回路図, データシートの送信側の回路図を見て気づくべきだったんですが、この回路は4つのスイッチをONにした時だけ送信回路の電源がONになるようになっております。 使用したのは「RX315-XWC682 M4」と「TX316-2262FD」です。, こちらの特徴は送信側にSC2262というエンコーダーチップを搭載、受信側にはSC2272というデコーダーチップを搭載。 秋月電子や著名オーディオ・メーカーの製品実装などで多く見かけるOPA2134PAと比べて、aitendoの方はIC左端、1番ピン上に切り込みがない。, 突っ込みどころ満載のaitendoヘッドフォンアンプ・キットK-5532DB、先ずは作製してみます。 ヘッドフォン出力コネクタへ接続するパターンをカットして抵抗120Ωを追加。, 他の抵抗等は回路図、実体写真の通りに変更、追加するだけでお気軽ClassAAヘッドフォンアンプの出来上がり。, オリジナルのA47式、ClassAA改共に電圧増幅+電流増幅と二段式なので、電力出力が強くないOPA2134でも常識の範囲内でクリップしません。, この改造方式の最大、かつ唯一の難点は、ClassAAの電圧増幅アンプと電流増幅アンプが同一。, 電圧増幅系に解像度高め(OPA2134PA等)、電流増幅系に電力高めのオペアンプ(NJM4556ADやNJM4580DD、MUSES8920)と言った使い方が出来ません。

大容量の電源±12Vで印加。正負電源なので出力カップリングコンデンサを削除して聴いてみると、コントラバスの弦がたるんでるような立ち上がり。 いずれはケースに入れなければ…。 データシート

(ウェブ上には掲載しません). 参考図には結構部品があるように見えますが、参考図の下にある説明から以下がわかります。 ①左の水晶回路optionalの部分はなくても良い。 ②リセットスイッチの回路もなくても良い。 ③右のOption1、Oprion2は簡単(コンデンサ1個)なoption2でよい。 https://ameblo.jp/uchiday0714/entry-12358680107.html.

(Mamesibori Creation Plus Communication), LED18チカをArduino Uno→Pro Mini→ATmega328で作る, Arduino Pro Mini 328 3.3Vを8ピンAVRマイコン書き込み専用ISPにする, AliExpressの0.96インチ有機ELディスプレイをArduino Pro Mini(3.3V…, BOSCH社 温湿度・気圧センサBME280用node.jsパッケージnpmに出来, 秋月電子7セグメントLED DIP化キット10桁をArduino/Raspberry Pi/mbedで点灯, CentOS6 EPELリポジトリでphpMyAdminを2016/02にアップデートしたらいつもどおりに動かない, 「びんぼうでいいの」にもAVRスタイルの6ピンのCSPとシルク印刷されたランドパターン. Lagendaで二重起動時防止する場合に前に起動しているアプリを前面表示できない!. MUSES8920は電流出力が大きいので、二発駆動はご法度なのか?, また、ナショナルセミコンダクタ社製オペアンプLME49720NAがネットで評判高いので秋月電子で二個購入したのですが、A47式、ClassAA共に音に疑問? こちらも回路図を書いてみました。 先の『aitendoの電池式ヘッドフォンアンプ K-LIANG5532B 』で触れていた件ですが、20年前、SV-DA10のヘッドフォンアップ回路を真似して作ってみました。 これが2個付いたキットが税別とは言え、¥750なので興味津々購入してみました。, 渦中のオペアンプOPA2134PAですが、aitendoキット添付品と秋月電子で販売品は外観が異なる。 aitendoさんで表にしてくれているのでちゃんと読めば判るんですが、 | 共立エレショップの真空管パワーアンプ基板完成品WP-ECL82AMP », 年末になったので以前買ったものを。もっと安いものもありましたが、昔作った懐かしい感じのものをと思って買っておきましたが、中国製で当時のものとはやはり違います。, 取り説も回路図も付属していません。ネットに回路図と部品図、パターンがありますのでこれから判読することになります。, 組み上がりました。注意点はいくつかあります。出力トランスの挿入方向はマークがあります。LEDの取り付けはすごく複雑ですが基板欠き取りが参考になります。電解の極性は当然ですが、トランジスタの種別、バーアンテナの接続、バリコンのダイヤルシールの方向など。調べながらの2時間ほどの工作でした。, ケースの色指定はできません。周波数のパネルプレートは要求しなかったと思いますがついていました。スピーカーの片側を電源につなぐのは負電源の昔多かった回路のなごりでしょうか。確かに通常6石のIF2段でなく1段です。とにかく省部品、簡易回路、ローコスト化優先でバイアスの安定など言いだすと昔馴染んだ温度補償素子を使ったラジオの回路を使えば良いのでしょうが。LEDの電流を言うなら制限抵抗を大きくすればよいでしょう。, 使ったトランジスタが記憶と違ったので見たら再版で、この当時もののページは国立国会図書館のコピーサービスによるもの。誌面も何か違う・・・, 作ったものの、調整も出来ず、電子回路に詳しい叔父がテストチェックをしてくれました。, 半田ミスもあったようです。いずれにしても3石ではスピーカーを鳴らすこともできず・・・, この本だったかと思いますが、結果出ていたトランスレスのステレオ真空管アンプを作る・・それが自作オーディオのスタートだったと思います。, メールアドレス: 音もポップノイズもオペアンプ一発式の場合はMUSES8920が遥かに良いのですが、ここでは覆しています。 !」と更に突っ込みながら、読んでいただければ幸いです。, このキットも他の製品同様に回路図がありません。 そういった応用例の場合に気になるのが電池の持ち具合なんですが、単三電池4本つないで電流を計測したところ2.84mAとなっておりました。最近のNi-MHの電池の場合で手元のGoldenPowerのもの(秋月にて購入)の場合2100mAHも取り出せますので単純計算で2100mAh/2.84mA/24時間=約31日という事になりますので実用十分なようです。 外付け部品が殆どいらないというFMラジオIC EN803というのを買ってきたので、どんなものか動かしてみました。, これをただ参考図の通りにつないで動かすのも面白くないので、これをどこまで小型・シンプルにできるかトライしています。, 参考図には結構部品があるように見えますが、参考図の下にある説明から以下がわかります。, ③右のOption1、Oprion2は簡単(コンデンサ1個)なoption2でよい。, あとは右側にある操作スイッチですが、CH(選局)±、Vol(音量)±で4つも配線したくないです。, ⑤CH(選局)は片方向だけとする。CH-なら抵抗もいらないから、これ一個だけとする。, ※④⑤の「多分」のところは先にバラック状態で試して当たっていましたので大丈夫です。, この回路図では,BAND端子がGNDに接続されているので83.5~114mhzですか?. 交換する場合、否応なく価格が高めのオペアンプを使わざるを得ない。, A47は単純にブーストしているだけなので構わないのですが、ClassAAではLch/Rch独立式ではなく、電流増幅系と電圧増幅系で分けた方が理想的。, 注)付属のOPA2134PAですが、未だ各特性を観ていないので、本物か贋作かは判断しかねます。, 標準のA47式、及び、ClassAA式では得体の知れない付属のOPA2134PAの方がMUSES8920より音が良い。 Akit-306 aitendo福袋2015 AUD にはいっていたアンプキットです。 珍しく部品が揃ったものだったので早速組み立ててみました。 完成。特に回路図も無く、何も見ずに組立ましたが特に問題なく組み立てることができました。 しかし、問題は組立完成後に発覚しました。 ★通販カレンダ★ 短縮営業中 本当はやりたかったのは びんぼうでいいの - aitendo.

★店舗カレンダ★ 休業中 2020年11月1日(日)再開予定 営業時間:13:00~17:00 がお休みです。 ★map ★. トップページ

| 一見(?)低音が充実しているように聴こえるのですが、低音の立ち上がりがぬかるみを歩いている様な状態。, まるで出力カップリングの電解コンデンサを1000μF以上付けて、低音が充実していると言っている程度の音。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. オーディオメーカーの大変さが垣間見れました。, aitendoではA級式のヘッドフォンアンプ・キットも販売していますが、この改造版もイケるので基板のバラックでは勿体ない。 "Icsp-pinouts" by Jwzumwalt - Own work.