現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. What do you like best of all subjects? 「文頭のThat節の解釈方法はどうしたらよいでしょうか?that節だって名詞節だけじゃなくて、形容詞節や副詞節などとたくさん種類があって、どれを使ったらいいか分からないじゃないですか?いつも悩んでしまいます。文頭のthat節について見分け方はありますか?」, みなさんは文頭がthatではじまる文を見たとき、どうやって読み進めていきますか?意外にこういったシチュエーションのとき戸惑ってしまう英語学習者は多いようです。, じつは文頭がthat節ではじまる英文は解釈がたった1パターンしかないことを知っていると、だいぶ読みが楽になるのではないでしょうか。, たしかにthat節というのは「名詞節」「形容詞節」「副詞節」などがあり一見種類が多くて悩んでしまいます。, ところがここに【文頭】という条件が入るとガラっと処理が変わるんです。今回はこの点を強調して解説いたします。ぜひマスターしていただいて今後の英語学習にお役立てください。. というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか? Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」 理由が分かれば、「それは確かに!」とか、「なるほど!」とか考えられると思いますので、教えていただけますか?  ======================================

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。  こういった書き方をformal writin...続きを読む, after thatは辞書でその後、それから とすると、『プロシード和英辞典』にあった >I was very tired, so I couldn't fall asleep. It is because~.”とするのは、正しい英文法でしょうか? (改行) But it is equally clear that the private sector, business, cannot fill that need, either.

But it was destructive because it did not offere any community of its own. You know・・・ が出ています。 というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。

Someone had broken a vase on the table, so it had to be replaced.

文頭のing形で leaving us very disappointed with your services. この本好きなの

[ That Beethoven should cease to hear ] seemed (V) too cruel to be true.

Copyright(c) 2012 Y.R.C. よろしくお願い致します。 尚、===線より下に、自分なりに調べてそれでも分からなかった経過を書いておきました。 このandをsoに置き換えると: That's why ~. He keeps on telling me that...

と言うニュアンスになり、壊されていたと言う事実(soの前に来る文章)をandを使用した時より少し強調しています。 yahooの辞書(プログレッシブ英和中辞典)で見てみると、 前に文があって, Copyright © 2018-2020 知らないと損をする英文リーディングの話 All Rights Reserved.

私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。, No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。 (略) Afghanistan was very clearly a base for al-Qaeda operations, and it was on that basis that United States went on the offensive in that country, deposing the Taliban regime that had supported the terrorists.

“学科の中で何がいちばん好きですか”

意味があると思いますが、それらの単語の意味のニュアンスの違いが分からないのです。

その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません, 私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。 AndとSo(なので、だから、したがってという意味)はどのように使い分ければよいのでしょうか?

でも it はちょっと弱いかな。, We can't be too careful when choosing our friends. after that は、文末にも、文頭にもくることができます。 しかし、英語でAndとSoという単語でどちらも「なので、だから、したがって」という “学科の中で何がいちばん好きですか” 文頭のButとAnd.

I think that is because ~.

and then は、文末に来ることはまずありません。, AndとSo(なので、だから、したがって)のニュアンスの違い ●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」 http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html, こんにちは、いつもお世話になります。

(略)And so has been the money. 質問:『そもそも何故、前文を受けての文頭のAndはいけない。と思う方が多いのでしょうか?』 賛否両論があり、自分としてもどちらかの側に立ちたいのですが、賛否両論の理由を改めて考えて見るとまるで知りません。(泣)

 こうした流れの中で、informal/conversational writingの人たちが活発化し、文頭のAnd/Butを含めて、そうした書き言葉もきちんとした立派な英語だと言う主張がなされてきたのかもしれません。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例: 御参考になれば幸いです。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。

英語圏在住経験の長い友人に聞くと、It is because~.のような文も違和感はないとのことでしたが、手元のどの辞書をみても、becauseをこのように、名詞節を導く接続詞として解説したものはありません。 But they also need to offer the individual in the city an oportunity to achieve, to contribute, to matter. このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。 This web page is not endorsed or approved by ETS.

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む, 沢山ご回答がありますね。

(b) We can't be too careful when we choose our friends. と言うニュアンスになり、壊されていたと言う事...続きを読む, 相手に何かをお願いするときに、 ○At trial, the judge instructs the jury on the relevant law, and the jury determines the facts of the case and applies the law it has been given to the facts.  ただ、学術論文などの世界では、なかなか改まらないこともあるでしょうし、特に日本での英語は、複雑な文を使いこなすほうが良いといった風潮もあるのではないかと、思います。個人的にはいつも「分かりやすく書いて欲しいなあ」とか思ってますけど。, これは、そういう論議を直接見聞きしてのことではなく、あくまでも局外にいて見聞きした範囲で「自分としてはこう思う」という程度のことですので、その点はご了承をお願いしますと共に、お詫びしておきます。 This is why ~. (もろろん辞書などで、文頭のAndが「しばしば用いられる」と解説されている事は存じております。 )

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 どうぞ宜しくお願い致します。, I mean・・・ さまざまな表現を続けることができます。 And even there, it is by now clear, it is not the answer. (4) 例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に You see I'm not all grown and stiff acting but the, ネイティブがよく言う ”I mean”, ”Yon know”の意味を教えて下さい。. この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

He keeps on telling me that... http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 TOEFL/TOEIC/TOEIC BRIDGE is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). ジーニアスには 宜しくお願いいたします。m(_ _)m, 例文をちょっとみてみましょう。

I mean, the story was good, and characters, too. 意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 理由が分かれば、「それは確かに!」とか、「なるほど!」とか考えられると思いますので、教えていただけますか?  The reason is that~.”と書きますが、こちらの方が不自然でしょうか? これをandに変えると: ○This world in space and time is the only world that our human sensory apparatus can apprehend. 「彼は先生だと思う」 ② 形容詞用法 ⇒ 前の名詞にかかる 例 He has sons that are married.

>Someone had broken a vase on the table, and it had to be replaced. 1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。 (b) We can't be too careful when we choose our friends. “学科の中で何がいちばん好きですか”  現在でも論文などどでは、文頭のAndやButがいけないだけでなく、一・二人称は使わず三人称のみ(結果として受動態が多用される)、などといったことを含む多くのルールが言われます。ネットでの論文の書き方を教えるサイトなどで、今でも言われているようです。 英語で、「~だと思う。なぜなら、~だからである。」のように、最初に結論を述べ、次にその理由を述べる文をつくりたい場合、“I think~.

I like this book.

実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. ====...続きを読む, これは、そういう論議を直接見聞きしてのことではなく、あくまでも局外にいて見聞きした範囲で「自分としてはこう思う」という程度のことですので、その点はご了承をお願いしますと共に、お詫びしておきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 現役の英語講師。主に大学入試・TOEICなどの資格試験の学習指導をしている人。 このブログでは「どんな初心者でも必ず英文が読めるようになる」をテーマに語っています。 また、記事執筆・講演・教材作成なども積極的に行っておりますので、もしご希望なら「問い合わせ」からご連絡くださいませ, 「過去形」を基礎から徹底的に解説!「~だった」を見ると過去形と思ってしまう人必見!. 私は仕事で英語でメールを書くこともたまにあります。 「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

→テーブルの上の花瓶が壊されていた。だから(そういう訳で)取り替えなければならなかった。 We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。 塾で、英文和訳の授業で先生が、文頭のButには「上述のことは確かにそうだがしかし」、文頭のAndには「それに加えて」という意味がある、とおっ しゃっていたのですが、これらには本当にそのような意味があるのでしょうか?

We can't be too careful when choosing our friends.だと ○The problem is that what postmodernism might mean in one discipline is not necessarily compatible with what it might mean in another. http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je and then は、「そして」、「それから」ということで、その前に、事象を述べる必要がありません。つまり、 I was sleepy, and then I went to bed.  

なお、in ~ing も「~する時には」という意味ですので、 But money is not the only motivator: equally important are recognition and responsibility. のようなつながりになることが出来ます。つまり、単なる事態状況の変化を意味する言い方です。 You know・・・

というものが載っていました。 2、after thatは文末にしか来ないのですか?

 こういった書き方をformal writingと言うようです。これに対する「普通の」書き方は、informal writingとかconversational writingとか読んでいるようです。前者がおそらくはもともとの「正しい」書き言葉であったのかもしれません。後者のような書き方をすると、無教養とか言われたのかもしれません。