供」なのだ。それは。夫がやはりどこかで拾ってきたという娘も同じだった。 ティエンとジュアンは晴れて(?)ポンポンを連れて帰るが、ポンポンは自分のことをポンポンもどきだと思っていて、二人に心を許さない。挙句「誰か、この人たちを捕まえてください。」などと哀しいセリフを口にする。 公務執行妨害で拘留されていたホンチンは半年ほどで出所する。生みの親の元に戻されたポンポンはどうしようもなかったが、せめて、施設に入れられた娘だけでも引き取りたいと考え、カオ弁護士に依頼する。ホンチンに同情したカオは、娘を取り返したく頑張る。幼い娘は、夫が働く工事現場に捨てられていた捨て子であり、そのことが証明できれば、誘拐ではないと証明できれば、娘はホンチンの元に帰ることを許されるかも知れなかった。しかし、工事現場で当時のことを知る男は、面倒に巻き込まれたくない一心で「そんな捨て子、知らない。」と嘘をつく。なんとか、裁判所で本当の証言をさせたいホンチンは、その男にカラダを与えてまで頼み込む。 ティエンの元妻・ジュアンもまた、寂しがるポンポンの妹として、娘を施設から引き取りたいと動いていた。しかし、ジュアンは今回の騒動で現在の夫から離婚されそうになっていた。養育権を得るには夫婦でいること、という条件があった。該当しなくなったジュアンは裁判所から退廷させられる。ジュアンとホンチンで争った裁判は、まったくやる気のない裁判長に、結局、ふたりとも認められないという結果になる。 ようやく少し慣れてきたポンポンだったが、ティエンたちの会の活動に参加中、それを遠くからみつけたホンチンがかけより、ポンポンを抱きしめる。「なにをするんだ!」「誘拐犯め!」などの怒号を浴びせられ、引き離されるホンチン。路上で泣き崩れるホンチン。 「(ポンポンに)会わせてほしい」と訪ねてきたホンチンを「恨まないようにするだけで精一杯なんだ。帰ってくれ」と突き返すが、去り際「桃は食べさせないで。アレルギーだから」というホンチンに、ティエンは愕然とする。ポンポンは間違いなく自分たちの子供ではあるが、同時にホンチンもポンポンの母親なのだ、ということに気付き、もう取返しのつかない運命の儚さに涙する。 カオ弁護士には、認知症の母親がいた。「ひとりで」親の介護をしなければいけない「一人っ子」の過酷さが描かれる。その世話係としてホンチンを雇うことにするカオ。仕事をしながら次の作戦を練ろうとの提案だった。就業前の検査で病院にいったホンチンは驚愕する。妊娠していたのだ。愕然と泣き崩れるホンチン。, この映画は、中国の「一人っ子政策」から派生する、児童誘拐、人身売買、経済格差、人間のメンタル面に及ぼす影響…など、さまざまな問題点を浮き彫りにする社会派映画。よくそんな法律が10年以上も続けられていたなと驚くのですが、そのあたりは他の皆さんのレビューにたくさん書かれているので、ここでは、あまり触れません。 ひとつだけ…映画の中で何度か描かれる「次の子供を妊娠した」事に対する本人や周りのリアクション。僕らが通常考える「オメデタ=そこにどんな事情があれ、おめでとう」では決してない。それは「一人目の死亡届がない限り、二人目の出生届は受理されない」法律によるものなのだけど、妊娠したことで泣き崩れる母親。子供が欲しくて、子供を取り返したくて仕方ない母親が、妊娠で絶望する…なんて、異常としかいいようがない現実に愕然とさせられる。, 前半でティエン夫妻が誰かに言ったセリフ。同じセリフを、後半、ポンポンに会わせてくれと訪ねてきたホンチンがティエンに言う。それを聞いて涙が止まらなくなるティエン。 失われた三年。その間に、ホンチンもポンポンの母親になっていた認識させられるティエン。それは、失くした時間は戻らないということ。起こってしまった事実により、関わる人間たち全員にとって、取返しのつかない意識がが芽生えてしまっているということ。もう決して元には戻れない、どうしてこんなことに…という、哀しみ。 ここは辛いシーンですが、一人っ子政策も含め、なにか大きな物の都合で苦しむのは、いつも何の罪もない庶民である…そんな無力感を痛切に訴えてくる。, ちっぽけな人間の無力感。どうしようもない状況の中で、そこでどうやって生きていくべきか。大きな状況を嘆いていても何も変わらない。ただそこで涙に暮れていても何も変わらない。そこで唯一できることは「家族を愛すること」「家族を守ること」「愛するべき人を決して手放さないこと。」, 誰も幸せにならない救いようのない終わり方の中で、僕らがどこかに希望をみつけるとすれば、それくらいだろう。 「人間は、自分のために生きている限り、決して満たされることはない」と思っています。自分のため…なんて際限がないからです。決して現状に満足しない、今の自分が得ている幸せに気づかないのが人間だからです。「誰かのために生きること。」誰かの幸せ…は可視化できるから。自分の幸せは見えなくとも。, 映画を観たなら語りたい。

It says everything. You felt this love from the community that I've never felt in any other location, anywhere in the world, and it was so strange that it happened in a place where people were expecting the complete opposite.