軽さと品質が両立できているから。 Windows 10の標準機能

このページで扱ってい... 誤解!「SwitchをPCのHDMI・USBに接続して画面を映せないの?」という人へ, 【YouTube Live】全5種類、コメントを配信画面に表示する方法。透過も可能, 【YouTube Live】ライブ配信の遅延を2~3秒に減らすための、シンプルな方法, 【SLOBS】自分のゲーム画面にコメントを表示する方法。ゲーム内オーバーレイの使い方, 【PCレビュー】GALLERIA XA7C-R70Sでゲーム実況は問題なくできる?試した.

... Apex Legendsの推奨スペックとおすすめゲーミングPC .



『あ!今の良かった!』というシーンはそう長くはないので、僕は初期設定のままにしています。, 【実機レビュー】RTX 2080 SUPER搭載!ドスパラ「ガレリアZG」レビュー.

ゲームバーは、Windows 10に最初から搭載されている録画機能です。 ... キャプチャーボードであるAVT-C878を使っていて、ゲーム画面をOBS Studio(以下OBS)に映したい場合、どのように設定すればよい... 僕的にはBlueberry SoftwareのFlashbackがいいと思う。

© 2020 ヒロシと選ぶゲーミングPC All rights reserved.

ShadowPlayの... 【ゲーマー必須】GeForce Experienceの簡単な使い方。5つの機能と注意点.



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); YouTube, キャプチャーソフト, 実況動画 PC初心者でも分かりやすい文章を心がけています。わかりにくいトコロがあったら教えてください。

... Bandicamは、ゲーム実況で定番のキャプチャーソフトです。無料版と有料版があります。 キャプチャーソフト(録画ソフト)を使うことで、pcゲームを録画できます。このページでは、 目的別、おすすめのキャプチャーソフト 賢いキャプチャーソフトの選び方・ポイントの2点について見ていきましょう。関連 キャプチャーボード用のソフトと ... ゲーム実況を始めようと思っても、最初になにを準備して、どうしたらよいのか、途方に暮れる人もいるかもしれません。

ShadowPlayは、NVIDIAのGeForce Experienceに搭載されている録画機能です。, 新しくなってからShareという名前に変わったりしていますが、なんとなく分かりづらいのか、ユーザーの間では未だにShadowPlayと呼ばれています。, 本記事では、ShadowPlayを使った録画のやり方と設定方法、オススメの設定について解説しています。, ShadowPlayは他の録画ソフトと違って、使えるグラボと使えないグラボがあります。, ダウンロードしても起動できない・表示されないという場合はグラボが対応していない可能性が高いので、まずはこちらから自分が使っているグラボに対応しているかどうかをチェックしてみてください。, 新しめのグラボだったらたいてい使えるはずです。注意すべきはノートPCを使っている場合で、GPUによっては機能が制限されてしまいます。, PCにインストールしてあるGeForce Experienceを起動しましょう。もしインストールされていない場合は、公式サイトから無料でダウンロードできます。, まずはGeForce Experienceを起動し、右上の歯車マークをクリックします。, ゲーム内のオーバーレイというところをクリックすると、オーバーレイが有効化されます。, 初期設定では、[Alt]と[Z]を同時押しすると設定が開くようになっているので、その通りに設定画面を出します。, 個人的に最強だと思っている機能です。設定しておいたキーを押すと、数分前に起こったシーンを保存することができます。, 普通の録画ソフトだと、『あ!今のキルシーンめっちゃ良い!』と思っても、常に録画をしていない限りはそのシーンは消え去ってしまいますよね。, しかし、インスタントリプレイをONにしておけば、過去数分間の映像を後から保存できます。, これがめっちゃ便利です。PCゲームをプレイしてると、『今の連続キルかっこいい~!』とか、『今の死に方おかしくない!?』みたいな笑えるシーンってめちゃくちゃ多くないですか?, そういうのって『録画しておけば良かった…。』って後悔したり、『他の人にも見せたい~!』って思いますよね。, ちなみに負荷はほとんどなく、全然重くないです。というかONにしてあるかどうか分からないぐらい軽いので、絶対ONにするべき機能です。, キルした場面などを自動で判別して保存してくれます。僕はあまり使っていませんが、キルシーンを繋げたハイライトをアップしたい人に最適な機能です。, インスタントリプレイをONにしておけば色々な場面の録画には対応できますが、長い動画を録画したいときや、ダンジョンのクリア動画みたいなものを撮るときに使ってます。, 詳しい説明は使い方の項目でお話しますが、他の配信ソフトの方が勝っている部分が多いです。, スクリーンショットの撮影もできます。今までは別の撮影ソフトに任せていましたが、最近は全部ShadowPlayで撮ってます。, 色々な設定項目がありますが、すべてを説明すると長くなってしまうので、主要な設定と大切な部分だけ解説します。, 設定画面を表示させるには[Alt]+[Z]でオーバーレイを表示させて、右側にある歯車マークを押します。, 録画先は容量の多いHDDに設定するのがおすすめです。フォルダには分かりやすい名前を付けておいたほうが後々便利です。, ShadowPlayを使った配信の設定です。さらに詳しい機能の説明などはこの記事の後半で行いますが、まずは画質の設定などを行いましょう。, 解像度は最大の1080p HD、フレームレートは60fpsで良いでしょう。ビットレートは高ければ高いほど画質が綺麗になりますが、配信が重くなったりします。, 「両方のトラックを分離する」にしておけば、マイクの音声も別撮り(ゲーム音とミックスされない)になりますが、編集時の設定が少しややこしく、アップロードする際に手間がかかるので、僕は使っていません。, 音声も録画したい場合は、音声だけAudacityで別撮りしたほうが編集しやすいので、実況動画などをアップするならそちらがおすすめです。, 僕は友人たちと遊んでいて笑ったシーンみたいなのを録画しているだけなので、一緒(1つのトラックを作成する)にしちゃってます。, 設定トップのマイクアイコンを押すと、マイクを常ON、プッシュ・ツー・トーク(プッシュ・トゥ・トーク)、オフが選べます。, インスタントリプレイを何分前までさかのぼるかの設定です。初期設定では「過去5分間の映像を保存する」になっていますが、20分まで延ばせます。, 1080pHDで十分だと思いますが、僕は「ゲーム内」にして、ビットレートを上げてます。上げれば上げるだけ画質も良くなりますが、動画の容量が大きくなります。, 以前はフルスクリーンのゲームだけしか録画できなかったのですが、色々改良されています。, キーボードショートカットで、スクリーンショットの撮影キーや録画キー、インスタントリプレイのON/OFFのキーを設定できます。, デフォルトのままで良いと思いますが、ゲームによっては設定がかぶってしまうことがあるので、確認しながら設定することをおすすめします。, 設定をいじるときにインスタントリプレイをオフにしないといけない場合があるのですが、そのまま忘れて『オフにしていた…』ということが多々あるので注意しましょう。, インスタントリプレイをオンにして、ゲームを起動したらあとは遊ぶだけ。遊んでいて『今のシーン保存したい!』と思ったら、設定したキーを押せば、過去数分間(設定した時間)の録画が保存されます。, よくある普通の録画機能を使うには、[Alt]+[Z]で設定画面を出して録画を開始することもできますし、キーボードショートカットで開始することもできます。, ハイライト機能は対応したゲームのみ使えます。メジャーなところだとフォートナイトとPUBGは対応しています。, フォートナイトのゲーム内から設定画面を開き、「歯車のタブ」にある「リプレイ」から、「NVIDIA Highlights」をオンにします。, 続いて、[Alt]+[Z]でGeForce Experienceの設定を開き、「歯車アイコン」から「ハイライト」を選択します。, すると、フォートナイトの項目があるので、ここからどのシーンを録画するかを選択します。, おそらくゲームを起動している最中しか出てこないので、この設定はゲーム中におこなってください。, そして忘れやすいのがインスタントリプレイをオンにすることです。ハイライトはインスタントリプレイをオンにしておかないと記録されないので注意しましょう。, ちなみにハイライトの録画がオンになっているときは、モニターの右下にこのようなアイコンが追加されています。, 試合が終わると、観戦画面の右下に「HIGHLIGHTS」というボタンが出てきます。, 「HIGHLIGHITS」をクリックすると、ハイライトが確認できます。保存する場合は右上の「ギャラリーに保存」を選択しましょう。, SNSにそのままアップすることもできます。その場合は動画確認画面の下にあるログインを押して、アップロードしたいサイトにログインしましょう。, PUBGのゲーム内から設定画面を開き、「グラフィック」タブのビデオキャプチャーにあるハイライト自動キャプチャーを「NVIDIA Highlights」に変更します。, 忘れやすいので注意してください。ハイライトはインスタントリプレイをオンにしておかないと記録されません。, 写真だと表示がバグっちゃってますが、保存する場合は右上の「ギャラリーに保存」をクリックしましょう。, 保存先はインスタントリプレイや通常の録画を保存するときに設定した場所と同じところに保存されているはずです。, キーボードショートカットで設定したキーを押せば、すぐにスクリーンショットが保存されます。, ブロードキャストライブの「起動する」を選択し、右側にある「ログイン」を押してログインします。, 配信サイトはFacebook、Twitch、YouTubeから選択できます。僕はTwitchに連携させています。, 設定からブロードキャストライブの設定ができますが、画質をかなり上げてもなんだか微妙に画質が悪いです。, 僕の設定が悪いのかも?と思い、友人に協力してもらいながら色々いじったのですが、他の配信ツールと比べて画質が荒く、ちょっと暗かったです。, 一緒に遊んでいる友人に画面共有したいというような、ライトな使い方に向いているのかなぁという感じがします。, 本格的に配信したい場合はShadowPlayではなく、OBSやXsplitなどの配信に特化したソフトを使うのがおすすめです。, 配信機能(ブロードキャストライブ)だけは微妙ですが、それ以外は相当優秀なソフトです。, ただ、細かい設定や取り込み範囲の設定が難しいので、本格的な実況動画を撮る場合は、Bandicamなどの別のソフトを使うほうが良いかもしれません。, ただ、無料で画質が良くて動作が軽くてロゴが入らなくて手軽な撮影ソフトと考えると、ShadowPlayはとんでもなく素晴らしいソフトなので、まずは1度導入して色々試してみてください!, リフレッシュレートが異なるモニターでデュアルディスプレイにすると、低い方に合わせられてしまう問題の対処法, PCゲーム大好きマンです。 pcゲームのスクリーンショットを撮影する時に普通のスクリーンショット撮影ソフトだと撮影出来ないという事態が発生した事がある方も多いと思いますが、以下で紹介するソフトではゲームでもバッチリ撮影する事が出来るソフトなので用途に応じて使い分けてみて下さい。